2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

まるでエロゲのような展開が大学の研究室で起こった







711 :えっちな18禁さん:2009/06/14(日) 21:44:50 ID:DVv+EndmO
俺が大学4年の頃の話。

この頃が人生で唯一エロい体験が出来た時期だった。

工学部の建築学科だったので、女はほとんどいないのだが、たまたま俺が入った研究室には大学院生の女(23)が2人もいた。

一人はいつも笑顔で小さくてかわいい感じのA子、

もう一人は大人びた感じで美人系なのだがちょっと恐い感じのB子だった。

この研究室は結構仲良く出来る雰囲気で、月2回ぐらいはみんなで飲みに行っていた。

アイドル的存在のA子は酔うと人懐っこくボディタッチをし、益々かわいくなっていた。

B子のほうは冷静なのだが酔うと下ネタ満載で A子と一緒に当時の彼氏(A子もB子も彼氏持ち)とのSEX話で盛り上がっていた。

みんなは笑って聞いていたが、俺は童貞だったのでかなり興奮もしていた。

いつも飲み会の時はえっちな会話をするし、特にA子はボディタッチもしてくるし、可愛かったので、たまらず帰宅後はA子をおかずにオナニーにあけくれていた。





712 :えっち18禁さん:2009/06/14(日) 21:46:38 ID:DVv+EndmO
機がとずれたのは半年ぐいたった9月

日は雨だったこともあり、学校がったあ、B子帰り車で送ってくれとれた。

俺はA子が好きだったとはいえ、女のたりで帰なんててだったので、緊張した。

B子「ごめんね〜

「いいっすよ」

B子Cくん(のことってさぁ、彼女いな?」

となく、彼女がずっないなかしかったので、俺「去年れちゃって、今はいんですよ」と嘘をつい

B子「そうだ、じゃはフリーなん使ね。ん。」

俺「…」

かなり緊張してし、B子て飲んでないきはちょっと恐じなで会続かなかた。

その日は、何事く帰宅し





713 :えっちな18禁さん:2009/06/14(日) 21:53:29 ID:DVv+EndmO
次の日、雨は降ってなかったが、また帰り送ってよって言われたので、また車で二人で帰ることになった。

B子「今日もごめんね。」

俺「大丈夫っすよ!」

B子「…ちょっとドライブ行こうよ」

俺「えっ、…はい、いいっすよ……どこ行きます?」

B子「うーん………、ホテル行く?」

俺「えっ?…はい?………ホテルって何ですか??」

俺はかなり動揺して、わけのわからないことを言っていた。

B子「いや…、落ち着いて話したいから…」

童貞の俺は、どうしたらよいかわからくなって、俺「B子さんって彼氏いるんじゃないんでしたっけ?」

B子「……」

空気が固まってしまった。





714 :えちな18禁さ:2009/06/14(日) 21:54:30 ID:DVv+EndmO
俺は気が動転してるょっとして業?んて色々考て適車をらせていた。

B子は彼氏のこと、俺の色々考えてたのだと思、童の俺はSEXのことで頭いっぱいだった。

らい無言でを走せる

B子「…ル行く?」

「…きますか

俺たちはラブに行くこなっ幸い?、B子このラブホこうとか、ビニ寄っていこうとかで、は何も知ら殿貞の俺でもた。西





715 :えっちな18禁さん:2009/06/14(日) 22:27:15 ID:DVv+EndmO
部屋に入るとすぐに、電話がなった。どうやらフロントからのようだ。

B子がすかさず電話に出て、B子「はい、宿泊でお願いします。…でいいよね?」

俺「…はい」

俺「(宿泊かよっ!?これはマジで童貞卒業??どうしよう?どうやってSEXすりゃいいんだっけ??やべぇ、俺、彼女いたことになってたんだった。。)」

B子「こっちに来て」

俺「…はい」

B子「キスしよっか?」

B子は俺の返事を聞く前にキスしてきた。俺はこれがファーストキス。。

B子は舌も入れてきた。俺もわけもわからず舌をペロペロしてみた。

そしておっぱいを触ってみた。

B子「あっ…、っん……。……お風呂入ろっか?」

俺「…はい」





716 :えっちな18禁さん:2009/06/14(日) 22:28:12 ID:DVv+EndmO
B子「どうする?先に入る?」

俺「…一緒に入ります?」

B子「ははっ(笑)いいよ。一緒に入ろっか。じゃあちょっと先に入るから。あとで呼ぶから待ってて。」


俺「…はい」

B子は先にお風呂に行った。

俺「(ふー。落ち着け落ち着け。そうだ、ちんちんの皮はむいておこう。やべぇ、コンドームつけたことないや、どうしよう…、童貞ってバレるかな、どうしよう…)」

なんて考えてると

B子「入ってきていいよ」

俺「…はい、行きます」





717 :えっちな18禁さん:2009/06/14(日) 22:29:20 ID:DVv+EndmO
全裸のB子が待ってると思うと、もう完全に勃起状態になっていた。

俺も全裸になり、フル勃起状態のちんぽを手で隠しながら風呂に入った。

俺「入りますよ」

B子「うん」

風呂に入るとB子は湯槽につかっていた。

B子「体洗いなよ、ふふっ…Cくんがそんなに恥ずかしがると、こっちも照れるよ。」

俺「…いや、恥ずかしいっすよ…」


B子は笑いながら俺が体を洗うのを見ていた。体を洗い終わると、

B子「入る?」

俺「えっ…はい…」

俺がちんぽを隠しつつ湯槽に入ろうとすると、

B子「ちょっとここに座って」

俺「えっ?…ここ?」

湯槽の中じゃなくて、湯槽の側面のところに座った。未だ手で隠していたとはいえ、フル勃起状態のちんぽが B子の顔の目の前にくる態勢になった。





718 :えっちな18禁ん:2009/06/14(日) 22:30:20 ID:DVv+EndmO
B子「そんな恥ずかしらずに…、ねっ簿

と言い、俺のば強引にかした

B子「でかっすごいさきっおおきいねるかな…」

の言どうしよもなくらい勃してちんぽピクピクしてしまった

B子「ははっ、んかピクピしてるし笑)ごいねー

俺「B子さん目の前して、たたないほうがおかです

B子?……貿なめてあ沿よっか?」

俺「えっ……お願いし。」

そう言うと、B子は俺のフル勃起したぽをくわ

「うっ…」

B子「(フェラしながら)どの?」

「いや…、気持ち良て…。

B子はょっいながら、フェラを続け





719 :えっちな18禁さ:2009/06/14(日) 22:31:42 ID:DVv+EndmO
俺は初めてのフェラに動してした

B子はしく包み込むようにちんぽをくわえ、は竿をゆこしこしながら気持ち良くしてくれた。俺は必死に逝きそうになこらえてた。

B子「気持ちい?」

俺「…気持ちいいですやばいで、逝ちゃいそです…」

B子「いいよして

B子は動きを早めて激フェラになた。

俺「うっ、やばいで…」

、ふ このまてしまう童貞と思われるとわけわからないことをしまい腰をけぞらした。

B子「どうし?」

…いや、ばかっすみません…」

B子「うふっ、まっいっか。じゃあ、あとでね」

たち一緒に湯につかって、少しだけそのは何事もB子が風呂からあった

からB子があがるとき、あそこをちらっとようとも考えたが、なんとなく出来なか

B子のおっぱCカプぐらい?)だけ十分興奮来てちぽは常に勃起状態だた。





720 :えっちな18禁さん:2009/06/14(日) 22:33:08 ID:DVv+EndmO
らあものか悩んだあげくパツだ尿けはいてみた。

B子バス調オルを体に

B子「おっ、あがってきたね。おむ?

「あっ、。」

俺とB子はソァにて飲のを飲ん

は違って B子はやに落ち着いている。俺は女ってすげぇーなって変に心してい

ここま殿B子にードされて俺はただ受け身ので、なんなければと考えていた。

だが、B子「ベト行こか?

ぱりB子のペーのままだた。

「…そです。」

ふたりは、ベ転び沿とん入った。





721 :えっちな18禁:2009/06/14(日) 22:34:13 ID:DVv+EndmO
B子ごめんこんことになって

「えっ…いやっ、全然大丈夫ですよ

B子「あと」

んな然ですよ…さっきは気持良くしてくれましし…って冗談です、すせん…」

B子「んだそゃ(笑)…私もくしてもらいなっなんて(笑)」

この葉にドキとしこれSEX開始の合図か?と手にた。

童貞と思われないため、先撃すと思って俺はB子にした。

B子は俺のキスるこなく、キスを。B子は舌をからてきたので負けうに舌をませた。

俺はキスしながら、B子に覆いかぶさるよに抱きしめた。

B子「…Cくんの心臓音が聞こえるよ、ドキドキしてる笑)」

りゃ俺がから初体験をしようとしてるのだから、ドキドキいほうがおかしい

B子「…もドキドキしてるんだよ」

と言い俺手を分の胸てた。確かにB子もドキドキしていた

あんなにち着いていに、B子もドキドキてたんだとうと、急にB子のことが可愛くみえて







722 :えっちな18禁さん:2009/06/14(日) 22:35:37 ID:DVv+EndmO
俺は夢中になり、B子をキスしたあと、首筋からおっぱいにかけてなめまわした。

B子「あっ…、っん〜ん」

俺は必死でおっぱいを揉んだりなめたりした。

徐々に下へ向かってなめていき、ついにアソコにたどり着いた。

俺は初めて生身の女のマンコをみた。クリトリスがどれかもよくわからず、とにかくマンコ周辺をなめまわした。

B子「あっ…、いやっ…、あっ…」

ひたすらマンコ周辺をなめましてると、ようやくクリトリスがどれかわかった。

B子はうっすらとしか毛が生えていなく、びらびら部分はノーカットのAVで見たものと違ってすごく小さい感じだった。

なので、ちょっと足を広げるとモロにマンコの中まで見えた。全然グロい感じはせず、ピンク色ですごく綺麗だった。





723 :えっちな18禁さん:2009/06/14(日) 22:40:40 ID:DVv+EndmO
度はクリトリスを思いりなわし

B子「あっ…、いやっ…、ダメっ、あ…、持ちいい」

B子のアソコはか濡れ

B子のクリリスは、鬼頭のよちょっと大きくなってるよ

俺がB子を気持させると思うとか興奮して然ちんはフ起状態だった



俺はひたすらクリトリ、マンめまわしてい、ふとあことに気付いた。

べぇンドームけるタイミがわかんねーという尿ことない)」

俺は童貞じゃなフリをしてたで、そんことくわけにかないし

りあAVの識を思い、俺「(がなめたあと、B子になても、ちょっとした入…その前ゴムをつける、よし!れでいこう!)

レーシしてみた





724 :えっちな18禁さん:2009/06/14(日) 22:42:23 ID:DVv+EndmO
そこで、俺はクンニしながらいつフェラしてもらおうかとタイミングを図っていたら、

B子「あっ…、んっ…、…気持ちいい…、Cくんのちんちんも気持ち良くさせたい…」と言ってくれた。



結局B子のペースにはまっていた。今度は俺が攻められる状態になりフェラが始まった。

風呂でのフェラと同じく右手で竿をしこしこしながら、亀部分を舌でなめくれた。

B子「Cくんのちんちんってさぁ、すごくこのカリのところが大きいよね。段差があるというか…。前の彼女に言われなかった?」

俺「あっ、いやっ、特に何も…」

彼女なんていたことないし、言われたことなんてあるはずもなかった。

自分では意識がなかったのだが、皮剥いてもカリのおかげで自分で戻さないかぎり、勝手に戻ることはないし、ほんとにカリでかだったのかもしれない。





726 :ちな18禁さん:2009/06/14(日) 23:08:39 ID:DVv+EndmO
B子はずっフェを続けてくたが俺は慢出来なくなり

「ちょっと、なってきました…」

B子「ほんと?気持いい?…?」

俺「…はい。

B子「っ…、ゴムつけなきゃ…つてあげよっか?」

ぜひ!」

B子「ふふっ()、ちと待てね。

う言ってB子はゴムを取、俺のちんぽにつようと

B子「あれ入んないよ、あれれ、どうしよう?Cくんのちんちん大きいんだよ!」

そ〜、何で??

とにでっった。

B子「う〜んじゃあそのまま入れよっ中に出しちダメ簿よ。

俺「っ、はい。」






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:いい思いをした話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:いい思いをした話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150708064004