2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

十数年前の夏、小学6年生の林間学校で体験した不思議な出来事







593 :にあった怖い無し:2009/06/09(火) 06:38:31 ID:w8ay0b07O
下です。
年前の夏、小学6年生の頃
校行事として某学校2泊3宿泊時の話。

当時俺は林学校へ行く前夜、夜の怪談話や肝試でのネタを仕込む

じ小学校通っていた兄その某林間学校の怖い噂などを出して

曰く、○室額縁の裏にお貼られるいるなど近く森で首吊りがただの

思いのほか噂が多いこと驚きと好奇心でわくわくしてたのをよく覚える。

そして、林間学々、ら布係りの仕事で以外と遊べスケジュールカリしてたところ

悪友S君とします)だった君がひり現れ「ちょっと探検い?」と、おい便いお誘い

S君の誘いにのって殿掃除当番のサボりをきめ稿た俺たちは施設ら少外れたっていった。

先を考えない供の好奇どん歩いてき、小さな沢に着

「そうだカニ捕を驚かそうS君はズボンのをまじゅうの石をひっくり返し捕りに夢ていたので、便





594 :本当にあった怖い名無し:2009/06/09(火) 06:42:07 ID:w8ay0b07O
続き
結果、カナリの沢ガニを見つけたがキープできるものを所持してなかったので仕方なく俺がポケットに一匹持ち帰ることにした。

そしてS君はこれだけじゃ物足りなかったのかもっと珍しい生き物に出会えるかもしれないと上流のほうへ上っていった。

この時点で俺はみんな今何してんだろう、長時間サボってたらマズイいんじゃ・・と急に不安になったのもありこの沢へ着いた時すぐ近くにあった桟橋(殆ど原型をとどめてないくらいコケや草に覆われた)で待ってるとS君に伝えた。

そしてS君はどんどん上流の方へ進み、S君が見えなくなって数十分。

ちょっと様子を見に行こうと沢を上っていきS君を探すが見当たらない。





595 :当にった怖いし:2009/06/09(火) 06:47:40 ID:w8ay0b07O
続き
安にり声を出して呼んでみるが反応がな

たらすれ違っのかもと沢を下ろうと使した

ガサと森の奥のほうから走ってる人影があっ

ごい速さで向か何かと思ったが案定S君だった

んだよ〜と安堵の胸撫で下ろした、ま姿俺のことなど見えいかのに走り去っていってしま


のすご不安なり後を追うよ稿走っがS君は学年でもかり足の速いほたのです見失ってしま


しかしこんなところで一人で迷子落にならないで施設の角であろう獣道を必死った

なんか無林間学校へ着の定担っぴどく叱らた。

担任から解放された、丁度自由時間だったでS君流しようと

S君いる棟へ行っがS君はいない、どこを探してもS君が見当たらない。

S君とじクラスの生徒に尋ねるといない?」と


まさかで迷って・・と思い即座に生のころへ行捜索をいしたが「Sは今日来ないぞ。」少々一言





597 :本当にあっ無し:2009/06/09(火) 06:55:26 ID:w8ay0b07O
続き
正直頭がっ白になっ

うやら今日しい、つまの林学校には来ていないと

休むようなことは言ってなかった、今さっき・・

さか自でもみてかと、そんなはずいと俺はSを探し続けた。

飯の時間になるまで探し続けた結局見つか

まりにも腑にちなので、その日はが沈んでもできる限探そうと決意した。

丁度日の夜しのイベンったの好都合だとばかりに肝トを外れてS君索へとるが一人だと石に怖かったので同姿のEを道連れに

とりあず俺は「面とE君を昼にいった沢へと同行してらった。






604 :本当にあった怖い名無し:2009/06/09(火) 08:02:38 ID:w8ay0b07O
続き
どうしてもS君が一人でいった場所が気になる。

E君を引き連れて桟橋を超えて上流のほうへ上る。

「ねえ、どこいくの?」とE君もかなり不安気味だったが、ここまで来て確かめない訳にはいかない。

沢から少し外れS君がでてきた森のほうへ向かう。

懐中電灯を念入りに照らすと巨木の脇に形の整った石が並んでいた。

よくよく見てみるとコケだらけ地蔵だ。しかも何体か首がなかった。

俺は気付いたら「うわあああああああああ」と悲鳴をあげてその場から一目散に逃げていた。

E君も俺の悲鳴に驚いて、2人でこけそうになりながらも昼間のように必死に森から退散した。

「一体何?」とE君、この機に今までの経緯をE君に伝えた。

「幻覚じゃないの?それとも本当にきてるんじゃない?」とE君

「幻覚じゃない!」と何故か熱くなって否定した俺

俺は後者だと不安ながらも思っていた。S君は内緒でここへ来ている。

地元からこの林間学校まで公共のバスが通っている。小学生でも運賃代さえもっていれば来れる所だ。





605 :本当にあった怖い名無し:2009/06/09(火) 08:18:17 ID:w8ay0b07O
そうだよS君は皆を驚かそうと一人で来たんだ、それで一緒に沢へ行って・・・

なぜか俺はわけのわからない不安でつぶれてしまいそうだった。

俺たちは肝試しグループの皆と合流し

このあと夜のレクリレーションが別館のホールであるらしく俺以外全員行ってしまった。

俺はとても参加する気にはなれなくてそのまま自分の棟へ向かいつつ、E君にも悪いことをしたなぁとこの時かなり後悔してた。


正直この時一人でいるのが怖かったがS君捜索の疲労でとにかく体を休めたかった。

そして棟に着きドアを開ける。「ん?これ違う棟かな。」

殆ど棟に落ち着く時間がなかった為か違う棟へきてしまったみたいだ。

「ここだよ。」S君がいたのだ。

腰が抜けるというのをこの時初めて知った。

驚きやら恐怖やらで声もでなかった。でも何故かすごく悲しい。

S君は何も言わず俺の横を通って去っていった。

後ろを振り返れなかった。何も考えられず靴に滴る水滴で自分が泣いていたことはわかっていた。

次の日の朝、雑に脱がれたズボンのポケットから半分顔をだす沢ガニが

この世界は苦しいとばかりに泡を吹いていた。

終わり
読んで下さった方ありがとうございました。






608 :本当にあ怖い名:2009/06/09(火) 08:41:37 ID:w8ay0b07O
坊したSは学校へ向かう中亡くなりました。

この日から三日後
ってす親から聞かされ

当たり前ら先生起きたそのもうすでにっていたそうです。

携帯ら失礼しました。



 

 

関連記事

 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150326000015