2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

彼女が自分の寝ている横で陵辱されてた







250 :KAZU:2007/05/26(土) 06:56:14 ID:0PApQqEI0
社会人2年目のときの話。

当時、同じ会社の1期上のTちゃんと付き合い初めて半月たったくらいの時に社内の若手の飲み会がありました。
Tちゃんとはキスまでしかなく、これから関係を進展させていこうとしていた矢先の出来事でした。





251 :KAZU:2007/05/26(土) 07:02:35 ID:0PApQqEI0
その飲み会には男女20名くらい集まり、大いに盛り上がっていました。

そのうち、どこからともなくイッキが始まり、男で最年少であった私は頻繁にターゲットになり、かなり飲まされました.
私はかろうじて意識を保っていましたが、Tちゃんも結構飲まされたらしく半分意識のない状態で、となりのI先輩(男)にもたれかかっていました。





254 :KAZU:2007/05/26(土) 07:11:26 ID:0PApQqEI0
実はI先輩、ずっとTちゃんのことが好きで、Tちゃんに積極的にアプローチしていました。

私とTちゃんが付き合っていることは社内に公表しておらず、I先輩も もちろんそのことは知りません。
私は少しTちゃんとI先輩のことが気になったのですが、他の先輩に呼ばれ、またイッキの連続でダウンしてしまいました。






255 :KAZU:2007/05/26(土) 07:17:02 ID:0PApQqEI0
どれくらい時がた、私はダウンして隅にで、と意識りま
は未だいていましたが、半分くらい人は帰ったよ人はらにっていまし

はすぐにTちを探ましたが、
先輩も・・・・




256 :KAZU:2007/05/26(土) 07:31:38 ID:0PApQqEI0
「やばい」咄嗟に危険を察知した私は座敷の外に出て、二人を探しました。

トイレの前で屈みこんでいるTちゃんとI先輩を発見。
Tちゃんは少し短めの白いフレアースカートを履いており、体操座りをしているためI先輩からは丸見えの状態。
I先輩は介抱しながら、Tちゃんのパンティを頑見していました。






257 :KAZU:2007/05/26(土) 07:45:55 ID:0PApQqEI0
I先輩は私が近づいてくるのに気がつくと小声で
「Tちゃんの黄色いパンティ見えるぞ!」
とTちゃんのスカートの中を指しながら話かけました。
私もその場のノリで、ちらっと覗いてみると ストッキング越しに黄色いパンティと少し盛り上がった股間が目に入りました。
その光景が妙にエロティックで、少し興奮してしまいました。
そんな私に気がついたのか、I先輩は私の肩を引き寄せながら、「ええもん見れたやろ!」と自慢気でした。


そんな時間も長くはなく、すぐに他の女の子たちがやってきてTちゃんを女子トイレに連れて行ってしまいました。





258 :KAZU:2007/05/26(土) 07:59:26 ID:0PApQqEI0
暫くしてもTちゃんはなかなか復活せず、成り行き上、近くに住んでいるI先輩のマンションに運ぶことになりました。

女性代表としてTちゃんの同期のMちゃんがついていたが、門限があるといって帰ってしまいました。
私がTちゃんの右肩を担ぎ、I先輩が左肩を。
後輩のS君がTちゃんのバックを持つことに。

運ぶ道中、I先輩はTちゃんのおっぱいをかなり執拗に触っていました。
私も未だ触れていないのに・・・・・




259 :KAZU:2007/05/26(土) 08:10:06 ID:0PApQqEI0
先輩のマンョンくとゃん輩のに寝かせ、3でまたみ始めま
そのの会話の一部を抜粋

先輩さっきTんのンティ見ちゃったもん
いっすね!何色でした」
「黄色だったな、私)
私(少し動揺しなら)「っ、そうでたね」
君「んもたんですか!俺もて〜」
I先輩「からさぁ、T結構いでかいか
「俺もそう思ってです。細い割には結かい
「・・・・」




260 :KAZU:2007/05/26(土) 08:16:45 ID:0PApQqEI0
I先俺さぁ、さっきTのおっぱ触っだけど、
    かなりでかかったぞ!かFぐらいある

   「それと、その時先端れた乳首立ったんよな。
    乳首も結構いぞ

S君「まりまね。俺、像いただけでってきちゃいた!




263 :KAZU:2007/05/26(土) 10:17:44 ID:s8AR8YQd0
S君「I先輩ばっかりずるいっすよ。俺も見たいっす!」
I先輩「俺ももう一回、触りて〜」
私「起きたらやばいじゃん!」

一応抵抗してみたものの、二人の会話を聞いていて少し興奮している自分がいた。
3人でTちゃんが寝ているベッドを取り囲む。
Tちゃんは薄手の紺色のポロシャツに白のフレアースカートで、すやすやと仰向けで眠っている。
ポロシャツ越しにおっぱいのふくらみが寝息とともに微かに揺れる。

S君「やっぱりでっけーおっぱいですね」
I先輩「おう!」
私「・・・・・」
(このとき私自身もTちゃんのおっぱいの大きさを再確認していた)




266 :KAZU:2007/05/26(土) 11:06:41 ID:s8AR8YQd0
S君「乳首立っているんじゃないですか!」
3人の視線が一斉にTちゃんのおっぱいに集中する。
微かに紺色のポロシャツを透してぽっちが浮き出ている。

I先輩「すげー興奮するぜ」
生唾を飲み込むS君。
私はこのまま突き進むべきか阻止するべきか悩んでいました。




267 :KAZU:2007/05/26(土) 11:15:50 ID:s8AR8YQd0
「い湿くぜ
そんな私みを断ち切るよ先輩が声をかける
S君「いきましう!」
I先輩がポシャツのみ、ゆっくりゆっくり捲っていく。
ちゃんの白い肌が露わ退になる。
ついに薄手の黄色いブラャーにつつまれたTっぱいが現われた。
向けにるのに胸元にはしっかりと谷間が刻いる。
頂上には薄手のブを突き上げているっちが!
輩「すげーでか
君「ちゃなにでかかったんだ像以上
「・・・・」




272 :KAZU:2007/05/27(日) 05:16:48 ID:l7lLR0vQ0
S君はTちゃんの白いフレアースカートの方も気になるらしく、チラチラと下半身に目をやる。

I先輩「S!捲ってみろよ!」
S君「OK!」
S君はゆっくりとスカートを捲っていく。
ストッキング越しにTちゃんのふとももが。
続いて何時間か前に目にした黄色いパンティが。




273 :KAZU:2007/05/27(日) 05:24:22 ID:l7lLR0vQ0
Tちゃんの黄色いパンティは小さめで、上部がレースになっており、そこから、黒い陰りが透けて見える。
S君「うわー、やらしい下着ですね。普段のTちゃんからは想像できねー」
I先輩「ほんとだな。結構濃そうだな」
S君「俺もう勃っちゃいましたよ」




274 :KAZU:2007/05/27(日) 06:06:05 ID:l7lLR0vQ0
S君は自分の股間のポジションが悪いらしく、ズボンの上からポジションを整える。
S君「早く、おっぱいも見たいっす!」
I先輩「焦るなよ!」

そう言いながら、人差し指でブラジャーの頂上に浮き出たぽっちを軽く押してみる。

I先輩「やわらけ〜」
S君「俺もいいっすか」

続いてS君も突付いてみる。

S君「これがTちゃんのおっぱいか!たまんね〜」
I先輩「K(私)も触ってみろよ!」

恐る恐るTちゃんのおっぱいに手を伸ばす私。




276 :KAZU:2007/05/27(日) 06:51:34 ID:l7lLR0vQ0
Tちゃんのおっぱいに触れてみる。こんなに大きかったんだ!ほんとに柔らかい。

S君「おっぱい見ましょうよ!」
I先輩「わかったわかった!」
I先輩ブラジャーの下に手を伸ばし、上に押し上げようとするが、上がらない。
仕方なく、上から右側のブラだけ捲ってみる。

Tちゃんの右側の乳輪が。
そして乳首が顔を出した。
Tちゃんの乳輪は少し大きめだが、色は薄目で、その中心に乳首がしっかりと自己主張していた。





279 :KAZU:2007/05/29(火) 15:09:32 ID:DYkj7DlI0
S君「うわっすげ〜」
I先輩はそのしっかりと自己主張した乳首を押してみる。乳首がおっぱいに埋まる。
I先輩「やわらけ〜」
私「もうそれくらいにしませんか。起きたらやばいじゃん」
I先輩「そんなこと言って、おまえもやりたいんだろ!いい子ぶるんじゃね〜よ」

二人がそんな会話をしている間もS君はTちゃんの乳首をいじっていた。

「あうっん!」Tちゃんの色っぽい声。

起きたかと思い、三人は慌ててベッドの下の床に伏せる。





280 :KAZU:2007/05/29(火) 15:17:54 ID:DYkj7DlI0
寝たりする三人。
寝返りつTん。

沈黙がつづく)

る恐る顔を上げる私。
ベッドを覗き込Tちゃんは変わらずスヤス寝息をたいる

(小声で「やばいですよ。もうやまし
I先輩(小声で)「こなチャめったにないんだから!」
S君「ですよ。もうし楽しみまうよ

胆にもS君は横になったんの背中いていャーのホックに手ばした。




284 :KAZU:2007/05/30(水) 01:05:45 ID:ysV2Nnmd0
は器用にTゃんのブラのホックを外す。
その瞬間Tちゃんの白い下パイがを出した
に大胆にS君はTちゃのおっぱの全貌みるたブラ上方に引
瞬間、ぷるんっとちゃんのおっぱ弾け
三人もTちゃく青い血管が浮き出たおっぱいに釘付

先輩すごいおっだなどれくいあんだう」
ずS君外れたブラのタグを見る
「F65」
S君ゃんってFップなんだ!でっけー」
先輩手を当たまんね〜な〜
しTちゃんのおっぱいを眺めながら沈黙。





289 :KAZU:2007/05/31(木) 06:36:23 ID:LMT4fA970
「うーん」再びTちゃん寝返りをうつ。
慌てる三人。再び床に伏せて寝たふり。
私(小声で)「もうこれ以上はやばいですよ!やめましょうよ!」
I先輩「起きたとき、おっぱい丸出しじゃ、言い訳のしようもないよな」
S君「・・・・・」
我々は、捲れあがったTちゃんの紺のポロシャツを調えると
隣の座敷に戻り、再びテーブルを囲み飲み始めた。
S君は最後まで名残惜しそうだったが・・・・・




290 :KAZU:2007/05/31(木) 06:48:04 ID:LMT4fA970
題はびTちゃんのおぱいに。

君「でかいでとは思っていたけど、やぱりTちおっぱい でかかったですね

I先輩だな。う制服らじゃわからないもんな

S君「ちゃんって華ですもんね」

に職場(S君とI先輩ちゃんは同部署)飲み会ときTちゃんが前がみになって、谷間が見たとんで
その谷間がめち深くて。
れ以来、Tちゃんのいが気にしかかったのです。
さかそのTゃんのおっぱが見れるんて、ラッー!






291 :KAZU:2007/05/31(木) 06:50:05 ID:LMT4fA970
S君はそう言いながらTちゃんが寝ているベッドに目をやる。




320 :KAZU:2007/06/03(日) 04:32:40 ID:fiSncBvI0
>>315 稿くなりまた。
君「Fカップかぁ〜」当に名残惜しそ

その後話題は女の子の話になり、我々もてきので、その場でごろすることとなった
分もないうちに、I先輩びきが聞こえ出し
私はそのいびきが気になってなかか眠につかった。





321 :KAZU:2007/06/03(日) 04:43:18 ID:fiSncBvI0
眠りながら、先ほど起こった出来事を振り返っていた。
Tちゃんの白いおっぱい。
早く思いっきり揉んでみて〜。
明日、自分のマンションに呼んでみて、勝負してみるか〜 等等。


その時、人の気配を感じ、薄目を開けた。
むくっと立ち上がるS君。
私とI先輩が寝たことを確認。
忍び足でTちゃんの寝ているベッドのあると隣の部屋へ向かう。
部屋は続きになっており、寝返りをうてば隣の部屋まで見える。
S君はTちゃんの寝ている様子をじっと見ている。





328 :KAZU:2007/06/04(月) 06:56:51 ID:f9DrTycV0
S君はTちゃんをじっと見つめたまま動かない。
何をする気なのか。私は薄目を凝らしてS君の動きを見つめる。
S君はおもむろにベルトを外しだし、窮屈そうにズボンを下ろした。
なんと大胆な。

私のところからもトランクスを押し上げたS君の股間がハッキリとわかった。
S君はTちゃんを見ながら、トランクス越しに股間をしごきだした。
まじかよ。




329 :KAZU:2007/06/04(月) 07:03:18 ID:f9DrTycV0
さらに君はゃん手を伸ばし、ロシャラを一気に捲り上
を乗り出す私
ぷるんっとTのFカップのっぱいび顔を出した
えるとき、ブラのホックをすのをれてたた
ゃんのっぱいはい単に貌をさらけ出し
「ごくっ」君が飲み込むの聞こえた気した





331 :KAZU:2007/06/04(月) 07:12:18 ID:f9DrTycV0
左手をトランクスの中の自分の股間に右手をTちゃんのおっぱいに軽く添えるS君。
Tちゃんのおっぱいに触れた瞬間、S君はかすかに恍惚の表情を浮かべた。
S君は左手の動きを加速させる。

同時にTちゃんのおっぱいに添えていただけの右手も少しつづ動かしだした。







353 :KAZU:2007/06/06(水) 07:06:47 ID:eZVf8U820
の後S君はTちんのートま手を伸ばのですが、実はI先寝ておらずに好き放させてたかと思っらしく、むと立ち上がったんです

して、素知らぬ顔半身を出しS君の横を通り、「お疲れ!と一言声をかけて、トイレにいってしまました。
唖然とS君

慌てて、ズボ上げて、ちゃんの服を整えている側にきて、、飲み始めました。







354 :KAZU:2007/06/06(水) 07:08:21 ID:eZVf8U820
I先輩戻っきた後S君と
S君「てました?」

輩「お前きやね」
S君「すみませ。抜けがけする気はなかったのですが」

I先輩「お、Tちゃんのこと好きなんか?」
「ええ、ずから」

I先輩「たんか? 
S君「いえだなんです

先輩「んばれよ!」

I先輩はS君背を向て寝転がった。
そして最後に言、「S!この件貸にしておと。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140923012713