2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

バスで毎日隣の席に座ってきた障害者の男の子の話する






http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1414531996/


1 :無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 06:33:16.42 ID:9nuPyzhm0.net
あよかったら聞

書きてないか遅いけ





2 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 06:35:49.14 ID:9nuPyzhm0.net
当時私は中3、男の子は恐らく中1くらい

出会いは大雨が降った日、バスの車内が混み混みで大変な日だった。





4 :名も無き被検774号+@\(^o^)/2014/10/29(水) 06:39:56.40 ID:9nuPyzhm0.net
男のは所謂軽度の知的害者それは誰目から見ても分かるような感だった。

雑した車内の子は小をばらまいてしまった。

私は濡れた小銭を拾うのを手伝ってあげ、彼は無まいた小銭をすべて回することができた

その日はもなかったかのように彼とは別れた





8 :無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 06:45:38.29 ID:9nuPyzhm0.net
男の子の出会いから3日後、そ日は快なので空席、私含めて客は5人くらいしいなかった。

2人1人でて今日は学校でとどんな話をしようくだらない考をしてい

と男が乗車してきた
普通に空いて席にわるものと思っていたら、けてきた。





11 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 06:52:46.33 ID:9nuPyzhm0.net
他に空席が沢山あるのになぜわざわざ私の隣に座るの?!
私の頭ははてなでいっぱいだった。

しかしその子の知的障害は至って軽度のもので車内で騒いだりブツブツ無意味に独り言を呟いたりすることはなく物静かにしているマナーのある子だったので別段不快ということはなく、この席に座ったのは単なる気まぐれかもしれないとあまりその日は深く考えずにいた。






13 :名も無き検体774号+@婿(^o^)/:2014/10/29(水) 06:57:14.24 ID:9nuPyzhm0.net
翌日昨日とじバ停でまた彼乗車きた。

この頃の半あたり彼も学校にバスで通い始めたのだととをなんとなく

この天気通。車内はんどが空いう状

私は昨日と同いつ座るお気に入りの席に座ていたのが、の通またても彼は私の隣に腰かけた。

姿ぜだ意味からない





14 :名も検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 07:01:09.45 ID:9nuPyzhm0.net
あえ子をようというこに私は何もせず、ま1週間同じ席り続

けど やはり彼も私の隣に断固とて座り続ける

的障害者だという理由ではなてただもなく隣に座られることが気味悪く感じてた私はこのことについて原因を考えた

彼は私隣に座いのではなく、もともの席なだけではないのそこにたま毎回私が先に腰かけてしまっている殿ら隣になってしまうだなのではなか。





15 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 07:04:15.80 ID:9nuPyzhm0.net
そう考えた私は翌日からいつもとは違う席に座ることにした。

私が座っている場所以外いつもと変わらぬ車内とバス停。

彼が乗車してきた。
私はなぜかとても緊張していた。

すると彼は徐ろに私の席めがけて歩いてきた。
嘘だろ?!








16 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 07:08:34.02 ID:9nuPyzhm0.net
お約束通り、彼は私の隣になに食わぬ顔で座った。

私の手はなぜか震えていて心臓が激しく警告音を鳴らしていた。

いや別にいいんだよ、どこの席に座るかはその人の自由だし。

でもさ、なんでやねん!!なんでやねん!!
なにがしたいんだ君は!

と心の中で叫び続けた。

彼はいつもように大人しく前を向いて座っていて、その様子があまりにも自然なのがかえって不気味だった。





17 :名も無き被体774号+@\(^o^)/2014/10/29(水) 07:12:53.87 ID:9nuPyzhm0.net
彼は何も悪いことていないし、注意するのもおかしい

他に沢席空いてまと促したころんと理解してもらえるかわから今ま物静にしけど声かけたとで激高されては困

というかそもそも声かけ勇気がなかった。


こで私は名案を思
なぜもっと早くこうしなかっただ。

席に座るからいいん1人席に座ればいだ。





19 :名も被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 07:17:31.01 ID:9nuPyzhm0.net
は翌日少しが引けたけど優先席にった。

この時間は年寄や妊婦さは少いし、もし乗てきても譲ればと思って。


が乗てき

この点で私は心のた・・・と思っていた。
しかしホットすは早かった。
彼は私の近くいてきた。

そしてさかのつ掴まて私の真横にスタンディ

ある味隣れるよりも悪質でる。





21 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 07:21:33.81 ID:ia70RLXv0.net
ほうほう




22 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 07:23:49.68 ID:9nuPyzhm0.net
彼は私の想像をいつも超えてくるやばい奴だった。

ここで彼が気まぐれに席を選んでたまたま横が私だった説は完全に消滅した。

彼はなぜ私の隣にそこまでこだわるのか。
私は彼がマジで怖くなってきていた。

しかし私の住んでいる地域は田舎すぎてバスの本数が少なく、このあとの便だと遅刻するし、このまえの便だと早すぎるということで便を変えることはできず、仕方なく私はこのバスに乗るしかなかった。





23 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 07:27:52.51 ID:9nuPyzhm0.net
スタンディング事件のあとも2人席の空席に荷物を置いてみる作戦等を試みるも やはり彼はスタンディングをかましてくるので 寧ろ私がマナーがなっていないせいで彼が迷惑してこまっている図が出来上がってしまい、無意味だった。

どんなことをしても彼には勝てないということを悟った私は 彼に対抗するのは諦めて彼を受け入れようと生意気なことを考えはじめるようになっていた。





24 :名無き被検体774号+@(^o^)/:2014/10/29(水) 07:33:53.06 ID:9nuPyzhm0.net
は一番最初座ってたお気入りの席に日座るになり、当然ように彼はその横に座てき





25 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 07:35:00.50 ID:9nuPyzhm0.net
バスに乗る時間が嫌すぎて乗車中は寝たり、窓から景色を見ることで気を紛らわせていた。





26 :名も無き被検沿774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 07:36:35.94 ID:9nuPyzhm0.net
母には車で送迎あげようか言ってくれたがそうすると、母は会社に出勤す時刻更し なん西やかんや給料が減ってしまうと聞き結局そのまま私は彼と一緒に通学してい





29 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/10/29(水) 07:39:58.68 ID:9nuPyzhm0.net
しかし慣というのは怖いもので2ヶたつと私はに対て不快感を抱か

私のに彼がるのは当前で彼はも私よりも先に降りるのだけどバの車以外でどうこうといことくなく、それがれが私にって当り前日常にてい





30 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 07:43:41.84 ID:9nuPyzhm0.net
特別寝ようとか意識して窓を見ようということもなく普通にそこに座るということをしていた。


ある日 隣に座った彼がいつもなら 大人しくちょこんと座っているのに今日は なにやら鞄から国語の教材をとりだした。

ちなみにこのときの私の心境はお?どうした相棒、今日は随分とキザなことをしてくれるなくらいのものである。





31 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/10/29(水) 07:49:37.42 ID:9nuPyzhm0.net
にはまり上では字で簡単な漢字や平名が沢山書いてあり、くそれは彼の勉強の形跡でた。

アクションに私はなぜかワクワクしいた

ペラジを

ると音読めた。とも大きな声で元良くはなそぼそと小さな声

このときのな気持ち?君?という失礼極まないこ

を聞いたのめてだったのでなんだ君も普通喋るのねと少し安心し

で無言の圧力たいなもを勝手に感じていたため





32 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 07:53:00.93 ID:9nuPyzhm0.net
恐らく彼にもテスト週間のようなものがあって勉強していたのだろうと思われる。
ただ意外とこの子長く喋る。

せめて黙読くらいにしとこうよ。バスんなかだし。と思っていた矢先、彼がこっちを見た。

?!





33 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 07:57:37.76 ID:9nuPyzhm0.net
私の視線に気づいてということではないらしい。

なぜなら彼はドヤ顔、そうドヤ顔しているのだ。
ドヤ顔でこちらに振り向いてみせたのである。

我々はすでに一心同体。私は彼の考えていることなど手に取るように分かる。

彼はバスのなかで勉強する俺偉いだろぉドヤぁみたいな心持ちだったのだと思う。私は笑顔で会釈した。





34 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 08:01:07.69 ID:9nuPyzhm0.net
最初私は彼に対して無言で どこまでも追いかけてくるアンドロイド的な怖さを感じていたが、彼の人間らしさに触れていくにつれて なんだかこの子も憎めないなと思えてきて段々と彼を観察するのが楽しくなってきていた。





36 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 08:04:13.28 ID:8kPUQTEmO.net
よくそんなこと事細かに覚えてんな…




39 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 08:07:08.35 ID:9nuPyzhm0.net
>>36
多少の脚色はあるけど大体はこんな感じだったよ




38 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 08:05:13.72 ID:9nuPyzhm0.net
国語の教材を音読した日を境に彼は乗車中に色んなことをするようになった。

スケッチブックにボールペンで絵を描いたり、国語の教材を音読したり黙読したり・・・

お互いに会話を交わすことはないけど彼が私に見せようとして色んなことをしているというのをわかってきたので私は隣でその様子を黙って見ていた。





41 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 08:11:10.23 ID:9nuPyzhm0.net
通学の時間はもう完全に嫌なものではなくなっていた。

彼のことは普通に微笑ましく思えてきていたし、隣で彼がなにかしているのを見るとフフッとなるようになっていた。





47 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 08:14:55.76 ID:9nuPyzhm0.net
そんな調子でかれこれ半年以上、彼は私の隣で座り続け、季節は冬になっていた。

私は軽く風邪を引き、咳き込むようになっていた。

彼が風邪っぽいところは一度も見たことがない。彼は超元気だ。

すげー。





48 :も無簿被検体774号+@(^o^)/2014/10/29(水) 08:18:17.96 ID:9nuPyzhm0.net
私が咳込むうになって数日、隣座っいる彼がソワワしだした

どうした相棒なか様子かしいぞ。

彼はなにかをり出し

そしき出し使。パインアメである

嘘や?!





50 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 08:22:20.41 ID:9nuPyzhm0.net
申し訳ないけど軽度の障害の度合いがよくわかっていなかった私は咳=飴の思考回路に結びつくことにすら物珍しさと感動を覚えてしまった。失礼極まりないけど。

そして飴のチョイス、カリンのど飴とかじゃなくてパインアメなんだね。

本当は通学中や学校内でお菓子を食べちゃいけないんだけど私は彼の厚意が嬉しくて飴を舐めながら通学した。





52 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 08:26:49.68 ID:9nuPyzhm0.net
パインアメを舐めながら、私は色んなことを思い返して彼には最初申し訳ないことをしたなと思えてきた。

正直パインアメを舐めたところで喉の調子は大してよくはならなかったけど彼の心遣いを身に染みて感じているうちに私は泣きそうになっていた。





53 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 08:31:40.89 ID:9nuPyzhm0.net
パインアメを貰った翌日、彼はまたパインアメをくれた。

風邪が治って咳き込まなくなっても彼は毎日私の隣に座ると同時に慣れた手つきで鞄からパインアメを取り出しては無言で私に差し出してきた。





54 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 08:33:51.17 ID:YpHJLdz40.net
ところで、>>1は男なの?




56 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 08:34:52.49 ID:9nuPyzhm0.net
>>54
女だよ





55 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 08:34:22.03 ID:9nuPyzhm0.net
その様子はさながらお前パインアメ好きだろ?今日も買っておいてやったよとイケメン風に振舞う彼氏のようである。

これはあれだ。相棒、君はやめるタイミングがいつかわからないでいるうちに毎日あげなきゃとなってしまったんだろうと私は彼の心中を察した。

しかし毎日もらってばかりでは悪いのでいつの日からか私も飴をあげるようになった。

要は飴の交換である。





60 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2014/10/29(水) 08:38:40.13 ID:9nuPyzhm0.net
彼はパインアメが好きなのか私が色々種類を変えて選んだ飴を渡しても彼は相変わらずパインアメを私によこしてきた。

どんだけ好きなんだよパインアメwww

ただし通学中に毎回飴を舐めるのは気が引けたため私は通学鞄の小さなポケットに貰った飴をしまいこんでいた。

勿論ここまで二人の間に会話なく、言葉を交わしたことなど一度もない。







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:感動,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:感動,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20141030202210