2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

童顔の人妻と肉体関係になった話







303 :美緒さん今でも…:04/07/18 08:56 ID:9sWiaJyZ
長いかもしれませんがお許しを。どうしても書きたかったので。ラストが萌えじゃないかもしれませんが本当に、本当に実話です。

このスレ見つけて読んでるうちに思い出した出来事を書こうと思います。前説が長いですが、どうかお許しください。面白くなかったらすぐにやめます。



当時俺はは20歳になったばかりで(見た目はごく普通)、仕事も実家(青森)から離れた福島の白河で現場監督として働いていて、女っけもなにもない生活を過ごしてた。

社宅で毎日主任と二人きりの自炊生活(涙)。

彼女も就職する前に自然消滅し、就職してからは女の人と触れる機会は飲み屋ぐらいしかない_| ̄|○


そんなとある夏の蒸し暑い夜、相馬に住んでる友人A(男)から一本の電話が。




304 :美緒さん今でも… ◆M5lZQCFhNc :04/07/18 08:58 ID:9sWiaJyZ
A ーい、たま相馬来て飲まなかー来るま大変だけど間半来たら奢るよ」

んなに、週末はパチンらいかやること私は二つ返向かうことに。


で2間半、友人のアパーにたどり着いた私は友人と合流して早速飲みに行くこにし

Aと2人居酒軽くんでAが「俺く行っるん」というスナックへ連れてかれた。

店の名は失したが、とりあえ明るい雰囲気のどこにでもよくみ屋で客は奥のほうに何人かがい

は気にウンターで飲んたがボックスの連がやけにうるさい。んま他人が騒いでるのは好きじゃないでチ後ろを見る

たらが3

たち分早く飲んでしく、ノリでカラオケは歌うわワイワイ騒ぐわでちょっとイラていた。

が、そのラッと見たとき女の人がマク越に叫んだ。





305 :緒さんでも… ◆M5lZQCFhNc :04/07/18 08:59 ID:9sWiaJyZ
い、ミたも一もうよ

マイで喋る人はちょっとくたびれた感じの(失礼かな)30ぐらい女の人。

コニして冗半分で招きをしる。

は「うする?」と相談したが、まぁ野2人で飲りはと思い参とに

 
 
こにはいた。




306 :美緒さん今でも… ◆M5lZQCFhNc :04/07/18 09:00 ID:9sWiaJyZ
3人の女の人を仮にA、B、Cとする。

Aはさっきマイクで叫んでいた人。

Bはもっと年上で40歳に手が届かんばかりのちょっとアウトオブ眼中、

問題なのはC、美緒さんという人だった。



ちょうど美緒さんの隣に座り(というかちょっと無理矢理座ったw)、話を聞くことに成功。

美緒さんは27歳。見た目は髪はセミロングでおとなしめの服装、但し小さい(笑) ホント小さい人だった。

145センチあるかないかで、ちょっとみた感じ未成年のようにも見えた。顔も童顔っぽくて思わず

俺 「あのー、Bさんの娘さんかなんかですか?」と聞いたぐらいだ。Bさんには怒られたがw

美緒さんは笑って

美緒 「そんなわけないじゃないですかー、もうオバさんですよ」と屈託なく笑う。

あまりジロジロみると変態扱いされかねないので、チラチラと容姿をチェックする俺。






307 :美緒さん今でも… ◆M5lZQCFhNc :04/07/18 09:01 ID:9sWiaJyZ
セミロングの髪が揺れてなびく。…いい匂いだぁぁぁぁ(;´Д`)…ハァハァ

それと背が小さいのであまり気がつかなかったが、胸がデカい…こじんまりとした体だから余計目立つのだろうか。薄ベージュのぴっちりしたスーツからでもわかるほど大きな胸だ。

そしてミニとまではいかないがスカートの先からはムッチリとした太ももが。

こちらは賛否両論分かれるかもしれないがちょっと太い(笑) むっちり系だ。

はちきれそうな太ももと大きい胸、そして何より背が小さく童顔、これは俺にズドンだった。

しかも大人の女性特有のいい匂いがふわっと俺を包む。もうドキドキしてこっちのほうが汗ばんできた。





308 :美緒さん今でも… ◆M5lZQCFhNc :04/07/18 09:03 ID:9sWiaJyZ
俺は酔った勢いもあって色々聞き出した。時々AやBがちょっかい出すがそんなの無視。

友人Aが可哀想にAに捕まっている(笑) ご愁傷様と心の中で謝りつつ俺は美緒さんとの話を優先する。

聞けば美緒さんは別居したばかりで、この日は元気付ける為に職場のおねーさん達(A・B)が無理矢理連れ出して飲み会に参加させたこと、

離婚は旦那の浮気癖が直らず、かつ物凄い嫉妬の塊みたいな男で、出かけようとすれば30分おきに電話を入れねばならなくて

そういうのに疲れ果てて自分のほうから離婚を切り出したとのこと。

この店は旦那も知らない店で、最近は連絡はあきらめたのかあまり来ないなど。





309 :さん今で ◆M5lZQCFhNc :04/07/18 09:06 ID:9sWiaJyZ
居すまで3年夫婦生もなく尿かとて欲求不満もなく

氏がいわけでく(ここは慎重に聞いw)、にか毎日をとか頑張っていこう明るく舞っいた。美緒

「大変だど頑張なくっちゃ!簿しょ」とイスをガガン飲んでい

俺は
そん飲んで大丈夫?」と

美緒「んー、トはあまり飲めいけ今日はアナタみたいな若いコしい

(;´Д`スバラス ...ハァハァ 若けで褒てくれるなも調子に

 「美たいなカワイイ人捨る主ヤツだまったく、俺がもらっおうかな

っ払た勢言ったりした。でも

美緒 「だーめタシは当分誰とも付きれちゃった







310 :美緒さん今でも… ◆M5lZQCFhNc :04/07/18 09:07 ID:9sWiaJyZ
小首をすくめてちょっと憂いたような表情をする。悲しいようななんともいえない表情…

美緒 「あ、ゴメンゴメン、楽しく飲もうよ!若いんだから飲んで飲んでー」

気丈に振舞う美緒さん、カワイイ、マジカワイイ!もうめっちゃタイプです。



その後は、適当にカラオケ歌いまくったりお互いの話を沢山したりと盛り上がった。

店の閉店時間を過ぎても誰一人潰れることなく(俺も強いんですw)楽しく飲んだ。

で、午前2時ころお開きとなり、お互いタクシーを呼んで帰ろうとした。

その時美絵さんが「ちょっとちょっと…」と袖を引っ張る。ちょっと前かがみになってて胸の谷間がスーツから見えた(*゚∀゚)=3  …スゴイっすよ奥さん!物凄い谷間じゃないですか。

色も白くて胸の肌がほんのり赤みを帯びてさらに暑かったのかちょっぴり汗をかいていた。

コレだけでご飯3杯はイケるほど大興奮の俺。





311 :美緒今でも ◆M5lZQCFhNc :04/07/18 09:08 ID:9sWiaJyZ
美緒んは

美緒 「今日は楽しかった!久に沢山男の人と喋ったなーーフ」と笑

緒 「ハイれ」と一枚の名刺を差し出した


名刺はそのAとBと一退てい名前と緒さが書いてあるその裏に急いで書いな文字でポケベルの番号が時は携帯どあるわけ、ポケベルですらないた時だ。


中に羽がえる沿てことか( 嬉て飛びそう。

美緒 「買ったばりでほとん誰にもてないけ、今日付き合ってた御

てタクに乗り手をる美緒さん。遠ざかボーっ見てた俺。

Aはてしまい、抱込むようにシーに野郎2り帰る。空しい…

まぁ社交辞令かなとも思っての時はあまり気せずにい。実際ポケットに無造作にしばらく入ってし。





312 :美緒さん今でも… ◆M5lZQCFhNc :04/07/18 09:16 ID:9sWiaJyZ
1週間ぐらいした後、夜中ふとポケットの名刺を思い出し取り出す。

少し滲んでいて最後の番号が8なのか6なのかよくわからなくなっていたが、美緒さんのことを思い出した。

あの少女みたいな身長(笑)と童顔の笑顔、明らかに不釣合いな胸、思い出しただけで股間がズキズキしていた。

そのまま思い出しセンズリしようかと思ったが、最初の目的「ポケベルに電話する」だった(・∀・)


俺は(そうだったな…この前の御礼も言ってないしな)と思い、ポケベルの番号を社宅からかけてみた。

最初は「6」でいこう。これで間違ってればやっぱやめよう。そういうもんだと思って。

そしたら…

繋がった━━━━ヽ(´д`*)ノ━━━━!!!! 

「メッセージをプッシュボタンでどうぞ」のガイダンスが入る。





313 :美緒さも… ◆M5lZQCFhNc :04/07/18 09:19 ID:9sWiaJyZ
キドキしながら今宅の入れる。今主任は習中で1週間留守だ。

でもどうせ来るわけない…と思っい出しニーでもしようかとパン下げてスタンバイ。

れでこなかったらきらようと思っら5分後…社宅の電話(ホントるさかた)がった。

美緒さんか!と思綿って慌てて受取る。そのとパンツ半分ずり下げていたので取っ沿たますっでしまった

テドーーーン!受話器も落とししま情け

と受話器から女性の声だ。「…

んだ!やっぱさんだ!て痛さよりも死に受話へ返事する。





314 :美緒さん今でも… ◆M5lZQCFhNc :04/07/18 09:21 ID:9sWiaJyZ
俺  「も、もしもし…」

美緒 「あ、あのー、○○君?(ここで私の名をMとしましょう)、M君だよね?どうしたの?」


まさかここで「貴方のことを思い出してオナニーする寸前でした」と言ってみろ、即座に電話は切られる・゚・(ノД`)・゚・

慌てて平然とした言葉でなんとかごまかす。


俺  「あー、ちょっと今片付け物してて。嬉しいです、ホント嬉しいです!電話してくれるなんて」


美緒 「いえいえ、こっちこそポケベル入れてくれてありがとう。嬉しかったよ」


俺  「この前はありがとうございました。男同士で飲んでるよりずっと楽しかったです」


美緒 「そう?こちらこそ楽しかった。久々笑えたって感じ。ふふふっ」





315 :美緒さん今でも… ◆M5lZQCFhNc :04/07/18 09:23 ID:9sWiaJyZ
美緒さんは特に迷惑そうな感じではなさそう。イケるか?と思ってガンガン会話する。

今している仕事のことや住んでる場所、お互い生まれた場所など…

美緒さんはやはり相馬の人だそうだ。


大分話し慣れて来たので、ちょっとだけ探りを入れてみる。嫌われるかな…と思ったけどそこは大人の女、笑って許してくれるだろうと勝手に脳内変換。


俺  「美緒さんこの前なんかエッチな格好だったよね。俺すっごく興奮しちゃった」


美緒 「えーーー!なんでぇ?普通のスーツだったでしょ。何でそう見るかなボクちゃんは(笑)」


ふふふ…と笑っている美緒さん。よしっ!怒らない「大人」だ。いけー、甘えろー(;´Д`)…ハァハァ


俺  「だってすっごい胸大きく見えたし胸元見えちゃったし太ももパンパンだし…」


美緒 「エッチだねー、欲求不満なの少年?あはは…なーんてね」


俺  「そうかもしれません…けど、、俺にとってはすっごい魅力的です。この前のお礼を兼ねて一回ご飯奢らせて下さい!」





317 :美緒さん今でも… ◆M5lZQCFhNc :04/07/18 09:24 ID:9sWiaJyZ
美緒 「それじゃ下心見え見えだよーふふっ(笑)」「でも言ったでしょ?ワタシは誰とも当分付き合う気ないし、別居しててもまだ(強調)旦那の妻ですから」


俺  「でも…じゃあなんでベルの番号教えたんです?酔ってたから?」


ちょっとむっとする俺。それを察したのか美緒さんは答える。


美緒 「ホント殆んど誰にも(番号は)教えてないよ。M君は話も面白いし楽しいかな、と思って」

   「でも付き合うとかそんな気持ちは今のところないよ…ちょっと今男性不審だし。旦那のせいかな」

   「ちょっと男の人が怖いってのがあるんだよね。今までも付き合った人は旦那以外に1人しかいないし…」


俺  「え?美緒さんで旦那以外に1人?うっそだーー!」





318 :美緒さん今でも… ◆M5lZQCFhNc :04/07/18 09:27 ID:9sWiaJyZ
あんな巨乳で童顔でかわいくて太ももパンパンの(しつこい)美緒さんが付き合ってた人が旦那含めて2人だけって…そんなアホな。

美緒さんはよほど男が嫌いなのかそれとも男が住んでないところにでもいたのかw

俺は立て続けに聞く。


俺「じゃあ2人だけ?それはないでしょー」

美緒「ホントだよ!少なくてごめんね!どーせ経験少ないですよー!」

俺「…ホント?」

美緒「…こんなのウソついたって仕方がないでしょ。
いーの別に」

俺「ゴメン…・゚・(ノД`)・゚・」

あちゃー、もうダメかなと思ったそのとき美緒さんはここで話を変えた。

ここからが全ての始まりだった。




319 :美緒さん今でも… ◆M5lZQCFhNc :04/07/18 09:28 ID:9sWiaJyZ
美緒「んー、でも電話してくれた勇気をたたえて…ね、あのA子っていたでしょう?」

「A子がね、温泉旅行のペアチケット券2枚社長(多分勤めてる?)から貰ったのよ。でね、私たち2人は確定してるけど他の人誘ってもなかなか予定が合わなくて誰もいないの…」

「もしよかったら一緒に行かない?でも部屋は別だからね(笑)私たち女同士で泊まるのをOKするならいいわよ。それとアナタはあの友人A君も連れてきて。2対2ならちょうどいいでしょ。今週末が期限だけどどう?」

俺  「…え?」

やったーキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!





320 :美緒さん今でも… ◆M5lZQCFhNc :04/07/18 09:30 ID:9sWiaJyZ
友人Aの都合を聞くまでもなく「行きます行きます!絶対行きます!」と二つ返事。

美緒さんの「美味しい食べ物沢山出るみたいだから食べましょうね。あ、健全にね!(笑)ふふふっ」

という声ももう俺の声には聞こえない。

とりあえず待ち合わせ場所と日にちを確認して早速友人Aに電話。

「えーー、メンドいよ」という声を無視して強引に予約確保。これでOK!

前日には着替えとコンコンコンちゃんを1ダースしっかり確保しスタンバイOK!ばっちこーい!

健全?んなの飲ませればどうにでもなるでしょ!でも酒強いしなぁ…



そして週末。待ち合わせをして美緒さんの車で1時間、とある温泉に着いた。

温泉といいつつもしっかりホテル並みの建物で、すっげぇ高そうな感じがプンプンする温泉旅館。

そこの8階に隣あって2つの部屋にそれぞれが入る。





321 :美緒さん今でも… ◆M5lZQCFhNc :04/07/18 09:31 ID:9sWiaJyZ
とりあえず風呂ということで野郎同士で入って(涙)、ムードもへったくれもない状態であがってきたとき

美緒さんとA子さんも風呂から上がってきた。ゆ、ゆかた姿キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!


A子さんはどうでもいいが(オイ)、美緒さん色っぺぇ…

相変わらず小さい背がほんのり桜色に染まった綺麗な肌、それと盛り上がった二つの胸、お尻も大きいけど(笑)

髪を上げたうなじがイイ。もう大興奮で横目に見る。あまりマジマジと見るとねちょっと…立てなくなる。

部屋に入っていってもしばらくボケーっとしてしまった自分がいた。



そして夕食。部屋膳をA子さんの気配りで女性陣の部屋にしてくれた。A子、グッジョブ!

4人で楽しく食べながらかつ飲む。というか飲ませる。もう俺は美緒さんしか見えない。

真向かいに美緒さんが女の子座りで座っている。ひざから上が微妙に見えそうで見えない。飼い殺しだ。

酔っているのかだいぶほんのり赤らんでいる。美緒さんは真っ赤になるタイプだ。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:いい思いをした話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:いい思いをした話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150617073716