2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

俺が隣のクラスの女子の脱糞姿を見た話






http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1409320694/


1 :名無しさん@おーぷん :2014/08/29(金)22:58:14 ID:9l3jWzmPe
語ってく
ちなみに書き溜めはしてない




2 :しさんーぷ2014/08/29(金)22:59:04 ID:z4EQZVE5m
期待






5 :名しさぷん :2014/08/29(金)23:02:43 ID:HaXxbv787
ペック


デュリス
学年トップのバカ

子(以下梨木さん)

デュスト
かわいい

にかいてある通り今回戯王が絡んできます
個人的なカード名出る分かんなか退ったらグださ






6 :名無しさん@おーぷん :2014/08/29(金)23:03:36 ID:HaXxbv787
ちなみに※スカトロ注意※です






7 :名無しさん@おーぷん :2014/08/29(金)23:06:34 ID:HaXxbv787
当時俺らは面識さえもなかった
見たことあるなぁってレベル
そういう人結構いるだろ?
そんな感じでしか俺は梨木さんのことをしらなかった
というか名前すら知らなかった






9 :名無しさん@おーぷん :2014/08/29(金)23:12:10 ID:HaXxbv787
そして俺らの学校にはあるものが流行っていた
それはまぁ言わずともわかるはず
「遊戯王」だった

その頃の遊戯王は発達していて細かく入れると召喚方法が6つもあった
アドバンス召喚 儀式召喚 融合召喚……etc
まぁその話はここまでしよう
ある日のこと俺は教室で友達とデュエルしていた
そして隣のクラスに最強デュエリストがいると聞いた







10 :名無しさん@おーぷん :2014/08/29(金)23:17:14 ID:HaXxbv787
そして友達に「名前は?」と聞いたら
「梨木」と答えた
だがお前のレベルじゃ無理だ、と友達に釘を刺された
だがその言葉が俺のデュエリスト魂の火に油を注いだ
「次の昼休み絶対デュエルしてやる、そしてぶちのめす」
なんてことを考えていた






11 :名無しさん@おーぷん :2014/08/29(金)23:21:47 ID:Wikmqe3pD
パンツ脱いだぞ





15 :名無しさん@おーぷん :2014/08/29(金)23:28:09 ID:HaXxbv787
>>11
まだ穿いとけ






12 :名無しさん@おーぷん :2014/08/29(金)23:22:53 ID:HaXxbv787
そして次の昼休み
ぶちのめすなんてデカい口を叩きながら
そわそわしながら隣のクラスのドアを開けた
そして隣のクラスの友人に耳打ちしながら聞いた

俺「なぁ梨木っている?」コソコソ

友「え!?お前告白でもすんの!?」コソコソ
俺「ちげーよデュエルしにきたんだよ!つーか俺は男興味ねーし!」コソコソ

友「いや梨木って女だけど」
俺「」






14 :名無さん@お :2014/08/29(金)23:27:41 ID:HaXxbv787
そしてそこにいたのはが創造したヒョロガリなクタク
全然違う今折れうなほどな体をた超絶美少女だっ

机のでなにかしてい婿
室に入って素知顔でろを通ってみ
んと!!
キ構してりませんか!






23 :名無しさん@おーぷん :2014/08/29(金)23:36:16 ID:HaXxbv787
俺はそれを見た瞬間つい大声で言ってしまった

俺「梨木さん!俺とデュエルしようぜ」

梨木さんはちょっと驚いた顔をしたあと

梨木「いいよ、でもそのかわり私が買ったら好きなカードかってね?」
俺「お、おう!そんなもん買ってやるよ!」

そして梨木さんの机と友人の机を対になるようにくっつけて
デュエルを開始した
漫画みたいに野次馬が寄ってきた梨木さんの友人(女子)やもちろん男などがたかってきた






28 :名無しさん@おーぷん :2014/08/29(金)23:42:15 ID:HaXxbv787
梨木さんが使ってたのはマドルチェデッキ
基本的に破壊されてまわるデッキだった

対する俺はヴェルズといういかにも中2真っ盛りなデッキだった
結果
梨木さんLP1200
俺LP0
いいとこまで追い詰めたが完敗だった






30 :名無しさん@おーぷん :2014/08/29(金)23:44:00 ID:dbcHnOHXf
>>28
友人がマドルチェは鬼畜だと言っていた





35 :名無しさん@おーぷ2014/08/29(金)23:53:23 ID:HaXxbv787
>>30
絵柄がすごくわいんだど鬼畜だよ…
俺は今でもだいだぜ






32 :名無しさん@おーぷん :2014/08/29(金)23:51:29 ID:HaXxbv787
ちなみに俺はクラスのなかでは負けなしだっただが
初めての敗北で超悔しかった

梨木「そんな落ち込まなくても」
俺「くそ!俺のヴェルズは最強だったのにぃぃいいい!」

と発狂して自分の教室に戻ったのを覚えている
そして授業中考えに考えた結果
「あの人のところに弟子入りしよう!」と

放課後

俺「梨木さん!」
梨木「え、なに?」困惑

俺「約束!好きなカード買ってあげるよ!」
梨木「いいよそんな…」

そして俺は彼女の手を引っ張った







38 :名無しさおーぷん :2014/08/30(土)00:01:55 ID:sTwYymFVE
れから彼女の買いいものを全てって
し葡萄よびた

れに反して彼女ても嬉しそだっ

ありがと
俺「いえいえ」ゲッソ

ちなみに内容稿
レイクスルール×3
虚無間×2
リフートディスク×3
聖騎モルドレッド×1
そして俺頼み込んだ

「梨木さん俺子にしてれ!
梨木、弟子は嫌けどら一緒にしてあげていよ

とこんな感でよ沿まで一緒ヴェルズを構築し







43 :名無しさん@おーぷん :2014/08/30(土)00:07:16 ID:sTwYymFVE
そして彼女の力もあり俺のヴェルズはある程度強くなった
それから彼女とはよく連絡を取り合うような仲になっていた
一緒に大会に出場したり
東京のカード屋に行ったりした
正直すごく楽しかった

そして俺は久々に彼女にデュエルを申し込んだ






45 :名無しさん@おーぷん :2014/08/30(土)00:07:59 ID:LxVwGooX1
>>43
彼女?





47 :無しさん@おーぷ :2014/08/30(土)00:12:48 ID:sTwYymFVE
>>45
意味じゃない






46 :名無しさん@おーぷん :2014/08/30(土)00:12:02 ID:sTwYymFVE
そうそれは俺が勝ったら付き合ってくれるという
条件のデュエルだった
彼女は恥ずかしいがりながらもデュエルをうけてくれた

そして俺はこの時彼女に隠れて作っているデッキがあった
それはシャドールというデッキだった
このシャドールというデッキは当時環境トップ
つまり色々なデッキの中で一番フィーバーしているデッキだった!






49 :名無しさん@おーぷん :2014/08/30(土)00:14:41 ID:LxVwGooX1
>>46
がんばれ!!





52 :名無しさん@おーぷん :2014/08/30(土)00:18:35 ID:sTwYymFVE
結果

梨木LP500
俺LP0

みたいな感じで負けた

やはり梨木さんには勝てないんだ……と心底思っていた

梨木「じゃあ私が勝ったから私の条件のんでね?」
俺「うん……」

梨木「私と付き合うことあと改めてあなたが告白すること」
俺「はひぃぃぃいいい梨木さん付き合ってください!」

梨木「はい!」

とここまではいい流れだった






53 :名無しさん@おーぷん :2014/08/30(土)00:19:17 ID:LxVwGooX1
>>52
うらやましーた





54 :名無しさん@おーぷん :2014/08/30(土)00:20:10 ID:3b4YzqdfW
どう流れが変わるんだ





57 :名無しさ@お :2014/08/30(土)00:23:14 ID:UjtdYPhWC
よう





58 :名無しさん@おーぷん :2014/08/30(土)00:23:56 ID:sTwYymFVE
付き合って最初の2ヶ月いつものかわいい梨木さんだった
だがこれが徐々に変貌いや本性を現してきたのだった

梨木「ねぇ?俺くん?」
俺「うん?」

梨木「さっきのデュエル私がかったよね?」
俺「そ、それがどうかした?」

梨木「じゃあ私の言うこと聞いてくれる?」
俺「うん」

梨木「私のお尻の穴なめて」
俺「!?」






61 :名無しさん@おーぷん :2014/08/30(土)00:25:26 ID:LxVwGooX1
尻舐めワロタwwwwwwwwww





62 :◆tRZ1JSBHm. :2014/08/30(土)00:26:36 ID:XLczfeGbE
わろwwwwwwwwwwwwwww





68 :名無しさん@おーぷん :2014/08/30(土)00:32:57 ID:sTwYymFVE
俺は耳を疑った
(え!?急に!?まだセ◯クスもしてないよ!?)

俺「え、どうして?梨木さん?」
梨木「いいから早くして!」

そして彼女は恥ずかしがりながらもズボンを脱いだ
そして四つん這いになり自分でお尻を開いていた

梨木「ねぇ早くしてぇ……」

なにかものすごく悶えてるようにも我慢してるようにも見えた

俺「わ、わかった」

俺は梨木さんのア◯ルにしゃぶりついた

梨木「ん……んん……ぁん」

梨木さんの聞いたことのない声に俺は降る勃起していた
次の瞬間だった梨木さんの綺麗なア◯ルからドス黒いなにかが出てきた







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:SM_調教,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:SM_調教,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140830071413