2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

ツーリング先で出会った女の子の話







45 :774RR:2006/01/30(月) 17:57:31 ID:mNZIF1NO
大学2年生だった俺は夏休みに北海道へツーリングに行った。

そこでひょんなことから牧場のオヤジに拾われ牧場でバイトってか手伝いをすることにな っ た。

キャンプ場から他のライダーも連れてきたりして結構楽しい日々を過ごしていた。

ある日、畜産大学に通う大学生が研修という事でやってきた。

彼女は俺より2つ下で(俺は2浪してたから22で彼女は20)、

牧場から300kmくらい離れた所で一人暮らしをしていた子だった。




47 :774RR:2006/01/30(月) 21:51:37 ID:9CtWzCun
>>45
仮コテ&トリップつけて宜しく。牧場男とかそんな感じでw




48 :男 ◆0UpPhQ5lno :2006/01/30(月) 22:03:31 ID:mNZIF1NO
>>45で
仮コテ付けました。

ハッキリってこれはネタじゃいし、心のの深い深いころった記憶大事にしまっておきたたんだが、誰かに打ち明けることで引 っかかっヤモ

がすっきりとか昔の自分にケリがつれるじゃいかとい、む決意をした訳です

それで清聴願います。




49 :774RR:2006/01/30(月) 22:07:49 ID:9CtWzCun
>>48
リアル支援!あ、リクエストした名前使ってくれて㌧クス




56 :牧場 ◆0UpPhQ5lno :2006/01/31(火) 20:30:06 ID:G01Qdr0O
>>49
が㌧
スが嬉しいもんで

ってのスレ見てる人少ない?

・・
需要が無のに供給は・・・?って感じにってす。






55 :牧場男 ◆0UpPhQ5lno :2006/01/31(火) 20:23:11 ID:G01Qdr0O
だかんだ彼女は人居るラダーの飯作りとかた。

の研修なの・・

まぁ俺はっちかというと硬派なライダーだっ女とをすることもった。

くもくと仕事を手伝う俺に主のオヤジが「あの子お前るみたいだぞ」こっそり伝てきた

 その?」




61 :牧場男 ◆0UpPhQ5lno :2006/01/31(火) 21:34:01 ID:G01Qdr0O
他のお手伝いライダーにはカコイイ奴や口の上手い奴とか居て俺なんか目立たない(と言うか目立ちたくない)タイプだったし

それまで女の子にもてた経験なんて皆無だった事もあり「またまた冗談をwww」ってあまり気にも留めてなかった。

そう言えば俺の嫌いなメニューの時は俺専用に違うご飯作ってくれてたり、俺に接する態度が他の奴等とは違ったかも・・・





62 :牧場男 ◆0UpPhQ5lno :2006/01/31(火) 21:38:35 ID:G01Qdr0O
スマソ
一気に書けない・・・orz

昔の記憶を辿りながらなのと、文才無いのと、仕事&プライベートがテライソガシスなのでかなりマターリ進行しますでつ。



92 :牧場男 ◆0UpPhQ5lno :2006/02/02(木) 17:39:50 ID:pFlZgQxB
>>61の続き

ユキ(彼女の名前)は名前の如く、降りたての雪のように白く清楚で、ある種 汚れを知らないお嬢様のような、性格も、着ているものもフワフワした、見ているだけで心和んでしまうような・・・

形容詞を挙げだすときりが無い そんな子だった。

ただでさえ女気の無かった牧場の中で、原野に咲く一際輝く一輪の花の様な存在だった。

当然人気もあったわけでそこに居たライダー達の憧れの的だった。

少なくとも俺にとっては飯を作ってくれる子くらいにしか思ってなかったんだが。

硬派だった俺はその後も態度を変えることなく過ごしていた。

(ホントは凄い気になってたんだよw 硬派と言う名のオクテだっただけだから)







94 :牧場男 ◆0UpPhQ5lno :2006/02/02(木) 19:14:29 ID:pFlZgQxB
数日後、研修も終わりユキは一人暮らしをしているアパートに戻った。

何か抜け落ちたような脱力感に似た感情があったことは確かだった。

それから数日後、仲の良かったお手伝いライダーのゴリオ(仮名)が

「ユキちゃんの所に遊びに行こうぜ」

と言い出し、ライダーA、Bと俺の4人で彼女の元へ遊びに行くことになった。

ゴリオは関西人特有の喋り上戸で、年も一番上だったから(多分26くらいだったと思う)

お手伝いライダーの中でリーダ的存在だった。

ユキとは同郷だということを知り、ユキの研修期間中ゴリオはユキにしょっちゅう話(地元話が多かったみたいだ)掛けていたからゴリオはユキに惚れていたんだと思う。

ユキは嫌がるでもなく仲良さそうに会話をしていたので「俺に気があるなんて冗談だな。ゴリオとうまくいってそうじゃん」と俺は内心思っていた。








200 :牧場男 ◆0UpPhQ5lno :2006/02/09(木) 17:24:22 ID:ySO0cZQR
>>45、>>55、>>61、>>92、>>94の続き

そんなこんなで4人でユキを目指し北の大地をバイクで走る。

数週間牧場で働き詰めだった俺は久しぶりにツーリング気分を満喫していた。

それだけで充分だった。やっぱりバイクに乗っているだけで楽しいと心底思った。

でもホントはユキに会えるという嬉しさもあったんだけど表に出さないようにしていたし自分自身なるべく意識しないようにしていた。


ユキの住むアパートへ到着した。ゴリオが予め連絡していたんだろう、ユキは笑顔で笑顔で俺たちむさ苦しい4人組を部屋へ招きいれた。

そこは落ち着いたアパートの一室で、ユキの部屋は質素だが清潔感のあるいわゆる「女の子女の子」していない好感の持てる印象だった。

その日は飲みに行ったりカラオケに行ったりした。

普段牧場でウンコまみれになりながら働いていた俺には良い息抜きになった。





202 :牧場0UpPhQ5lno :2006/02/09(木) 17:47:08 ID:ySO0cZQR
>>200の続

は牧場へ寿たが、俺心の中でユキの在が日に大きくないった。

を迎えくれたの笑人前で歌うのは恥ずかしいといながらかんだ顔・・・

夏休みりにき、俺東に戻ることにした。

帰りの道中、頭の中キのこでいっぱいになた。

海道へ行前からイト知り合った付きっていたが俺はユキ気になて、彼女をまとことが出来な簿くなっ


それで邪に扱ってしまったこともあり彼女とは別れてた。





209 :牧場男0UpPhQ5lno :2006/02/09(木) 20:05:45 ID:ySO0cZQR
>>202の

人にり少しりかけていた

んな気持ちを払拭しようとユキに手紙を書いた。

別れ際、牧場に居みんなから住所電話番号を教えてらってい彼女所も判って

あの頃は携帯なんかしてなくてだったんだよなぁのメル感通(笑)し


東に住ん約1000km離れた綿ユキとは電じゃおータイ普及かった当時は離電は呆れかったくらい無かったんだ。

投函して3〜かな?相手に届いてそれ3〜4日で返事帰ってる。

だから大体1週間でイクりとりをしてた。

それまんて書いたことかった俺は最初は何を書いてよのからなかたんだがれてく、バイクのこと、学校のことイトの互い筆の赴くまま書き連ねた。


うち恋たりもした






234 :牧場男 ◆0UpPhQ5lno :2006/02/10(金) 20:13:29 ID:zlcGPULE
>>209の続き

ユキには当時格闘技をしている彼氏がいたんだけどあまり上手くいっていないらしかった。

俺は嫉妬心を抑えつつ恋愛のアドバイスをしたりしていた。大して経験も無いくせにねw



そんなやりとりを続け1年経った。

夏休み俺はまた北海道に渡り、去年お世話になった牧場へ。

そこで他のライダー達とも再会したりして北海道って良いよなぁって。

ユキとは手紙のやりとりで結構仲良くなっていたので俺は牧場の皆に「ツーリングに行って来る」と言い残しユキの元へ向かった。





236 :場男0UpPhQ5lno :2006/02/10(金) 20:51:39 ID:zlcGPULE
>>234の続き

しぶりに見るユキは少し疲れたような顔をていたが俺の顔見るリとってえ入れてくれ


ユキにお洒落なンガローがあるらしいかってみよう」誘われ、キャンプ場に併設れたバンガローに泊まり


そこバンガロー?みグハ家が立ち並んでいて、普通のバンガの感覚とは違うリトっぽい風格佇まいの所で俺はちょっと倒されていた


んなバンガローで夜ご飯を一緒に作、酒、夜まで近況や手紙では伝えきれなかことなど沢山話

何度か良いふいんきか変換できい)になったが俺は派なでキスはおか触れることさえしなかった。


更け寝ようか」となった。




239 :牧場 ◆0UpPhQ5lno :2006/02/10(金) 21:30:49 ID:zlcGPULE
>>236の続き

も若かっし、(しつこいが)派だったから別々の部で寝る事にし

ドに入り数分・・・

ユキ 「男タソ

俺 「zzz・・・」


俺は即効でてししい


の日

キ 「寝るのいんだね

俺 「え

ユキ 「ベッ宿った後場男ンのこと呼んんだ返事が無くて・・・」

! ・・あぁ・・・ぁ・・・」


んな状況(バンガ2人、お互いお酒も入っいる、昨知りったわけい)でいの、俺的には硬を貫いってことで自己してい

が、キがそんな俺のえに不信感を抱いていたなんてその時は思ってもかった






240 : ◆0UpPhQ5lno :2006/02/10(金) 21:47:37 ID:zlcGPULE
日はこれくらいしま
明日メャ早起きなで・・・




241 :774RR:2006/02/10(金) 21:49:23 ID:0A+ZR5iR
とりあえず乙!
続きがすごく楽しみな展開。

明日また待ってるよ!



244 :牧場男 ◆0UpPhQ5lno :2006/02/10(金) 22:07:17 ID:zlcGPULE
>>241
明日は泊まりになっちゃうかもしれないので書き込めないかも。

明後日にはガンガッテ書き込みしまつでつ。








275 :牧場男 ◆0UpPhQ5lno :2006/02/12(日) 19:59:18 ID:1RQGF2Bp
>>239の続き

で、結局ナニすることなく夏休みも終わり日常生活に帰った。

また文通を始めたんだけど、ある日返事が来なくなった・・・

おかしいなぁと思っているとユキの母親から

「ユキは今、精神的な病で入院している」

と言う内容の手紙が来た。

ユキは重度の鬱病になってしまったらしい。

その後、気分の良い時に書いたと言う手紙の内容から、学業のこととか、彼氏との関係とか、手紙には書いていなかったけど多分

俺との事とかで参ってしまったらしいことが解った。





276 :牧場男 ◆0UpPhQ5lno :2006/02/12(日) 20:00:24 ID:1RQGF2Bp
>>275の続き

俺はいてもたってもいられなくなり雪の振り始めた11月の北海道に片道1000kmの道のりをものともせずバイクで見舞いに行った。

学生で金が無かったので勿論キャンプ。

毎朝 起きるとテントがバキバキに凍っていた。

今考えると無茶したと思う。

ブルブル震えながらユキが入院している病院へ

ユキにはアポ無しで向かった。

受付で部屋番号を聞き、ユキの病室へ向かった。





277 :牧場男 ◆0UpPhQ5lno :2006/02/12(日) 20:01:01 ID:1RQGF2Bp
今日はここまで
先を書かないと・・・




278 :774RR:2006/02/12(日) 20:07:28 ID:4r3uiLqD
wktk




339 :牧場男 ◆0UpPhQ5lno :2006/02/13(月) 18:21:46 ID:l2bVzNXq
>>276の続き

コンコン・・・ドアをノックして病室に入った。

ユキはきょとんとした顔で俺を見ていた。

そりゃそうだ1000km以上離れた所に居るはずの俺が目の前に立っていたんだからね。

ユキは凄く喜んでくれた。

その時の笑顔を見ていたら、とても病人には思えなかった。

俺もそんな彼女を見て嬉しかったし、来て良かったと心底思った。

ユキと楽しく話をしていると・・・

何と! 彼氏がお見舞いに来た!





347 :牧場男 ◆0UpPhQ5lno :2006/02/13(月) 19:30:22 ID:l2bVzNXq
>>339の続き

彼は格闘技系の部活をしているらしくやたらガタイの良い男で(ちなみに俺は168cm、57kg)俺を睨みつけていたが

俺は ( ・з・) みたいな感じでその場をやり過ごした。

が、正直殺されるんジャマイカと思った。

が、無事殺されること無く彼氏は帰って行った。良かった・・・

面会時間も終わり、俺はキャンプ場でテント張って寝るって言ったら

それじゃぁ寒いだろうからって彼女のアパートに泊めさせてもらうことに。

実は彼女のお母さんが彼女の実家である京都から介護のため来ていた。

ユキのアパートでお母さんと二人きり・・・

俺とお母さんは同じベッドに入りqあwせdrftgyふじこip・・・






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150120082140