2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

大人対象の習い事のムチムチの先生とタダならぬ関係になってしまった







283 :名しさ寿ん@キー:2006/09/12(火) 17:29:10
が俺の妻を他来事でな、俺他人になっ体験です

当時俺は20代後で女と数年同棲して就職に分かれ2年。

要があって町にる主に大人対象の習教室(先生自宅)に通って

先生はそこので年は30後半か40くらだっ思う

旦那んはリーマ。子供はなし。

の夫婦体験の相手でし



さんは当時の俺は世代の大人という印象。

体つきはムッチリポッチ間でグラマー顔は男するタイプ

うんと意識してなかったけど(先生だから)、胸や尻などには視姦にナザシったりはあった








286 :名無しさん@ピンキー:2006/09/12(火) 22:05:16
1週間出張の退屈しのぎにケータイで書いてるので、ディテールは飛ばします。改行も適切にならないかも。


その習字教室は都合のいい時に練習に行って、先生とタイミング合えば直接指導、合わない時は自主練習した作品を次回まで朱を入れて指導、というアバウトな感じで生徒も多い時と少ない時といろいろ。

俺はその束縛感のなさが気に入っていた。

生徒はオバサンと事務員風女が多く男は小学生数人見掛けた程度。

俺はかなり異質な生徒ではあった。





287 :名無しさん@ピンキー:2006/09/12(火) 23:07:18
その日は仕事が休みで暇を持て余してたので習字でもって感じで出かけた。

午前11時頃だったのだが、教室入口に鍵が掛かってて、休みか、と思って帰ろうとしたら、「どうしたの」と先生の声。聞いたら気分が乗らなくて休みにしたとのこと。

「でもいいよ、入りなさい。」

残暑で暑い風のない日で先生はダッフリしたワンピース姿だった。


玄関から入り教室に行った。先生がクーラーつけようとしたので、俺一人だから申し訳ないからいいよ、と言ったら「じゃリビングでどうぞ」ということになった。

俺はドキドキしてた。だって先生が動くと、胸元が開いておっぱいの谷間がみえたり、脇下の隙間から隆起の裾野がみえたりするのだ。

練習始めて数枚書いた時先生がテーブルの向こうから身を乗り出して指導、もう胸元全開状態で乳首まで見え隠れする。先生わざとか?と思うくらい無防備。

朱書きするため隣りに来た時には脇から膨らみが見える。

思わず手を入れて乳房を握ってしまった。

先生は「あっ」と言ったけど、そのまま乳房を揉まれていた。

俺は先生の背中のファスナーを下げ、白い肩を露にしてそこにキスした。







289 :名無しさん@ピキー:2006/09/12(火) 23:58:30
先生おっぱいすごく弾力があって肌は手吸い付くな、餅肌っでした。

乳首小さく固くなって乳房全が膨らみを増て、いっ張りが出た感がしま

房の変化を味わではちれるど勃してしまいました。



ワンピースの背中をすっかり広げ小さめ着とヒッの割が見えした

を二つみなが骨に沿てキスしていきました。

は抵抗するく俺されるがま

生をソファーにンピースをり乳首にきまた。

先生の体本当にマーで、と尻豊満という表現そのま

見るけでしゃりつる色気ムンムンす。



俺は乳房揉みり乳首をいまくりました。

俺があんまりしいので先生は圧倒されたの息は荒ながらも声出しせん

そのかわり胸を突き出し白くてムッチリ尿げました

俺は先の最後着ん乱暴に脱自分になっいっ先生の裸を抱き締ました。







333 :名無ん@ピンキー:2006/09/15(金) 14:49:47
字の先生夫妻との体ですが、飲み続きで中断してま貿

題は先生に旦那さんことまれて、見られながらの先生と事なん

綿延びたから続き書か迷








338 :名無ん@ピンキ2006/09/15(金) 19:15:50
あの時の先生の肌の感触と体の柔かさの感じも思い出る。

貪るに先のおっぱいを吸っ。吸えば吸うれば舐めるだけ俺は興奮しじて

の肉感的なエは俺自由にしてる、ももっと好きにしたと思わされほどだった。



の勃起ったしてゆっくりと手で愛撫し始めた。

先生の体のエロけない行為に俺の興一気に高ま生の手怒張し敏感にないた

を半開きにしてを閉じて体をくねらせる先、俺切れずに量の精液をそのの中に撒き散らししま

俺が上体を離すと、先尿と笑から液だらそして舌で一回ペロッと舐めてから、キチンの水道洗った



その裸姿を見ててたばかに俺のペニス膨ら始めた。

くて張出し尻。熟た女の体から漂う色。体が動たびれて見れする乳房

ソファら俺は先生のるよ視線を送り股間が熱く膨れ上使を感ていた。





339 :名無しさん@ピンキー:2006/09/15(金) 19:56:32
先生は重たげに乳房を揺らしながら、ソファーの俺の膝の上に自分から抱っこされるように座り、キスしてきた。

先生の唇はポッチャリして気持ちがいい、舌は甘い味がした。

両腕を俺の首に絡めてきたので、豊かで柔らかな乳房が俺の胸に密着しいやらしく気持ちがいい。

この女を毎晩自由にできる男が羨ましくてたまらなかった



俺も先生の裸を抱き締めた。舌の絡ませかたと吸いかたがいっそう激しく淫らになり、唾液と唾液が混じり合って二人の顎の辺りを濡らした。



俺が先生を押し倒そうとした時、先生は唇と体を離し、待って、と言った。

そして、お願いがある、と話し出した。話を聞いて俺はびっくりした。俺が先生を抱くところを先生の旦那さんが見たがっている、私を夫の前で抱いて欲しい。

勃起はそのままだったが気持ちは驚きと不安で一気に高ぶりがおさまった感じだった。

訴えられるのではないか、脅されるのではないか、おかしな事件に巻き込まれるのでは、そんな恐れが頭の中を駆け巡った。



そんな俺の気持ちを察してか、先生は夫婦の性癖について話し、心配はないことを話した。

先生の様子から少し安心した俺はホモの趣味はないことを告げ確認した。





340 :名無しさん@ピンキー:2006/09/15(金) 20:38:17
俺が安心したのを確かめると、先生はまた体を密着させてきた。

そして、今日は挿入はだめ、そのかわり先生が俺を感じさせてくれる、と話し俺をソファーに寝かした。

先生は俺の体に唇と舌を這わせ、指で勃起を柔らかく刺激した。



俺は先生の裸を手で触りながら熟した肉感的な肢体を視姦し続けた。

拒否されるかと思いながら、先生の茂みから秘部に指を伸ばした。

先生はそのまま触らせてくれた。すごく濡れていた。



舐めたい、と言ってみた。先生は黙ってカーペットに四つん這いになった。

クラクラするほどいやらしい姿だった。

乳房は大きく膨ら先端の乳首も勃起してるようだった。

尻の割目から小さな肛門が見える。脚を少し広げ尻を高く上げた格好は淫らそのものだった。



先生お尻振ってみな、そう言ってみた。イヤといいながらも突き出した尻をグラインドさせると毛と濡れた割目が動く。

俺は尻の前に移り、液を溢れさせているところに息を吹き掛けた。アァと先生は吐息を洩らした。

俺は思いっきり顔を付け舌で舐め上げた。先生はヒィッという声を上げた。

俺はそのまま舐め吸い尻肉を掴み割目を広げて荒々しく責め続けた。





341 :名しさん@ピキー:2006/09/15(金) 21:04:18
って待って、と言いなが先生がこっちを向い

今日私がするの、と俺自分はひざずき怒張したのペニスに両手を絡た。

アァとき舌で亀唇をすぼめて吸った。す柔らかくあかくペジー感じ

生をら見下ろし背尻にめかしいラ奮をた高めた

先生のフェラは感じた。でさえ敏感になていた俺ペニスはもう我慢でいくらい熱くなっていた

わりうだ、と言ったら、わっ、と激手と口をかした。

俺は先生の中にすご量の精液を放出した

先生はムゥいうもった声をながら俺の大の精を飲んだ

俺と先生はしばらく心したようにていた。

のあと二人呂に入った合ったりして、旦那さんとの機会を何時にする談し、その日は終わった。




 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:いい思いをした話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:いい思いをした話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20150814191653