2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

自分の体に異変が起ってからここ一年に起こったことを書く







1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 00:25:39.51 ID:iY3sr76P0.net
いいかな





2 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 00:27:22.93 ID:xQUS5UR80.net
いいよ




3 :名も無774号+@(^o^)/:2015/10/05(月) 00:29:31.32 ID:iY3sr76P0.net
年の僕は高3年

それなりにもいていた

こそ進学けど

たいは良くな

りに勉強して志望大学にように頑張って貿






4 :名も無検体774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 00:32:40.31 ID:FY/ESHfR0.net
>>2


自分の体に異ったは10月くらいったと

体育祭も終わって高3は受験勉強にこれまよりも励むようてた

模試一日った帰りった思う

彼女を見ためにバス停が来るのをまったんだ

するとが詰まった感覚がほんの一け訪れた






7 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 00:35:45.50 ID:iY3sr76P0.net
そのときはなんか変だなと思ったけど気にも止めなかった

家に帰って母親に

「なんか耳が詰まった感じがする」

というと

「難聴の始まりかもしれないから明日病院に行こう」

と言われた

母親は以前にメニエールという耳の病気にかかっておりそういう話題に少し詳しかった









12 :無き被検774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 00:39:11.38 ID:iY3sr76P0.net
日は日曜日で病院空いてないだろうしそんなにしたことないだろは楽視し

模試あったから早めに寝

次のに朝ると左耳がおかしってた

うと耳に水が溜ま感じ

朝起きて時簿が経つごとに違和感だんだん大きくなり家を出ようる頃にはもう動けほどになって

曜日なの然病院は空いてかったが急患の病に母親に連て行った






16 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 00:43:30.05 ID:iY3sr76P0.net
院にと簡易的な検査をさ

にヘッドホンつけられてがしたらボを押してくださいみいなあるやつ

検査姿した

看護師さんはその査の機械をうまえず戸惑っていたような気がす

査が終わて結果を教えてもうと

耳がかしくなっていたは違和感を感じていた左耳ではなく右耳だというこ

難聴の疑いがあとがわかった

沿に耳に行って精密検査をした方がいと言われての日は帰って寝た

そのはまだ突発性難聴とかそううもの想像しなくて

あまりにしてかった気が







17 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 00:49:17.22 ID:iY3sr76P0.net
次の日になると耳の違和感は両耳になっていた

症状的には

・耳に水が溜まったような感じがする

・ある一定の音の高さが耳に異常に響くようになる(室外機の音とか車のエンジン音)


これがその日に感じたことだった



朝になってまた母親に耳鼻科に連れて行ってもらった

耳鼻科に行き更に精密な検査をする

急患でやったような検査や骨伝導で音を感じるような検査をした

だが僕の耳に異常はなかったらしい

多分低音声振動障害?みたいな病名だったと思うけどそれと診断され更に詳しく検査するために国立病院の紹介状をもらった







20 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 00:53:23.08 ID:iY3sr76P0.net
自分のことで事態がめまぐるしく起こっていたし

さっき上げたような症状もひどく国立病院に行く途中の車の中でパニックになった

発狂と言ってもいいかもしれない

急に泣きわめき暴れてかけていた眼鏡を叩き壊した

自分でも何故かわからない


国立病院では脳波の検査を受けた

結果はやっぱりどこにも異常がないとのこと

医者からはストレス性の突発性難聴だろうということだった







22 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 00:55:57.27 ID:iY3sr76P0.net
こから一ヶ月憶がほぼな

ら薬ほぼ寝たきの生活を送っていたから

薬といは突難聴の用いられるステロイド剤とステ剤の副用で軽く鬱緩和させる精神安定剤

その薬のダブルパンチでき上がとはおろか何なくなていた







25 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 01:01:06.83 ID:iY3sr76P0.net
大事な人を忘れていた

彼女のことだ

高校1年の終わり頃から付き合い始めた彼女に突発性難聴になったということを話すとすごく心配してくれた


彼女は僕と違って頭がよく東京のとても有名な大学にも11月頃には推薦で行くことが決まっていた

僕は寝たきりになってたにもかかわらず毎日連絡をくれた

僕にとって本当に大切な人だ







26 :名774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 01:04:02.93 ID:iY3sr76P0.net
戻す

のせいで寝たきりになって僕だが

冬になるとだんだんは収まってきて

少し動けるうにってい

月ほどんでいた学校に行くとクラスの皆が色紙を書いてくれてい

っと来てトイレで泣いた

そこかセン試験して耳の具合がくなったり良なった繰り返しながら験勉強を再した







29 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 01:07:45.82 ID:iY3sr76P0.net
元から頭が悪かった上に勉強が間に合わなかった僕は案の定センターで爆死したが

二次試験を受けに某うどん県の大学の看護科に行った

二次試験は面接だったが3学期に長期間休んでいたことや体が弱いのに看護師はあなたに務まるのかなど痛いところをつかれ

あえなくボロボロ

やっぱり落ちた







31 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 01:10:54.78 ID:iY3sr76P0.net
パニックも度々起こしたりろくに連絡も取れなかったが彼女はいつもそばにいてくれた

以前

「どうして僕がこんなになってるのに別れようとかしないの?」

と聞いたら

「そんなことでいちいち別れるわけ無いじゃんあなたが好きだから一緒にいるの」

と言われたことがあり

すごく心にじんと来たことは一生の思い出だ


そんな彼女も3月になると東京のほうに引っ越したり

僕も予備校を探して浪人生活を頑張ろうと

お互いを励まし合っていた






33 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 01:15:31.66 ID:iY3sr76P0.net
3月から浪人生活が始まった

現役時代にあまり勉強しなかったからなのか苦手科目などの成績がどんどん上がっていた

耳の調子は相変わらず良くなったり悪くなったりだがなんとか自分をごまかして勉強していた

彼女も東京の生活に慣れるように忙しかったはずだが僕のことをいつも心配してくれたり頻繁に連絡をくれたりした

彼女の親と自分の親が仲良かったこともあり ほぼ両親公認の仲になっていた

大学卒業したら結婚しようねなどと子供の口約束だが将来を誓い合ったりした

その日を目指して勉強を頑張っていたのもある






35 :も無き被検体774号+@(^o^)/2015/10/05(月) 01:19:31.22 ID:iY3sr76P0.net
変わず耳はおかしかったが3月4月と強は調にきてい

一つだけ懸念することがあった

れは天候だ

発性難聴になっの日や曇の日といった気尿圧がなる日になると耳の調子がおかしなってい

5月になるとが増耳がしくり予備校にいくなる日が多くな

女には心配けたくなかたからるとをつい

11月頃にベッの上で1ヶ月過たトラウマが蘇ってき

うあんな日は過ごないと焦るようにって




37 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 01:22:05.29 ID:iY3sr76P0.net
さっきも書いたとおり5月に入ると耳がおかしくなってまた動けなくなってしまった

せっかく今まで順調に来ていたのにと自分を責めたりこれから先治らなかったらどうしようという焦り

親もすごく心配していたのでそれに対する申し訳無さ

色々なものが自分の頭の中で起こってきた






39 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 01:24:29.02 ID:iY3sr76P0.net
ゴールデンウィーク開けだったと思う

自分の中でプツンと何かが切れた

その日から急に何も感じなくなった

動くことや座ることさえ力が入らなくなった

世界から隔離されたような気がした



母が知り合いからきいた精神科のクリニックを予約してくれ

父と母と僕で行くことになった






42 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 01:28:20.49 ID:iY3sr76P0.net
病院の先生は初老の優しそうなおじいさんだった

診察室には母と父もついてきてくれたが先生と僕だけにしてもらって話をした

椅子に座るのも受け答えするのもしんどかったがこの人に自分の思ってることを話さなくてはと直感的に思い色々なことを話した

2回死のうと思ったけど怖くてできなかったこと

今こんな状態になって両親に申し訳なく思ってることなど

話すのもしんどかったのに涙と一緒に言葉がスラスラと出た






43 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 01:31:17.04 ID:iY3sr76P0.net
診察の結果は軽度のうつ病だと診断された

そうやって先生に言われてああそうなんだと何故か納得した自分がいた

これからの通院のことやどうやって治すかなど両親も交えて話合ってその日は帰った

帰りの車の中で父がとても優しかったのを覚えている

父方の祖母がうつ病で入院していたこともあったからかもしれない






44 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2015/10/05(月) 01:36:02.45 ID:iY3sr76P0.net
彼女とはその頃喧嘩をしていて連絡を取れていなかった

僕は僕で大変でうつ病になったことを受け入れるのに時間がかかったし予備校にも休学とどけをだした

両親とも少しギクシャクした



彼女と別れたほうが彼女にとって幸せなのかな

とか自分が大変なときなのにいつもどこかで彼女のことを考えていた

それほど僕は彼女のことを好きだったし愛していた



悩んだ挙句に手紙を出すことにした

何もする気力もなかったがそれでも頑張って力が入らなくなってプルプル震える手で手紙を書いた

うつになったことや僕とはもう一緒にいない方がいいということなどを書いた







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:からだ・健康,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:からだ・健康,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20151018070706