2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

好きな子が、隣の部屋で抱かれている場面を目撃した







384 :Mr.名無しさん:2009/09/08(火) 10:15:51
上の者だけど、くわしく書いていいのか?
かなり長くなりそうなんだけど…

簡単に言うと。
好きな子と、尊敬してるイケメン上司と三人で飲み→盛り上がる

→上司の家でオールしよう宣言
(言い出したのが自分だからまた救いようがない)

→俺寝てしまう

→好きな子、突然上司に告白する

→俺唖然

→上司断る

→だがめげない

→ああああああああああああああ

って感じなんだ…




386 :Mr.名ん:2009/09/08(火) 11:45:22
俺達たいその時の会話の描写なん
さあ、つらい気持ちを共有しよぜ!




387 :Mr.名無:2009/09/08(火) 11:58:17
マジら相当キイな

核発射ンが側あったしてしまうレ




388 :Mr.名無しさん:2009/09/08(火) 12:19:21
きついなんてもんじゃない
何度屋上に登ったことか
何度海辺に行ったことか
2人とも毎日のように会うんだ
きついなんてもんじゃない

詳細はちびちび載せるから待ってて
仕事中だから遅くなるけど




390 :Mr.名無しさん:2009/09/08(火) 16:08:46
いやな瞬間に立ち会っちまったな…




396 :Mr.名無しさん2009/09/09(水) 17:14:22
途中までなんですが投下します。
分かりやすくするた仮名つけ

山=俺 25歳
 25歳 と同期
ん 違うが会の上 33歳らい

彼女がた俺だ調えり合って急激に惹かれ、女とれる

同期の俺た味が同じなのもあって一番綿よかった。

一緒に征した事た。
(当然部別だが)

しかしななかるには至ら、「社ので一友だちというポジシにずっとあぐらかいてた。

えりの見た目は…しいて言うなら藤議か。

色白で髪で奢なームのメガをかけてかにもデキル女な気だったが、実は訛り(モーの高橋愛みたな感じ)がて、のギャップからか結構モ調てた




397 :Mr.名無しさん:2009/09/09(水) 17:15:41
ただそんなえりも、就職してからは彼氏がずっといない。

男ウケするタイプのえりが一向に彼氏を作ろうとしないのは不自然だったが、俺は「今は仕事が楽しいんだろうな」なんて勝手に都合の良い解釈をしていた。

しかし その能天気な考えも一瞬で消し飛ぶ出来事が起こった。

ある金曜の事。
この日仕事が終わったのは9時頃だった。
会社の外でぼけーっと一服をしていると、後ろの方から声が聞えた。

「おっ武山君?今帰り?」

「あ・・細川さん。お疲れ様です。今終わって一服してました!」

「そっか。今日用事あるの?飲みにでも行くか?おごるよ」

「いいんですか!!行きます行きます」

細川さんとは3ヶ月に一回程度だが、飲みに行く仲だった。




398 :Mr.名無しさん:2009/09/09(水) 17:17:55
ここで細川さんの話をしよう。

入社したての頃、要領悪くて毎日のように深夜まで仕事していた俺。

体重が10キロくらうい落ちてかなりしんどかった。

で、ついにある夜限界がきてついに会社でブッ倒れた。

周囲は俺の事なんか知らないから「寝かせとけばおk」みたいなノリだったらしいが 細川さんは「何かあったらどうするんですか!」と言って病院に連れてってくれて さらに看病までしてくれたそうだ。

後からこの話を別の人から聞いて半泣きでジャンピング土下座しそうな勢いの俺に、「良くなってよかった。あんまりムリするなよ。」と言って颯爽と消えていった。

あまりの爽やかっぷりに、男の俺でもうっかり惚れてしまいそうになった。

これでイケメンなのだからもはや非の打ち所がない。

気さくイケメン(というか渋い?)。
当然、誰々が告白したなんて話も少なくなかった。




399 :Mr.名:2009/09/09(水) 17:21:24
しばく2人でタバコふかし仕事を終たえりが降りてきた。

おぅ、お疲れ。」

おつかれー」

細「れ様です」

・・細さんどぉて?」


とんとしてる


飲みに行くんだ

え「(会社では苗字で呼ぶ)、細川さんと仲良かったの?」


なみに仕事えりと細さんとの接


俺「ぁ、色々になって

え「そうなん今日ヒマだからっていですか?」

俺「おまwずうずういなwくなよw」


本心じゃあります。


え「なによー!!細川さんいいですよ?」

「うん全然いい行こうか


うし西て俺とえりと細さんでに行くことにな




401 :Mr.名無しさん:2009/09/09(水) 17:30:49
男のツンは墓穴を掘ってるが多いんだよな…。
武山はイケメンじゃないのか?




402 :たけやま:2009/09/09(水) 17:36:30
俺はフツンです。
ちなみにパンはいて下w
日の報では えろい方にはい便そうにないの

この日のルートは居酒→オサレなー。
事のれを忘かのよう沿飲みまくる3人

りも普段はそんに飲まないがこの時ばかりはひすら飲ではしゃいでた(よう見えた)。

りい表情を見せりだが、俺は全かない
この時にしで勘がいていれば・・今でもう。
バーを出のは12時頃だった。

いやー久々に〜で、からどする?」

「あーもないすね〜んーじゃあ細川さん家近いし、細川さんちでオールしましょっか


ちなみに俺は以電車ってまった事があ


細「おい、まかよ〜。まぁいいけ。で、君(えり)はどう?」

・・え、あの私っもっ!いいですか?!」

俺「おまえまよww邪魔すんなw」

え「たけちゃうるさいwいい細川さん」

細「うん、全いいけど・1人500円だよw」

俺・え「すかそれ〜ww」


こういう人に気を遣わさい所もすご

よりにかはえりと朝まで一緒にられ事でテションがマックスだっ




403 :たけやま:2009/09/09(水) 17:39:15
コンビニで酒とかつまみを買って細川さんのマンションへ。
この人の部屋は広いというか物がなく、適度に片付いてる。
俺の部屋とは大違いだ。


しばらく3人で会社の事とか話していたのだが、2時頃になってだんだん眠くなってきた。


俺「細川さん、やばいです。ちょっとだけ寝ていいですか?」

細「何だよ、言いだしっぺが一番に降参か?」

俺「すいませんwちょっと疲れてるんかもしれませんw」

細「まったく。向こうで寝なよ」


そう言って隣の部屋を指差す細川さん。


え「え、え。ちょっと、本当に、寝るの?」

立ち上がる俺のそでをつかむえり

俺「あ?30分くらいいいだろー」

え「う、うん・・」

なんとなくソワソワしてるような気もしたが、この時は眠気がやばくてそれ所じゃなかった。
まぁこれが最大の間違いだったなんて言うまでもない

すいません、また来ます




405 :Mr.名無しさん:2009/09/09(水) 18:11:37
>>403
そこで寝うん…っ今更ってしょがないが。

きな子と一晩一にいられることが決またときの喜び期待、してその結を想像すいたたまれなるキロ




404 :Mr.名簿無しさん:2009/09/09(水) 17:54:35
かどきどきしてきた・・・




408 :Mr.名無しさん:2009/09/09(水) 19:32:21
オラはなんだ胸が痛いお

でも凄く緊張感がある




409 :Mr.名無し:2009/09/09(水) 19:33:13
川さテキす婿綿るだろ
こん気さな上ほしー




411 :Mr.名無しさん:2009/09/09(水) 23:18:25
やった!今日は一晩中彼女と一緒にいられる!
もしかして俺と一緒になりたくてくっついてきたのかな…。

今日を境にもっと親しい関係になれるかも…。
彼女の寝顔も見られるかな、可愛いだろうなぁ。

とか思っちゃったわけだな。そりゃ絶望するわ…。




417 :たけやま:2009/09/10(木) 17:59:09
では少しだけ続きを・・

それからどれくらい時間がたったのか分からないが、えりの声で目が覚めた。

時計を見ると3時半だった。
2人は楽しげな雰囲気だ。
俺はボケーっとしながら2人の会話に耳を傾けてた。


しばらくすると話の流れが仕事→恋愛関係へ。

「あのー細川さんってゲイじゃないですよね?ww」

「はっ?!なんで?ちょっと待ってwwちがうよww」

「いんやぁ、あまりそっち方面の話を聞かないから女の子達が噂してましたよww」

「バカ言うなよ・・。女の子が好きに決まってるだろーが・・」

「そうですよね・・あの・・それで彼女さんはいるんですか?」


ほんの少しだがえりの声がうわずった。




418 :たやま:2009/09/10(木) 18:00:20
彼女ね・・死した彼ならいるけど

「・ぇっ!」


ま、まじかよ!プイベトが謎なのそのせ


、ごうそですww」


そか
、若干間があったぞ


なんだしたよ!」

「まぁ最近までいんだけどね。何があるかない君はらいだろ

「えいやあのの男うか・

すっ好がずっといますけど・・


キっとした。
きながいるなんては初いた。




419 :たけやま:2009/09/10(木) 18:02:09
「へぇー。そうなんだ。どれくらい片思いしてるの?」

「さ、3年くらいです」

まじかよ!!それって俺とえりが出会った頃じゃねぇかよ!!
その頃 既に彼氏はいなかったし、同期で俺より仲の良い男もいない。

今思うと、勘違いも甚だしいのだが、当時は「もしかして・・・」とバカみたいに胸がおどった。
プレゼントを貰う子どもの様に。

「最近の若い子は一途なんだな。でもあんまグズグズしてると他に取られるぞ!」

茶化すように言った。
皮肉にもこの一言がえりの背中を押したのだろう

「あの・・ですね・・実はその好きな人って・・細川さんなんです」




420 :たけやま:2009/09/10(木) 18:03:26
え?
一瞬えりが何を言ったのか分からなかった。

そして理解した瞬間、吐き気に襲われた。

細川さん?どうして?3年前から?どうして?俺はry

頭がぐるぐる回るような感覚に襲われ、しばらく一点を見つめたまま動けなくなった

扉の向こう側も、えりの一言で空気が変わったようだった。


「あの・・ごめんなさい。急に・・でも・・わたし・・」

「ごめん。気持ちは嬉しいけど。君は会社の子で、部下でもあるから・・そういう風には見れない」


えりの言葉を遮るように完璧な断り文句で、あっさり、冷たく言い放った。





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20141019155745