2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

同窓会サイトに登録したら学生時代の友人(♀)からメールが来た







708 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:10:08 ID:8ukku4Xf
ある日、某同窓会サイトから一通のメールが来た。

ずいぶん前に登録だけはしてみたものの、自分からメールを出すわけでもなく もちろんメールを受けることもなく、存在すら忘れていたサイトだ。

誰だろうと思いつつメールを開いてみると、驚いたことに友人リカ(25歳、仮名)からだった。

リカとは学生時代の友人だが、特別仲が良かったというわけでもなかった。





710 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:16:19 ID:8ukku4Xf
>>708の続き

リカのスペック的なものを少し。

身長150cmくらいで痩せ型。

たぶん胸もそんなに大きくなかったと思うが、なにせ そういう対象として見たことがなかったから あいまいな記憶だ。

顔立ちは わりと整った感じではあるが、飛びぬけてキレイというわけではない。

可愛い系というわけでもないし、でも決してブスではない。

髪型がちょっとイケてない時期もあったりしたけど、肌はきれいだった。

無理やり芸能人に例えてみると、系統としては広末涼子かな。ただしバーゲン価格の50%オフくらいしてね。

まあ男友達のなかには「あいつ、なんか負のオーラが漂ってるんだよねぇ」なんてことを言いつつ、リカとはあんまり仲良くしたがらない奴もいたのも事実だけど。

ちなみに俺のスペックは割愛。




711 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:18:51 ID:8ukku4Xf
>>710の続き

俺は「 オー」なんて気にかったし変に女の子ぶったりしないドな性だったこともあ女とうよりも一達としてもなく不可もなくって感じで接してた。

あそうは言ってもに何人友達と同様、校でし話する程度に過ぎず、もちろん二人き会ったことなんてった、卒業してからい間、いちどとったがなかった





712 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:26:56 ID:8ukku4Xf
>>711の続き

その突然のメールには、たまたま同窓会サイトで名前を見つけたからメールしてみた、元気?なんて感じで始まり、リカの近況報告が綴られていた。

それによると、リカは卒業後アメリカに留学していて、つい最近そのカリキュラムが終わりもうすぐ日本に戻る予定とのこと。

そして今は、帰国前の「卒業旅行」と称して、日本から遊びに来るという女友達と合流し、2人でシボレーカマロのオープンカー(もちろんレンタカーだけど)で西海岸を走る計画をたてている最中だそうだ。

うーん、うらやましい・・・。





713 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:29:03 ID:8ukku4Xf
>>712続

の同窓会サイトは、サイト経由でメルをやりばお人アドレス知られずにむ仕組みだった、リからメールに文の最カのアドレスいてので、俺はリカ宛てに直返事をてみるこした。


社会人て数年、早くも仕事がつなくなりつつあること、いも学生活を謳ていカがすごくらやましいこ、バイ許をり、ローンを組んを買ったこと、いまはツーングが唯一の楽しいること便んなを俺の近告とした。




714 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:30:42 ID:8ukku4Xf
>>713

カからはす事がきた。

じめは出すに緊張したが、返事がきてうれ寿しかった、バイク後ろったないけど気持ちいいよね、帰国したらてね、なて内容だったと思う




715 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:33:05 ID:8ukku4Xf
>>714

学生当時、俺にはリカも知るラブラブな彼女がいたが、社会人になると同時に別れ(フラレ)ていた。まあよくあるパターンだ。

このことで俺は大きなダメージを受けていて、人間関係にはかなり自暴自棄になっていた。

しばらく抜け殻のような生活をした後に「このままじゃダメになる」と思い、何かふっきれることを探そうということでバイクに乗るようになったのだった。

リカはこの件について一切触れてこなかった。

事情を知らない学生時代の友人は皆、ことあるごとに元彼女とのことを聞いてきて、悪気がないのはわかっていたが俺は何度と無くキズつけられていたので、リカのこういう頭の良さというかセンスの良さには正直言って救われる思いがした。





716 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:36:19 ID:8ukku4Xf
>>715
このころは本当に、男も女もないただの友達としてメールをやり取りしてるだけで、後であんな関係になるとはまったく予想すらしていなかった。

--「そのとき」まで、あと2ヶ月。 (「そのとき歴史が動いた」風?)





717 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/05/31(水) 01:38:50 ID:8ukku4Xf
ここまで
ますやすみない。





719 :774RR:2006/05/31(水) 01:49:05 ID:msWGjbEt
乙でした。
続きが楽しみ。




737 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:08:38 ID:8ukku4Xf
>>716続き

しばらくして、リから帰したよメールが届た。

せっから会おうか、という話になり、どこか行きたいところは

くとリカはにお任せこと

じゃというこで、が日本を離れていた間できた某園地うかューズントパークに行ことにし

俺は予備のメットを持ってバイクリカ車で、現地集合と簿とにした





738 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:09:53 ID:DinW3cES
>>737

実は俺も初めてだったのでよく知らなかったんだけど、アトラクションのひとつにお化け屋敷みたいなものがあった。

俺は別に興味はなかったんだけど、リカが入ってみたいと言うし、まあ断る理由もないので二人で入ってみることにした。

入ったとたん中は真っ暗、とっさにリカが俺の手を握ってきて「お手手つないで」状態に。

一瞬「!」と思ったが、別に手をつながれて嫌な気持ちがする子じゃないのでスルーしとく。





739 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:11:52 ID:DinW3cES
>>738

うかりしてるけどビリな俺なのでおばがニュと出たとにビクッしちゃったりして、それつないだ手を伝ってリにバレてしまわないかか、むしそんな心をしてい

けど、すぐに余計な心だったといとがわかった。

は自分からお化け屋敷いと言くせに、以上のビビリだのだ

暗闇をむにれてど着しつないだ手は、いつのまにか腕をむかたになり、らに体をぴったり寄くるようになって、歩きづらいことの上ない。




740 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:13:39 ID:DinW3cES
>>739

 俺 「あのー、えっと。歩きづらいし、さっきか退たってんですけどー…」

 リ 「いいじゃん恐いんだから。ってか うれしいくせにぃ」

  「ん もちろんっと当てくもいよ」

 リ 「ばか言ってゃない

とまあ、そな感のやりとりがあっのを覚えてい





741 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:15:08 ID:DinW3cES
>>740
そんなこんなで、お化け屋敷を出てからも なんとなく手をつないだまま その日の「デート」は進んだ。

とは言っても、俺はリカのことを友達としか見てなかったし

これから二人の関係を発展させようなんて思いもなかったので、この展開に「なんだかなー」なんて思いつつ、

かと言って つながれた手を振り切るのも不自然だし、そもそも失礼だろうと思ったので流れに身を任せてみることにした。





742 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:16:27 ID:DinW3cES
>>741
・が、別になが起るわけでもなく、そろそろ帰うかう時間になっ



イクの後ろに乗せて送っていくことに

まあのつもで予備参だんだけど。

駐輪場俺の見たカは「お、かっこいいじゃん。似合ってるよ!」

あ褒められて悪いい。





745 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:23:01 ID:DinW3cES
>>742
話を聞くと、リカはバイクの後ろに乗せてもらうのは初めてじゃないみたい。

というか、けっこう慣れている様子だ。

それを聞いても別に「誰に乗せてもらったんだろう」みたいな嫉妬心がまったく沸いてこないので、俺は心の中で改めて「ああ、俺にとってリカはやっぱり友達以上の存在にはなりそうにないなぁ」なんてことをぼんやり考えていた。

今日の「デート」のいい雰囲気を加味してみたところで 俺のそんな気持ちは変わりそうになかった。





746 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:28:54 ID:DinW3cES
>>745
帰りのタンデムは、後ろに乗りなれているというリカのおかげもあってスムーズだった。

いや、正直に言うと俺はまったく運転に集中できなかったのだけど。

リカは後ろに乗るなり、なんの遠慮も躊躇もなく俺の腰に手を回し、体を密着させてきたのだった。

・・・。

さっきのお化け屋敷でうすうす感じてはいたが リカのやつ、思ったよりデカイかも知れない。

しつこいが俺はリカに対して友達以上の気持ちがないので、背中に感じるマシュマロフィールに男の部分が反応しているのは自覚しつつもピュアなドキドキ感はあまりなかった。

よし、ここはひとつ、素直に男としての欲望に浸るため全神経の95%を背中に集中させ、残りの5%で安全運転を心がけることにしよう。





747 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:31:36 ID:DinW3cES
>>746
人間関係に対して自暴自棄な時期だったということもあったが、失うものがないというのは強い。

俺にとってのリカは、もともと音信不通だった友達の一人に過ぎず今後の発展を積極的に望んでいる女というわけでもない。

いま思い返してみると、たぶんそんな気持ちが多少なりともあったんだと思う。

赤信号で止まったときに、シールドを上げて後ろのリカを振り返った俺の口から普段の俺とはずいぶんキャラ違いなセリフが飛び出した。

 俺 「リカ、思ったより おっぱい、大きいんだねぇ」

 リ 「うるさーい、そんなとこに気つかってないで ちゃんと運転してよね!」

数年ぶりの再開を台無しにもしかねない俺のデリカシーゼロの発言と、それをサラリと返すリカ。





749 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:33:53 ID:DinW3cES
>>747

そこからの帰り道俺は男の(サガも言える意味ンピングブレーキを多発し

たびからメトごしの頭突きらうなんとがあったりはしたが、

結局 それ上の何もなカを最寄り駅で降ろした。

くとさっそくリカルが入ていた

日は久りにトの気分が味わえて楽しかまた遊ぼうね

そんな内だった。

運命の分まで、あと3週間





750 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/01(木) 00:34:54 ID:DinW3cES
今日はここまでおやすみ。




751 :774RR:2006/06/01(木) 00:58:12 ID:Hs2N6fSV
いいなぁ。

俺もルックスは極めて平均的・・・だけど無性に気になる子がいる。

自分と重ねて読ませてもらいますw




752 :774RR:2006/06/01(木) 00:59:00 ID:lrkC+sQU
ヽ(`Д´)ノ 寝るなぁ 気になるぅぅww




753 :774RR:2006/06/01(木) 08:11:03 ID:FInkaKuY
最後の一行が気になるw

つ④



754 :仕事しない人:2006/06/01(木) 09:05:51 ID:owZfGZ5y
俺ちゃんも気になりますよw



755 :774RR:2006/06/01(木) 10:44:30 ID:RQ9lwng7
Hが大好きな漏ちゃんもとても気になりますよ( ´ω`)




756 :774RR:2006/06/01(木) 11:06:23 ID:nmAlr2c5
good job!!  ノ⌒)
       / ノ
      / (__
      / (_(__)
     | (_(__)
  ∧_∧/) (_(__)
  (´ー`( ( (_(_)
 /⌒ `´ 人__ソ
`/ 人 l 彡ノ
{ Yヽ ヽ (
人 レー  ヽ
ヽiヽ__  ヽ
 リノヽ |\ ヽ
⊂__ノ ヾノヽ_ノ



762 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/02(金) 00:16:54 ID:awS1AFbX
>>749続き

しばらくメールや電話で他愛もないやり取りが続いていた ある日の会話。

 リ 「こんどの土曜日あいてる?」

 俺 「ん、あいてるよ」

 リ 「じゃあ遊ぼうよ」

 俺 「おう、なにする?」

 リ 「うちに遊びにこない?うちの親、いま旅行に行っちゃっていないのよ」

 俺 「!」

 リ 「えっと、ほら。仕事のこととかも いろいろ教えてほしいし。わかんないことだらけなのよ」

 俺 「(ああ、そういうこと…、びっくりさせんなよ) ん、わかった。じゃあそうしよう」





763 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/02(金) 00:18:19 ID:awS1AFbX
>>762

実はリカは少し前に就職が決まり、偶然にも俺と同業者になっていたのだった。

いまは研修を受けているらしいが、わからないことが多くて大変だという話は聞いていた。

いきなり家に誘われた俺としては、予想外の展開にちょっと答えに詰まってしまったわけだが

それが男にありがちな変な妄想を思い浮かべたためなのか どうかは正直なところよくわからない。





764 :705 ◆NC1AxUg.ec :2006/06/02(金) 00:21:17 ID:awS1AFbX
>>763
というのも、返答に詰まってしまった理由に思いあたるよりも早く、仕事に関する質問を受ける、という家庭訪問の「大義名分」をリカが用意してくれたものだから

俺はさっさとそこに逃げ込んで思考停止してしまったのだった。

そうだ、俺はリカに仕事上のアドバイスをしに行くんだ。

それなら外で会うよりも、リカの言うとおり家で会ったほうが ゆっくり話ができていいかもしれない。

今思い返すと、そんな脳内変換が無意識のレベルで行われたように思う。

そして、ちょうど忙しい時期だったということもあって その週は仕事に没頭していて このやり取りについてよく振り返ることもないまま 問題の週末を迎えたのだった。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:いい思いをした話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:いい思いをした話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150207181149