2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

彼女をレイプしようとした男に復讐したった







1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/09/10(水) 16:23:54.64 ID:e1VyrAKf0.net
と長く
てくれ





3 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:25:43.50 ID:mTBuXiLh0.net
復讐って言うからにはチンポ切り落とすくらいはしたんだろうな?
ただボコった程度ならいらん
スレ落とせ




4 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:26:33.52 ID:e1VyrAKf0.net
すまん、合法的な復讐なんだ・・・





7 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:29:05.71 ID:e1VyrAKf0.net
すまんがせっかく書き溜めたので
暇つぶし程度に読んで貰えれば幸い。

とりあえずスペック


当時25歳
ヒョロガリ
中卒
軽トラの配送ドライバー
顔は悪くないはず
埼玉在住

彼女
当時22歳
貧乳で足長い
家業手伝い
ハーフっぽい顔立ち
実家が割と金持ち
故に世間知らず
神奈川在住





8 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:30:01.66 ID:e1VyrAKf0.net
俺と彼女はミクシィで出会った。

ある日向こうから友達になって下さいってメッセージが来て それから電話するようになって実際に会って付き合い始めた。

付き合いだして2年ぐらいした頃に彼女が言った

「最近新しいマイミクが出来たんだ」

聞くと相手の男は仮屋崎省吾の弟子で華道を嗜んでいるとか何とか。
彼女は昔から茶道教室に通っていて、通じるものを感じたらしくマイミクになったらしい。





11 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:31:34.02 ID:e1VyrAKf0.net
どんな奴かと思ってそいつのプロフを見たんだが、 どう見ても華道をやっているようなタイプには見えなかった。

金髪のロンゲがツンツンしててピアスしたり爬虫類みたいなカラコン入れたりして
正直素顔が全くわからないようなプロフ写真なうえ、 自己紹介もなんか中二みたいな改行の多いクッサイ台詞が並んでた。

良い名前が思い浮かばなかったからとりあえず以後はコイツを太郎とする。

俺は彼女の友達付き合いに口を出すつもりはないので好きにさせていた。

それからしばらく太郎の名前が頻繁に出るようになったが、 彼女は浮気するような性格じゃないのでその後も好きにさせていたが、ある日彼女が切り出してきた。

「今度太郎君と遊びに行ってきていい?」








12 :名も無774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:32:48.40 ID:e1VyrAKf0.net
えずに行って何するのかを聞いたら、 華道興味があるし、仮屋弟子なんてい人と話をみたいとの事だった。

も流になあとはたが、俺身が友付き合い貿に口をされるがな性なの 彼女を束縛するわけにもいかんと思り自由にさせた。

「浮寿気す使」と言ないからだよと言った

約束の日曜日にるとから電話が来て
「今から行てくるね。ちゃんと帰ってくるからしなとの事だっ
所は横浜とのだった。

仕事は夜間配送で日日はので、彼女が帰ってくる頃ぐらいに出勤た。

する変わる頃に彼女から電話が来た
分と帰ってくるの遅かったんだなあと思つ電に出ると、彼女が泣いていた





14 :名も被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:34:37.89 ID:e1VyrAKf0.net
きじゃくる彼女を落ち着かせようとする、なち着てく

予感がしていた
言う、何があった大体察知していた。

少し落ち来た頃ようやく話を聞くと、やはり太郎に襲われたという内容だった
をされたと聞くがまた泣きてしまを聞けいの一旦電話を切
そして上司に事を説明早退させてもらっ女の家





18 :名も無き被検体774号+@(^o^)/:2014/09/10(水) 16:37:38.48 ID:e1VyrAKf0.net
部屋に入るとベッドにうつ伏せなって泣ていた

「も君にせる顔ないよぉ・等と言う、 怒りなんてしから何ったのか欲しいと言うと少を開いた。

詳細はこんな感だった。

横浜で二人無事合流
速華道の話でもと思ってたらいきなりカラケに行こす。
入り当世間知らずは彼女は疑問を感じつつも付て行った。

りあえず二ニソを歌い始めてしばらく頃、太郎がちょっかいを出した。
最初は彼女が歌っている中、耳指でつついてきたりしてきたのが 徐吹きかけてきたり、耳くるようた。

石に驚いてを引くと太郎にキた。





20 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:40:14.66 ID:e1VyrAKf0.net
彼女は全力で抵抗するが、調子に乗った太郎は彼女のシャツの中に頭を入れブラを外して乳首を舐め始めた。

そこまで来ると恐怖で体が硬直してあまり抵抗できなかったらしい。

するとますます調子に乗った太郎は立ち上がりパンツを下ろした。
勃起したチンコを眼前につきつけて「フェラしてよ」と言い出した。

恐怖で硬直していた彼女もこれだけはと思い頑なに拒否するが向こうも引かない
何度もフェラを要求するが何度も拒否を続けた結果、ついに太郎は諦めた。

一気に冷めた太郎は放心状態の彼女は気にせず一人で適当に何曲か歌い、
「じゃあねー」と手を振って帰っていった

との事だった。





23 :名もき被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:42:15.74 ID:e1VyrAKf0.net
り行かせべきではなかったと後悔したが、後悔してもにもならん。

奴の手口聞く限りは手ている感がしで、とこの手で何度も女に手を出だろ

ここで入りてはまたじ被害にあ出てくる
だから奴には絶対罰を下なければらな

れを彼女にえると最初は躇していたようだが、最終的には女ものであくまで合法的に復する事にした。





25 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:45:00.27 ID:e1VyrAKf0.net
当日は互いに疲れていたので翌日から復讐に着手した。

まずは奴が実際に犯行を行った証拠が欲しい。
あるとすればカラオケの防犯カメラだが、確実に入手出来る確証はまだ無い。
なのでまずVIPにスレを立てた。

スレタイは「俺の彼女がレイプされかけたんだが・・・」的な感じだったと思う。

大まかに出来事を書くと、当然のように「犯人のミクシのプロフィール晒せ」と書き込みがきた。
そしてURLを晒して5分後ぐらいだったろうか、彼女のケータイが鳴った。
奴からのメールだった。

「俺のプロフどっかに晒した?なんかすっげぇ足跡が増えてるんだけど」





29 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:47:49.66 ID:e1VyrAKf0.net
こで俺彼女のフリをしてメールに返信を始め

「何かされるようなでもるの?」

郎「は?そなの知らねーし」

俺「私にた事もう忘れたんだ・・・」

太郎「何おあの程度の事たぐらで晒たのかふざけんな」


具体的に何をのか書かせったけど上手かず

が彼女に対して何かを言うせたのでとりあえず妥協。

そして太郎に対して更にムついたの退で彼女のフリを止めてメった





31 :名もき被検774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:49:00.13 ID:upzHd/Vg0.net
もう彼女とは別れてるのか




37 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:51:01.58 ID:e1VyrAKf0.net
>>31
数年前に別れた。
でもたまに病んだ感じで連絡がくる。





34 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:49:47.30 ID:e1VyrAKf0.net
俺「お前、人の彼女に随分と好き勝手やってくれたみたいだな」

太郎「なんだお前彼氏かよwwwマジウケルwwwでもお前の彼女、俺にヤラれてもまんざらじゃない感じだったぜwww」

彼女は俺に「そんな事ない!」と訴える。

太郎もここで素直に謝れば少しは考えてやったかもしれないが、
ここで俺氏静かにマジギレ。
多分背景に「ドドドドドドドド」って出てるんじゃないかってぐらいだった。

俺「そうか分かった。じゃあ徹底的にやるから覚悟しとけよ」

俺はケータイを置いて彼女に言った。

「警察にいこう」





39 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:52:09.72 ID:e1VyrAKf0.net
翌日、彼女の地元の警察署に相談に行く。

窓口で「彼女が・・・その・・・男に襲われまして・・・」と言うとその場にいた署員に張り詰めた空気が漂ったのがハッキリ分かった。

しかし詳細を説明すると、やはり事件が起きた場所の管轄の警察署でなければいけないとの事。
仕方ないので車を1〜2時間程走らせて横浜の警察署に向かった。

同じように事情を説明するとすぐに事情聴取が始まった。
彼女は自分に起きたこと、俺は太郎とやり取りした内容を話した。

太郎の本名や住所は不明だったが、メールの履歴があるのでそこから割り出すとの事。
電話番号は襲われた直後に怖くなった彼女が削除してしまっていた。

他にも現場のカラオケに行ったが肝心の防犯カメラは室内に設置されておらず、完全な証拠は得られなかった。

しかし現場の写真を撮ったり、犯人と別れるまでの経路などの確認と忙しい一日だった。

そして一週間もしない内に警察署から連絡が入る

「容疑者を逮捕しました」





45 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:55:23.06 ID:Eb8wJjgT0.net
>>39
事件起きた場所じゃなくても被害届はだせるよ

それだけの証拠でいきなり逮捕はあり得ない
まずは任意同行


穴多過ぎ!書き直せ




46 :名も無き被検体774号+@(^o^)/:2014/09/10(水) 16:57:55.78 ID:e1VyrAKf0.net
>>45
jd
は聞いてたけど結れたよ
いう経緯かわかんけど逮捕は本当なんだ





42 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:54:50.29 ID:m3e3/QEw0.net
なんで別れちゃったんだよ




46 :名も無774号+@(^o^)/:2014/09/10(水) 16:57:55.78 ID:e1VyrAKf0.net
>>42
嘩がちょっと絶なくちゃってね・・




44 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:55:20.10 ID:e1VyrAKf0.net
いろいろと悪名高い神奈川県警だが、素晴らしい仕事っぷりで驚くほどのスピード逮捕だった。

しかし肝心の太郎は行為を認めたが合意の上だったと供述しているとの事。

そこで俺は彼女に近所の心療内科に行ってもらった。
目的は強制猥褻によるPTSDとの診断書を貰う事。

診断書があれば強制猥褻の判断材料になると思ったからだ。

そして医者に診てもらう事で彼女の気持ちも多少は和らぐかもしれないという期待もあった。
診断書はすぐに貰えたが、残念ながら彼女の様子は相変わらずの上の空だった。





47 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:58:40.83 ID:e1VyrAKf0.net
その日、俺は高卒認定試験の会場にいた。

中卒と馬鹿にする奴を見返したくて事件前から勉強を続けていたのだが、その日が試験当日だった。

一方彼女は警察からもう一度話を聞きたいので署に来て欲しいとの要請を受けて警察署に居た。

俺は心配しながらも一科目終わらせて、二科目目の確認をしていると彼女から電話があった。
彼女は泣いていた。

「一生懸命説明しているのに女性署員に理解してもらえない」との事だった。

彼女が嘘の証言をしていると女性署員に疑われて泣いていると理解した俺は怒り心頭
残りの試験は全て放棄してバイクで首都高をかっとばして横浜に向かった。





48 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 16:59:26.03 ID:jkl2K2Js0.net
てか、当時スレ立ててそこにも詳細書いたんだろ?
今更感なんだが
それより、何で6年付き合って別れたんだ?




49 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 17:03:32.95 ID:e1VyrAKf0.net
>>48
当時のスレは結局晒したところで太郎から連絡が来たから そっちの相手するうちに落ちてたとおもう。
これはその後の話ね。

別れたのは彼女が約束を割りと平気で破る性格で 俺怒るんだけど、だんだんマジギレするようになってきたら

怒り方が半端なくて怖いって言われて別れた。
なんなんだろうな





50 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/09/10(水) 17:04:04.79 ID:e1VyrAKf0.net
署について怒りを抑えつつその女性署員に事情を聞くとなんて事は無く、 半分上の空で事情を説明されていたために署員が内容を把握しにくかっただけだった。

なんのために試験を放り出してまできたのか・・・と肩を落としていると男性刑事が声をかけてきた

とりあえず二人で取調室に入り軽く会話を交わすと、太郎の事を教えてくれた。

仮屋崎省吾の弟子と言うのはもちろん嘘で、本当は倉庫作業員(バイト)
年齢は30歳で、署からそんなに遠くないアパートで一人暮らしとの事。

そして一冊の資料を広げると10人ほどの男達の顔写真が並んでいた。

「この中に容疑者がいるんだけど、君はネットで容疑者の顔を見たって言っていたね。どれかわかる?」

正直全く分からずに悩んでいると、
「まあ、こいつなんだけどね」
といって指差したのは、なんてことは無いただのロンゲのフツメンだった。

そして刑事がタバコの煙を吐きながらつぶやいた

「ちなみにねぇ・・・朝の5時頃に逮捕したんだけどさ、その日は彼の30歳の誕生日だったんだよねぇ・・・」

俺は笑わずにはいられなかった。
記念すべき30代最初の誕生日の朝5時に逮捕されるなんて誰が予想するだろうか

太郎の心情を思い浮かべてニヤニヤしていると太郎のバイト先が用意した弁護士から連絡が来た

「40万円で示談にして欲しい」







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:DQNな人達,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:DQNな人達,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140910185136