2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

知らない女が妻になっていた件
(2ページ目)  最初から読む >>



33 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 03:48:43.61 0
その委員長に、書類上の新婦もひかかったらしい。

他の女は騙された事がわかると、すぐにその委員長の元から離れたが、書類上の新婦だけは「この人に選んでもらった」と勘違いして、ずっと付き合っていたらしい。

もちろん、委員長は他に女性関係を複数もっていた。

委員長は大学だけでなく、他の学校や高校生にも手を出して問題になっていた。


その委員長が4年の時、ついに雷が落ちて、「学校内で自社のタレントスカウトや速読セミナーへの勧誘を一切行わないこと」を誓約させたらしい。

ほとんど効果なかったけど。








34 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 03:54:30.33 0
で、話が脱線したが、書類上の新婦はそれに騙されたが、4年間も付き合っていた。

その間、委員長がした借金を肩代わりしたり、委員長が役員をしている芸能事務所に所属して、モデルの仕事をしていた。

というと、聞こえはいいが、実際は売春や裏ビデオの撮影を強制させられていたが、本人はそれが「ステップアップの手段」だと勘違いして、とことん尽くした。

借金は300万にもなった。

だが、性格が元々陰気で、愛想もなく、積極性にかける為、就職活動はそうとう苦労し、結局1社も受からなかった。

で、委員長から「就職もできない女を愛人にするわけにいかない。4月までに内定をもらえなかったら、別れてもらう」と突きつけられた。


それから必死に面接を受けたらしいが、どこにも受からず、70社以上落ちて、内定はもらえず、そのまま卒業した。


そこで彼女は壊れたらしい。





35 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 03:56:28.26 0
彼女には借金と、裏ビデオに出演したという経歴だけが残った。


まず、様子がおかしかったのは、GW明け。

彼女が普通に登校して授業に混じっており、そのままゼミにやってきた。

3月で卒業しているのに。

言動がおかしかったので、すぐに帰したが、それが一週間続いた。






36 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 04:00:59.80 0
翌週の月曜日も普通に登校したので、彼女の両親を学校に呼んだ。

彼女は心の病を患い自宅で治療中ということだった。

両親は共働きなので、昼間は家に1人きりらしい。

鍵もかかっていないから、普通に家から出てこれるということだったらしい。


学校側も「治療中ならしかたない」ということで問題にはしなかった。



だが、別のところで、建造物侵入事件を起こして警察に連れて行かれたという噂が流れていた。

この噂に関しては、本当に噂なので、学校側は確認できていないし、警察にも確認をとっていない。

ただし、被害者の学生の身元は割れているので、ほとんど真実なんだろうということだった。

ちなみに被害者の学生は、委員長とは別人。









37 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 04:03:53.11 0
で、それ以来事件らしい事件はなかったので、すこし安心していた矢先の出来事だった。



そこで「とりあえず書類上の新婦に確認をとってみよう」と言う事になった。

書類上の新婦の担任だった准教授は彼女のケータイ番号を知っていた。

夜10時近くになっていたが、彼女は出た。

准教授はよそよそしく、普通に挨拶して、すぐに本題に切り出した。

「ところで、君はまだ独身かね?」


そこでブツリと、電話は切れた。








38 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 04:06:43.96 0
(´・ω・`)・ω・`) キャー
/  つ⊂  \  怖いー




39 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 04:07:52.80 0
もう一度コールしてみたが、出ない。

さらにコールしたが、出ない。

今度は、彼女の両親に電話してみた。その時は10時を越えていたが、両親は起きていた。


長い前おきのあと、「お嬢さんは結婚されましたか?」

と聞くと「はい」と答えたらしい。

婚姻届の証人は父親とその父親の弟がなり、印鑑を押したが、新郎には一回も会っていない。

「この前まで付き合っていた人(=委員長)と復縁した」と語っていたらしい。


その時の新郎の欄は白紙だった。






40 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 04:11:36.04 0
それから事情を説明すること10分少々、なんでも書類上の新婦の両親は、もう娘と縁を切りたいらしい。

今は一緒に住んでいないらしく、娘は少し離れたアパートで1人暮らしをしていた。

それは娘が言いだしたことらしく、「自分がダメなのは、あんたたちの教育が悪かったせいだ」と娘が詰め寄ったせいだと言う。


で、その場で、娘が裏ビデオの撮影やら、中絶やら、援助交際や売春まがいの接待をしていたことをしり、もう絶望したと。

それが彼女が卒業後半年、新郎と新婦が卒業する半年前の出来事。





41 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 04:13:03.46 0
それから結婚すると言いだしたのは、別居から半年後。

つまり新郎と新婦たちが卒業する時期。

婚姻届が受理された日にちとも一致する。






42 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 04:18:55.16 0
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル





43 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 04:21:20.61 0
書類上の新婦の両親との電話は終わり、10時30分ぐらいになっていた。

学校の先生たちは、相手が精神病患者なら、裁判では勝利できるだろう、みたいに楽観していた。

先生たちの心配は、新婦の誤解を解く事に集中していた。

明日、昼に、ゼミの教授から、新婦に電話をするということで、合意した。それで誤解を解くのだという。


まもなく11時になるから、解散しよう、何かあったらすぐにケータイを鳴らしてくれ、ということで、その場にいた全員とケータイの番号を交換している時だった。

新郎のケータイが鳴った。

知らない番号からだった。

「誰?」

「知らない番号です」

「出るな!」

教授の1人が怒鳴った。

新郎は出なかった。


「ナンバーは表示してあるか?」

「はい。080-xxxx-xxxx」

「それは書類上の新婦の番号だ」

准教授が言った。


「どうします?かけなおしますか?」

「変に返事をしても事態が悪化する。よく考えよう」

「すぐにもう1回来るかもしれない。そうしたら、出なさい」



教授の言う通り、すぐに電話が鳴った。

「ハンズフリーにして、全員が聞こえるようにしなさい。他のみんなは何があっても、誰もしゃべっちゃいけません。君は今、1人きりということにしなさい」

「はい」と返事をして、新郎が電話に出た。






45 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 04:26:08.91 0
「どうして親にあんなこと言うの!結婚は私とあなたの問題じゃない!」

初対面というか、あったこともない女の絶叫が突然響いた。

どうやら、両親に教授が電話したことを知っているらしい。

「僕は君とあったことはない」

「嘘よ!何度もあっているわ!私のことを『愛している!』って言ったじゃない」

「言っていない」


教授と俺が、無言で、落ち着くように言った。

別の教授がスケッチブックとマジックをすぐに取りだした。筆談と言うか、カンぺが出せるように。

その間にも、書類上の新婦はヒステリックな声をあげていた。

別の教授は「ICレコーダーを取りにいってくる」と小声で言って、会議室から自分の研究室へ戻っていった。






46 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 04:30:30.26 0
+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +        
 と__)__) +




47 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 04:31:50.69 0
まず、2人の会話がかみ合ってなかった。

書類上の新婦は、新郎とは何度もあっている、告白されたと言っている。

新郎はそんなことは知らない。と言っている。

そして
「あたしという女がいながら、他の女を妊娠させるなんて許さない!」

「絶対に後悔させてやる」

「殺しはしない。だが、死んだ方がマシだったというぐらいに後悔させてやる!」

みたいなことを何度も何度も言っていた。同じセリフを何回も繰り返すのが不気味だった。

カンぺで
「一度、会おう」と教授が書いた。

新郎が「一度、会って話をしましょう」と落ち着いてしゃべったが

「会う必要なんてない!私はあなたの奥さんだ!私はあなたの旦那だ!離れていても繋がっている」みたいなことを叫んだ。


ICレコーダーを持ってきた教授が戻ってきた。

すると
「そこに誰かいるの!」と聞いてきた。

「私1人です」

「だったら、なんでこんなに声が遠いの!」

「運転中だからハンズフリーなんです」

「嘘だ!」

電話は切れた。

録音できたのは「そこに誰かいるの」から「嘘だ」までだった。






48 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 04:35:19.70 0
電話が切れて、新郎は放心状態だった。全員が言葉なくその場で見つめあった。

まずはゼミの教授が「もしかしたら、新婦に危害が加わるかもしれない」との事で、明日の昼間にかけるはずだった電話をすぐに新婦にかけた。

教授の説明は、たった今起きたことまで全て説明するのに、30分近くかかった。

みんなが無言で、教授が新婦に説明する様子を聞いていた。

というか、教授たちも放心状態だった。





49 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 04:38:01.11 0
時刻が12時になるぐらいに解散になった。

教授たちからは新郎に
「君のことを疑っているわけではないが、本当に面識がないか思い出してくれ」

とお願いがあったが、新郎は無気力に「はい」とだけ返事した。


解散して、2人で駐車場に向かっている途中で本物の新婦から新郎に電話があった。

新郎は車の横で泣き崩れた。






50 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 04:44:14.30 0
俺は、自分の車に新郎を載せて、新婦の家に向かった。

新婦の家に着くと、玄関で、新婦の両親が迎え、玄関先で頭を深々と下げて謝罪した。

初対面だった新婦の両親と俺は、自己紹介をして、ケータイの番号を交換した。

そこで俺が
「新郎くんは無罪で無実だと思う。相手の女はかなりヒステリックだった。前にストーカー事件を起こしているらしい」

「怖がらせるつもりはないが、ご息女を逆恨みするかもしれない」と伝えた。

「娘には、母方の実家で休んでもらう」と言った。

まだ妊娠3ヶ月で、産休を取るには早すぎるが、無給でも構わないので、長期の休みをとることになった。

後から知った話だが、結局新婦はこの事でなし崩し的に退職になった。






51 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 04:50:01.49 0
翌朝、新郎の車を学校に置きっぱなしだったので、早朝に新郎を迎えに行って、大学の駐車場に向かった。

車の中で、

「もう一度、弁護士にあってみる」

「すぐさま、婚姻の無効を申し立てる裁判を起こす」

との事だった。

「金がかかるのは仕方がない。あとで、慰謝料として、裁判にかかった金も請求する」

とか、そういうことを話した。

興信所は利用しないと言うことになった。







54 :名無しさん@HOME:2011/12/31(土) 04:55:40.17 0
こっから先は後から聞いた話。俺は直接その場にはいなかった。

まず、再び教授と新郎があって、書類上の新婦の両親に会いに行き、書類上の新婦の現住所を特定した。

あとで、車でそのアパートを確認に行ったが、直接寄ることはしなかったらしい。

精神病らしいのだが、バイトは普通に行っているらしく、原付の免許も持っているとの事だった。

それから、精神科に通っているということだったので、診断書がないか確認したが、診断書はないということで発行を要請した。


さらに後の話だが、両親から教授へ連絡があり「診断書は本人が来院しないと発行できない」と言われたので、今度、両親と一緒に来院させて診断書を発行させる。

との事だった。


また後日、両親が診断書を持って教授の元を訪れた。


この段階で相当な時間がかかっている。







>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:修羅場・人間関係, オカルト・ホラー,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:修羅場・人間関係, オカルト・ホラー,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

お世話になっているサイト様



 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 
20150106150507