2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

彼女「僕くんも脱いで」 僕「あ、うん」 彼女「初めてなの?」 僕「・・・・・・」






http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1426122335/


10 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)10:22:36 ID:Kxf(主)
1997年3月(高校3年生)

「人生詰んだわ…」

僕は、計5大学6学部の大学入試に全て落ちた。全般的に成績が低かったわけだが、中でも特に英語が出来なかった。

人生終わったと思った。どん底まで落ち込んだ。それから2〜3日間ずっと悩んでた。

結局…、浪人することに決めて、予備校に通うことにした。





11 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)10:26:50 ID:Kxf(主)
(あ、主人公のスペックを書かなきゃ…)

物語開始の時点で、

僕は18歳、彼女無し、身長171cm、普通体型のフツメン、友達はいるけど…、みんなオタク系ばかりなのね

って、箇条書きで説明してる時点で小説の体裁になってないわ…(自爆)

でも、頑張って続ける(笑)




13 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)10:31:54 ID:Kxf(主)
1997年4月、某大手の予備校「○○ゼミナール」に入って、受験勉強を開始……したはずが、、、1ヶ月も経たないうちに、もう予備校には行かなくなってしまって、家でブラブラ過ごす毎日…。

当時はまだ「ニート」という言葉は無くて、「ぷー太郎」とか「プー」などと言われた。





14 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)10:37:17 ID:Kxf(主)
受験勉強なんて、もうやりたくなかった。 どうせ既に詰んだ人生なのだ。

連日、自室に引きこもって、ほぼ毎日 スーパーファミコンで遊んでばかりいた。

ホント、僕はダメ人間になってしまった。

母は、結構 口うるさかった。「勉強しろ、予備校へ行け」と頻繁に言われた。

けど、僕にとっては もう大学進学なんて どうてもよくなっていた。





16 :名無しさん@おーぷ2015/03/12(木)10:42:51 ID:Kxf(主)
1997年(18歳)のになって、僕…、だたムして過す毎日だった

ホント、言うニート」そのものだね。

このはヤバい」と思っとだろう





17 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)10:45:12 ID:Kxf(主)
父は某大手商社勤務で、ロシアの某地方都市に単身赴任中だった。

その父から、(どうせ家でゴロゴロしてるんなら…)「俺と一緒にロシアで暮らさないか」という誘いを受けた。





18 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)10:50:42 ID:Kxf(主)
父も、たぶん「引きこもり状態よりは、海外生活でも体験させたほうがマシ」と思ったのだろう。。。

父にやさしく“ロシア行き”を誘われ、俺も「今のままではヤバい…」と内心思っていたから、その話に乗ることにした。

ロシアの場合、ビザ取得に相当な時間がかかるから…と、早めに準備を進めることになった。








19 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)10:59:52 ID:Kxf(主)
1997年9月、遅めの夏休みを取って一時帰国した父、その父と一緒に僕はロシアに行くことになった。

なお、7〜8月頃からパスポート取得して準備を進めてたのに、ビザがおりたのは9月に入ってからだった。

モスクワで飛行機を乗り換えて、父の駐在先である某地方都市に着いた。

ちなみにモスクワの空港って、国際線用と国内線用とが結構離れている(成田と羽田みたいにね)





20 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)11:10:58 ID:Kxf(主)
僕のロシア生活が始まったけど、やることは、父の「家事手伝い」がメイン。

父は仕事があるから、平日の日中は基本的に僕1人で過ごす。

↑「基本的に」というのは、父はプライベートで運転手さんを雇っていたから、その運転手さん(ロシア人のオジサン)と過ごすこともあった。

とにかく、買い物するにも、外食するにも、何をするにもまずロシア語能力が必要だった。

父は僕のために ロシア語の先生まで雇ってくれた。そして、ロシア語を勉強した。





21 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)11:15:39 ID:Kxf(主)
勉強嫌いの僕だったはずが、ロシア語の学習はマンツーマンで結構楽しかった。

生活に密着した言い回しから教えてもらったから、実生活ですぐ役に立った。

そこに住んでる日本人とも友達にもなったし、時々、現地の日本語学校に遊びに行くと結構歓迎されたりして楽しかった。





22 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)11:19:14 ID:Kxf(主)
父は うるさいことは何も言わなかった。それが良かったのかもしれない。

ロシアに来て約1ヶ月程度で、僕は自然と 引きこもりから脱却して、一人で街の中を歩けるようになっていた。

白タクに乗ったり、バスに乗ったり、バザールで買い物したり、外食も一人で行けるようになった。

わからない言葉があっても、ゼスチャーなどで何とかなるものと知った。





24 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)11:21:53 ID:Kxf(主)
ここまでが長い前置き。これからやっと彼女と出会う




25 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)11:27:01 ID:Kxf(主)
1997年秋
一人で外食できるようになって、僕のお気に入りの店は とあるコリアンレストラン(韓国食堂)だった。

店名は「カレイスカヤ・クーフニャ」、安くて日本料理(もどき)も食べられる店だった。





26 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)11:33:04 ID:Kxf(主)
その韓国食堂「カレイスカヤ・クーフニャ」では、僕のお気に入りの窓際の席があって、空いてさえいれば いつもそこに座った。

そこから眺める窓の外の景色が好きだった。

…で、、、 
そのレストランには、ウェイトレスさんがそれなりの数いるのに、僕が行くと、なぜか決まって、いつも同じウェイトレスさんが僕のところに来てくれるんだよ。しかも、結構カワイイ





27 :無しさん@ぷん2015/03/12(木)11:37:50 ID:Kxf(主)
そのレストランにくと、ほとんど毎回殿、その僕みのわいウェイトレスさんが来てくれる。

ロシア語ではウイトレスさ時にはふつう「ジェーブュカ(声をけるのだが、

その かわいェイトレスさを呼ぶ「クラッスィーバブシュカしい娘をかけてたら、を赤くしてやって来るのカワイ





28 :無しさ@お :2015/03/12(木)11:41:53 ID:Kxf(主)
ぼ毎韓国食堂に通うようになり、ぼ毎回つも同かわイトんが僕のところにんだ、つまり…、このコはに気がある に違いない」と僕は思った

実際、少クに会できるようってったし、僕が入店するとのウェイトレからのコがからかわれてる様子が伝わっ





29 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)11:47:17 ID:Kxf(主)
一度、そのかわいいウェイトレスさんが、ビビンバの熱い部分に間違えて触れてしまって、「あっ」って 慌てて自分の耳たぶを触ったの。 その仕草が僕のお祖母ちゃんに似てた。

僕もマネして自分で自分の耳たぶを触ってみた。そしたら大笑い。「あなたは熱くないでしょ」って





30 :名無しさん@お2015/03/12(木)11:51:13 ID:Kxf(主)
それなフレンドリーになて、お店が空てる時にはに座ってく、色々と話したりでこともあっ

そっち系(必ず女性がついてくれる系)店じゃなかったんだけど

だからこそ、嬉しか





31 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)11:54:33 ID:Kxf(主)
まぁ、そのコと会話するっていっても、俺のロシア語能力が低いから深い話にはならなくて、でも、シュコーラ(基礎教育学校)を卒業したばかりの17歳ってことはわかった。





32 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)11:59:32 ID:Kxf(主)
ロシア語では「好き」も「愛してる」も どっちも「リューブリュ」って言葉だから、(それに外国語だと人間って結構大胆なことが言えるし、、)

メシ食いながら、ジェスチャーを含めて「この料理はリューブリュ、この料理もリューブリュ、あなたのこともリューブリュ」とか言ったりした。

すると、その彼女(ウェイトレスさん)から「何言ってんの!」みたいな感じで 肩をたたかれるの。

そんなやりとりも楽しかった。





33 :名無しさ@おーぷ :2015/03/12(木)12:10:02 ID:Kxf(主)
約1に一度(一度に日間程度)は仕係でドツのトに行く

の間は人で留守預かることになる。

がら、僕はその時こそ子を連れむチスだと思っていた。





34 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)12:17:35 ID:Kxf(主)
1997年12月

いつものレストランの、かわいいウェイトレスさんとは

結構仲良く会話できるようになったものの、まだ「店の人と、客」という関係のままだった。


その関係が進展するきっかけは、、クリスマスが近づいたある日、「クリスマスプレゼントは、もらえるかな?」と彼女のほうから言ってきたのだった。

僕は、絶対にプレゼントしようと心に決めたが、その場では「考えとく」とだけ答えた。





35 :名無@おーぷ :2015/03/12(木)12:33:09 ID:Kxf(主)
ちなみにア正教のスマは1日である。

が、リックの文化きてい日もクスマと認識れている。


僕はリスマスまでてなくて(いうかを欲しがるそのタイミングを逃すまいと思って)

すぐに「外国製の高なチレート菓ット」買っ行った時に、「れ、西だクリスマス前だど、クリスマスのゼンだよって彼女に渡したら、予想以上激し喜びしてくれた。

場で抱きつ





36 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)12:41:02 ID:Kxf(主)
彼女、他のウェイトレスさんにも、僕からプレゼントをもらったことを 自慢げに(?)話すもんだから、他のウェイトレスさんも数人、僕の席に集まってきて「ゴーリカ・ゴーリカ」とか言い出す始末。

「ゴーリカ・ゴーリカ」ってのは、直訳すると「にがいぞ・にがいぞ」って意味で、主に結婚式などでカップルにキスをさせる時に使う掛け声なんだ。

「場の雰囲気がにがいから、キスで甘くしろ」って意味が含まれている。

そこで、僕は初めて彼女とキスをした。。。(他のウェイトレス達が見てる前で…)





37 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)12:47:37 ID:Kxf(主)
それで一気に2人の距離が縮まったのを感じた。

他のウェイトレスを追い払って、2人にさせてもらってから「今度、一緒に食事をしよう・街を歩こう」って、つたないロシア語でデートに誘った。

彼女からの返事は「わかったから、水曜日に来て」というものだった。





38 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)12:55:45 ID:Kxf(主)
どうやら、彼女は 毎週水曜日が休みだという。

水曜日の日中に そのレストランに行ったら、彼女が(ウェイトレス服でない)私服姿でいた。

そして、他のウェイトレス達に背中を押されるようにしながら(ひやかされながら?)僕と彼女は街に繰り出した。

私服の彼女と手をつないで街を歩いてる。

もう「お店の人と、客」の関係じゃない、プライベートの関係になれたことに興奮を覚えた。





39 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)13:08:34 ID:Kxf(主)
デートの行き先は ほぼ彼女の言いなり。 彼女について行く感じだった。

ショッピングモールに入ったりするが 別にねだられることもなく、何も買わずに出る…

そしてレストランで食事。ロシアのレストランって、一般的に証明が暗いんだよね。

でも、それが良い雰囲気につながり、並んで座ってもうイチャイチャ状態。

キスは前回してるから、すんなりと出来た。

そして、彼女の手をとって、僕の胸にその手を当てさせて「こんなにドキドキしてる」って言ったら、彼女も僕の手をとって、彼女の胸(おっぱい)に僕の手を当てさせて「私もドキドキしてるのよ」って言う…

そこで、はじめて、彼女の胸に触れた…





40 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)13:14:22 ID:Kxf(主)
食事後にレストランを出て、寒い公園へ

そこで、彼女のほうから「寒いね…、あなたの家に行きたい」と言われた。

すごく嬉しかったが…

でも、家は父が帰ってくる時間だから… その事情を説明して「来週に家に来てほしい」と伝えた。

来週なら父はフランクフルト出張で家にいない。

彼女と俺は、寒い公園で抱き合って長いキスをして、そして初めてのデートは終了した。





41 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)13:15:51 ID:Kxf(主)
>>40 一人称を間違えた。「俺」じゃなくて「僕」で統一するね。






42 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)13:25:18 ID:Kxf(主)
翌週の水曜日、彼女と2回目のデート。

ウェイトレスをしてる彼女も、水曜日は休みなので私服… つまりプライベートになる日。

「今日は僕の家で2人で過ごす…」とお互いに意識しているせいか… 食事は軽く済ませる。

そして、いよいよ彼女を家に連れ込んだ…

時間的にはまだ早いのだが、、ロシアの冬の夜は早い、、外は既に暗くなっていた。





43 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)13:30:56 ID:Kxf(主)
僕「あ、れスパーファミコンでもやる汗)

彼女「は? 楽とか 聴きたいなー」

僕「調、Cっと、たしかJazzとあったはずだよな」(汗

張してちょ焦る僕、CD探して僕の後ろから、、、彼女「どん音楽があるの?」といっ、僕背中に半ば抱き付くうに胸を押しててる…





45 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)13:36:08 ID:Kxf(主)
僕の心の中:(やわらかいなぁ…、焦らなくても大夫・、キスましてるんだし、、、)

僕「このJazzをかけるね」(ッ、ピ・ピ(機械操作中))

女「ふぅ…」(ソファる)

・・・」(そに座って、軽手を重ねる… ドキドキ)





47 :名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)13:41:46 ID:Kxf(主)
僕「あ、お茶でも…」(汗…彼女のほうを向く)

彼女が顔を近づけてくる。

彼女「ニェ・ナーダ(いらない)」(チュッ…キス)

長いキス… 次にどうしたらいいのかわからない僕…







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150314113214