2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

中学時代の仲間でかけがえのない人が出来た話







861 :846ことチンカス:05/03/02 23:41:23 ID:f7wzm87F
書かせてもらいます。


結構前の話。

俺の住んでるところは、田舎で遊ぶところが皆無。だから、バイクでツーリングしたり、車でドライブくらいが楽しみ。中学時代の友人4人で、土曜の夜は集合してバイクの話をしたり、世間話を楽しんでいた。


土曜の夕方あたりになると決まって電話がかかってくる「ねぇ、今晩あたりあつまる?」と、毎週土曜に電話をかけてくるのは直美(仮)ちゃんだ。

「仕事終わるの7時くらいだから7時10分頃いつもの場所でいい?」と、答えるのが毎週土曜日のデフォであった。



仕事が終わり時計を見ると既に、時間は7時ちょうどだった。気軽時間が無かったからツナギのまま、バイクに乗って出かけた。

いつもの場所は、人気の無い緩やかな峠道の中腹にあるトイレと駐車場があるだけで何もない。

いつもの場所に着くと、いつものメンバーがもう集まっていた。

そこで、適当にいろいろな話をしてると、高志(仮)が話を振ってきた。「お前、またツナギかよ。たまにはちゃんと着替えて来いよ」と言われた。

最近は忙しくて、会うときはいつもツナギだった。ミカちゃん(仮)が何か鼻をつまんでいた。

「何か臭くない?」と言われハッとした。今日は、土に肥(堆肥、牛のウンコとかワラとか)を混ぜていたんだ・・・。風呂に入ってくれば良かった。と、思ったが遅かった。

「女の子も来てるんだから、ちゃんとシャワーくらい浴びてきなよw」と直美ちゃんが、腹を抱えて笑っていた。

みんなに笑われて恥ずかしかったけど、この雰囲気がとても好きだった。

「いや、しかし農業って大変だな。ウンコ混ぜたりすんのか」と、高志が言った。





862 :846ことチンカス:05/03/02 23:42:00 ID:f7wzm87F
ウンコは作物にとっては重要な要素なんだ。これだけはいくら臭くてもはずせない!」と、ウンコ論に花が咲いた。

「でも、農業ってお前に似合うよな」と、高志に言われた。

「その理由は??」と、聞いたのはミカちゃんだった。

「だって何かこう顔が、農業してますって感じだろう?むさ苦しいというか・・・」

あははは、と笑い声が響く。

「確かになぁwでも、農業やっててバイクに乗ってるのも何か変な感じだよなぁw」と、言われた。


段々と気分が悪くなってきた。怒りがこみ上げてくると言うよりは、悲しみに近かった。

「トラクターに乗ってる方が似合うぞ!w」と、高志に肩を叩かれた。ハハと笑ってなんとか耐えた。

「今年のボーナス幾らかなぁ?」久志が言った。

俺はボーナスとかそう言うのは無いから、黙って話を聞いてると

「お前、ボーナスは無いんだよな?ローンとかどうしてる?」と聞かれた。

ローンは売上の中から諸経費を引いた分から払ってる、と普通に答えた。

「大変だな、自営業は。確実な収入が無いから」

高志が半ばにやけた顔で言ってきた。

更に、「普通に就職しろよ。その方が楽だぞ!休みの日に働かなくてもいいし。農業なんて流行らないぞ」と言われ、居たたまれなくなった。

「俺は好きでやってるからいいんだ」と、一言だけ言ってその日は帰ってしまった。






863 :846ことチカス:05/03/02 23:53:31 ID:f7wzm87F
確かに農業好きだからやてる


サボテンや多肉植か鉢えの花が好きだったし、親父の影響もあって花をてい
に好きでている事や好きな物を鹿にされたことが、今まで無かったから当にショックだった


高志にしみれ、た笑いったのだろうが俺は深刻だった

料とかボーナスという物は在しない。自分で借金しってって初めて現金が返し自分の活費に充てる

いったやり繰生活するが、本当に好きだったの・・。


その日のショックで次の日、仕事を休んでしまった。
の次のでし

にとて、ずる休みをする言うとはの凄沿痛いことだ

れにも関わらず、バイクだけは乗ってが唯拠り所みたいになっていた


の間、事はてもらっているジンさんという男人がっててくれた


日は、しっかり仕事をうと思い早めにに入った。

と寝た頃、携帯電話が鳴っ

「元気?ちゃんとべてる?」と、少し暗めだったのをいる。


直美ちゃた。な帰り調したら、を喋っていいの分からず、ただ「うるべ気そに答えた。


2002年話ですに覚えてる部分だけで稿す。

ちょっ風呂入っきます。








869 :846ことチンカス:05/03/03 01:10:53 ID:oZfvFjGr
つづき

話に行き詰まってると、「この前の事気にしてる?」
と、聞かれた。


「少し。あんまりそう言うこと言われたこと無かったから・・・」と、答えると

直美ちゃんは、「だよね、誰だって自分の信じてることとかバカにされたら嫌だよね」と、暗い調子でそう言った。

心配して、あえて明るい声で喋る自分がいた「でも直美が言った訳じゃないんだし、あまり気にする必要はないよ」

と、泣き出しそうなところを精一杯の明るさを出して話した。

「でもあの時、止めなかった私たちも悪いよ。ごめんね、あの時何も言ってあげられなくて」

かなり悲痛な声だったと思う。

とにかく、その日はそれで終りにして俺は寝た。



 農業は早起きで、いつも4時には起きる。取り合えず、仕事場に行った。

車庫にはいつも通りに自分のバイクが置いてある。

色々な憂さを晴らすために、無茶な乗り方をしたせいか、ずいぶん汚れていた。


昼休みに洗おうと思い、仕事を始めた。温室の天窓を開けて換気する。

灌水装置のスイッチを入れて水をかける、ウンコの山を崩して十分に空気を吸わせる。

堆肥の山を見ると、この前の話がよぎった。泣きそうになったが、グッとこらえた。

「なんて情けない男なんだろうな・・・」

そんな思いで仕事をしていると、あっという間に昼になった。


昼食を早めに終えて、バイクを洗った。
アスファルトの粉や泥、傷がかなり目立って汚くなっていた。

汚いのは自分も同じなので、不思議とバイクにも親近感が湧く。

ウンコまみれ泥まみれ埃まみれ、ウンコは当てはまらないけど似たようなもの。





870 :846ことチンカス:05/03/03 01:11:28 ID:oZfvFjGr
7時半頃、日報を書いているとき、電話が鳴った。

「私。今晩暇?」

と、聞かれていつもの癖で大丈夫だ、と答えてしまう。直美ちゃんからだった。


「あのね、ちょっと話しない?あまり時間取らせないから」と、夜に電話したときは違って明るい声だった。

すぐに、仕事場のシャワーで体を入念に洗って、よそ行きの服に着替えた。何度も、体の臭いをかいでは制汗スプレーを吹きかけた。


バイクに乗って、走り出したとき自分の首筋から匂う、柑橘系の香りが匂った。「これなら大丈夫だ」心の中で密かに思った。



 いつもの場所に行くと、直美ちゃんがベンチにポツンと座っていた。

「この前の事なんだけど・・・」

いきなり言われてびっくりした。

「みんなで話して、あんたに何かお詫びしたいって話になったんだけど」

なぜだか、体の力が抜けていったのを今でもはっきりと覚えている。


きっと、あの時の怒って帰ったことで、みんなを不愉快にさせたと思っていたからだと思う。


「お詫びなんていいよ。黙って帰った俺が悪いんだから、冗談が分からなかった俺が悪いよ」と笑って答えると、直美ちゃんも安心したようだった。


「仕事の話聞かせてよ」と、言われた。

機嫌取りかな?と思ったけど、気遣ってくれる直美ちゃんに感謝しつつ、仕事の話した。



その日は二人とも笑顔で別れた。




873 :846ことチンカス:05/03/03 01:32:38 ID:oZfvFjGr
ぼーっと、仕事場でジュースを飲みながら本を読んでいると、直美ちゃんの顔が思い浮かんだ。

「気遣ってくれてるんだなぁ、有り難いなぁ」と思い、しみじみとしていた。

ふと思い立って、近場をバイクでゆっくり走ってみた。峠をぐるっと回り、ゆっくりと下っていると、向こう側のコーナーから勢いよくバイクが飛び出してきた。

すれ違いざま、そのバイクを見るとどこかで見覚えがあった。ドゥカティだった。

いつもならすぐに追いかけて、追いかけっこになるのだがその日は、あまり会いたくなくてそのまま下った。

決して仲が悪くなった訳では無いのだが・・・。


少し下ると後ろから、バイクがやってきた。走ってる隣に来て、「止まれ!」と目で合図してきた。ドゥカティだった。


止まると、高志が近づいてきた。

「この前は本当に悪かった!でも、本心で言った訳じゃない。冗談で言ったんだ。でも、お前は本気だったんよな、そんなお前に気付いてやれなくて申し訳ない」

そう言うと、ヘルメットを付けたまま腰を90°に曲げて頭を下げた。


彼がここまで頭を下げるのを見たのは、かなり衝撃的だった。いつもはちゃらちゃらしてて、お調子者だったから余計だった。

「いや、そんなに謝らなくてもいいって。俺もちゃんと分かってるから」と、言いつつも涙があふれている自分がいた。

ただ単に嬉しくて、それでいて、安心してだったと思う。

それから、また普通に会う約束をしてその日は帰った。

帰りは、少し飛ばして帰れたと思う。あまりバイクは上手に乗れる訳ではないけど、綺麗なラインを描けたと思った。


つづく

た、明日書きます。明日も早いので寝ます。おやすみなさい。





875 :774R:05/03/03 01:44:20 ID:INfm6H81
ない一言が人傷つけることがあるのが恐ろしいですね。

何気一言人を勇気付けることもあると思ておこう




877 :774RR:05/03/03 03:48:32 ID:51G1w1m5
くんのは楽しよな

内植物専門だけども・・・。





888 :846:05/03/03 23:03:19 ID:wX9WMdbM
こんばんは。
続きからです。



それからは普通に会って話しを出来るようになった。あの時の話をする人は誰もいなくなっていた。

高志もいつもの調子をとりつつも、一言一言考えて言葉を喋るようになっていたと思う。


その日、タンデムの練習をしようと言うことになった。各自、後ろに乗せて峠を走る。

高志はタンデムシートが無いので、俺のバイクを貸した。

まずは、高志が直美ちゃんを乗せて峠を下りていった。

そして、間隔を開けて、久志とミカちゃんが降りていった。

一人残ってしまったので、しばらく煙草を吸ったり、お菓子を食べて暇をつぶしていた。



そして、久志とミカちゃんが戻ってきた。そこで、あれやこれやとタンデム論議を交わした。

その時の時刻は、確か10時ちょっと過ぎだったと思う。

それからまた話をしていたが、直美ちゃんと高志をはなかなか帰ってこなかった。

各自、バイクには無線機w取り付けていたから、呼び出してみたが返事は無かった。

「確か、県道の方に行ったと思ったけど」と久志が言った。

コンビニでも行ったかな?と思った。



それから、数分して二人は帰ってきた。やはりコンビニで飲み物を買っていた。転んだのかと思いちょっと心配していた。

その日の土曜日は楽しく過ごせた。




 仕事で東京に行くため、飛行機に乗っていた。
乗ってる間、新聞を読んだりして暇をつぶしていた。

ふと直美ちゃんの事を思い出した。特に何を思う訳でもなく、ただ顔が浮かんだだけだった。

それから、東京で仕事をして次に山形に向かった。



新幹線に乗っていた。車内販売で、いつものメンバーに薄皮まんじゅうを買った。


直美ちゃんの顔がまた浮かび、直美ちゃんには別のおみやげを買った。何故かその時、某有名なシュウマイを買った。

何でシュウマイなんだっけ?と後で激しく後悔したした、何で彼女だけには別に買ったんだろう?と思うと、凄く恥ずかしくてたまらなかった。

隣の席の人に笑われたような気がして、トイレに逃げた。


つづく





905 :RR:05/03/04 11:30:48 ID:+FTeiThD
>>888
と直美ちゃんとの間では別に何も ったな、しくる・





891 :846:05/03/03 23:19:30 ID:wX9WMdbM
それから、家に帰った。

まんじゅうは次の土曜日にみんなに渡そうと思ったが、シュウマイはどうしようと思った。

女の子にシュウマイ渡してどうするんだろう・・・。と、かなり不安になった。女の子にはもっとふさわしい物があるんだろうなぁ、と思いつつもその日は寝た。

取りあえず、シュウマイとまんじゅうは仕事場に隠しておいた。


二日後、仕事をしてると役場の軽自動車がやってきた。軽からは直美ちゃんが出てきた。

「はい、防除便り」と回しものを渡された。

ちょうど、休憩時間だったから、コーヒー出そうとした。仕事以外で女の子と二人になることは無かったので緊張した。

あまりに緊張して、コーヒーメーカーのコーヒーの入った壺?を落として割ったのを覚えてる。ケラケラと笑う彼女に、はははっと笑ってみせた。


取りあえず、お茶を出して話をしていた。
シュウマイの事を思い出して、渡そうか悩んだ。
渡してしまった。

「これ、仕事で東京行ったから・・・。おみやげ」

直美ちゃんはキョトンとしてたが、喜んでくれた。

直美ちゃんが帰った後に事務をお願いしているミユキさんに「何でシュウマイ??」と突っ込まれ、やはり後悔した。



 土曜日の夕方に電話がかかってきた。

「集まるぞ、いつもの場所な!」と、高志からだった。

「仕事終わったか?終わるまで待つぞ」と気遣ってくれてる様子だった。


この日の仕事は午前だけだったから、風呂に入ってから行くと伝えてすぐに風呂に入って出かけた。

まんじゅうと水筒に入れたお茶を持っていつもの場所に行くと、まだ誰もいなかった。早く来すぎたようだった。

それからぽつりぽつりといつもの面々が集まって来た。全員集まったところで、まんじゅうとお茶を出した。喜んでくれたようだった。


しかし、直美ちゃんにだけシュウマイをあげた事を思い出して、ここでもまた後悔した。

でも直美ちゃんは何も言わずに、普通だった。安心した。


つづく
ちょっとお風呂入ってきます。
まだ晩飯食べてないので、ついでにご飯食べてきます。








>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150523194408