2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

ある日、出張から帰ってきて、彼女から『言いにくいことがあるけど聞いてほしい』と言われた。






http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1418022796/


1 :名無しさん@おーぷん :2014/12/08(月)16:13:16 ID:PEL(主)
どうにも吐き出したくなった
書き溜めてないけど暇つぶしに聞いてくれるか?





5 :名無しさん@おーぷん :2014/12/08(月)16:17:59 ID:PEL(主)
スペック
俺 現在 28歳MARCH卒イケメンとはよく言われる。


彼女 現在26歳 可愛いかなり面白い巨乳

フェイクありだけど、ほぼ忠実





10 :名無しさん@おーぷん :2014/12/08(月)16:22:11 ID:PEL(主)
聞いてくれるとありがたいんだ。

俺と彼女は3年前の春に出会った。

仕事帰りによく1人で立寄るBARで、彼女は職場の同僚と来ていた。

俺は大学を出て某保険会社に勤めていて、配属先が関西だった。

彼女はアパレルの店員だった。

BARで見かけるのは初めてだったが、遠目からでもニコニコして明るい子だなと思った。

その時は会話もせずに終了。






13 :名無しさん@おぷん :2014/12/08(月)16:26:53 ID:PEL(主)
その時はいいなぐらいに思ってた。

時俺は社内同期の彼女がいたが、あまり上手くは行なかった。

の3ヶ女とは別れま別の女付きったくしてくる女性だったがの俺く感合いもにして

しい女と付き合って3ヶ月経った時、まBARで女を見かけた。顔が石原とみに似ていら、さとみと呼ことにする






15 :名無しさん@おぷん2014/12/08(月)16:32:39 ID:PEL(主)
勝手語り出して申しないだが、まぁいてくれよwwwww


さとみはその男性と2人で来た。その男性は顔だが手に勤めるエートった軽く釈する、その男が話しかけてた。

『タバコ持ってたれな

喫煙者なので、いいで使すよと2本あげた。その男性タバコをかられたとみ男性に『自分で買っなよ惑だよ。』と言っていた

方を向き頭を下た。









16 :さんん :2014/12/08(月)16:35:49 ID:PEL(主)
とみとは付き合っていないようだが、とみことを好いるでしきりに次いつ会えるの?といていた。

とみはそれを流なら『初てですよねられんでいてきた

週に4日は来と答えた。

来すぎでしよwww
は3ヶに1回簿らいだよww

彼女った

が可愛いった






17 :名無しさん@おーぷん :2014/12/08(月)16:40:40 ID:PEL(主)
それからまた3ヶ月くらいして、またさとみに会った。

彼女は1人で来ていて、マスターと話していた。出会いがないとボヤいていた。

俺が話しかけると、さとみは俺のことを覚えていなかったみたいで、また初めまして、と言われた。

俺は会うの3回目ですよ、と突っ込んだがさとみは思い出せないようだった。

その頃、付き合っていた彼女と別れていたけど さとみの連絡先は聞けずに終わった。

後日マスターに探りをいれると、さとみは真面目な子でモテるが中々男性と付き合わないと聞かされた。大体みんな最初のデートで終わり、二回目はないらしいと。






18 :名無しさん@おーぷん :2014/12/08(月)16:43:59 ID:PEL(主)
忙しい毎日がすぎ、俺は少し昇級して給料も増え、余裕が出てそこそこモテるようになっていた。

告白してくれたが、付き合わずにいたセフレも3人いたし、職場の同期や先輩からもモテていた。

ある日Facebookを見ていたら、さとみを見つけた。思い切って友達申請した。帰ってきた返事は『ごめんなさい(・_・;どなたですか?』だった。






19 :名無しさん@おーぷん :2014/12/08(月)16:49:16 ID:PEL(主)
に会った寿時のことを話た。とみは思い出くれだっ

かしものBARで飲んでいさとみにメッージを出したお疲様です。今BARにいす。

ぐに返信があ、さとみも来る予だったからすぐかいますった

てさとみはBARに生ビール文して豪快に飲み、『ぶりすねと笑った。

その笑顔を見て俺はだと信した。

とみとと話のは初てだったが、面白笑のセンスが素晴らかった使。言葉選も面白くて頭だなった。






22 :名しさん@おーぷん :2014/12/08(月)16:53:37 ID:PEL(主)
絡先を交換して、週に2度飯をう仲になっく、何で美味しそうに食る子た。

休日ートに誘った時もまるで長らくの友人と遊んでいるかように感じられる程に楽しかった

10回程デートした後に告白すると、『だけも、白がないからとくに友人ルート突入したのか思っていと泣いて喜ばた。

その日めて手を繋いだ。






23 :無しさんん :2014/12/08(月)16:56:44 ID:PEL(主)
ってからとみは、今までわらずいつも笑顔で、どこに行っても楽婿かった。

りお金使デートが好きらしく、さとみ手作りのを持って桜を見に行に釣りに行ったりした。さとみは料理上手で、お筒に入れたり、見た目と的な子だった






25 :名無しさん@おーぷん :2014/12/08(月)17:00:07 ID:PEL(主)
動物園に行った時はギャーギャー叫ぶ猿に対抗して5分ほど、猿の檻の前で威嚇したり、孔雀の求愛ダンスに対して『おい、必死に頑張ってくれてるんだから答えてやれよww』と下品で無邪気なはしゃぎ方をするさとみを愛しく感じた。


さとみと付き合うようになり、2ヶ月経った頃 俺は幸せの真っ只中だったが浮気をした。






26 :名無しさん@おーぷん :2014/12/08(月)17:05:51 ID:PEL(主)
ずっと面白くないかもしれんけど、読んでくれてることに感謝します。


浮気相手は職場の同僚と行った、旅行先で知り合った女の子だった。同じ旅館に泊まっていたので売店で声をかけ、その後ヤってしまった。

その子は俺に会うために何度か4時間かけて俺の住む街まで来てくれた。

俺はちっともその子を好きじゃなかったけど、ヤレるものは美味しくいただいていた。

さとみへの罪悪感は全くなかった。

しばらくして俺は短期の海外出張に行くことになった。空港へ向かうバスの待合室に、仕事途中で抜けて来たさとみは栄養ドリンクとサンドイッチを手渡してくれた。

よく出来た彼女だと思った。







28 :名無しん :2014/12/08(月)17:11:36 ID:PEL(主)
出張から帰って、さとみて食事をした時に、さとみいにことがあけど聞いほし』と言れた。に浮気ばれ思った。

しかし彼女が口にた言葉会社康診断で引かった手術ればならない。迷惑たくないから別れて欲、だった。

伏せるような病はな疲れやなり術後も目立つような病気だった

そん関係ない、別いといっ

さとみは困しながら嬉しいです。泣いた

日初めてさとみと寝た。

終わった後さとまたを流し私幸せ笑いになってい

見て気は辞めようと思った






29 :名無しさんおー2014/12/08(月)17:13:30 ID:PEL(主)
浮気は辞めたが、浮気相手からていた。無たが、『だったの?で無るの絡は止まなった

気相俺と付きていると思っていたみたいだった。

ろん視した。






31 :名無しさん@お尿ん :2014/12/08(月)17:19:30 ID:PEL(主)
浮気を辞めて8ヶ月った

会社を辞めた

給料もよ、残婿業代も出て土日休み。ホワたのに俺は何故か

辞めてからみに話した。

さとみ笑って一緒に頑張るぞと言っ。いつもこ笑顔た。

転職活動まくず、不続いた。

俺は地元に帰り、さとみとは遠距離になっが毎連絡はっていた。地元女遊が、を払っておェちゃんと遊ぶ系だから相変わらず罪悪感なんて皆無だった。

ある日とみと電話していると、いつもの明殿みの声で『か隠しあるよね言われた。






34 :名無@おーぷん :2014/12/08(月)17:27:19 ID:PEL(主)
月○、何してた?』
◯月○?』
じゃあ○日◯○にいた誰といた

全部浮気相手会っていた日にちだ背筋が凍た。

『ごめ』そう言うのが精一杯だった。何でばんだ退。。疑問だった

『Facebookにあん浮気相手メールき。LINEのクショも送らたよ。ふたことしてくれたね。

とみ笑っいた、声震えていた

俺は死に謝と弁解したが

『一度信頼は取り戻せなし、人に1番大切のは手を安心させあげて相手にてもらってっと互い尊重合えると思う。それを壊した1君とはう一緒にいれない』とわれてしまった





38 :名無しさん@おーぷん :2014/12/08(月)18:05:52 ID:PEL(主)
その時になって、やっと俺は気軽な気持ちで取り返しのつかないことをしてしまったんじゃないのか、と気付いた。

さとみに、別れてもいいから最後に顔を見て話したいとメールした。

『3日以内に帰って来れるなら、会う』という返信がきた。

年末年始で便が取れるか心配だったが、俺はすぐに航空券を手配して2日後にさとみの元へと向かった。


久しぶりに会ったさとみは、無表情だったが今まで見てきた彼女中で1番綺麗で可愛く思えた。こんな状態だからこそ、失いたくないと思った。

食事をしたが、さとみは終始無表情で俺の話にどうでも良さそうに相槌を打っていた。

ホテルを予約していたので、一緒に部屋に入ったが、さっさと風呂を浴びて俺から離れてさとみは寝てしまった。

夜中に目が覚めると、さとみが寝言でうなされていた。俺はさとみを抱きしめたが彼女は寝ぼけて『1君何で、何で。ふざけんなよ。クソが』と言っていた。

俺は堪らずさとみにキスをしたが、彼女は少し目を覚まし、相変わらず寝ぼけながら、1君なんてもう好きじゃないと、小さな声で呟きながら、キスを受け入れてくれた。

翌朝目を覚ましても、さとみは無表情で『何か言うことないの?』とまっすぐ俺の目をみて聞いてきた。

俺は産まれて始めて土下座して、許してくれと懇願した。

さとみはボロボロと泣きながら、許せないけどまだ好きだから一緒にいてやると言った。






39 :名無しさん@おーぷん :2014/12/08(月)18:09:15 ID:PEL(主)
そのまま、さとみの近くにいたくて転職も契約社員だがすぐに決めた。引越しを手伝ってくれたさとみは、テキパキと片付け、豪華な手料理を振舞ってくれた。

そこから俺たちはなんとなく同棲を始めた。今まで夜の営みが淡白だったさとみだか、一緒に住むようになったら物凄くエロくなった。初めてフェラをしてくれた時は下手くそだったのに、なぜだかメキメキ上達していった。






40 :名無しさん@おーぷん :2014/12/08(月)18:12:32 ID:PEL(主)
休みが合えば一日中求めてきた時もあった。

俺は何故そんなに上手くなったのかと聞くと、彼女ははにかんで笑い、内緒と言った。

ある夜、目を覚ますとさとみが泣いていた。時間は夜中の3時だった。俺は気付かないふりをして眠った。

翌朝、さとみの様子は普段通りだったので気にしないでいた。






41 :名無しさん@おーぷん :2014/12/08(月)18:15:52 ID:PEL(主)
それから度々、夜中に目が覚める度にさとみは泣いていた。

俺はついにさとみに何で泣いているのかと聞いた。さとみは俺にしがみつき、胸に顔をうずめて『フラッシュバックかな。浮気相手に見せられた、LINEの文書が急に浮かんできて、涙が勝手に出て来るの』と言った。

俺はもうしないから、早く忘れよう。と人ごとのように言った。






43 :名無しさん@おーぷん :2014/12/08(月)18:20:41 ID:PEL(主)
しばらくしたある日、さとみにやっぱり別れよう。と言われた。

信頼が取り戻せない。一緒にいて物凄く辛いと泣かれた。

俺は密かにさとみの浮気を疑っていたので、これみよがしにさとみを問いただした。なぜ急にSEXが上達したんだ、と。

さとみは唖然とした顔で、自分のスマホを取り出し、見せてきた。

そこには『彼をとりこにするSEX術』とかの類のブックマークが並んでいた。さとみは俺が満足するように、日々勉強していたらしかった。






44 :名無しさん@おーぷん :2014/12/08(月)18:26:28 ID:PEL(主)
さとみに辛い思いをさせていると気付いた俺は、見ていてきっと変わるからと距離を置いて俺を見てもらおうと思った。

さとみは分かったと言ってくれたが、過去の恋人とは一度別れたからその後一切連絡を取らないし、寄りを戻すのは考えられないと言っていた彼女だからもう復縁は難しいのかもなぁと少しの諦めも入っていた。

距離を置かれて1ヶ月経ったある日、さとみからサッカーのチケットが手に入ったから一緒に行かないかと誘われた。

俺は喜々としてOKした。

デート当日、さとみを迎えに行くと彼女から手を繋いできた。

サッカーを見終わり、俺の家へ二人で帰り、シャワーを浴びていると風呂場のドアが勢いよく開き、無表情のさとみが立っていた。






45 :名無しさん@おーぷん :2014/12/08(月)18:31:03 ID:PEL(主)
さとみの手には俺のスマホが握られていて、『これどういうこと?』と問い詰められた。

スマホの画面にはデリヘルのHPが写っていた。

さとみと距離を置いた1ヶ月の間に俺は1度、デリヘルに電話をかけていた。ただ、お目当ての子は予約がいっぱいだったので利用はしていない。

発信履歴から検索されてデリヘルHPを暴いたようだった。

俺は理由は出来なかったと伝えたが、そういう理由じゃない。変わるから見ていてくれと言ったくせに、全然変わってない。こんな気持ちになるなら出会いたくなかった。クソ男。地獄に落ちろと殴られた。






47 :名無しさん@おーぷん :2014/12/08(月)18:36:22 ID:PEL(主)
それでもなんとかやり込めて、よりを戻してもらった。

大学時代の女友達や、就職してから出来た女友達とも縁を切らされた。

さとみとの同棲がまた始まり、仕事に行く俺に毎朝弁当を持たせてくれ、自分も正社員で働いているのに家事は全部さとみがやってくれた。

真面目になった俺に、さとみは毎日晩御飯の後にリラックスタイムに甘えてきた。ソファに座る俺の膝に顔を乗せ、ちょっかいをかけ、ケラケラ笑いながらキスをせがんできたりして。

上手く行っていると思っていた。

長くて申し訳ないです、読んでくれてるかた本当にありがとうございます。








>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20141213105353