2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(125)







127 :さかなくわえた名しさ:2014/03/30(日) 03:57:03.84 ID:4EwbTSrA.net
所の川沿いのベに座ってたら、知らないじさんに話しかけられた。

今手かざしで病を治する修行をしてまて・・良ければ練習させて頂けないです?」

手をかす?何?えっパニッってい、おんの後ろにいつの間

男のはおろにおさんの頭にをか、何やら呪文を唱え始した。

様子げようとるおじさ追いけ、頭に手かざ続ける男人。

のま人は下流のほう走っていきしばらくしてえなくなりた。


助けてくた・・・んでしょ

大声で治療がの力が〜とくしたてられ怖い思したの怯えて逃げていくおじさを見てスーッと気が晴れました

の人もおじさんかけている間ずっと大いしてて怖かったがw)






128 :おさかなくわえた名無しさん:2014/03/30(日) 04:21:55.91 ID:lpimbZ6z.net
>>127
そういう宗教あってウザいけどオチで大笑いした





130 :おさかなくわえた名無しさん:2014/03/30(日) 07:56:21.74 ID:NLjRuCQH.net
>>127これもなかなかいい撃退法だなwww






130 :おさかわえた名:2014/03/30(日) 07:56:21.74 ID:NLjRuCQH.net
教女 

『あせを祈らてください

俺    

『いいですそのかわりあなたの乳せてください』

宗教女げる

ってのもあって心し





137 :おさかなくわえた名無しさん:2014/03/31(月) 03:00:09.76 ID:DFbLpZUe.net
高校生の時、ネチっこいおばさん担任に逆らった話。

コミュ障気味で明るい性格とも言えず成績も悪かったため、元から先生たちにはいい顔はされてなかったが、この担任のしかり方がしつこい。

一言二言ですむことを、甲高い声で長ったらしく説教するので、日々ストレスがたまっていた。



その担任にある日職員室に呼び出されどんな説教をされるのかと滅入っていたら、校外で俺らしき男が女と歩いてていたのだという。

一緒に歩ける彼女どころか、帰宅部で毎回直帰な俺。違う俺じゃないと言っても「アタシが見間違うわけない!」と担任。

だいたい歩いてたことくらいで説教食らって(しかも冤罪)その理不尽さにイライラして、職員室なのに大声で言っちまった。


「うるせぇな!アンタ担任だろうが、生徒の顔も覚えられねーのかよ。

そもそも女と歩いてた?俺は彼女どころか女と話したことすらねーよ!それも見てないのかよ」


そこまで言っても「アタシが〜」なので、「じゃあ帰ります、もうどうでもいいでしょ」って吐き捨てて帰った。


それが個人的にはいちばん武勇伝だったのだけど、担任がネチっこいことは変わらず。

しかも授業態度は変えてないのに、授業態度が悪いと判断されて担任の担当科目の成績を下げられる始末。

さすがに切れたので、見返してやろうと他の科目を猛勉強(担任のはやる気でなかった)

国家資格を受ける時も「アンタなんかが受かるわけない」って言われたので、逆に頑張ってやった。

結果はきちんと資格取得。

今は嫁もできて幸せですが、あの担任のおかげとは思いたくないので、「担任以外」に感謝の手紙を送りました。






138 :おさかなくわえた名無しさん:2014/03/31(月) 03:15:12.51 ID:COdDveB6.net
国家資格って何?弁護士とか?




139 :おさかなえた名無2014/03/31(月) 03:41:52.67 ID:DFbLpZUe.net
>>138
たらいなとはますけどしましたwww

ちおう独立できるです。






144 :さかなくわえた2014/03/31(月) 19:05:35.71 ID:aU42gTS3.net
26歳男。)日曜日に体験た話


年4月る前の日は出られる親族が集まってょっとした会合を行っます

は親族間統行事的なもので特意味は無いのだが

族に員秘書、弁護税理士、経営コンルタント有名らしい)尿医者といすごメンーがり、色々な裏話が聞ける俺は毎年楽しみにしている

ちなみに私はック名高い会の営しかも平社員w


しかし皆、い頃の付合い有る上裕のる方ばかといのもあり

きはいつでも言えwなか良い仕事見つけやるからw(コンサルント)とか

会社訴えるときは俺によ。格安やるから。」(護士

笑いサラーマンネタんかを話ながら和気々とした囲気では進みました。


、私がほろ酔いになった

れて行員のとその妻がやってきまた。


私は弟の妻が少々苦でした。見えなとこは私ズ」だの「ミ」いるらしく、そ度に弟たしめているらしです

かし人ですし、社ではクズ、ゴミ程度は日常ですからうたびには使っているつもりした。


の妻親族を順々に廻り挨拶していきましたが私に拶無し

ぁ挨拶し欲しかった訳でも無し、気にしていなかったのですが

逆に「んで義兄んは拶に来ないのから」みたいな事を聞こえるようにてき


瞬で険悪なる空気

しかで空を悪くしたままにするの営業しての名折

士の貿叔父が何かおうとしたが制し

「これはこれはお気付きに申宿し訳ございま近頃はどうです?」

等とこちらら挨に伺った。

明ら面白沿そうな嫁、弟はおどどしていた。









145 :おさかなくわえた名無しさん:2014/03/31(月) 19:06:49.14 ID:aU42gTS3.net
その後少しだけ和やかになった空気の中で

今度は弟嫁が「ねぇ、お義兄さん。お義兄さんはいつ出世するんですか?」と聞いてきたので

「う〜ん。出世にあんまり興味ないからなぁ。中間管理職って辛そうじゃないですか?」

と答えると、鼻で笑って

「なりたくないんですか?なれないんじゃなくて?」と煽ってきました。

「あはは、まぁそうかも知れないですね〜」

なんて言いながら出た笑顔は少し引きつっていたのかもしれません。



「そんなんだから、いつまで経っても結婚できないんですよ〜」と更に弟嫁は続ける。

「あはは、○○さん(弟嫁)手厳しいなぁ〜」なんて営業スマイルを浮かべながら、流石に腹が立ってきた

弟も流石にやばそうな空気を感じ取ったのでしょうか「おい、馬鹿、いい加減やめろよ」と言った。

しかしこれが引き金になってしまったようです。


「え?馬鹿?今、馬鹿って言ったの?私が?この人(私を指差して)じゃなくて?私?

冗談じゃないわよ!こんな人と一緒にしないでよ!

大体なんでこの人をあなたが庇うの?あなたは私の夫でしょう?だったら私の味方をしてよ!」

みたいな事を逆ギレしながら叫んだ


心根の優しい弟のことです。折れるんだろうなぁと思ったのも束の間

弟が突然嫁の胸倉を掴み

「おい、兄貴を馬鹿にするんじゃねえ!」と叫びだした。

今まで怒ったとこなんか見たことのない弟のマジギレだった。


親族一同静まり返る。嫁、震える。私、26にもなってちょっとチビる


弟は続ける

「今まで何も言わなかったけどな、俺が今銀行員を出来ているのは、全部兄貴のおかげなんだよ。

兄貴がお前の方が出来が良いからお前は大学に行けって。自分は進学しないで、ずっと足を棒にして働いて!

兄貴は言うなって言ってたけど、大学でてすぐ挙げたお前との結婚式の費用だって兄貴がかなりお金をだしてくれたから出来た事なんだ!

それを何だよお前は。結婚式の時の祝儀が少なかったっていうのをいつまでも根に持って!

本当は一番出してるのは兄貴なんだよ。

大体ずっと前から年収で人を判断するなって言ってるだろう!兄貴は俺が知っている中で一番立派な人間で、一番大切な家族なんだよ!

今後同じような行動を取ったら、これにサインしてもらうからな」






146 :おさかなくわえた名無しさん:2014/03/31(月) 19:14:55.79 ID:aU42gTS3.net
そういって懐から緑の紙をチラッと嫁に見せた。


嫁は震えながら外に出て行った。多分弟に怒られたことなんて無かったのだろう。

私も初めて怒ったのを見ました。

親族も驚いていました。



その後、弟が「兄貴、今まで何のフォローもしなくて悪かった。俺は誰になんと言われようと兄貴にはものすごく感謝しているから。許してくれ」と言った。


私は「そもそも怒ってないから気にするな」

と弟にびびりながら言った。



先の弟が話した内容は親以外誰も知らなかったので、その後はその話題で持ちきりでした。

弁護士の叔父が調子付き、テキーラを持ってきて私に注ぎだしたところまでは覚えております。

目を覚ますと、自室のベッドで眠っていました。



何気なく携帯を見ると今朝、弟の嫁から長々と謝罪文が送られてきておりました。

おそらく弟に強要されたのでしょう。文章からなんとなく嫌々感が出てました。


私は二日酔いの頭で出社の準備をすると

営業ロープレを終わらせ、契約を取らなければ帰れないスタンスの会社なのでストックしてある契約を1つ自分用、1つ上司用として提出すると早退扱いじゃなく帰宅を許されたので本日は午後一で帰宅いたしました。


足を棒にして働いていると思っている弟にこんな姿は見せられないな。と思った今日の午後でした。






147 :おさかなくわえた名無しさん:2014/03/31(月) 19:31:24.45 ID:0TNLrz31.net
>>144-146
ええ話ありがとう!





150 :さかなくわえ名無しさ:2014/03/31(月) 20:29:01.26 ID:m15x2NkC.net
>>144-146
最近で一番スーッとした

がその勢で緑のサインさせらスカッと

い弟持った 女を見る目はそうだがw

頑張れお兄ちゃん




152 :なくわた名無し2014/03/31(月) 20:34:29.61 ID:S9u2MG8G.net
いい話だけど弟の女なさが腹たしい





154 :おさかなくわえた名無しさん:2014/03/31(月) 20:50:44.79 ID:YW+6Yk6C.net
>>152
同感




156 :おさかなくわえた名無しさん:2014/03/31(月) 21:22:28.06 ID:aU42gTS3.net
>>150
>>152
>>154

すみません。これだけ気になったので返信させてください。


弟嫁はものすっごく綺麗な人です。20歳くらいだった時の伊東美咲そっくり

恐らく勉強勉強で女性に耐性の無かった弟は瞬殺だったのでしょうね。

交際期間も1年くらいでゴールインで、同棲せずの結婚だったので

私も同棲して、もう少し考えてからにしたほうが良いのではないか?と話してはいました。

しかし、弟はこの人以外考えられないと言ってましたのでよしわかった。となった訳です。

私の家系は代々女性に騙されるらしく、実は親も離婚してますし祖父も離婚してます。

私は飲み屋の女の子に貢いでます。

ここは弟に止めて欲しいところだけれどもう黄色信号がでてしまってるのに一族の宿命か!と思わざるを得ませんねw

すみません。蛇足でしたw







160 :おさかなくわえた名無しさん:2014/03/31(月) 22:58:56.45 ID:G1Jh43GM.net
顔がいくらきれいでも、そんだけ根性悪なら早い段階で別れたほうがいいよなー。

身内に強力なコネあんだし、証言や証拠がいっくらでも取れそう。

今後、送ってきた反省文(謝罪文?)と行動が相反してるようなら

さりげなく弟に知らせたほうがいいよ。宿命とか言ってる場合じゃねーぞw





163 :おさかなくわえた名無しさん:2014/03/31(月) 23:31:57.91 ID:a3lKQyDa.net
素晴らしい兄弟愛に全俺泣いた。

兄ちゃんは貢がせた女を絶対手に入れろよ!頑張れ





164 :おさかなくわえた名無ん:2014/04/01(火) 00:24:08.33 ID:u6xOaBDi.net
>>146
久々にいい話だった
ーッとした




165 :おさかなくわえた名無しさん:2014/04/01(火) 02:41:54.16 ID:MIJsjSaD.net
おにいちゃんえらいね(;;)




-----------------------------------


259 :1/3:2014/04/07(月) 10:08:04.23 ID:G04D3Im1.net
私の母の存在で、村1つの在り方と数多くの娘さんの人生が変わっていた話。

30年位前の話でフェイクもりもりなのでつじつま合わないところあったらごめんなさい。


私の母は距離にして北海道→関西くらいまでの大移動をして進学をした人。

進学先と同じ土地で就職。私の父に出会い、結婚した。

父の実家は新幹線の停まらない駅から更に車で2時間の超田舎。

田舎と言うともう少し街側に住んでいる人に「お前らと一緒にスンナ」と言われるくらい田舎。そして農家。

ほとんどの家庭で嫁いびりっぽいことはあったそうだが、周りがそんな環境なので当たり前の雰囲気だった。

しかし私母はそんなこと気にしない。ガンガン正統派にやり返し、陰で鬼嫁と言われていた。

この辺は今回の話とは関係ないので省略。




私は妹と2人姉妹。

祖父母と同居しており、実家は例にもれず農家。


当時は学歴社会と少子化が顕在化し始めたころで、10年ほど前から2〜4人くらいの兄弟構成が多くなりつつあった。

そうすると当然ながら男の子のいない家庭が出てくる。

しかし膿家は女の子でも容赦なし。進学先の選択肢などなく長子は農業高校一択。

農高なんて農家がほとんどだからみんな実家を継がなければならず、婿入りしてくれる相手なんて見つからない。

私地元の農高は大変偏差値が低く農業大学に進学するほどの学力はない人が多く

地元に戻る→結婚相手が見つからず途方に暮れる、みたいな流れがちらほら出始めていた。

昔なら養子縁組もあったのだろうが、時代の流れでそれも難しい。



そんな中、私は母の方針で公立普通高に進学。

祖父母が何か言っていたらしいが、父が普通高→農業大学なのでその流れでいくと思わせて了承させる。

まぁ、農業大学ならバイオ系の研究職もあるな〜くらいに思っていた高校1年生の時に父が事故で急逝した。

ここで私の人生一変。村の未来も一変。

テンプレ嫁いびりを受けていた母はさっさと妹と私を連れて田舎を脱出。街中で新しい生活を始める。

母は嫁いでからは農業を手伝っていたが、実は結婚前は看護師だった。

あっという間に前の職場のツテを使って好条件で復職。大変だったろうが、女で1つで私たちを育て上げてくれた。







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:武勇伝  |  タグ:すっきりした話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:武勇伝  |  タグ:すっきりした話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20151018075918