2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

俺が修学旅行で経験した不思議な体験談でも聞いてくれ






http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1244302178/


1 :1:2009/06/07(日) 00:29:38.31 ID:fEPX7WnS0
小6の修学旅行で体験したことなんだが、今ふと思い出したんだ。

チラ裏だが勘弁してくれwwww

あと、亀レスなんで気長に見てくれるとありがたいwwwwwww







4 :下、名にかわりましてVIPがおます:2009/06/07(日) 00:32:58.37 ID:tYe7NCGDO
パンツ脱がなほう




6 :1:2009/06/07(日) 00:35:34.12 ID:fEPX7WnS0
>>4
なくてもいいぞw







5 :1:2009/06/07(日) 00:33:50.71 ID:fEPX7WnS0
まぁ、あんまり覚えてないところとかもあるんだがwwwww

これは、俺が小学校6年生になって始めていった修学旅行で体験したんだ。

行き先は、広島県。

まぁ、修学旅行生が賑わう県の一つだと思う。

俺は、新幹線に乗っている時からワクワクしていたwwまだガキだったからwwww

そんなこんなで、広島に着いたわけだ。





8 :1:2009/06/07(日) 00:39:52.41 ID:fEPX7WnS0
広島に着いた後は、まぁ適当に観光した。この辺は面白くないんで省きますwwwwww

で、夕方になったくらいに港に連れて行かれたんだ。

どうやら、今日泊まるホテルまではフェリーでいくらしいw

俺フェリーとか始めてだったから、ずっと甲板で海見て騒いでたwwwwww

そして、今夜泊まるホテルがある島に着いたんだ。






10 :1:2009/06/07(日) 00:43:20.03 ID:fEPX7WnS0
第一印象はウサギ多いなwwwwって感じだった。ほんとにそこらじゅうにウサギが居たんだwwwwww

なんだここwwwwwていうか、糞多すぎだろwwww


俺の頭に一抹の不安がよぎった。

で、島の名所っていって案内されたのが毒ガス資料館なるものだった。







9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 00:41:17.48 ID:wW/vl8OSO
宮島じゃん




15 :1:2009/06/07(日) 00:48:17.68 ID:fEPX7WnS0
>>9
念ながら違う。



こで、想像する景が広がっにさらされて無に転がる人、人、人。

今なら、られるが小学生には刺激が強すぎた。俺は、ずっと下いていた。

顔をると、目がそう気がし怖かんだ

その後ホテルに帰ってご飯を食べだが、あのの映像思い出して気分が悪くなっ





14 :以下、名無しにかりまてVIPが送りします:2009/06/07(日) 00:47:40.14 ID:mn2iTVpV0
毒ガ資料館 [ 所在地 ] 広島県原市忠海町大久野島




17 :1:2009/06/07(日) 00:52:43.75 ID:fEPX7WnS0
>>14
そこだ!!!よく調べたなwwww


人間不思議なモンで風呂に入ると嫌なことを忘れることができるんだなwwww

風呂から上がった俺は、いつもの調子を取り戻していた。

そして、就寝時間になったから部屋に帰ったんだ。

この夜、俺は一つ目の不思議な体験をする事になる。






20 :1:2009/06/07(日) 00:55:10.26 ID:fEPX7WnS0
たちがまったホテルは2人屋なんだが、人の調整で俺の部屋だけ3人部屋にしてもったんだ。

その日ていたし、早に部屋っただ。と、部屋2人(A、Bとする。)

どのッドに寝るかたん


、左A、真ん中が、右側西Bとなった。

目を眠りについた










19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 00:54:54.75 ID:S2UtzR+M0
おい、あと何レスくらいで終わる





25 :1:2009/06/07(日) 00:57:38.81 ID:fEPX7WnS0
>>19
まだ結構あるwwごめんwww


が、なかなか寝付けないww

仕方なく俺は、Bと話をすることにした。


夜中に友達同士でする会話はいいもので、俺も調子が出てきた。そのころには眠気もなかったし。

ふと、横を見ると、Aは寝息を立てていた。俺たちはBを起こさないように話をした。

次第に話の内容が、怪談じみたものになっていき、二人で怖い話をし続けた。

すると、ふとBが「この部屋なんか不気味じゃね?」と言い出した。

確かに、俺も来た時から嫌な感じがしていた。それにこの部屋、鏡が異様に多かったんだ。

入り口に一枚、お風呂に1枚、トイレに1枚、リビングに2枚。たいして広くもない部屋にこんなに鏡がいるだろうか。

俺たちは、だんだん怖くなってきた。





28 :1:2009/06/07(日) 00:59:17.23 ID:fEPX7WnS0
そうばさからけにろがまぶしい返って、俺とAのにあるえ付ライトがいつていた。

れは下ついてあを引っ張るこ気を点けたり、消したきるんだが、引っ張とかならずチッになっているんだ


あれ?Aが点けたのかな?もなんの音も鳴ってし・

はライトの電使た。 

チッ 

音がに響く。

嫌な静だ。Bも気味悪がっている。俺Bに寝案するためにライ背を向けた。

カチッ。


まただ。度は聞えた。振るとまたが点ていAはさっきの位置から動いていない。

イタズにしてはできすぎている俺はまたイトを消した





26 :以下名無しにかましVIPがお送り2009/06/07(日) 00:58:02.72 ID:6g5HS0/3O
なのか…?




27 :以下、名無しかわましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 00:58:30.57 ID:oTSkv43AO
旅行行っ目が覚たら口の中に八ツ橋が入ってた俺不思な体だと言うなら聞いてやろう





31 :1:2009/06/07(日) 01:01:11.96 ID:fEPX7WnS0
>>26ごめん、心霊系www
>>27なにそれwwwwwwww


なんだろう、この嫌な空気は。俺は布団を頭まで被って気にしない事にした。

するとBが急に大きな声で俺を呼んだ。

遠くの方ではまたあの音が聞こえている。


カチッ。

しかし、今度は、一回ではなかった。

カチッカチッカチッカチ。

徐々に間隔が短くなっている。

俺は布団から頭を出した。 

とてもまぶしい。 

Bは布団を被って丸まっている。


俺は光源の方に目をやった。ライトが異常な速さで点滅を繰り返している。人間業じゃなかった。

Aは寝ている。さっきから動いていない。

ならこのライトはダレが操作している?

カチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチ


紐をひっぱる音だけが俺たちの部屋に鳴り響いていた・・・。





32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 01:02:16.92 ID:ZZYSsLSUO
ちょうど怖い話が聞きたかったんだ






34 :以名無しにかわましてVIPがおします:2009/06/07(日) 01:03:11.99 ID:jmhebajZO
った




35 :1:2009/06/07(日) 01:03:25.12 ID:fEPX7WnS0
ぁ、簿つ目はこれで終わりww


次の日に起きた話がメインとなっておりますwwww






36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 01:04:27.68 ID:TRMXH98o0
大久野島かー、高校生のとき何度もキャンプしに行ったぞ

毒ガス作ってた工場とか発電所みたいなところで肝試ししたり

なかなか楽しかったぞ

今思えば俺の廃墟フェチはあの時から始まったんだろうな




37 :1:2009/06/07(日) 01:04:40.91 ID:fEPX7WnS0
そして、次の日。

ホテルから少し歩いたところにある山に登ろうと先生が言い出した。

俺はあまり運動が得意ではないので乗り気ではなかったが、登らないと昼食抜きらしいので登らざるをえなかった。

しかも、個人ではなく班行動らしい。俺はその時班長だったので班のメンバーを呼びに行った。





38 :1:2009/06/07(日) 01:05:47.03 ID:fEPX7WnS0
登山のルールで班にはコンパスやら地図やら必要な道具が渡された。

そしてそれを班のメンバー一人一人に割り当てなければいけなかった。

ちなみに班長は地図もコンパスも持つことは許されない。あくまで班で力を合わせて登山をしろということだった。


それから俺たちは登山を開始した。

ここからは特に何も無く1時間くらい歩き続けた。


するとひらけた場所に出たんだ。

何かの遺跡みたいな。地図にも載ってなかったんだが、疲れたし、ちょっと休憩しようと思いみんなに提案した。





43 :1 ◆iHSDeM46jE :2009/06/07(日) 01:08:29.56 ID:fEPX7WnS0
一応酉つけてみたwwミスってるかもしれんけでどwwwwww


それから10分くらいはみんなお茶飲んだり、しゃべったりしてた。

俺はこの遺跡に興味が湧き、みんなからは見えないところを探索していた。みんなの声は聞こえていたし、不安は無かった。


それからしばらくすると、急にあたりが静かになった。俺は不審に思い、みんなのいる場所に向かったんだ。


着いてみるとそこには誰もいなかった・・・・。





44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 01:08:33.93 ID:6g5HS0/3O
な俺、広島住みな
もう寝れよ…




48 :1 ◆iHSDeM46jE :2009/06/07(日) 01:09:55.60 ID:fEPX7WnS0
>>44ごめんwwww

俺はしばらく周囲を見回っていた。どうせみんなで隠れているんだ。まったくしょうもない事ばっかりしやがって。

俺は認めたくなかった。こんな土地勘もない山奥で一人取り残されているなんて・・・。



しばらく探し続けていたが、みんなの姿は見つけられなかった。






49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 01:10:33.56 ID:c3Kwsx8k0
ぎゃあああああああああああああああああああああああああ





52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 01:11:42.05 ID:eT6a8iCaO
>>49
おちつけ




50 :1 ◆iHSDeM46jE :2009/06/07(日) 01:10:59.51 ID:fEPX7WnS0
俺はとりあえず来た道を戻ることにしたんだ。

でも周りは同じ景色ばかりで、どっちから来たかなんてわからない。

そこからはとりあえず、大きな声でみんなを呼びながらがむしゃらに歩いていった。


昼前に出発したのにもう日が落ち始めていた。

一体どれくらい歩いたんだろう?誰も助けに来てはくれないのか?



気がつくと俺は泣いていた。







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150203233137