2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

同窓会サイトに登録したら学生時代の友人(♀)からメールが来た







708 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:10:08 ID:8ukku4Xf
ある日、某同窓会サイトから一通のメールが来た。

ずいぶん前に登録だけはしてみたものの、自分からメールを出すわけでもなく もちろんメールを受けることもなく、存在すら忘れていたサイトだ。

誰だろうと思いつつメールを開いてみると、驚いたことに友人リカ(25歳、仮名)からだった。

リカとは学生時代の友人だが、特別仲が良かったというわけでもなかった。





710 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:16:19 ID:8ukku4Xf
>>708の

のスック的ものを少し

長150cmくらいで痩せ型

たぶんもそきくなかっが、なにせ そうう対象とて見たことなか調から あい

立ちは わりったではが、びぬけてキレイというわけはない。

愛い系うわない、でも決してではない。

がちとイケてい時期ったしたけど、肌はきれいだた。

理やり芸てみると、統としては広末涼子かな。ただしバーゲン価格の5%オフくらいしてね

まあ友達の「あいつんか負のオーラってるんだよねぇ」なんてことをつ、リはあんまり仲良くしがら奴も貿も事だけど。

みに俺のスペックは割愛。




711 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:18:51 ID:8ukku4Xf
>>710の続き

俺は「負のオーラ」なんて気にならなかったし、リカは変に女の子ぶったりしないドライな性格だったこともあって、女というよりも一人の友達として、可もなく不可もなくって感じで接してた。

まあそうは言っても、他に何人かいた女友達と同様、学校で会えば少し話をする程度に過ぎず、もちろん二人きりで会ったことなんてなかったし、卒業してからいままで数年間、いちども連絡をとったことがなかった。





712 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:26:56 ID:8ukku4Xf
>>711の続き

その突然のメールには、たまたま同窓会サイトで名前を見つけたからメールしてみた、元気?なんて感じで始まり、リカの近況報告が綴られていた。

それによると、リカは卒業後アメリカに留学していて、つい最近そのカリキュラムが終わりもうすぐ日本に戻る予定とのこと。

そして今は、帰国前の「卒業旅行」と称して、日本から遊びに来るという女友達と合流し、2人でシボレーカマロのオープンカー(もちろんレンタカーだけど)で西海岸を走る計画をたてている最中だそうだ。

うーん、うらやましい・・・。





713 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:29:03 ID:8ukku4Xf
>>712続き

その同窓会サイトは、サイト経由でメールをやり取りすればお互いの個人アドレスは知られずに済む仕組みだったが、リカからのメールには本文の最後にリカのアドレスが書いてあったので、俺はリカ宛てに直接返事を書いてみることにした。


社会人になって数年、早くも仕事がつまらなくなりつつあること、いまも学生生活を謳歌しているリカがすごくうらやましいこと、バイクの免許を取り、ローンを組んでバイクを買ったこと、いまはツーリングが唯一の楽しみになっていること、こんなことを俺の近況報告として返信した。




714 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:30:42 ID:8ukku4Xf
>>713

カからはすに返がき

じめはメールを出すのに緊張しきてうれしかった、バイクは後ろしか乗ったとないけど気持ちね、帰国したら乗せて、なんて容だったと




715 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:33:05 ID:8ukku4Xf
>>714

学生当時、俺にはリカも知るラブラブな彼女がいたが、社会人になると同時に別れ(フラレ)ていた。まあよくあるパターンだ。

このことで俺は大きなダメージを受けていて、人間関係にはかなり自暴自棄になっていた。

しばらく抜け殻のような生活をした後に「このままじゃダメになる」と思い、何かふっきれることを探そうということでバイクに乗るようになったのだった。

リカはこの件について一切触れてこなかった。

事情を知らない学生時代の友人は皆、ことあるごとに元彼女とのことを聞いてきて、悪気がないのはわかっていたが俺は何度と無くキズつけられていたので、リカのこういう頭の良さというかセンスの良さには正直言って救われる思いがした。





716 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:36:19 ID:8ukku4Xf
>>715
このは本当にも女もないてメーやり取りしてるだで、な関係になるとまったく予想すらしていなかった

-「そのとき」ま、あ2ヶ月 (「そのとき歴史動いた」風?)





717 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:38:50 ID:8ukku4Xf
今日はここまで。
寝ますおやすみなさい。





719 :774RR:2006/05/31(水) 01:49:05 ID:msWGjbEt
乙でした。
続きが楽しみ。




737 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:08:38 ID:8ukku4Xf
>>716続き

しばらくして、カから帰国した調ールが

っかくだから会お、と、どこか行きたいところはあ

と聞くとリカは俺にお任せとこと。

じゃあということで、リカが日本をれていたにできた遊園地いうかアパーに行

俺は予備のットを持ってバクで、リカは電車で現地集合というにした





738 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:09:53 ID:DinW3cES
>>737

実は俺も初めてだったのでよく知らなかったんだけど、アトラクションのひとつにお化け屋敷みたいなものがあった。

俺は別に興味はなかったんだけど、リカが入ってみたいと言うし、まあ断る理由もないので二人で入ってみることにした。

入ったとたん中は真っ暗、とっさにリカが俺の手を握ってきて「お手手つないで」状態に。

一瞬「!」と思ったが、別に手をつながれて嫌な気持ちがする子じゃないのでスルーしとく。





739 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:11:52 ID:DinW3cES
>>738

というか、平てるけど実はビビ俺なで、ニュッてきたときにビクッかしちゃ、それがいだ手を伝退ってリカにてしないかとか、むろそんな心配をしていた。

、すぐにそれは余な心配だっといことがわかった。

カは自分からけ屋敷に入たいと言ったくせに、上のビビリだったの

暗闇を進むつれてどんどんしてくる。ないだ手はいつのまにか腕組むちに体をり寄てくるようになって、きづらいことの上い。




740 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:13:39 ID:DinW3cES
>>739

 俺 「あのー、えっと。歩きづらいし、さっきから胸あたってるんですけどー…」

 リ 「いいじゃん恐いんだから。っていうか うれしいくせにぃ」

 俺 「うん もちろん、もっと当ててくれてもいいよ」

 リ 「ばか言ってんじゃないの」

とまあ、そんな感じのやりとりがあったのを覚えている。





741 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:15:08 ID:DinW3cES
>>740
そんなこんで、敷を出てらもないだ その日の「デート」は進んだ。

とは言って俺はのこととしか見てなか

れから二人関係を展させうなんて思いかったので、この展開に「なんだかななんて思いつ、

と言ってながれたを振り切のも不自、そもそも失礼だろうと思ったので流身を任せてみるこにした。





742 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:16:27 ID:DinW3cES
>>741
・・・が、別になにが起こるわけでもなく、そろそろ帰ろうかという時間になってきた。



帰りはリカをバイクの後ろに乗せて送っていくことに。

まあそのつもりで予備メット持参だったんだけど。

駐輪場で俺のバイクを見たリカは「おー、かっこいいじゃん。似合ってるよ!」

まあ褒められて悪い気はしない。





745 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:23:01 ID:DinW3cES
>>742
くと、カはクの後ろに乗せてもらうのは初めてじゃないみたい。

というかこうれてい様子だ。

それを聞ても別に「誰に乗せてもったんだう」妬心がまったく沸いので、俺は心の中で改めて「あ、俺にとってリカやっ友達在になりにないなんてことり考えてた。

「デー」のいい雰気を加味てみたとろでな気持ちは変わりそうにかった。





746 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:28:54 ID:DinW3cES
>>745
帰りのタムは、後に乗れているというリカもあってスムーズだった。

いや言う俺はまったく運転に集中できなたの

カはろに乗るなり、なんの遠慮も躊の腰に手を回し、を密きたのだった。

・・・。

っきのお化屋敷でうすう感じてはが リカのやつ、思ったよりデカイかもれない

しつこいが俺はリ対して友達以上気持ちがなのでに感じるマシュマロフィルに男の部分が反応しているのは自しつつもドキドキ感はあまりなかた。

し、こ、素直に男としてに浸るため全神経の9%を集中させ、残りの5%で安全運転を心がけることにしよう。





747 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:31:36 ID:DinW3cES
>>746
関係に対し自暴自棄な時期だったということもったが、失うものがないというのは強

俺にとってリカは、もともと音信不通だった友達の一人に過ぎ後の発展を極的にんでいる女うわけでもい。

いましてと、んそな気持ちが多少なともったんだと思う

信号で止まったきに、シールドをて後リカを振返った俺の口か普段の俺いぶんキいなセリフび出した

 俺 リカ、思よりっぱ尿きいんだぇ」

 リ 「るさーい、そんなこに気つか ちゃんとしてよね!」

りの再開を台無しにい俺のデリカシーゼロの発言と、それをサラリカ。





749 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:33:53 ID:DinW3cES
>>747

そこからの帰り道調、俺は男の性(サガ)とも意味なンピングブレを多発

そのたびカからメットごしの頭突きをくう、稿てことがったはした

以上ことは特に、リカを最寄り駅降ろしてバイバ

着くと、さっそくからメルが入ていた。

日はぶりートの気分味わえて楽しった、ね。

んな内容た。

--命の分道まで3週間。





750 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:34:54 ID:DinW3cES
今日はここまでおやすみ。




751 :774RR:2006/06/01(木) 00:58:12 ID:Hs2N6fSV
いいなぁ。

俺もルックスは極めて平均的・・・だけど無性に気になる子がいる。

自分と重ねて読ませてもらいますw




752 :774RR:2006/06/01(木) 00:59:00 ID:lrkC+sQU
ヽ(`Д´)ノ 寝るなぁ 気になるぅぅww




753 :774RR:2006/06/01(木) 08:11:03 ID:FInkaKuY
最後の一行が気になるw

つ④



754 :仕事しない人:2006/06/01(木) 09:05:51 ID:owZfGZ5y
俺ちゃんも気になりますよw



755 :74RR:2006/06/01(木) 10:44:30 ID:RQ9lwng7
Hが好きちゃんもても気になりますよ( ´ω




756 :774RR:2006/06/01(木) 11:06:23 ID:nmAlr2c5
good job!!  ノ⌒)
       / ノ
      / (__
      / (_(__)
     | (_(__)
  ∧_∧/) (_(__)
  (´ー`( ( (_(_)
 /⌒ `´ 人__ソ
`/ 人 l 彡ノ
{ Yヽ ヽ (
人 レー  ヽ
ヽiヽ__  ヽ
 リノヽ |\ ヽ
⊂__ノ ヾノヽ_ノ



762 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/02(金) 00:16:54 ID:awS1AFbX
>>749続き

くメールや電で他愛もないやり取りがいていた あ日の会話

 リ 「こん日あいてる?」

 俺 「ん、あいてるよ

 リ ゃあ遊よ」

 俺 「おう、なにする?」

 リ びにこないうちいま旅行に行っちっていよ」

 俺 「!」

 リ 「えほら婿こととかも いろい教えてほし。わかんないことだらけなのよ

 俺婿 そういと…りさせんなよ) ん、わ。じあそうし





763 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/02(金) 00:18:19 ID:awS1AFbX
>>762

実はリカは少し前に就職が決まり、偶然にも俺と同業者になっていたのだった。

いまは研修を受けているらしいが、わからないことが多くて大変だという話は聞いていた。

いきなり家に誘われた俺としては、予想外の展開にちょっと答えに詰まってしまったわけだが

それが男にありがちな変な妄想を思い浮かべたためなのか どうかは正直なところよくわからない。





764 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/02(金) 00:21:17 ID:awS1AFbX
>>763
というのも、返答に詰まってしまった理由に思いあたるよりも早く、仕事に関する質問を受ける、という家庭訪問の「大義名分」をリカが用意してくれたものだから

俺はさっさとそこに逃げ込んで思考停止してしまったのだった。

そうだ、俺はリカに仕事上のアドバイスをしに行くんだ。

それなら外で会うよりも、リカの言うとおり家で会ったほうが ゆっくり話ができていいかもしれない。

今思い返すと、そんな脳内変換が無意識のレベルで行われたように思う。

そして、ちょうど忙しい時期だったということもあって その週は仕事に没頭していて このやり取りについてよく振り返ることもないまま 問題の週末を迎えたのだった。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:いい思いをした話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:いい思いをした話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150207181149