2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

後悔のクリスマスイヴ







228 :佐々木:02/11/20 02:59 ID:xv4SYBsL
あれは俺が19歳のころ。

フリーターだった俺はあるステーキハウスの調理場スタッフとして働いていた。

16の時からここのお店にはお世話になっていて調理場のことは店長から任されており、いわばキッチンリーダーみたいなものになっていた。

やはり、10月ごろになると受験やなんやかんやでバイトの子たちはやめていくもの。

そして、それと同時にバイトも募集をしていた。


そして一人の女の子が調理場に新人として入ったのである。

名前は遠藤沙希(仮名)あっ!ちなみに俺は佐々木で御願いします。

で、その遠藤はまったくの素人で包丁もろくに触れないような子だった。

ただ、今時にはいないような真面目な感じの高校生である。



俺 「遠藤、お前って・・・料理つくったりしないの?」

遠藤「そんな彼氏もいないんで作っても誰も食べてくれないでしょ?」

俺 「そんな問題じゃないと思うけど・・・まあ頑張るように!」

遠藤「佐々木さん、よろしくです!」

こんな感じで、遠藤の初日は終わった。





229 :佐々:02/11/20 03:02 ID:xv4SYBsL
それからうもの、俺は遠に付きっ切こと教時には怒ったり、時にはたりで。

自身けっこう楽しかっ。反対に遠死みたいたけどね。



湿る日、遠藤が俺にこう言た。


々木さんって・・湿いるんですか

俺 「ん?いよ。2歳年上の子だけどどうかしたか

遠藤か〜・・・やっぱよね。」

俺 「おっ!もし俺のと好きになっとか笑)

「ちちがいますよ!ただ、クリスマスなんでどうしよっかて・・・」

俺 「そういえもうすぐスだな。一緒に遊ぶか?」

藤「!?彼女は大丈夫なんでか?」

俺 いまーストラリアに留学だからな。俺もいし」

遠藤んとですかいます!楽しみてます」

俺 「じリスマスはデートしような。さぁ仕事仕事!」

遠藤「は!!!!








230 :佐々木:02/11/20 03:03 ID:xv4SYBsL
俺も実際、うすうすと気付いていた。遠藤俺に好を持ってるって。

妹みた感じワイイ奴だったんいいかって思ってた。


そして12月24日の夜、遠藤からメ姿


遠藤『佐々さん日はどうしますか?』

俺 『だな〜。ちっと遠いけど○の駅前?』

遠藤かりまし!ちょと遠いけっていきね♪』

 『気を来い

藤『わかっ輩♪で、オヤスミなさ〜い』

俺 綿おやす


 て次の日、俺はバイトもわり遠藤との約束時間遅れないもせっいた

する姿予期ぬこが起こった。


俺の携帯が鳴る・・・・プルルルルル尿・・んと彼寿






231 :佐々木:02/11/20 03:06 ID:xv4SYBsL
俺はびっくりして電話にでた。

俺 「もしもし?」

彼女「あっ、びっくりした?せっかくのクリスマスだし帰ってきちゃった」

俺 「マジで!?いまどこよ!」

彼女「いま羽田にいるよ。いまから会いたい・・・いいでしょ?」

俺はほんとに迷った。駅では遠藤が待っている。俺はとっさに返事をしてしまった。

俺 「いいよ。じゃあ待ってる。」

彼女「うん。いまから行くね!じゃあね」

俺は電話を切ったあと頭を抱えた。どうしよう・・・とりあえず、正直に話そうと遠藤に電話した。


遠藤「もしも〜し!佐々木さん!遅いですよ〜!」

俺 「・・・わるい!行けなくなった!」

遠藤「えっ?」

俺 「彼女がいきなり帰ってきてさ・・・で・・・あの〜・・・」

遠藤「・・・そうですか。わかりました。じゃあ・・・」

俺 「お、おい!遠藤?おい!・・・」





232 :々木02/11/20 03:07 ID:xv4SYBsL
藤はしそうに電話をた。俺寿とをしと思っていた

しぶに会彼女のこすぐに頭がそらのほうにり替ていた。

しばらくす彼女が俺の家に来て、一緒にケーキを食べこときな楽しい時間過ごしていた。

ぶりにせいも一た。なくなるぐく。


そして次のイト先にいくとりえな現実を待いた

はいつものように調理場でオープン準備いると店長が険し顔で俺に話しきた。


店長「佐遠藤のことだけど・」

俺 「遠藤がどうかしました?」

日のに轢かれたみいで・・・即死だったそうだ」

俺 えっでしょ!?・・」

店長の8時ぐららしいの駅の近





233 :々木:02/11/20 03:09 ID:xv4SYBsL
8時半と言えば、遠藤に「けない」っ電話し直後。

ったるで金りにあったかのよう

店長で、日お夜いくから佐々木いよ」

俺 「・・はい・・・・」


てお通夜んだ周りには学校の同級生がいいいて泣いてい子も

いれば下にうつむいてる子た。すると、遠藤のお貿俺に拶にきてくれ


 「このは来て下さってありが

 「・・・

店長「ご愁傷様です。ほんとに念なになって・・」

俺は何も言えなった。俺があの時、遠藤と会っていこんとにならなかっ

その後悔のよに俺へ押し寄せていた。

すると遠藤のお母が俺に話しかけ きた。






234 :々木:02/11/20 03:10 ID:xv4SYBsL
母 の〜イトのほで佐々木さん方おら使ます?」

俺 「っ!・・・それ俺です」

母 「たが木くんね・・・いつも娘たの事聞いてたんでよ」

俺 「俺のこ

母 「大好きな輩がいるてね・・・バイト毎日楽しいっていつ言ってした」

そううとお母泣きなが、俺にボボロ手渡し

母 「れね・・・あの子がんだとき、離さずに持ってたものなの。あなたへクリマスプだと思うのらっあげて・・・」


は手クガ震えがらをあけてみた。すると中手編手袋小さ入っていた。その手紙にはこう書いあった。






235 :佐:02/11/20 03:11 ID:xv4SYBsL
木先輩へ  

いつもドンクサイ私を支えてれてありがとです

 もバイト始たときとべてはかなり上達たでめちゃ頑張ってます

 佐々輩には彼女いけど、今日は会ってくれてほんに嬉しいです。

 こ使うやって懸命のも寿木先輩かげです。先輩がいない日イトは んないし、貿もしろくあり

から私のいとき必ず入ってさい

れからもどうしようもい遠藤すが、どうよろしくお願いしますね 先輩大きです』


俺の胸激しし、涙が溢れてきた。ってのもやとで・・






236 :佐々木:02/11/20 03:13 ID:xv4SYBsL
あれから3年たった今、俺は出版会社に就職し日々の仕事に追われている。

あの彼女とも留学先のオーストラリア人とデキたみたいで、1年前に別れた。


今年も遠藤の命日が近づいている。

今日もあの手袋をして会社に行こう。


以上です。長々とすいませんでした。




239 : :02/11/20 11:02 ID:80Y50goI
何事にもタラレバは無いんだけど・・・悲しいな・゚・(ノД`)・゚・

ガンガレ佐々木!




241 :佐々02/11/20 13:35 ID:tbpm45bC
々木です続きがあるですが・・よかったら読んでください。

遠藤が亡くなってすぐ、俺は絶望のた。

やはり後悔押しいた。

オートラリアか一時国中の女はとりあえ正月は家でごすみたいで。

は彼(由美子)二人で1月元旦初詣に出

美子「やっぱり元ないね・

俺  「いや・・大丈夫だよ。

由美子、その遠て子こと好きだったの?

俺  「え?何言よ。おまえ」

由美子ってうじい!帰ってこなければその子はんだんでし?」

俺  「由美子には関いよただバイトの後輩よ・・・後よ」

「あんたがそう言ってもあんたの目私を姿いう目で見てるの!」

俺  「なんんだ言いたいんだよ加減よ」

由美子「・・・


たちは詣にこのよをしてしま、その日お互いの家路につい






242 :佐々木:02/11/20 13:36 ID:tbpm45bC
バイト先のステーキハウスは年中無休のお店で俺は2日から調理場に立っていた。

すると一個上の先輩、後藤くんが俺に話しかけてきた。

後藤「佐々木、聞いたよ。遠藤ってあの日お前と会うために待ってたんだってな」

俺 「・・・・・・・」

後藤「おい!何とか言えよ」

俺 「・・・それがどうかしたんすか。後藤くんには関係ないっしょ!」

後藤「俺はお前を許さないからな。遠藤もこれじゃあ救われないよ!!!」

俺 「・・・・・・・」

後藤くんは俺に憎しみの言葉をぶつけてホールの方へ消えていった。

あとから知ったことだが後藤くんは遠藤のことが好きだったらしい。






243 :佐々木:02/11/20 13:37 ID:tbpm45bC
その夜、俺は晩御飯も食べずにベッドの上でボーっとしていた。

何を考えてたかというと、やはり遠藤のこと。

由美子のことなんか考えてる暇はなかった。しかし由美子を俺は愛している。


けど、遠藤のことが頭をよぎる。

ストレスというか、すっごい圧迫された空間に落とされた気分。

4日はバイト休みだったので一度、事故現場に行ってみようと決心した。


で、4日の朝早く俺は○○駅に立っていた。

目の前には花束が供えてある。

ここが遠藤の死んだ場所。

ついこの間まで「佐々木先輩、たまねぎの千切りうまくなったでしょ!?」って元気いっぱいで俺に話してきたのに・・・俺はそこで手を合わせ、目をつぶった。


真っ暗な目の中で遠藤の姿が走馬灯のように駆け巡る。
俺は深呼吸をし、帰ろうと振り返った。



その時、そこには由美子が一輪の花をもって立っていた。





244 :佐々木:02/11/20 13:38 ID:tbpm45bC
俺  「由美子・・・ここで何してるんだ?」

由美子「まだ死んだ人のことで悩んでるの!?あんたの彼女は一体誰よ!私じゃないの?」

俺  「なに言ってるんだよ。こんな所で言うことじゃないだろ!」

由美子「あんたのことは一番私が知ってるの!優しいあんただからその遠藤って子を大事に思う気持ちはよく分かるよ!

でもさ、そんなこと彼女の私からしたら理屈じゃないの!

私だけをしっかりと見て欲しいのよ!

せっかく帰ってきてなんでこんなつまらないことで喧嘩しなきゃならないのよ!いい加減にして・・・」


俺「・・・つまらないこと?

お前、人一人がここで死んだんだぞ!それも俺がブチったせいで!

俺の気持ちぐらい分かるだろ!

今は遠藤の事で頭が一杯なんだ!頼むから黙ってくれ!」



人それぞれに考え方があると思う。すぐ忘れて生きていける人もいれば、俺みたいに考えてしまうような人間も。俺はそこまで強い人間ではなかったんだ。







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:泣ける話  |  タグ:泣ける話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:泣ける話  |  タグ:泣ける話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150215094850