2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

アニオタの先輩がすごい奴かもしれない






http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1437327931/


1 :名無しさん@おーぷん:2015/07/20(月)02:45:31 ID:GK6(主)
アニメに対する見方が変わったわ、あそこまで突き抜ければ得るモノありそう






5 :無しーぷ2015/07/20(月)02:48:44 ID:ejg
ゲームでもアニメでもとくとんけば応用効くからななにやにして






8 :名無しさん@ーぷ :2015/07/20(月)02:51:04 ID:GK6(主)
>>5
そうも、個人は学者にてほしいなあニメ専門の






6 :名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)02:50:13 ID:GK6(主)
なんとなく語っていくか

初めて会ったのは今年4月

高校に入学してすぐの俺は、部活に入りたくなかった。けれど決まりで何かしら部活しなきゃいけなかった

幽霊部活みたいなのねえかなと探していた俺はある部活を見つけた。

不活発部活の代名詞、アニメマンガ研究会だ。





7 :名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)02:50:58 ID:MGO
>>6
何かよくあるラノベか萌え漫画みたいだな






9 :名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)02:54:56 ID:r7X
先輩が男か女かで評価変わるな





11 :名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)02:55:22 ID:GK6(主)
>>9
野郎だぞ








12 :名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)02:58:10 ID:r7X
>>11
残念





10 :名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)02:55:07 ID:GK6(主)
部室は3階北の一番日当たりの悪いところだった。体験入部に行って寒かったのを覚えている。

部屋をノックすると反応がない。今日休みかと思ったら中から戸が開いた。むっちりしたデブ特有の手だった。

誰?と微妙に不愉快そうな曇った声、ちょっと吃音ぽかった。まるく脂ののった顔をしていていかにもだった。






16 :名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)03:02:00 ID:GK6(主)
こっちも思わずむっとして、新入生の豚鼻(俺のあだ名)です。体験入部にきました。と言った。

そしたらまるい無愛想な顔がちょっと驚いて、それからちょっとうれしそうな、でも顔に出すのを我慢しているようなそんな顔になった。

入って、と言われてひんやりして湿っぽい部屋に入った。そしてびっくりした。

部屋は壁にびっしり本棚があって、ラノベと漫画がこれまたぎっしり。威圧感さえ感じた。

俺を入れてくれたデブ(先輩と書く)は椅子を用意してくれた。ボロボロの椅子だった。それに座ると早速先輩は「マンガとか読むの?」って聞いてきた。







18 :無し@おーん :2015/07/20(月)03:10:45 ID:GK6(主)
ですー、ワンピとかーチ

先輩「王道ねーワンピはどこが好き?

「空島です、ダヤル大好なんで

先輩「良ねーれ、コスちゃバズーカ使こ大


先輩ろに立ち上るとからワンピ抜き出しくって開

これこれ、と見せてきたのはズーカ(だったよな?あのガス出してか着火するのシー

ない感じでたけ西ど俺は後でぞとした。

は何巻のペジがあるか分かっていた







24 :名無しさ@おーぷん2015/07/20(月)03:16:51 ID:GK6(主)
で、そとししワンピースの好きて語り合

語ると止 まらなるタイ饒舌しゃべったこまでテプレアニ逆におからい

輩「じゃあアメはないのかー」

「中学のとき活やててなくてー

先輩「かー青春だねー

「これも西ゃなっすか

調西そうか」

何だろうこの濃な非リア臭)

先輩「そういやアニメってみるの豚鼻くん?」






27 :名無さん@おぷん2015/07/20(月)03:19:53 ID:VDe
記憶題じゃね

がそまで興味なかっそんな強い記憶はしない






31 :名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)03:24:04 ID:GK6(主)
>>27
なるほど、そんなもんか…



28 :名無しーぷん :2015/07/20(月)03:20:12 ID:CSA
好きなを楽しくていよな






31 :名無しさん@ーぷん :2015/07/20(月)03:24:04 ID:GK6(主)
>>28
と思、アニオバカにしけどきりージ変わ




29 :名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)03:20:53 ID:GK1
先輩ただのアスペだろ





31 :名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)03:24:04 ID:GK6(主)
>>29
アスぺっちゃアスぺかもしれんけど、良いアスぺだよ






30 :名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)03:22:21 ID:GK6(主)
俺「SAOとかですかねーなんかネットの評判は悪いみたいっすけど」

先輩「まあねー、どこが好き?」

俺「アスナちゃんかわいいっすねー」

先輩「あーなるほどー」

先輩「萌えもいいけどねー、あれ結構面白く見れるんだよー」

俺「そうなんすか?」

先輩「Pohっていたじゃん、あのラフコフのリーダー」

俺「ああ居ましたねー」

先輩「あの人なんか面白いんだよ」

俺「そうなんですか?」

先輩「あの人はねーリアルとネットの狭間に生きてる人なんだ」







36 :名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)03:33:17 ID:GK6(主)
>>30
俺「え?」

先輩「アインクラッドに閉じ込められちゃった人らってさ、極めてあいまいな場所に生きなきゃいけなくなったわけ」


先輩「ゲームなんだけどリアルの感覚そのまま持ってきちゃってる。現実とゲームの境目が分からなくなってなんたらっての聞いたことあるでしょ?」


先輩「で、大抵の人はどうしたかって言うと、ゲームの世界に完全に適応しちゃうか、ゲームを拒否して初めの街に居残るかとっちかだったわけ」


俺「はあ」

なんか訳が分からんかった。けど情熱的に語る先輩の言葉(相変わらず吃音ぽかった)はなぜか覚えている。


先輩「そこでどっちでもない選択をしたのがPohさんなんだ」


俺「そうなんですか?」

先輩「そうそう、ゲームオーバーしたら死ぬっていう極限のゲームで、あえてPKする、人を殺す」


先輩「それってゲームへの適応でも、ゲームへの拒否反応とも違う反応なんだよ」


俺「ゲームに飲まれたとかじゃないんですか」


先輩「飲まれてるのはむしろ主人公たちだよね、ゲームを受け入れてクリアすることに躍起になってる」


先輩「Pohはそうじゃない。ゲームの中で殺人する、そしてそれは現実の殺人になる」


先輩「彼って殺しながら何を考えてたんだろうね?」









32 :名無ん :2015/07/20(月)03:24:55 ID:lPS
>>30
見るのか見なっきしろよ鼻豚君!






34 :名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)03:27:08 ID:lPS
>>32
あ、ぶたっぱなの豚鼻君だった失敬・・・






37 :名無しん@おーぷん :2015/07/20(月)03:33:56 ID:GK6(主)
>>32
ほとない、輩のおか少し観るうになってきた






39 :名無しさん@ーぷ2015/07/20(月)03:38:58 ID:h6g
こういう奴って湿何見ても考察で羨ましい






42 :名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)03:40:34 ID:GK6(主)
俺「そういうアニメでしたっけSAO」

先輩「そういう見方をすると面白いんだ、それでね」

先輩「そういう見方でアニメを見てみようかっていうのがこの部活なんだ」



えー…って思った。なんだそりゃそんな難しいこと考えながらアニメ見るのかよと。

先輩「まあもし気に入ってくれたら入って。ダメなら他のとこ入ったほうがいいよ、美術部とか緩いからおすすめ」

そんなことを言ってその日はお開きになった。外はもう真っ暗になっていた。






43 :名無しーぷん :2015/07/20(月)03:42:29 ID:MGO
>>42
んつ部活や





49 :名ん@おーぷ2015/07/20(月)03:49:48 ID:GK6(主)
>>43
まあ部活だなんでるども





45 :名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)03:45:28 ID:X1s
わかる
楽しいよなそういうのな
めっちゃわかるよ
人には言わないけどさ





49 :名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)03:49:48 ID:GK6(主)
>>45
最近楽しさがわかってきた、良いもんだなと思う




47 :名無しさん@おーぷん :2015/07/20(月)03:48:17 ID:GK6(主)
俺はなやんだ。美術部にも体験入学してみたりした。


結論から言うと美術部はダメだった。ゆるいっちゃゆるいけど先輩方がどうにも人を見下したような発言するのが気に食わなかった。

意識高い系ってやつだろうか、あの印象派がどうのロマン派がどうのって言うのが大嫌いだった。



そんなこんなでアニメ・マンガ研究会に俺は入部した。活動計画みたいなのに出席してた連中は、いざ部活が始まるとマンガを読みに来るだけになった。


俺も最初マンガ目当てで部室に通った。先輩(なんと部長だった)はいい顔こそしなかったけど怒るようなことはなかった。

たまーにアニメの自論を語ってうざがられてる程度だった。




そんなある日のことだった。

先輩はいつになくでかいマンガを広げて読んでいた。
なんだろうと思って覗き込むと、風の谷のナウシカだった。





52 :名しさ@おーん :2015/07/20(月)03:55:56 ID:GK6(主)
アニメすよと俺がうとは「こっちがなんだぞー」と言って

俺は知らなくてめゃくち驚い

俺「ってとっすか?おもしろんでかそれ」

先輩「考える分には楽しいね

俺「読んでいいですか俺も

先輩「いいよ、この棚る」

にでか漫画。しかもいボロ代もっぽかた。白くなかったらやと思っていた。

輩「そそろ帰ろう、部室しめ

は?とおもて壁けのをみと6時過た。は2時間近くナウシカを読んいた。自分でびっくりした。

いつもの俺ならおか飲み物がなと絶対飽きるところだったから






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150722065511