2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

浮気をしたことで、死ぬよりも辛い地獄を味わっている







597 :は名無:2008/09/17(水) 17:45:33 ID:jHFGZ3C70
の罪の話。そん修羅ないけどかせて。

もう9年も前の話なんだ

俺には中3のから付き合た年下の彼女がいた

彼女とは幼馴染が良かっし俺おじさんやさんと良かった

時、俺はもう社会人だった彼女は就活中で、昔からの夢だた獣医になる為に色々接にっていた。



、彼女が22歳の誕日の日に、初め人で行をした場所に行こうって話にって。

俺はそこでプローズする予定だったんだけど持っ

旅行の一間くらい僚の女の子気してしまったん

彼女と半同棲ていた俺の部屋で。

らない。別に彼女に不満があっ訳でもなかった。

ったいだたのかもしない

ただ単に調俺がそゆう最低な人間だっのかもしれい。

にかく俺は簡単に彼湿った。





598 :597:2008/09/17(水) 17:46:28 ID:jHFGZ3C70
そして旅行の日になって、俺たちは一緒に出かけた。

彼女の様子は別に普通だったと思う。少なくともその時の俺はそう感じた。

俺は浮気をしてしまったけど、今まで以上に彼女を大事にしよう、浮気の事は墓場まで持って行こうと誓った。

自分の都合のいい話に過ぎないけど。

昼間は色々な所で遊びまわった。

彼女は「前に来たときも・・・だったね」とか「あの時はこうだった」とか、俺が忘れてしまった小さな事まで逐一覚えていて、楽しそうに話していた。

後になって気づいたがこの日彼女が話していた事ってほとんど過去の話ばっかりだったんだよな。





599 :597:2008/09/17(水) 17:47:26 ID:jHFGZ3C70
夜になって食事してケーキを食べてお酒を飲んで、ついに俺は彼女にプロポーズした。

「結婚しよう」って言って指輪を贈った。

正直凄いドキドキした。

彼女は一瞬驚いた顔をして泣いた。

馬鹿な俺はその涙が"うれし涙"だなんて、勝手に勘違いをしていたんだ。

俺はそのまま彼女を抱いた。
セックスの最中、彼女はいつもと違う雰囲気だった。

いつもより激しい。情熱的と言うか・・・

うまく言い表せないけど彼女は激しく俺を求めていた。

無言で、泣きながら。

セックスの後俺はすぐに眠気に襲われて眠った。

眠りにつく時、彼女が俺にキスをした。

何度も重ねた唇。
何度も重ねた体。
俺はこれからも何度も何度も同じようにしていけると思っていた。

しかしこれが彼女と交わした最後のキスだった。






600 :597:2008/09/17(水) 17:48:04 ID:jHFGZ3C70
次の日の朝、俺は物音で目が覚めた。

この瞬間までは本当に夢心地だった。

でも起き上がると彼女が服を着て、荷物をまとめて出て行こうとしてる。

状況がつかめない俺は「何してるの」と声をかけた。

彼女の口から出た言葉は今でも忘れない。

「もうお別れだよ」

意味の分からない俺は「何言ってるの?」と言った。頭が真っ白だ。

すると彼女はゆっくりとした口調で話始めた。



「あの日ね・・・あたし、内定貰って、それで凄く嬉しくなって報告したくて真ちゃんに内緒で部屋に行ったの。

でも真ちゃん一人じゃなかったから・・・・ずっと隠れてたんだ」



俺ははじめ「あの日」が何の事なのか分からなかった。

しかしすぐに回路が繋がった。

まさか・・・浮気した日の事か・・・



「ごめんね・・・あたし何か足りなかったんだね」

何故か彼女は謝っていた。悲しそうな顔はしていたがその目にはもう涙はなかった。

多分この時の俺は顔面真っ青だったと思う。

加えて頭も真っ白だった。そんな頭で何か言わなきゃ、何か言わなきゃ、とずっと考えていた。

彼女はそんな俺をじっと見つめて「バイバイ。真ちゃん。」と言って去って行った。

俺は追うことすら出来なかった。

指輪や、俺が過去にあげたものはカバンの中にまとめて入っていた。





602 :597:2008/09/17(水) 17:49:13 ID:jHFGZ3C70
それからはずっと連絡取れなかった。電話してもメールしても拒否。

彼女の家に行ってもダメだった。

彼女の親は心配して何があったか聞いてきたが俺は浮気しましたと言えずうやむやにしていた・・・。

それでも諦められず何かしようとしていた。

しかしどんな事をしても彼女と会える事はなかった。

それから2ヶ月くらい経ったある日、彼女の母から電話が掛かって来た。

"彼女に会ってほしい"と。

俺はすぐ彼女に"会いに"行った。





603 :597:2008/09/17(水) 17:50:33 ID:jHFGZ3C70
久しぶりに会った彼女。

浮気をして別れた俺を責めるわけでもなく、怒るわけでもなくただずっと眠っている。

彼女の両親は傍らで泣いていた。

彼女は、事故に遭って亡くなった。

俺は泣き叫んだ。

そして俺はその場で自分がしてしまった事を彼女の両親に話してしまった。

今思うと俺の浮気と、彼女の事故は直接的な関係はないかもしれない。

それに両親の気持ちを考えれば言うべきではなかったのかもしれない。

でも、俺は言ってしまった。俺が殺したようなものです、と。

かつて俺を可愛がってくれた彼女の父は、その場で俺を殴った。死ぬほど殴った。周りの人が止められない位の勢いだった。



彼女の母には「お前が死ねば良かったんだ」と言われた。

本当にその通りだ。

俺はこのまま死ねたらどんなに楽なんだろうと思った。

もっとも浮気をした俺が彼女と同じ所に行ける訳ではないが。

俺は彼女の葬式に出る事もお墓に行くことも許されなかった。

それでもお墓にはこっそり行っているが・・・





605 :恋人は名無しさん:2008/09/17(水) 17:52:53 ID:lbLZ8DUI0
慰める言葉は無いぞ
一生反省しながら生きてゆくんだな




609 :597:2008/09/17(水) 17:53:57 ID:jHFGZ3C70
今の俺の人生は、死ぬよりも地獄かもしれない。

9年間、毎日後悔ばかりして生きてる。生きてて良かったと思う日は一度もない。

親とも疎遠になった。勿論、死人のような俺に近付く人間はいない。俺もそんな事望んでいない。

毎日のように幸せだった頃の夢をみる。

彼女がいて俺がいて。夢の中で俺たちはは幸せそうに笑っている。

その夢の中で死ねたら幸福だが、俺は今も生かされている。

最低な俺にふさわしい人生だ。

修羅場あんまなくてごめんなさい。以上です。





618 :恋人は名無しさん:2008/09/17(水) 18:40:45 ID:d5L7q3rZ0
>>609
何が頭が真っ白だよ
そのまま行かせてしまったのが全てだったね

そりゃ市んだ方がいいな
止めはしない




612 :恋人は名無しさん:2008/09/17(水) 18:02:30 ID:jXFKEk2T0
「最低でかわいそうな自分」に気持ちよく酔ってるのはわかるけどねw




613 :恋は名無しん:2008/09/17(水) 18:05:46 ID:MNkLZfv20
ぁ慰めの言葉はいな。
ょっ自分酔ってるたいだし





619 :恋人は名無しさん:2008/09/17(水) 18:53:09 ID:uTsSkz/AO
んなれどんな人間であれ浮奴はカ

 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150415232043