2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

大人対象の習い事のムチムチの先生とタダならぬ関係になってしまった







283 :名無しさん@ピンキー:2006/09/12(火) 17:29:10
俺が湿妻を他人にって出事でなく俺があ夫婦人になった体です

当時俺は20代後半で女と数年同して就職機に分かれて2年

要があっる主大人対象の習字(先生の自宅)に通ってた

婿このさんで年齢は30後半か40くらいだったとう。

さんはリマン。子はな

の夫が体の相した。



さん当時の俺には世代の大人という印象

つきチリとッチャリの中間で小グラ、顔は男好きするプ。

うんと意識してはなかっけど(先生だら)、胸尻などには視近いマナザシを送たり尿








286 :名無しさん@ピンキー:2006/09/12(火) 22:05:16
1週間出張の退屈しのぎにケータイで書いてるので、ディテールは飛ばします。改行も適切にならないかも。


その習字教室は都合のいい時に練習に行って、先生とタイミング合えば直接指導、合わない時は自主練習した作品を次回まで朱を入れて指導、というアバウトな感じで生徒も多い時と少ない時といろいろ。

俺はその束縛感のなさが気に入っていた。

生徒はオバサンと事務員風女が多く男は小学生数人見掛けた程度。

俺はかなり異質な生徒ではあった。





287 :名無しさん@ピンキー:2006/09/12(火) 23:07:18
その日は仕事が休みで暇を持て余してたので習字でもって感じで出かけた。

午前11時頃だったのだが、教室入口に鍵が掛かってて、休みか、と思って帰ろうとしたら、「どうしたの」と先生の声。聞いたら気分が乗らなくて休みにしたとのこと。

「でもいいよ、入りなさい。」

残暑で暑い風のない日で先生はダッフリしたワンピース姿だった。


玄関から入り教室に行った。先生がクーラーつけようとしたので、俺一人だから申し訳ないからいいよ、と言ったら「じゃリビングでどうぞ」ということになった。

俺はドキドキしてた。だって先生が動くと、胸元が開いておっぱいの谷間がみえたり、脇下の隙間から隆起の裾野がみえたりするのだ。

練習始めて数枚書いた時先生がテーブルの向こうから身を乗り出して指導、もう胸元全開状態で乳首まで見え隠れする。先生わざとか?と思うくらい無防備。

朱書きするため隣りに来た時には脇から膨らみが見える。

思わず手を入れて乳房を握ってしまった。

先生は「あっ」と言ったけど、そのまま乳房を揉まれていた。

俺は先生の背中のファスナーを下げ、白い肩を露にしてそこにキスした。







289 :名しさ@ピンキー:2006/09/12(火) 23:58:30
生のおっすごて肌は手に吸い付くうな、餅肌っていううでした

乳首も小さくなって乳房全みを増していっそうりが出たじがした。

揉みながら乳房を味わい切れるほしまいました。



ワンピー背中をすっかり広げて小さ婿めの白着とヒップの割目ました。

乳房を二つ揉みながら背骨に沿ってキスしいきまし

生は抵抗する事なにされるままで

生をソファーにかしワンスをまし

生の体は本当にグラマーで、胸と尻は豊う表現そのままで

けで男をむしつかせる色沿ンムです。



房を揉みまくり首を舐め吸いまくりました

俺があんま激しいので先生は、息は荒くしながらもた。

そのわり胸を突き出し白くてムッした太沿広げま

俺はん乱暴に脱がせ自分も裸になっていっきり先裸をました。







333 :名無しさん@ピンキー:2006/09/15(金) 14:49:47
習字の先生夫妻との体験談ですが、飲み会続きで中断してます。

本題は先生に旦那さんのこと頼まれて、その見られながらの先生との事なんだけど

間延びしたから続き書こうか迷ってます。








338 :名無しさん@ピンキー:2006/09/15(金) 19:15:50
あの時の先生の肌の感触と体の柔らかさの感じは、今でも思い出せる。

俺は貪るように先生のおっぱいを吸った。吸えば吸うだけ舐めれば舐めるだけ俺は興奮し感じてた。

その肉感的なエロさは俺が自由にしてるのに、もっともっと好きにしたいと思わされるほどだった。



先生が俺の勃起を握った。そしてゆっくりと両手で愛撫し始めた。

先生の体のエロさと思いがけない行為に、俺の興奮は一気に高まり先生の手の中で怒張し敏感になっていた。

口を半開きにして目を閉じて体をくねらせる先生に、俺は堪え切れずに大量の精液をその手の中に撒き散らしてしまった。

俺が上体を離すと、先生はフッと笑ってから精液だらけの手を見て、そして舌で一回ペロッと舐めてから、キッチンの水道で手を洗った。



その裸の後ろ姿を見て、今果てたばかりなのに俺のペニスはまた膨らみ始めた。

白くて張り出した尻。熟した女の体から漂う色香。体が動くたびに揺れて見え隠れする乳房と乳首。

ソファーから俺は先生の裸に舐めるような視線を送り股間が熱く膨れ上がるのを感じていた。





339 :名無しさん@ピンキー:2006/09/15(金) 19:56:32
先生は重たげに乳房を揺らしながら、ソファーの俺の膝の上に自分から抱っこされるように座り、キスしてきた。

先生の唇はポッチャリして気持ちがいい、舌は甘い味がした。

両腕を俺の首に絡めてきたので、豊かで柔らかな乳房が俺の胸に密着しいやらしく気持ちがいい。

この女を毎晩自由にできる男が羨ましくてたまらなかった



俺も先生の裸を抱き締めた。舌の絡ませかたと吸いかたがいっそう激しく淫らになり、唾液と唾液が混じり合って二人の顎の辺りを濡らした。



俺が先生を押し倒そうとした時、先生は唇と体を離し、待って、と言った。

そして、お願いがある、と話し出した。話を聞いて俺はびっくりした。俺が先生を抱くところを先生の旦那さんが見たがっている、私を夫の前で抱いて欲しい。

勃起はそのままだったが気持ちは驚きと不安で一気に高ぶりがおさまった感じだった。

訴えられるのではないか、脅されるのではないか、おかしな事件に巻き込まれるのでは、そんな恐れが頭の中を駆け巡った。



そんな俺の気持ちを察してか、先生は夫婦の性癖について話し、心配はないことを話した。

先生の様子から少し安心した俺はホモの趣味はないことを告げ確認した。





340 :名無しさん@ピンキー:2006/09/15(金) 20:38:17
俺が安たのを確かめると、先た体を密着てきた。

そして、は挿入はだめそのかわり先俺を感じてくれと話し俺をソファ寝か

先生俺の唇と舌を這わせ、勃起を柔かく刺激



俺は先生手で触りながら熟した肉感肢体姦しけた

拒否さかと思いら、先生の茂みか部に指を伸ば

生はそらせ。すごく濡れてい



舐めたいと言ってみた。先ってカーペットに這いになった

クラクするほどいやらしい姿だ

乳房大きく膨の乳首勃起しようだった

尻の割目から小さな肛見える。脚を少広げ尻を高く上げ格好はのも



先生お尻振ってみな、そう言った。いいがらも突きをグライさせれたが動く

俺は尻の前にり、液を溢れさるところき掛けた。アァと先息を洩らした。

俺はいっり顔を付け舌で舐め上げた。先生はヒィッいう声を上げた。

俺はそのまま舐めを掴み割目を広荒々しくめ続けた





341 :貿ピンキー:2006/09/15(金) 21:04:18
て、待って、と生がこっちを向い

は私がするの、とを立た自分ひざまずき、張した俺の手を絡めてきた。

と口を開き舌で亀頭を舐め唇すぼめて吸った。ごく柔らかくあたくペニスーンと感

俺はを上ら見下ろし背中からたなまめいラインに興奮た高めた

生のフェラは感じた。た宿さえ敏感にないたニスう我慢きないくい熱くなってい

生終うだ、と言ったら、終わて、と激しく手と口かした。

俺は先生口のごい量の精出し

先生ムゥというくぐった声を出しな大量の精液を

と先しばらくに横にてい

のあ二人で風呂に入き合りし、旦那さんとの機会を何にするかなど相て、そのは終わった




 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:いい思いをした話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:いい思いをした話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150814191653