2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

彼女が自分の寝ている横で陵辱されてた







250 :KAZU:2007/05/26(土) 06:56:14 ID:0PApQqEI0
社会人2年目のときの話。

当時、同じ会社の1期上のTちゃんと付き合い初めて半月たったくらいの時に社内の若手の飲み会がありました。
Tちゃんとはキスまでしかなく、これから関係を進展させていこうとしていた矢先の出来事でした。





251 :KAZU:2007/05/26(土) 07:02:35 ID:0PApQqEI0
飲み会には男女2名くらり、大いに盛り上がっていまた。

のうどこからとなくが始まり、男で最年少であった私は頻にタットになり、かなまし.
はかろうじて意保っていたがTちも結飲まさしく意識のない態でとなりのI先(男)にもたれかっていま綿





254 :KAZU:2007/05/26(土) 07:11:26 ID:0PApQqEI0
とTちゃんことが好きTちゃんに極的にアローチしてした

Tちゃんが付き合っていることは内に公表しておらずI先輩も もちろんのことは知りませ
は少しTちゃんとI先輩のとが気なったのですが、他の先輩に呼ばれ、またッキの連続ンしまいました。






255 :KAZU:2007/05/26(土) 07:17:02 ID:0PApQqEI0
どれくらい時間がたったか、私はダウンして座敷の隅に寝かされていたようで、ふと意識が戻りました。
飲み会は未だ続いていましたが、半分くらいの人は帰ったようで、人は疎らになっていました。

私はすぐにTちゃんを探しましたが、見当たりません。
I先輩も・・・・・・・




256 :KAZU:2007/05/26(土) 07:31:38 ID:0PApQqEI0
「やばい」咄嗟に危険を察知した私は座敷の外に出て、二人を探しました。

トイレの前で屈みこんでいるTちゃんとI先輩を発見。
Tちゃんは少し短めの白いフレアースカートを履いており、体操座りをしているためI先輩からは丸見えの状態。
I先輩は介抱しながら、Tちゃんのパンティを頑見していました。






257 :KAZU:2007/05/26(土) 07:45:55 ID:0PApQqEI0
I先輩は私が近づくるつく
「Tの黄色いパンティ見えるぞ!
とTカー中を指しながら話かけました
もその場のノリで、ちらっと覗いてみると ストッキ越しにティ少し上がた股間目に入りました
景がエロティックで、少してまい
そんな私に気がついたのか、I先輩は私のを引き寄せがら、「えん見れやろと自慢気でした。


も長くはなく、すに他の女の子たちてきてTちゃんを子トイレに連れてしいました





258 :KAZU:2007/05/26(土) 07:59:26 ID:0PApQqEI0
暫くしてもTちゃんはなかなか復活せず、成り行き上、近くに住んでいるI先輩のマンションに運ぶことになりました。

女性代表としてTちゃんの同期のMちゃんがついていたが、門限があるといって帰ってしまいました。
私がTちゃんの右肩を担ぎ、I先輩が左肩を。
後輩のS君がTちゃんのバックを持つことに。

運ぶ道中、I先輩はTちゃんのおっぱいをかなり執拗に触っていました。
私も未だ触れていないのに・・・・・




259 :KAZU:2007/05/26(土) 08:10:06 ID:0PApQqEI0
I先輩のマンションに着くと、TちゃんをI先輩のベッドに寝かせ、3人でまた飲み始めました。
その時の会話の一部を抜粋。

I先輩「さっきTちゃんのパンティ見ちゃったもんね」
S君「いいっすね!何色でした」
I先輩「黄色だったよな、K(私)」
私(少し動揺しながら)「そっ、そうでしたね」
S君「Kさんも見たんですか!俺も見て〜」
I先輩「それからさぁ、Tちゃんって結構おっぱいでかくないか!」
S君「俺もそう思ってたんです。細い割には結構でかいっすよね」
私「・・・・・」




260 :KAZU:2007/05/26(土) 08:16:45 ID:0PApQqEI0
I先輩「俺さぁ、さっきTちゃんのおっぱい触ったんだけど、
    かなりでかかったぞ!ありゃEかFぐらいあるよな」

   「それと、その時先端に触れたら乳首が立ってたんだよな。
    ありゃ乳首も結構大きいぞ!」

S君「たっ、たまりませんね。俺、想像いただけで勃ってきちゃいまいた!」




263 :KAZU:2007/05/26(土) 10:17:44 ID:s8AR8YQd0
先輩ばかりずるいっす。俺見たいっす!」
I先輩「俺ももう一回、触りて〜」
「起きやばいゃん!」

一応抗してたもの、二人の会話を聞いいて興奮してる自分がいた。
人でTちゃんているベッドを取り囲む。
Tちんは手の紺色のポロシャツのフレアーートですやすや眠っている。
湿ロシャツ越らみが寝息とともに微かに揺れる。

君「やっぱりでっけーぱいすね」
I先輩「!」
・・」
このとき私身もTちゃんのおっぱいの大きを再確認していた)




266 :KAZU:2007/05/26(土) 11:06:41 ID:s8AR8YQd0
S君「乳首立っているんじゃないですか!」
3人の視線が一斉にTちゃんのおっぱいに集中する。
微かに紺色のポロシャツを透してぽっちが浮き出ている。

I先輩「すげー興奮するぜ」
生唾を飲み込むS君。
私はこのまま突き進むべきか阻止するべきか悩んでいました。




267 :KAZU:2007/05/26(土) 11:15:50 ID:s8AR8YQd0
「いくぜ!」
そんな私の悩みを断ち切るようにI先輩が声をかける。
S君「いきましょう!」
I先輩がポロシャツの裾を掴み、ゆっくりゆっくりと捲っていく。
Tちゃんの白い肌が露わになる。
ついに薄手の黄色いブラジャーにつつまれたTちゃんのおっぱいが現われた。
仰向けに寝ているのに胸元にはしっかりと谷間が刻まれている。
その頂上には薄手のブラを突き上げているぽっちが!
I先輩「すげーでかい!」
S君「Tちゃんこんなにでかかったんだ。想像以上ですね」
私「・・・・・」




272 :KAZU:2007/05/27(日) 05:16:48 ID:l7lLR0vQ0
S君はゃんの白いフレアースートの方も気になるらく、ラチラと下半身目をやる。

I先輩捲ってろよ!
君「OK!
君はっくりとスート
ストッキグ越しにTふとももが。
続いて何時か前に目にした黄色いパンィが。




273 :KAZU:2007/05/27(日) 05:24:22 ID:l7lLR0vQ0
Tちゃんの色いパンティは小さで、上部がレスになっており、そこから、陰りが透けて見る。
S君「うわー、やい下着でね。普段のTちゃんからは想像できね
I先輩「ほんとだな。結構濃そうな」
S君「俺ちゃいまたよ」




274 :KAZU:2007/05/27(日) 06:06:05 ID:l7lLR0vQ0
S君は自分の股間のポジションが悪いらしく、ズボンの上からポジションを整える。
S君「早く、おっぱいも見たいっす!」
I先輩「焦るなよ!」

そう言いながら、人差し指でブラジャーの頂上に浮き出たぽっちを軽く押してみる。

I先輩「やわらけ〜」
S君「俺もいいっすか」

続いてS君も突付いてみる。

S君「これがTちゃんのおっぱいか!たまんね〜」
I先輩「K(私)も触ってみろよ!」

恐る恐るTちゃんのおっぱいに手を伸ばす私。




276 :KAZU:2007/05/27(日) 06:51:34 ID:l7lLR0vQ0
Tちゃんのおっぱいに触れてみる。こんなに大きかったんだ!ほんとに柔らかい。

S君「おっぱい見ましょうよ!」
I先輩「わかったわかった!」
I先輩ブラジャーの下に手を伸ばし、上に押し上げようとするが、上がらない。
仕方なく、上から右側のブラだけ捲ってみる。

Tちゃんの右側の乳輪が。
そして乳首が顔を出した。
Tちゃんの乳輪は少し大きめだが、色は薄目で、その中心に乳首がしっかりと自己主張していた。





279 :KAZU:2007/05/29(火) 15:09:32 ID:DYkj7DlI0
S君「うわっすげ〜」
I先輩はそのしっかりと自己主張した乳首を押してみる。乳首がおっぱいに埋まる。
I先輩「やわらけ〜」
私「もうそれくらいにしませんか。起きたらやばいじゃん」
I先輩「そんなこと言って、おまえもやりたいんだろ!いい子ぶるんじゃね〜よ」

二人がそんな会話をしている間もS君はTちゃんの乳首をいじっていた。

「あうっん!」Tちゃんの色っぽい声。

起きたかと思い、三人は慌ててベッドの下の床に伏せる。





280 :KAZU:2007/05/29(火) 15:17:54 ID:DYkj7DlI0
寝たふりする三人。
寝返りをうつTちゃん。

シーン(沈黙がつづく)

恐る恐る顔を上げる私。
ベッドを覗き込むとTちゃんは横になって相変わらずスヤスヤと寝息をたてている。

私(小声で)「やばいですよ。もうやめましょうよ」
I先輩(小声で)「こんなチャンスめったにないんだから!」
S君「そうですよ。もう少し楽しみましょうよ」

大胆にもS君は横になったTちゃんの背中に張り付いているブラジャーのホックに手を伸ばした。




284 :KAZU:2007/05/30(水) 01:05:45 ID:ysV2Nnmd0
S君は器用にTちゃんのブラのホックを外す。
その瞬間Tちゃんの白い下パイが顔を出した。
さらに大胆にS君はTちゃんのおっぱいの全貌をみるためにブラを上方に引っ張る。
その瞬間、ぷるんっとTちゃんのおっぱいが弾けた。
三人ともTちゃんの白く青い血管が浮き出たおっぱいに釘付け。

I先輩「すごいおっぱいだな〜、どれくらいあるんだろう」
すかさずS君が外れたブラのタグを見る。
「F65」
S君「TちゃんってFカップなんだ!でっけー」
I先輩(股間に手を当てながら)「たまんね〜な〜」
暫しTちゃんのおっぱいを眺めながら沈黙。





289 :KAZU:2007/05/31(木) 06:36:23 ID:LMT4fA970
「うーん」再びTちゃん寝返りをうつ。
慌てる三人。再び床に伏せて寝たふり。
私(小声で)「もうこれ以上はやばいですよ!やめましょうよ!」
I先輩「起きたとき、おっぱい丸出しじゃ、言い訳のしようもないよな」
S君「・・・・・」
我々は、捲れあがったTちゃんの紺のポロシャツを調えると
隣の座敷に戻り、再びテーブルを囲み飲み始めた。
S君は最後まで名残惜しそうだったが・・・・・




290 :KAZU:2007/05/31(木) 06:48:04 ID:LMT4fA970
話題は再びTちゃんのおぱいの

S君「でかいでっていた、やちゃんのおっぱい ったで

輩「そうだな。制服の上からじゃわかないもんな

S君「Tちゃんって華奢ですもんね

S君「前職場(S君とI先輩とTちゃは同じ部署)の飲み会のときTちがみになて、谷間が見えたときがあったんですよ。
がめくちゃ深くて。
それ来、Tちゃんのおっが気ってしかたったのす。
まさそのTちゃんのおっぱいが見れるなんて、ー!」






291 :KAZU:2007/05/31(木) 06:50:05 ID:LMT4fA970
S君はそう言いながらTちゃんが寝ているベッドに目をやる。




320 :KAZU:2007/06/03(日) 04:32:40 ID:fiSncBvI0
>>315 りました。
S君「Fカップかぁ」本に名残惜そうだった。

の後話題は他女の子の話れてきたので、その場寝することなった。
分も経たないうちに、のいびき聞こ出した
私はそいびきがになっかなか眠りにつなかった。





321 :KAZU:2007/06/03(日) 04:43:18 ID:fiSncBvI0
眠りほど起こっ振りていた
ちゃん白いおっぱい
早く思っきり揉んでて〜。
自分マンショに呼んでみて、勝負か〜 等


の時、人の気配をじ、目を開けた。
むくと立ち上がるS君。
とI先輩がたことを確
忍びんの寝ていドのあるの部屋向かう。
部屋は続きになってお、寝りをてば隣の部屋まで見える。
君はTち寝てる様子をじっと見ている。





328 :KAZU:2007/06/04(月) 06:56:51 ID:f9DrTycV0
S君はTちゃんをじっと見つめたまま動かない。
何をする気なのか。私は薄目を凝らしてS君の動きを見つめる。
S君はおもむろにベルトを外しだし、窮屈そうにズボンを下ろした。
なんと大胆な。

私のところからもトランクスを押し上げたS君の股間がハッキリとわかった。
S君はTちゃんを見ながら、トランクス越しに股間をしごきだした。
まじかよ。




329 :KAZU:2007/06/04(月) 07:03:18 ID:f9DrTycV0
らにS君はTち手を伸ばし、ポシャツとブラを一気に捲上げた
を乗り出私。
ぷるんっとTんのFカップのおっぱいが再び顔を出し
ほどTち整えるときのホックをするのを忘れていた
Tちゃんのおっいはいも簡全貌をらけ出した。
くっを飲み込むのが聞こた気した。





331 :KAZU:2007/06/04(月) 07:12:18 ID:f9DrTycV0
左手をトランクスの中の自分の股間に右手をTちゃんのおっぱいに軽く添えるS君。
Tちゃんのおっぱいに触れた瞬間、S君はかすかに恍惚の表情を浮かべた。
S君は左手の動きを加速させる。

同時にTちゃんのおっぱいに添えていただけの右手も少しつづ動かしだした。







353 :KAZU:2007/06/06(水) 07:06:47 ID:eZVf8U820
、S君はTちんのート手を伸ばすです実はI先輩も寝簿おら、これ以上君に好き放題させてたまるかとらしく、むくち上った

そし顔で、下半を出したの横り、「お疲れ!」一言声をて、トイレって殿いました。
唖然とするS君。

慌てズボを上Sちゃんの衣服を整えと私の寝ている側きて、また、み始







354 :KAZU:2007/06/06(水) 07:08:21 ID:eZVf8U820
I先輩が戻ってきた後のS君との会話
S君「見てました?」

I先輩「ああ、お前も好きやね」
S君「すみません。抜けがけする気はなかったのですが」

I先輩「お前、Tちゃんのこと好きなんか?」
S君「ええ、ずっと前から」

I先輩「告ったんか?」
S君「いえ、未だなんです」

I先輩「がんばれよ!」

そう言って、I先輩はS君に背を向けて寝転がった。
そして最後に一言、「S!この件、貸にしておくからな!」と。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20140923012713