2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

旅先の秘境地の民宿でスタッフと肉体関係を持ったら予想外な結末に







12 :えっちな18禁さん:2013/10/26(土) 14:33:02.54 ID:eehXzhWR0
去年の冬、俺は女友達と二人でスキーをしに秘境の地にあるスキー場に行った。

運転が怖いからとアッシーにされたのだ。

そいつの紹介で、秘境の地のスキー場を完全にモノにしているテクニシャンババァがしている民宿的な所に泊まったのだが、彼女の知らない女が新しく入っていた。

聞けば、一流ホテルに勤めてたが離婚して、共通の友人が不憫に思い、秘境の地ではあるけどと、ここの民宿を紹介したらしい。




13 :えっちな18禁さん:2013/10/26(土) 17:58:59.80 ID:X2RonNsO0
民宿娘と来ていて、休みの日宿の近くの家に娘と住しい

スキーはしないらしい、元々北海に住んでただけあって雪には慣れていて一流ホテルに勤ていたあっ西いも良かた。

はババァの友人がいに来ていたらしいが、彼女の働きぶりを見てたまに手伝いに来度にらしい。




14 :え18禁ん:2013/10/26(土) 18:45:06.61 ID:y7QsLaWo0
は人っこく、俺と女友達が宿にたり着き、はさした後に部屋で寝ていると部屋に入っ

目を覚また俺が驚くと、
人でをしてい。「ね
がする事になったが、かなり強かっ

娘で、声で付いた親が入っきたが構わなでと伝と調理場にって行

すると戦濃にな運転しなかった女友達は、「ん(笑)」言ってスキーをしに行った。




15 :えっちな18禁さん:2013/10/26(土) 21:09:09.22 ID:bff3+2gM0
運転で疲れてた俺と彼女は何戦か将棋をしながら話していた。

客は人づたいか女だけの少人数だけの客じゃないと断るから滅多に来ないが、テクニシャンとはいえババァだから身の回りの世話であまりうちには帰れない事、ババァになついている事、 村の人達から貰う物や、自給自足で生活している事を知った。

養育費と年金で生活出来てるわけかと、都会暮らしに慣れた俺には驚きだった。




16 :えちな18禁:2013/10/26(土) 21:22:10.96 ID:GjVaieik0
暫くすると下から男がした。

「おーい、おい」
女の親が上がってきた。
ら、いくよ
「いや、将棋するー
はかまいませんよ」殿

の親はすみませと謝って下て行った。
料の買い物に好好ん連れて行くアッシー男い。

ババもあるが、男が独身で評判が良くないからと、よどのがなとつて行らしい

「あんたの親が来るまあいつは来た事が無かった」と愚痴っていしい。

当然普段は彼女らしいが、客だけ残す宿なんて初め聞い



17 :えっちな18禁さん:2013/10/26(土) 21:25:30.35 ID:HVhVRGcU0
男の声がした後、彼女は挙動不審になり、ババァが出ていくと、意を決したようにグイっと近寄ってきた。
俺が身を引くと、

「ねぇ」
「何(笑)」

「チューしよ」
「はっ!?」

俺は断ったが彼女は聞かない。
将棋負けてるじゃないかとか難解な事を言いながら迫ってきた。
応じないと分かると、彼女は俺の布団の中に入り、ゴソゴソしだした。

「何してるん?」
「寝るの」

「そうか(笑)」






18 :えっな18禁ん:2013/10/26(土) 21:28:33.80 ID:EATfG4vS0
布団の中た彼女に不覚にも萌えたが、な」を聞き、瞬固まった後、背凍っ

布団から彼した。
俺は慌てて布団け寄った

「何して!!」彼の手がそっと、白い物を置き、手いた。

ラだった。
はパックになった。
後残るはホトパンツと姿下着の





19 :えっちな18禁さん:2013/10/26(土) 21:32:15.18 ID:+fOH/W5S0
無言の時間が流れた。
ジャッという毛布にくるまるような動きをした摩擦音がゴーサインになった。

布団と毛布を剥ぎ取ると、彼女の目で、彼女が驚いているのが分かった。
胸の前で腕をクロスさせた彼女の肩を引き、仰向けにさせた。
彼女が怯えた目でこっちを見ている。
彼女の小さな胸の上下の動きで息が荒いのも分かる。

俺も興奮が高まり、彼女の膝に跨がって腕を掴み、クロスさせた腕を開こうとすると、一瞬力を入れたが、すぐにすんなり胸を露にした。




20 :えっちな18禁さん:2013/10/26(土) 21:42:28.55 ID:nxnirzkf0
娘っていくつぐらいなんだ?




21 :えっちな18禁ん:2013/10/26(土) 21:50:59.15 ID:0N19nawr0
>>20が想像したがこの娘の年!!!!




22 :っちな18禁さん:2013/10/26(土) 21:55:40.14 ID:TS9ZRakX0
を触る、小い胸が、今までの女とは婿った
女は顔を背け、毛布で顔を覆った

小さく膨だ胸を揉んで可愛らい乳首をむと、両手顔を隠した。

俺は彼女の乳首吸い、口に舌で舐尿した。

舌触りも最高で興奮しきって責め、彼女は時折声を漏らなが感じ

彼女白い足わりだった。




23 :えっちな18禁さん:2013/10/26(土) 22:15:45.97 ID:XxmMKVon0
舐める場所を次第に下へ下へと移動させ、ホットパンツに手をかけた。

彼女は右手で俺の右手を握った。
手は震えていた。

彼女の右脚を肩の後ろにやり、大腿部にキスをして舐めると、彼女は、俺の手を誘導し、ホットパンツのフックを外させた。

ホットパンツを掴み、下ろすのを少し妨げたが、白い下着だけになった。

俺は、開脚させ、彼女の顔の方を見ながら、割れ目の近くにキスをした。

枕を掴み、「ウウッ」と歯を食いしばって喘いだ。
割れ目のそばを中心に執拗に舐めて焦らした。




24 :えっちな18禁さん:2013/10/26(土) 22:19:17.56 ID:xGh/Pw8b0
頃合いを見計らい、彼女に言った。

「早く裸にならないと誰か帰って来るんじゃない?」

間を置いて彼女は、枕を掴んだ手を離し、彼女は自ら下着に手をかけた。

俺は下着の上から割れ目を舐め、指で押した。
「脱ぐから、何もせんで?」

俺は起き上がり、バックからタオルを取りだし、急いで服を脱いだ。

俺が、女友達ともしもの時の為に持ってきたゴムをはめると、彼女は下着を下ろした。

割れ目が露になった所で、俺が下着を掴んでゆっくり脱がせた。

まだ綺麗な割れ目が見えた。




25 :えっちな18禁さん:2013/10/26(土) 22:28:40.34 ID:MDpoqLOQ0
俺はタオルを彼女の尻の下に敷き、割れ目に息がかかる所まで近付けた。
少し濡れているのが分かった。

俺が何もせず、割れ目を直視していると、彼女が脚をバタつかせるように動かし始めた。

俺は両肩で腕を巻き付けて脚を抱えるようにし、ほんの数センチの所で見続けた。

彼女がバタつかせた脚が背中を叩く。

「はやk…」彼女はその先を口にするのを思いとどまったが、俺はそれを聞いて舐め始めた。

彼女は「アアッ!!アアッ!!」と喘ぎながら腰を前後させる。

間もなく体を痙攣させ、中から液が勢いよく吹き出した。




26 :えっちな18禁さん:2013/10/26(土) 23:09:06.87 ID:gE8gekD60
彼女はピクッピクッと震え、さっき味わった快感を再び求めるかのように、腰を動かし始めた。

俺は、起き上がり、彼女の右脚を抱えた。
彼女はうっとりした表情で右を向いている。

「指、中に何本入れて良い?多い方が良いんだけど」
「一本…」

目を反らしたまま答えた彼女に何も答えずにいると、
「二本…」

俺は再び答えず、人差し指で彼女の割れ目をなぞった。
「二本っ」
と彼女は懇願するように言った。

俺はそれを聞き、二本の指をゆっくり入れた。
「アンッ」と彼女は可愛らしい声を漏らした。
俺は堪らなくなり、彼女にキスをした。




27 :えっちな18禁さん:2013/10/27(日) 00:27:08.85 ID:abdUMefH0
彼女の中からクチュクチュと音がし、彼女は口を離して喘ぎ、再び絶頂に達した。

キスをし、交尾の時を待ち構えていると、車が戻って来た音がした。

ハッとしたように俺と彼女は目を合わせ、服を着た。





30 :えっちな18禁さん:2013/10/27(日) 09:31:44.74 ID:2zPPu3pW0
彼女はブラをせず、服を着た後も握っていた。

俺が彼女の愛液で濡れたタオルをどうしようか悩みながら持っていると、彼女は目を僅かに下向け、自分のブラを差し出し、タオルの上に置いて「あげる」と一言だけ言って部屋から出て行った。

俺は、愛液で濡れたタオルにスポブラを巻いて処理をした。

だが結局、この時処理する必要は無かった。




32 :えっちな18禁さん:2013/10/27(日) 11:20:02.81 ID:IrdS08Gg0
俺が処理を終え、ビニール袋にタオルを入れ、携帯も圏外でする事もなく下に降りると、彼女はババァ達の手伝いをしていた。

ババァはアッシー男に手伝わせる事なく帰し、三人で買ったものを入れ始めた。

彼女は目を合わさなかったが、「兄ちゃんも手伝ってや」と言ってきた。

「何言ってんの!もう」笑いながら俺は手伝い、彼女の母親は遠慮がちだったが、ババァは何も言わなかったので、俺が押し切る形で手伝った。




33 :えっちな18禁さん:2013/10/27(日) 12:01:53.13 ID:HgUuaY920
その後、こたつに座り、出して貰ったお茶を飲みながら彼女とテレビを見ていると、彼女が俺の顔を見て言った。

「なぁ、兄ちゃんて彼女から置いてけぼりにされてんの?」

俺が笑っていると、彼女の親が彼女の頭を叩きに来た。彼女は構わず言った。

「散歩行く?何もないけど案内する」
「行こうか」

彼女の親は恐縮して遠慮していたが、二人で出て行った。
彼女の親とババァはキョトンとしていた。

彼女は、さっきした事など記憶にないかのように振る舞っていた。

しかし、「初デートや」という彼女の言葉は聞き逃さなかった。




34 :えっな18禁さん:2013/10/27(日) 12:10:10.22 ID:uxFgXM4N0
彼女は山の間から景色がえる場行き、暫く自身のしてき

降雪でえないと山見ながら暫く帰り際に彼女はキてきた

ると、女料理の手伝いをしいた。
彼女は達のい所で、女友達にかく当たった。
友達はの理察し、肘俺を小突きた。

と話してと、を盗んで話を遮り、でまた棋教」と言ってきた




35 :えっちな18禁さん:2013/10/27(日) 12:20:57.96 ID:P55vQEac0
夕食の場はババァのスキー経験の話で盛り上がった。
スキーの話だけで女友達とババァは完全に意気投合していた。
俺もテクニシャンババァの話術にすっかり引き込まれて楽しい時間だった。


その後、流石に空気を読んだ親が、「今日は帰ろうか」と彼女に切り出した。

親も、俺達の目の届かない所でかなり言っていたのか、彼女はふて腐れて黙っていた。

そこで、女友達が切り出した。
「お姉ちゃん達と将棋しようか?」意外な味方の登場で彼女の顔は一気に明るくなり、「うん!」と答えた。

結局、親は申し訳なさそうに一人で帰って行った。




36 :えっちな18禁さん:2013/10/27(日) 12:25:00.19 ID:e7S5tzhR0
「お姉ちゃん何飲みたい?」
彼女の親が見えなくなるまで見送った俺を置いて、彼女は嬉しそうに女友達と話しながら、ババァと三人で中に入って行った。

「お姉ちゃん、スキーで疲れたから先にお姉ちゃんと将棋しようか?」

という事で、彼女がパジャマに着替えた後、まずは彼女と女友達の対局が始まり、女友達の説得もありババァも観戦していた。

ババァと俺で話しながら見ていた。




37 :えっちな18禁さん:2013/10/27(日) 13:11:21.82 ID:Y99R/YM10
ババァがトイレに付き添えと言うのでついていき、介護するのかと戦々恐々としていると、ババァが言った。

「いつものようにここにいて、友達と遊べないから将棋ばっかり強くなってしまいましてねぇ。可哀想に…」
ババァは続けて言った。

「このババァももう先も長くないし、ここも稼げる仕事じゃない。お客さんみたいな父親が現れて孫娘の面倒見てくれると、このババァも安心してあの世にスキーしに行けるんですがねぇ」

ババァにしてはイマイチなオチだったあたり、慌てて笑い話に持っていこうとしたらしかった。

ただ彼女を「孫娘」と言ったのを聞き、ババァの人柄のよさを感じた。





38 :っち18禁さ2013/10/27(日) 13:18:14.10 ID:CbS0Edqc0
その後部屋に戻ババァが将棋が終わないうちに部出てくと、ったがミスを連発し、負た。

彼女が嬉そうにジュースを取りに行った後が言った。

もうけど、手出ちゃダメよ
「出か(笑)」

彼女が持ってきジュスを飲み干す、女友た。

今日はおちゃんと寝か」
えっ

驚いこう続けた

棋終わったいで


彼女は尿張気味でえた。
我が友女友自分の部屋にた。




39 :えっちな18禁さん:2013/10/27(日) 13:28:08.72 ID:q/rXRTTo0
彼女は明らかに動揺し始めた。

お互い会話が無くなったが、経験の差で、割と落ち着いて彼女を観察出来た。

彼女は完全に緊張していた。将棋も彼女の敗戦濃厚だ。

パチン、パチンと将棋の駒の音だけが響く中、俺は、パジャマの隙間からチラチラ見える胸に興奮してきた。

そして、彼女の王を取った。「あっ」彼女はミスに気付いて久々に声を出した。

俺が将棋盤をよけると、彼女は正座して、握りこぶしをパジャマの上に置いていた。

「今度は俺が勝ったんだから俺の言う事聞いてね」

彼女は、一度、首を縦に振った。




40 :えっちな18禁さん:2013/10/27(日) 13:32:58.08 ID:fhsjxdfq0
俺がキスをしようとすると、彼女も唇を近付けた。

俺は彼女をお姫様だっこして布団の上に寝かせ、掛け布団をよけてタオルを敷き、再びキスをした。

そして、キスをしながらパジャマの上から弾力のある胸を揉むと、早く見たい衝動にかられた。

ボタンを外し、ブラをしてなかった為、すぐに胸が露になった。

「ブラ、してないんだ?」
「一つしか持ってきてないから…」

ズボンを下ろすと、ノーパンだった。
彼女は、胸と割れ目を隠して言った。

「お母さんが間違えて持って帰って…」

俺は彼女にキスをした。
彼女も待ちわびていたかのように、腕を背中に回してキスをしてきた。




>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:いい思いをした話, 異常シチュ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:いい思いをした話, 異常シチュ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20141012141059