2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

すごく大切な幼馴染の女の子との話







283 :281:2006/02/12(日) 20:50:58 ID:oBodz/OO
幼馴染の子との話なんですが

俺には2つ上の兄貴がいて兄貴は その子の兄貴と親友でした

その関係で兄貴が遊びにいくのについていっていた俺は その子と保育園に入る前から仲良しでした

家が歩いて5分かからないので毎日のように遊んでいました

その子は本が好きで家は本だらけ

今なかなかいない清楚で日本人?ぽい子で化粧とかしなくてもすごくかわいらしく、まあどちらかといえば地味

でも暗いとかじゃなくて目立ちたくないという感じかな

やさしいしすごく気を使ってくれる人でした

もちろん喧嘩とかもしませんでした

その子の家と俺の家の間に個人店のバイク屋さんがあり

その横がちょっとした遊び場になっててバイク屋のおにいさんに遊んでもらっていました







284 :281:2006/02/12(日) 20:59:21 ID:oBodz/OO
まだ恋人とかそんな考えはなくて[ただ仲のいい友達

小学校に通い始めると日数は減ったけど よくお互いの家に遊びにいきました

中学に入ると野球部に入ったためにあまり遊べなくなりいっしょにいる時間が減りました

彼女は手芸部で休みの日に部活はないんですが野球部はほとんど休みがありません

でもこの頃から さち(仮)は俺のことどう思ってるんだろと思い始めました





285 :774RR:2006/02/12(日) 21:00:37 ID:nvK1Wj86
幼なじみキタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!!




287 :281:2006/02/12(日) 21:16:15 ID:oBodz/OO
結局中学のときは告白とかそんなのはなくクラスでも成績がよかったさちは結構頭のいい高校に

馬鹿なのに部活しかしてなかった俺は普通の高校にそれぞれ合格しました

卒業式のあと親同士も仲がいいので一緒に食事にいきまたね、見たいな感じで別れました

当時・・・といってもまあそんなに前でもないのですが携帯が高校生に普及しはじめた時期だったためもっていません



高校に入ってすぐ前出のバイク屋さんでバイトしない?といわれたのでバイトをはじめました

といっても整備とかじゃなく(あたりまえw)主に事務系

それでも近くに他にバイク屋がないため結構忙しい店でした

四輪も扱ってたしね  少しだけど



誕生日が7月なので高1の夏まで必死でバイトして今までのお年玉などもはたいて夏休みに中免をとりました

さちは親が厳しい人だったため免許は取れないと悲しそう

この頃にはケータイも買ってました

さちは持ってなかったけどw

ちなみにまめぞうです

オレンジのディスプレイの





288 :281:2006/02/12(日) 21:27:41 ID:oBodz/OO
イク屋の店長の御厚意で、ロンでしたSR400を買い

高校は部活をやらなかったので休よくさとタンデに行き

ちのばれたら殺される行為でした

しばれましたw

っかメットかぶって乗ってて〜とか当り前

さちのお母さんはやさしいすぐ許して

しかし親父には殴らたw湿

でも最後には許

やっぱりさしかったの



そんな感じいい

氏とか恋とかそんまったでない

それを思うとなんか少変な気沿

気になってしうがなくなりました





289 :774RR:2006/02/12(日) 21:33:02 ID:nvK1Wj86
イイ!(・∀・)イイ!




291 :281:2006/02/12(日) 21:55:02 ID:oBodz/OO
高校二年になり事件はおこりました

さち「お母さんが原付とっていいよっていうの、どーしよーか悩んでる」

なぜか感動する俺

さちは親がきびしいから無理だと思ってたのになんということだw

さちは身長が149cmと超小柄で細身

少し心配だが原付なら取り回し楽だし安いからと応援

ちなみにさちの誕生日は早生まれというなの現実生まれたの遅いやんけとツッコミたくなる2月

さちが原付の試験勉強している間にバイク屋にある古い原付(ディオ)をレストア

もちろん技術はないので店長に教えてもらいながらマニュアル片手に奮闘

傷も目立つのでかわいく水色に塗装したらまるで珍走車

店に他ってあるパーツを寄せ集めてがんばりました

さちが原付免許をすぐとれたので急ぎました

全部組み付けて店長にボルトとか確認してもらいをおkサイン

さちはすごくうれしそう

いざキーを差し込む!はい

電源つきませんorz







293 :281:2006/02/12(日) 23:19:35 ID:oBodz/OO
なりましたが続きを

原因純にバッテをきんとでないらしい

くわからない使で店長またボルって〜

かなりスクーんどしい

やっ中もきちと見てもえばよかった

はか安そ

く〜カッコ悪orz

その無事つなエンンがかかりました

さっそく乗るさ
のと笑顔すくかわかった





295 :281:2006/02/12(日) 23:30:54 ID:oBodz/OO
比較的田舎なため車や信号、警察も少ない

ビュンビュン走れるのでさっそくふたりでツーリングに

夢にまで見たコト
でも叶うことはないと思っていたコト

すごくうれしかった
正直いって告白なんかしなくてもお互いそういう関係だと思えるようになっていると感じた

今更なにいってんのぉ〜とか言われそう

その後は二台仲良く町を走り、遠くに行くときはSRにタンデム


そんな幸せな日々を過ごして夏休みになり

バイクに乗る時間もお互いが会う時間も多くなりました




296 :281:2006/02/12(日) 23:45:32 ID:oBodz/OO
そんな夏休みの中頃さちのお母さんが夜電話してきました

「さちが帰ってこない、一緒じゃないの?」

今日は体育際の準備で学校だったんで一緒じゃない・・・

さちは門限が20時なのにもう22時を過ぎている・・・

門限を破ったことはないのはしっている・・・



すぐSRをひっぱりだし捜しにでる

さちはケータイを持っていない
まずバイク屋に行く

俺「店長!さちは何時頃原付乗ってきました?」

さちの家は車庫に余裕がないため目の前が俺がバイトしてるバイク屋なので置かしてもらってる

店長「昼くらいにきたよ、いつも暗くなる前に帰ってくるから心配してたんだ」

すごくいやな予感がした

どこに行ったかわからない

とりあえず町のほうに走る

よくいくカフェにいくが22時で閉店してる

店の人が掃除していたので聞いてみるが今日は見ていない

22時となると店はほとんど閉まる

さちがいない
こんなに不安になったことはなかった






300 :281:2006/02/12(日) 23:57:59 ID:oBodz/OO
町をぐるぐる周るが人がほとんどいない

今度は山のほうに走る

さちが原付でいく範囲なんて遠くて20km程度

一緒に行くことが多いので町か山のどちらかしかない

見つからない・・・あせる

ケータイがなった!すぐバイクから降りて出る

店長だ!店長も捜しにでてくれてるらしい

すごく心強くなった気がした

それからまたさらに山の奥の方に走る

だんだん街灯もない小さな道路になってきた

こんなとこさちと小さい頃、昆虫や川でザリガニとったときくらいしかきたことはない

街灯がなくなり真っ暗になった

夏なのにすごく涼しい気がした

ここにいるわけがない

そう思ってひきかえしてすぐ道の隅に原付が止まっているのに気づいた

行きは木の影で気づかなかったのだ

反対車線でもあったし暗かったのもある

SRのライト暗いし・・・





303 :281:2006/02/13(月) 00:13:41 ID:gSlBRLoz
ちの付に間

いな

は川の土りるコンクリの階段がある調

まさと思って近づと「助けてくださ」と聞きえのある怯えたがきこえ

俺「!!」

を下りる暗く見えない

さちは土手にずくま

さち「りう・・・あ、俺の本

ちは土うずくまっていた

くて状況がよくわからない

足をしているらしい

て階登るしかな

を登Rのトでをとる

の手らが血だらけになってい

いやそれら階段ぐいぼれるし歩ても40分くらいで家に

さちは階段か落ちて足を折ていた

とついた右手がしたのだ

見るがおかしい

SRに乗帰れる怪我ではない

さちの家に電かけ沿るが妹て両さちという






306 :281:2006/02/13(月) 00:25:32 ID:gSlBRLoz
にかける

俺「さちがいま我し助けてください!」

俺「さち・もうすぐ店長がきてくれるから

「ありう・・んね・・ごね」

さちこんなに泣いたのを見るのははじてだった

長の軽トが到着してすぐ病に運ぶ

うちの町には近く大きい病院がない救急車がるのにか時間かるので

えば救急車呼ぶよねふつー

SRで俺は家のほうに行きさの両親を捜す

親はの近にいてRの音にきづてくれた

俺「さちがいまて店長にがいま病院に運ます」

「怪我?酷?」

俺「と手我しているもいま。でも命に別状はいので

そのとさ両親の車病院に向かう

遠くの便きなはなく町の診療所なと






312 :281:2006/02/13(月) 00:40:03 ID:gSlBRLoz
店長が事前に電話して夜なのに病院をあけてもらえていた

さちの怪我は右手の擦り傷と右足首の骨折

あと左手も肘のあたりを擦っている

さちの両親がさちをみてすごく安心したのを覚えている

その後手当ても終わりさちの両親が帰った

その帰り際にすごくお礼をいわれた



俺はまだ夏休みだから院長にお願いしてしばらく残ることに(店長も)

俺「なんであんなとこにいたんだよ?」

さち「ごめん・・ごめんなさい・・」

俺「別に怒ってるんじゃなくて・・」

さちがまた泣きだしてしまった

さち「蛍・・昔あの川で見た蛍をまた一緒に見たくて・・・それで」

俺「・・・・」

さち「前もこのくらいの時期だったからいるかなと思って見にきたら・・・」

俺「そうか・・・」

さち「ごめんね」

さちはそれからずっと謝ってたけど俺はどうしていいかわからなかった

その場は店長がさちを落ち着かせて院長にも悪いから店長に乗せてもらって帰った

続きはまたあしたで
目が潤んできた





>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:感動・泣ける話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:感動・泣ける話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150127233158