2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

眠れないから ぼくと彼女の話 思い出す






http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1435506337/


1 :名も被検774号+@(^o^)/:2015/06/29(月) 00:45:37.63 ID:NWjmv6xd0.net
大学の部の新歓会っとき彼女がくに一目惚

ぼく女とよくした

にお昼をて、一に勉強て、1年の夏に一緒花火を見に行った






2 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 00:46:54.23 ID:NWjmv6xd0.net
花火の帰りに行った安い居酒屋からぼくと彼女のお付き合いは始まった

2人で飲み慣れない酒を飲み、真っ赤になった顔を笑いあった


その日の別れ際、あしたになったら覚えてない、とか言わないでね

彼女はそう言ってニコニコしながら人ごみに消えていった






4 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 00:47:21.52 ID:NWjmv6xd0.net
夏休みが明けて学校に行くと、彼女が友だちに囲まれてた

バレないように横を通り過ぎようとしたけど見つかって2人そろって散々な質問攻めにあった






5 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 00:47:54.96 ID:NWjmv6xd0.net
その日の夕方、彼女を家によんだ

オムライスが食べたいというのでつくってあげた

ケチャップで彼女の名前をかいたら彼女は大喜びしていた

食べ終わると、ぼくたちに沈黙が訪れた






6 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 00:48:16.64 ID:NWjmv6xd0.net
ぼくは彼女の目をじっと見た

彼女もぼくの目をじっと見ていた

外はいつの間にか暗くなっていたけど、部屋の電気はついていなかった

ぼくらは最初のキスをした





7 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 00:48:44.30 ID:NWjmv6xd0.net
その次の日曜日、彼女が家に来た

映画を借りてきて昼間から缶ビールを飲んだ

彼女が今日は泊まっていくと言ったあとは、映画の内容なんてほとんど入ってこなかった






9 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 00:49:18.55 ID:NWjmv6xd0.net
その日、結局ぼくらはひとつになりそびれた

彼女は痛がったことを申し訳なさそうにしていて、他にできることをしたいと申し出た

狭いシングルベッドの上でお互いの肌の感覚を楽しみながら眠った









10 :名も無き検体774号+@(^o^)/:2015/06/29(月) 00:50:30.12 ID:NWjmv6xd0.net
の日2人で授業に出た

ぼくがクシャと彼女は風ひいたんじゃない?と小さな声で言て笑った





11 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 00:51:04.11 ID:NWjmv6xd0.net
なる2人でぼくの家でごすが多くなった

に気が利かなすぎるだろと思って、イルミネーションをに行こうったこともあった彼女寒いから嫌だと言っ

だからぼくらはクリも近所スーパ買い物して家でゆっくりケーキを食べただ

日は、ぼくらが初めてつになれた日に






12 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 00:51:38.39 ID:NWjmv6xd0.net
彼女はぼくの下で泣いていた

ぼくが急いで謝ると、幸せだと言って目を潤ませたまま微笑んだ

ぼくは意味が分からんと笑って彼女を抱きしめた






13 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 00:52:26.77 ID:NWjmv6xd0.net
女の誕生日にはペの指輪を買

ぼくの誕 ぼく好きンドのラブチケをもらった




るまような幸せなに浸かきっていて、は知ら知らず調子に






14 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 00:53:11.31 ID:NWjmv6xd0.net
ぼくの誕生日におめでとうと言ってくれた女性が彼女の他にもう1人いた

高校時代に憧れていた先輩だった

ずっとアタックを続けた結果、卒業式の直前に1ヶ月だけ付き合ってくれて、ぼくを男にしてくれた人だった

何度かメールのやり取りをするうちに、会う約束を取り付けてしまっていた





15 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 00:53:41.69 ID:NWjmv6xd0.net
駅で先輩と待ち合わせて、店に向かった

先輩が予約してくれていた店はオシャレなカフェのような雰囲気の店で、ビールが1000円する店だった

先輩と高校時代の思い出話をしながら、薄暗い照明の中で彼女と違う長い髪や、深い黒をした瞳、厚い唇、そしてふっくらとした胸に意識を奪われていった






18 :名も無き被検774号+@(^o^)/2015/06/29(月) 00:54:18.91 ID:NWjmv6xd0.net
出てから先輩は2軒に行こうと言っ

ぼくが頷くと輩は子どのよう喜んでとっき始

瞬 頭の中でう1人くが、こんなところを誰とに見られたらうするんと咎たが、鼻先を先輩の髪の香りにぐられ、なんかもうどうでもよく






19 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 00:55:27.95 ID:NWjmv6xd0.net
どんどん繁華街から離れるので、どこへ行くのかと聞くと先輩の部屋だと言った

ぼくは繋いでいた手を離し、先輩を見た

先輩はぼくの方を見ないまま、彼女と別れて私と付き合ってよと言った






20 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 00:56:04.23 ID:NWjmv6xd0.net
ぼくは、今は返事ができないと言って謝り、先輩に背を向けて駅へと向かった


酔いは完全に醒めていた

電車に乗ってから携帯を確認すると、何も知らない彼女からバイトが終わったと報告のメールがきていた

ぼくはおつかれ、と返事をして携帯をしまった






21 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 00:58:45.57 ID:NWjmv6xd0.net
ぼくは先輩への返事もできぬまま、罪悪感から彼女と接しにくくなってしまった

幸か不幸か、彼女は女の勘というものが鋭くなかった

なんとなく よそよそしいぼくを責めることなく、自分の行動ばかり省みていた






22 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 01:02:30.98 ID:NWjmv6xd0.net
理を克服するといっ料理教室に通始めたり、胸が大きくなるとを覚えり、ぼくが一度も不満を口にしたことにつて改善しようと沿ているよだった

先輩白の返事をせぬまんとなく絡を続けてい






23 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 01:08:01.53 ID:4q9jkCwm0.net
そしてぼくは彼女と先輩を部屋に呼んだ

三時間くらい沈黙が続いたのか緊張で喉が乾いて変な汗を書いていた

汗が垂れるのを先輩が見て「暑いの?」と一言発した

ぼくは「そんなことないですよ」と言いまた二時間が経過したのだ





24 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 01:08:06.96 ID:NWjmv6xd0.net
そうしているうちに、彼女はどんどん自信をつけて綺麗になっていった

ぼくはもう一度先輩と会う約束を取り付けていた

今度はお酒を飲まず、ちゃんと断ろうと思っていた






25 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 01:14:04.14 ID:NWjmv6xd0.net
先輩はぼくの部屋に来たがった

ぼくは一度断ったが、先輩はぼくの返事が分かっていたのか

最後のお願いだから

と強く主張して、ぼくが折れる形になった






26 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 01:17:22.10 ID:NWjmv6xd0.net
次の彼女がバイトの日、先輩が部屋に来た

いつも彼女とぼくしかいない部屋に違う女の人がいることがとても変な感じだった

先輩がシュークリームを買ってきてくれたので、ぼくはコーヒーをいれた

2人でなんとなくテレビを見ていたがCMになったとき、ついに先輩が切り出した






27 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 01:20:30.08 ID:NWjmv6xd0.net
こないだの答え、聞かせてよ

先輩はコーヒーカップから目を離さずにそう言った


ぼくは、ごめんなさいと言って

ぼくよりいい人は山のようにいますよと続けたが

先輩はかぶせるように、いないよ、と言ったのでびっくりした






28 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 01:22:31.14 ID:NWjmv6xd0.net
ぼくはもう一度ごめんなさいと言ってコーヒーを啜った

それから先輩は何も言わず、ただ長い髪を弄んでいた

ぼくはどうしたら良いのか分からず、早く帰って欲しいと思っていた






30 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 01:27:02.96 ID:NWjmv6xd0.net
沈黙をやぶったのは、やっぱり先輩だった

なんで?

ぼくは一瞬なんのことだか分からなかったが、すぐに用意していた答えで対応できると気づき、タイミングが悪かったです、先輩は悪くないですと言った






32 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 01:32:03.50 ID:NWjmv6xd0.net
それを聞いて先輩は一言、そっか…とだけ言って立ち上がった

駅まで送りますと申し出たが、先輩はいらないと言った

先輩が靴を履いて扉をあけたとき、もう一度謝ろうとしたら先輩が振り返ってぼくを抱きしめた






33 :名も無被検774号+@\便(^o^)/:2015/06/29(月) 01:35:40.10 ID:NWjmv6xd0.net
うするこできなて、立ち尽くして

先輩は抱きついていたいて、潤ん目でぼくを見つめた

高校時代ぼくにさせた先輩の瞳ぼくは釘付けになってし






35 :被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 01:38:21.36 ID:NWjmv6xd0.net
抗えなかった

関先で輩をしめて、るよにキスをし

激しくを絡ませがらもう1人のぼくは冷に彼トだから23時までは大丈夫だな、と思っいた






37 :き被774号+@\(^o^)/2015/06/29(月) 01:41:21.58 ID:NWjmv6xd0.net
たベッドれて入っ

な感じした

便験を積んだぼくが高校時代とはックスが出るようにいたとに、先輩は満足気だ






39 :名も無き被検774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 01:47:13.81 ID:NWjmv6xd0.net
わって先輩シャワーを浴てい間に女から電話がかかってき

ぼくはベランダに出て電話に出た

イト先しつこにあと言沿いたのがし嬉しそうにこえなんとだっ

りあえ配した風なこ言っ、飲みぎたからんどいと電話を






40 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 01:48:58.02 ID:NWjmv6xd0.net
シャワーを終えた先輩がドライヤーの場所を聞いてきたが、そのままもう一度押し倒してセックスした





41 :名もき被検体774号+@\(^o^)/:2015/06/29(月) 01:53:42.65 ID:NWjmv6xd0.net
わっから先輩がぼくの腕の中で、ズと言

ルいのは先輩だとった



まま泊まったがぼくが目を覚ましたときには先起きがあると言って綿ってしてい

肉なほど清々しい青空がっいた








>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150629083149