2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(119)






http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1381928648/


36 :おさかなくわえた名無しさん:2013/10/17(木) 16:31:52.31 ID:STb5bYt9
ありがとう。

子供相手なのであんまスーッとしないかもだけど。


うちの嫁が妊娠4ヶ月の時のこと。

その前に一度流産してるので心配で、健診にはできるだけ付いていってた。

病院の待合室はいつも一杯で待ち時間も長い。それでもみんな心得たもので、本を読んでる人や編み物してる人で静かだった。

けどその日だけは別だった。

4〜5歳ぐらいの男の子が待合室の中を奇声をあげて走りまくっている。

お腹の大きい母親が「座ってなさい」と一応声を掛けるが、いかにもテンプレ的と言うかガキの方は全然聞いちゃいねー。

そのうち看護士さんが「ボク、静かにしようね〜」って軽く注意したんだがその母親の態度は他人事。

で、うちの嫁がトイレから帰ってきたときの事。

余所見しながら走っていたガキが、そのままの勢いで嫁に体当たりした。腹に。

嫁、バランス崩して倒れそうになって、その様子が俺にはスローモーションのように見えて正直すっげえ怖かった。

幸い たまたますぐ後ろを通りがかった女性が支えてくれて倒れずに済んだけど尻餅なんてついたらマジやばかった。

それで俺むかついてガキの母親の所に行って文句言った。

「今の見てましたか?あなたの子が全く注意を聞かずみんなに迷惑を掛けて走り回って もし誰かに何かあったら責任取れるんですか? 走り回っていい場所とそうでない場所って、おたくでは教えないんですか?」

って。

そしたらあのババア、鼻で笑いやがった。






37 :おさかな名無ん:2013/10/17(木) 16:33:17.17 ID:STb5bYt9
注意して子な稿ら走りませんって。あもじき分かりまよwと。

あんた、だ。あた。

は二重むかつい

だったら実力使だなと思っ

相変わ沿ず奇声をあげて走り回るクソガキ俺の前を横切ろうとした瞬間

なんかケツがモゾモゾしたんで足を組み替えた。

組みえた俺の足にクソガキがぶつったんだよ。偶って怖いw

ッと回転うに派手転んだガは当ギャンき。

優しい俺はガキのそばにいってたせてやり、

「こういう狭い所で走り回とこんなとになるだろ

 回りを見みな。

 ここで走りるような恥ずかことてる人誰もいいだろ

 おまえは可哀想だ

 ゃんとえてくれるお利んなマがいなて」


れを聞いたバ、真っ赤になってガキのを引っ張って待合室からった

にはやりすぎっ叱らど、ガキうちに教えてやるのが切っても




43 :おさかなくわえた名無しさん:2013/10/17(木) 17:04:49.00 ID:mD2M+uqn
>>36
スーッとしたww
偶然の一致GJ





44 :おさかなくわえた名無しさん:2013/10/17(木) 17:54:49.74 ID:b9P1fLjE
>>37
糞ガキの次は糞ババアへの偶然の天誅を御願いしたい。

元気な子供さんがきっと生まれるよ。




46 :おさかなくえた名無しさん:2013/10/17(木) 18:12:04.64 ID:GJAlZjnc
>>37
子さ生まいい綿





38 :おさかなくわえた名無しさん:2013/10/17(木) 16:37:33.89 ID:Rz212L7o
充分スーっとした。




39 :さかなくわえた無しさん:2013/10/17(木) 16:44:38.42 ID:xSmlyfnw
スーッとした
然って怖いwwww




40 :おさかなくわえた名無しさん:2013/10/17(木) 16:45:57.40 ID:584pRdH6
うちも2回流産してるから、そんなクソガキいたら俺は親に何するか分からんw





63 :おさかなくわえた名無しさん:2013/10/17(木) 23:43:24.66 ID:02ydbxIG
DQNに謝らせた話を一つ。


以前暮らしていた築30年のぼろアパート。

隣の部屋はご近所さんの話ではDQNと言われてる30台半ば男性が契約していて一時期はその部屋で暮らしていたようだけれど、いつの間にか別に住居を移しその部屋はそのまま倉庫代わりに使うようになっていたらしい(大家談)。

倉庫なのでたまに荷物を取りに来ることがあるのだが、幸いにも生活時間帯が違うため、滅多に遭遇することはなかったのでストレスをためる程の出来事もなく、穏やかに過ごせていた。

しかしある日、私が在宅中に荷物を取りに来た。夜中1時過ぎに。

話に聞いていた通りのDQNで、深夜にも関わらず静かにしようなんて気遣いはない。

案の定、荷物を壁にぶつけたらしく、壁一枚隔てただけの隣室で寝ていた私は、耳元でした大きな音でたたき起こされた。


寝付いたばかりで頭にきたので、苦情を言ってやらねば気が済まんとDQNが外に出るのにタイミングを合わせ、こちらもドアの外に出てやりましたよ。




64 :おさかなくわえた名無しさん:2013/10/17(木) 23:44:08.27 ID:02ydbxIG
長い黒髪を乱して貞子ばりに顔を隠し白いワンピースに着替えて、裸足でね。

DQNは背中を向けていたので私が玄関を開けたことには気づいていない。

そしてDQNが体の向きを変え、視界の隅に私が入り…

腰が引けながら、ビクビクビクっと震えながらDQNが発した一言。

「うっひゃぅおぅぉ…!!」

へいへいへい、ビビってるー。管理の行き届いていないボロアパートなもので通路の電灯が切れかけていたのも都合がよかった。

満足感に満たされながら、人差指を口に当てて静かにしろとやったら「す、すみません」と謝ってくれました。

その後、私が引っ越すまでの6年間、深夜に物音をたてたことは一度もないのはそんなに悪い人じゃなかったからですよね。きっと。




66 :おさかなくわえた名無しさん:2013/10/18(金) 00:00:50.91 ID:y314cbNT
>>64
すばらしいwww




67 :おさかなくわえた名無しさん:2013/10/18(金) 00:34:31.71 ID:fxesHQPp
>>64
あはははは!面白い!



79 :おさかなくわえた名無しさん:2013/10/18(金) 12:06:55.02 ID:JtmGuxDF
三流大学の法学生だったころに事故にあった。


車に突っ込まれて1週間の意識不明の重体。俺がバイクで相手が車のノーブレーキ追突事故だ。

普通に新聞にも乗ったし、全国ニュースにはならなかったと思うけど、隣県ぐらいまでは報道された。

結論から言えば、相手の速度超過にカップルが乳繰り合っていてのよそ見が原因の事故だった。

ところが俺が意識不明の間に、そのカップルは俺が車の横から抜いて急にブレーキをかけたとか証言していた。

もちろんそんな事実は存在しない。
しかし、警察側は目撃証言もそういう風になってるしと曖昧なことしか言ってくれない。


もちろん俺は猛抗議したけど、三流大学の法学生は基本的に馬鹿です。

法律なんて憲法が一番強いとかいう風にしか認識していないレベル。

俺は警察署からの帰り道に大学に行き、泣きながらゼミの教授に相談した。


この教授は、結構歳がいっている爺さんだったんだけど、すぐに緊急の法学教授会を開いてくれて、様々な協力体制を作ってくれた。

ただし、アドバイスはするけど、これも勉強だからという理由でゼミの課題となり、この事案をゼミ生で解決するようにという指示が…

幸いなことにゼミ生の皆は俺に協力してくれた。


実況見分調書などを取得して、事故現場を写真で撮ったり、目撃者探しをしたり、警察・検察に何度も足を運んで再捜査の依頼書を書いたり…etc

その結果、目撃者は、運転手の友人の友人であったことが判明し、偽証罪ということで全員逮捕(警察がちゃんと調べてくれた)

本当の目撃者はこちらで見つけ出して、本当に第三者であることを証明した。

さらには道沿いのマンションの防犯カメラから、俺のバイクが進行した後に速度超過の車が通り過ぎる映像も警察が見つけ出してくれた。


その結果、相手は逮捕されて、悪質ということで交通刑務所行きになった。

散々相手の保険屋は、俺が悪いとか言っていたけど、手のひらを返したように全額支払い。

物損も市場価格をサーチして、一番高額なのを送ったらその額で支払ってくれた。




80 :おさかなくわえた名無しさん:2013/10/18(金) 12:08:00.87 ID:JtmGuxDF
その後、相手の親や相手の彼女(こいつも逮捕。

ただし不起訴)の親は、示談してくれと恫喝したり、泣きついたりして来た。

その時に喫茶店で、教授と俺と俺の父も交えて話をしたんだが、この時の教授の言葉が今でも忘れられない。

「親が子を庇いたくなるのは分かります。
世間体とかもあるでしょう。

 しかし、子が間違いを犯したときに、それを身を切ってでも、親はそれを、叱り、注意し、防止策を教え、二度としないように約束させなくてはならないのです。

 ところが貴方のお子さんはそういう教育を受けておらず、間違いを認めず、隠そうとしました。

それがとんでもなく大きな間違いであることを教育しなかったのは誰ですか?

 お子さんの今後の人生を心配しているようですが、俺君の人生はどうするのですか?

 貴方のお子さんの間違いが、一人の将来ある若者の人生を狂わせようとしているのです。

 まずは誰が悪いのかよく考えてから、俺君を尊重し、話し合いの場を設けるのが普通です。

 貴方のお子さんとよく話し合ってから、最初に何をすべきかを考えて下さい」

ところどころうろ覚えだけどこんな感じ。



本当にこの教授はすごいなと思った。この親たちは何も言ってこなかった。


保険屋から約2千万の賠償金を受け取ったけど、今でも後遺症が残っている(走れないレベル)

それでも日常的に生活できるし、あの事故のことがきっかけで、ゼミ生の3割が警察官という道に進んだ。

1人は時間はかかったけど弁護士になってバリバリ働いている。

俺も具体的な職は言えないけど、交通安全関係の仕事をしている。


今年で教授がお辞めになるということで思い出話にカキコ。




82 :おさかなくわえた名無しさん:2013/10/18(金) 12:16:57.23 ID:y314cbNT
>>80
すばらしい
超すばらしい




87 :おさかなくわえた名無しさん:2013/10/18(金) 13:22:41.81 ID:eIG+POsx
>>80
ドラマにしてほしいぐらい良い話!




81 :おさかなくわえた名無しさん:2013/10/18(金) 12:16:27.19 ID:dJarQp+t
ドラマのようだw




83 :おさかなくえた名無しん:2013/10/18(金) 12:24:19.61 ID:0mIsSJtR
初に何を宿すべきを考えて・・・
そこからなのね




84 :おさかなくわえたしさん:2013/10/18(金稿) 12:37:18.62 ID:QY+Dcl13
すごいいい話だっ




86 :くわえ無しさん:2013/10/18(金) 13:20:28.02 ID:AojtqG+w
スーーッしすぎて涙が止
>>80あり





130 :1/2:2013/10/19(土) 10:09:43.78 ID:/HF5EtCY
俺が生まれて間もない頃母ちゃんは姑と小姑から嫌がらせを受けていたらしい

旦那である父に助けを求めようにも海外へ出張していたため電話で姑、小姑を諌めてもらうぐらいしかできなかった

しかしそんな事をしても全く姑たちには効かなかったらしく俺を姑と小姑に奪われ、掃除、洗濯、炊事をやらされた挙句

「ご飯がまずい。もっとまともに作れないのか」と作ったものを流しに捨てられたそうだ



ある時 姑たちが何をしても俺が泣き止まないので俺を母ちゃんに押し付け

「うるさいから外に行って泣きやまして来い」といった

俺をおんぶしながら

何で自分はこんな目に会うんだろうと考えて俺と一緒に死のうと考えたそうだ

そして川に飛び込もうと思っていると突如俺が手足をバタバタさせてキャッキャッと笑い出したんだそうだ




131 :2/2:2013/10/19(土) 10:11:05.98 ID:/HF5EtCY
なんで突笑い出しんだうと周りを

空にあった雲が既亡くなって母の(祖母)の顔に見えたらしい

しかもそれが とてもにこやに笑ってる顔ったしく

ちゃん
んだら死んでもまでも見守ていくれる申し訳い」
思っぬのを止めたうだ

人はの淵からと戦闘力が上がるとわれが母ちゃんも死ぬのをめたと強くなったらし

、小姑のらせを跳ね除け逆やり返すよになっ

は姑と小姑は隣のの安アパートい出して

と温泉め をしいま





137 :1/5:2013/10/19(土) 13:07:41.07 ID:J0O9j0ki
帳に書き出しメッチャ長った。支援ヨロ。

 
チの職場者が働き出した。 

流行のアスペルガーって奴尿Aとしとく。 

から話しれば答えるど向こうから一切話掛けてこな
 
折ぼーっと立ち尽くり、と割りととなしい感じ
 
事に関する話もこっ示には応るけど疑問が沿って声を掛けてこい。
 
理由聞く話し掛ていいものか分からなかった事。
 
空気読めない言われるはこういう所なのかと納得しつつ通に事はしてた。
 
ただ、やっぱり障害者ってこで色眼見る人間もいるんだよね
 
て突っ掛は文句言う若いのが一人い仮にHとし
 
後でいた話だがHはAに色々と尽な命令を出ては断らるというこを繰り返してたそうだ
 
た理由は「彼に命令権限が」と実に論理的だったがHとしては障害者のくせにと恨みを募いたらい。





138 :2/5:2013/10/19(土) 13:08:59.67 ID:J0O9j0ki
ぶっちゃけ勤務ってのは工場なんだが、彼は新人なのと専業を任されてることから、 その班の区域内で一人で作業してることも多い。
  
そんなある日に事件が起こった。
 
俺が知らせを聞いて駆けつけてきて見たのは地面に倒れてるAと仲間に取り押さえられているHの姿。
 
聞いた所によると、いつものように嫌がらせを繰り返していたHが、堪えないAに痺れを切らせて飛び蹴りかましたらしい。
 
無防備な脇腹を蹴られたAは吹っ飛んでそのまま倒れたのが今のその姿。
 
助け起こそうとすると、こちらに手で「構うな」という感じで断ってきて一人で立ち上がった。
 
(これも後聞きになるが触覚過敏とやらで他人に触られるとある種の拒否反応が働くそうだ。) 

A「あー…すみませんが、何かしましたかね、俺?」と興奮冷めやらぬHに静かに問い掛けるA。
 
H「お前が居るだけで気持ち悪いんだよ!」と喚くH。
 
助け舟を出すべきかと俺が口を開こうとした時、Aが困ったように頭を掻きながら口を開いた。
 




>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:武勇伝  |  タグ:すっきりした話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:武勇伝  |  タグ:すっきりした話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150215195837