2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

出張中に部下と体の関係を持ってしまった








167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN .net

スペック(一昨年九月点)

分、32歳工場勤務製造担当

家族妻2,長男歳,長女妊娠

妻が大学を卒業してすぐて3

、26歳独身研便開発部
小宮悦子を若くした感の知的な姿京大卒の才色兼

うな顔立ちと74cmの長身が相俟っ性連は敬遠気味

気の弱そうられたは有ったが、断ったらしい。

姿に似合わず格は温厚で優しい頑張り

には試作造立ち会い評価で工場には何度も来ていて、何度か 一緒に飲食を共にていた。

分に意を持っている簿っていたが、当新婚たし綺麗なに好持たいなという度だた。








168 :名無しさん@お腹いっ。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN .net

当社製品化したの製造日程,格等の終打ち合わせの為、自分女、担当者で東都内の取向かった

朝か雨が強くり、風が接ていが午前中にアポを取っていたので、過ぎすぐに帰る予定でいたが、取引製造日程等の打ちわせえて、すぐに東に向かったが、新幹線全列車運休

すぐに連絡し一泊明日朝戻る旨を連絡、新幹線の時刻を翌日変更、あのシティホテルに電話し、辛うじてK県K市ネスホテル喫煙シングル禁煙の二室を確保した。

使業部員から(妻の)実家ににしした。明車内で合わせまょう。(ホ)領収書違いくもってください。」と言われ別れ







170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN .net

彼女と東京駅の地下街で昼食を摂った後、ホテルには16時までは入れないと言う事で、コーヒーショップで午前中の取引先とのやり取り等の話をしながら、時間をつぶし、通勤電車に乗って16時30分ころにK崎駅に到着した。

台風が来ている事も有り、一度ホテルに着いてまた夕食を摂りに出るのも億劫だという事になり、K崎駅の駅ビルでビールや弁当つまみ、着替えの下着や靴下,彼女はストッキング等も購入してホテルに到着すると18時過ぎになっていた。

自分も彼女も非喫煙者だが、彼女にはダブル禁煙に泊まってもらい、自分はシングル喫煙に部屋を取った。

大半の荷物は自分が持っていたので、彼女に「食べ物やビールすぐに持っていくけど、悦ちゃん(以下、悦子かえっちゃんのに略します。)の部屋に遊びに行って良い?」と聞くと、

「大歓迎です。二人で(昼間の出張の成功)祝杯あげましょう。着替えたらすぐに連絡します。」

と言ってくれて、もしかしたら?という思いが芽生えてきた。








175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN .net

どうせ彼女の部屋で飲食をするのだから、とりあえず食べ物や飲み物を彼女の部屋に置く事になり、彼女の部屋に着いてテレビで大雨の情報などを見たり、ビールなどを冷蔵庫にしまっているうちにお腹が空いてきたから食事をしよう
という事になった。


弁当や総菜,ペットボトルのお茶を出し、夕食を済ませた後、一度部屋に行ってシャワーを浴びてから彼女の部屋に出直すつもりがビールやつまみにも手をつけ始めて、ロビーに有る自販機でビールとチューハイを買い足し、気が付くともう夜は更け22時頃になっていた。


ほろ酔い気分になったところで、意を決して彼女にアタックする気でいたが、いざその段になると、彼女は自分に好意を持っている、大丈夫だろう。
と思う反面、一歩間違えるとセクハラ、悪くすれば上司に訴えられ会社にはいられない。

最低でも彼女との良好な信頼関係が崩れ、これまで通りには接してくれないだろう。

彼女の事は諦め、仕事上の良きパートナーとして可愛い妹のような感じで接していくべきか。

躊躇するうちに彼女に目を向けると、酒豪で顔色一つ変えずに黙々と飲んでいる。



ええい、もうなるようになれだ。
ほろ酔い加減も手伝って意を決して空いている彼女の右手(彼女は左利き)にそっと手を当ててみた。


振り払われればそこまでだ、軽蔑はされるだろうが、「あまりにも綺麗な手だったから。」とか適当に言い訳すれば何とかなるだろう。


こちらも心臓バクバクだったが、いつもは沈着冷静な彼女にも明らかに動揺の色が見える、しかし添えられた手を振り払う様子はない。

その気がなければ、手を振り払いこちらを睨みつけるはずだ。

脈は十分ある、ここで一気にたたみかける事にした。


自分「えっちゃんが欲しい。」


悦子(えっ!と言う顔をして、動揺の度が増した表情。)

自分「えっちゃんの体が欲しい。」


こちらも極度の緊張で気の利いたセリフを言えず、しばし沈黙の後、悦子が黙って笑顔で頷く。










179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN .net

>>168
>K県K市のビジネスホテル
K崎日航ホテル?
続きを楽しみにしてます。





182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN .net

>>179
違います。
10000円までしか宿泊費が出ませんので、日航ホテルでは高すぎて泊まれません。





180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN .net

わっふるわっふる!







184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN .net

約4年ぶりに嫁以外の女とやれると思うと妊娠中の妻に対する背徳感も
彼女に不倫経験者としての記憶を刻みこんでしまう事への罪悪感も
妻の妊娠でご無沙汰になっている性欲の前に雲散霧消、もはや理性のかけらもない獣と化していた。

早速握っていた左手を彼女の右手から離し、肩に手を回しこちらに引き寄せ、ブラウスのボタンを外そうとすると、彼女から「止めてください!」と強い拒否。

(さっき頷いたじゃないか。今さら何だよ。)と思ううちに
「シャワーくらい浴びさせてください。朝からこの雨で蒸し暑い中を歩いていたのですから。」と言われた。

なるほど二人ともあの蒸し暑い中を歩いて来たのだから全身汗だらけ。

彼女の意見を入れてまずシャワーを浴びる事にし、彼女に先に浴びるように勧めた。

しかし昼間の出張報告をまとめたいと言われ、自分から先にシャワーを浴びようと思ったが、冷静になってみると新幹線の運休も彼女と二人きりになるシチュエーションは微塵も考えていなかったので、ゴムを持っていない事に気付いた。

彼女には「何か飲み物を買ってくるから。」と言って部屋を出た。

ホテル近くのコンビニで彼女から依頼された野菜ジュースやヨーグルトと一緒にゴムを購入し、準備は万端。

ホテルに戻り客室をノックすると、彼女は報告書を引き続き書いていた。

「もうすぐ終わりますけど、先に(浴室に)入りますか?」と言われたが、待つ事にし、出来上がった報告書を読むと才女らしく訪問の目的から、経緯,結果,問題点,今後の課題に至るまで的確に書き上げられていて、その事を褒めると喜び「長い間待たせてすみません。お先に。」と明るい声で言い残して着替えを持って浴室に入っていった。






186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN .net

わっふる、わっふる!





187 :ん@お腹いっい。2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN .net

足しにユニットバスに行くとカー越し彼女がシャワーを浴びている

く彼女がぱりした表情でバスルームから出てきてベの上に腰掛けたのれ違いに自がシャワった

トバの中でこれ事に及ぶ自分のペニスを洗いうち間後にはこいつが彼女の膣に包まれいると思うフル勃起直角に起殿していた。

ャワーを浴び終わ、バスルームを出るとは髪にライヤーを当てていた。

乾か終るとベッドの上にホテ備え付け季刊誌をめた

自分もドラーを当て、外の様る為にたカーテンを閉めた。

彼女〔電て良い聞くと黙て頷くて綺麗なリムなボディをベッ滑りませた。

為彼に「僕も入っ良いか?」とけると、やはり黙って頷く

少し前、告書ていたころは彼女のから陽気に話かけてい彼女はこれ分の身に起こ事への緊張と恐怖心からかになった。

彼女の横使潜りと、分の方から言い寄っのに気のが顔を出し

彼女に
本当俺で良いん、簿に後悔しない?」てみた。

悦子「丈夫

分「俺結してい子供もるし。」

子「、私本(仮称。以下こ仮称使いす。)の事入社した時から好きだっんで中の大学生の彼女がいると聞いて・・」

めて自分への思いを告された。

自分に好意を持てくいる事はわかっていたそこまで自分のを思っれていたとは夢にも思わなかった

前妻との偶然の出会がなから、と一緒に暮らしているも自分のを産んでいるのもこのれない思うと、欲以に対る愛情がに芽生えた。

悦子が可い、しくてたまらい。
う自分の中に妻に対する背徳感も彼不倫歴を残す感も微塵もなくていた。






188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN .net

自分への思いの丈を伝え、安心したせいか、やや落ち着きを取り戻したようだ。

ベッドの中でお互いの顔を見合せながら、

自分「俺、悦子(いつの間にかちゃん付けから呼び捨てになっていた。)の事が大好きだ。愛している。」

悦子「私も。」(薄明かりの中で頬を赤らめているのがわかる。)

自分「悦子とこうして本当に二人きりになっちゃったけれど、怖くない。」

悦子「・・・やはり、ちょっと怖いです。」
自分「本当に良いの?」

悦子(無言で頷く)

6年前妻の初体験の時も似たような感じだったのを思い出したが、妻の事を思い出せば、彼女への思いが鈍ると思い、自分の中で慌ててその時の思い出を振り払った。






189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN .net

早速彼女の綺麗な黒髪に右手を添えて撫でた後、彼女の顔を引き寄せソフトにキスをした。

この時点では彼女も恋愛ドラマのヒロインにでもなったような感覚でいたのか、嬉しそうな顔をしてこちらが舌を絡めても応じて来たし、耳たぶにキスをしても平静だった。

次いでホテル支給の浴衣のボタンに手をかけ、一番上のボタンを一つ外すと彼女の表情が明らかに変化していた。

彼女が異性に衣類を脱がされる事など自分でも覚えていないくらい小さい時に父親に着替えさせてもらった時以来だろう。

成人してから初めて異性に脱がされる事への緊張と恥ずかしさから彼女の体がわずかに震えているのがわかる。

声をかけようかとも思ったが、少し彼女が恥ずかしがる顔を見ながら、上のボタンから順番に外していき、腕部分を左から順番に脱がせて行き、ついに彼女の裸体が姿を現した。






194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN .net

>>189
妻子持ち相手にロストバージンかよww
うちの会社の東大卒の超美人キャリアウーマンに似たようなのがいる。

スペック高すぎるとつりあう相手がなかなかいないんだろうな。





190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN .net

次いで首筋にキス、胸の谷間に顔をうずめる。

その間に自分も浴衣を脱いで二人とも下着一枚になった。

両乳首を舐めまわし、脇の下,お腹,へそと舐めまわし、再び乳首に舌を這わせまがら、彼女の下着の上から下半身の部分に手を当てると
悦子「嫌、止めて。」とか細い声で言った。

彼女が恥ずかしがるのも構わず、下着をはぎ取り、自分も下着を脱いだ。

まだ十分に潤っていないのを確認し、今度は長い肢体と身長に似合わず小さくてか細い足を丹念に舐めまわしてみた。

足指の間を舐めまわすと、彼女が
「駄目そんな所、汚れてて臭いから、本当に止めて。」と強い拒否反応を示したが、ここに来て彼女の息が上がっている。

ここが性感帯か?シャワーを浴びていて全く臭わなかったが、お構いなしに続けて行くと彼女が「ああ、もうダメ、止めて、お願い。」と声を出した。






200 :名無しさんっぱい2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN .net

足の指の間,足裏,足指を一本一本念に舐まわしたの下身を案の液が寿出ていた

いでクンニ、舐めまわてから、舌すぼめて彼女のあそに入れると「や、。駄目。ああ〜ん。」と隣室にで聞こえる思えような(雌?)たびのような声をあげ、慌てて、悦子さえようと思ったほ

は熟した。
正常位勢にキスしながら亀押し当てと、目瞑ってその時を待いるの体がぴくっ動いのがわかった

まで行って、重大な事に気が
は自分以上に緊しているだろうが、ぶりに妻以外の女を抱興奮と緊張からか、ゴムを装着する事いた。

もゴムはコンビニに飲み物を買に行た後、飲みにスーツの内ポケットに入いた。

流れま挿入可能
中断して取りに行くまま続けるか迷ったが、万一の場合彼女妻帯との初体験以上の暗い過去なる

僅かにうじ勝り、生挿を押どめた。






202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN .net

ゴムを取りに行き、自分のを見ると悦子の愛液で先端がヌルヌルだった。

ベッドの上でゴムを装着するうち、再び自分の中の良心(?)と罪悪感が頭をもたげてきた。

妻帯者と知っていたけれど自分の事を愛してくれ、初体験の相手に選んでくれた事からわずか数時間の間に悦子に対して芽生えた愛情。

「妹のように慈しみ、綺麗な体のまま生涯の伴侶の元に送り出してやれ。」

「恋人としてごく普通に男女の関係になって彼女の願いをかなえてやれ。」

この期に及んで、二つの思いが錯綜し、彼女に問いかけてみた。

自分「悦子」

悦子「何?」

自分「俺、妻も子もいて家族を捨てる気は毛頭ないんだ。」

悦子「・・・・・」

自分「悦子の事、幸せに出来ないけれ(どそれでも良い?」

悦子「いい加減にしてください!」

自分「ごめん、何回も同じ事聞いて。では入れるからね。」

悦子(強くうなずく)

自分「痛いようだったらすぐに言ってね。」

悦子「うん。」

再度、キスから始まり胸からあそこまで軽く愛撫した後、膣口にペニスを押し当て、悦子の顔色をうかがいながら少しずつゆっくりと挿入して行った。

何とか最後まで入れた所で、動きを止めたのに悦子が気付いた。

悦子「どうしたの?」

自分「悦ちゃんが頑張ってくれたから全部入ったよ。」

悦子「嬉しい。」

その時の安心したようなにんまりと嬉しそうな表情が忘れられない。

すぐに動かす事も憚られたし、悦子の膣内にいる感触をしばらく楽しんだ後、今度もゆっくり動き、痛がられたら止めるを繰り返す内
自分の頭からつま先までの力がすうっと抜け、ゴムの中に一気に放出された。






203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN .net

「終わったよ。」と声をかけ、すぐにゴムを引き抜こうとすると妻との夜の生活がご無沙汰のせいか、ものすごい量の精液が放出されていた。

慌ててティッシュを大量に取り出し、抜き取った物をコンビニの袋に入れ、悦子のあそこを拭き、自分のも拭き終えて、包んで捨てた後、悦子に声をかけた。

自分「痛くない?大丈夫?」

悦子「大丈夫、けれどやはり痛い。まだ何か入っているみたい。」

自分「痛い思いさせてしまってごめんね。」

悦子(首を振る)

自分「悦子には痛い思い散々させたけれど、ものすごく気持ち良かったよ。本当にありがとう。」

悦子「私こそ、ずっと大好きだった人と二人きりになれて、結ばれて、一つになれて・・・」
(声を詰まらせる)」

自分「悦ちゃんの事、俺も大好きだよ。」

悦子「嬉しい。」(抱きついてくる)

自分(受け止める)

悦子「ずっと、こうしていたい。ずっと離れたくない。一緒にいたい。今日の事を一生忘れない。忘れられない。」

俺みたいな妻帯者を必死に愛してくれるのに自分は何一つ報いてやれない。
やるせなさと同時にその一途さが何とも愛しく切なく思えてきた。

可愛い、可愛い、可愛い、可愛い、とにかく可愛くて可愛くて仕方が無い。
ひたすら彼女を抱きしめた。


ふと時計を見るともう2時30分になっていた。抱き合ったままいつのまにか二人とも眠りに入り、無事二人の初夜は終わった。







209 :しさ@お腹いっぱい:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN .net

>>202-203

の後も彼女さんと続いる





213 :名無しさん@お腹いっぱい2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN .net

>>209
彼女して一人暮しをめ、望まな娠をけるのと善の為ルを飲み出して、妻が臨月頃から産休,育休で帰省した頃は半同棲状態でした

現在も週一くらスで続いいます。





 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20141006070156