2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

死んだはずの人が生きてた事になってた不思議な体験をした







1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:01:06.950 ID:sJMGdF1s0.net
目が覚めちゃったから垂れ流す

かなり昔の不気味だし不謹慎な事もでもあるから身内にも言ったこと無いんだけど

端的に言うと

死んだはずの人が生きてた事になってたって話






15 :(^o^)/でVIPがおします:2016/01/31(日) 03:07:39.585 ID:sJMGdF1s0.net
から大体15年位前の金曜日の夜

時実しだっ時に母から来客が来があった

その人は祖い縁の女

争で結したばの旦那さんを亡して一人に稿なり

の後は再せず子供もいないまま一人でてき

最近で俺のら遠い場所住んでなっ

最期は旦那さんと思い出がある所で過たい、いう話に


だから途中に挨拶に来る、といった






17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:09:49.361 ID:8/yRPEWT0.net
ほう




20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:11:54.165 ID:sJMGdF1s0.net
その人(以下おばさん)はかなりの年の割にまだまだ元気で

私よか長生きするだろねー、と祖母は笑ってた

俺にとっては単なる祖母への来客だからあまり気にしなかったけど

あんたも挨拶しなよー、と祖母に結構念を押されたのを覚えてる






22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:15:13.449 ID:sJMGdF1s0.net
んで土曜日、確か昼過ぎ位

母親に起こされた。

俺は金曜夜の祖母との話の後夜更かししてその時間まで寝てた

お客さんが来たから挨拶しろと、要はおばさんが来たらしい

俺は二階で簡単に寝癖を直して着替えて、下の和室に行った








24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:20:38.648 ID:sJMGdF1s0.net
和室の襖を開けた時、昨日まで重かった襖が軽い力で動いた

祖母が来客だと気合を入れて掃除して襖の溝にも蝋を塗ったらしい

でもそんな事俺は知らなくて、いつもの力で襖を開けようとした

要は力が余計過ぎて、襖をスッパーーーーン!!と思い切り開けてしまった


和室では驚いた顔のおばさんと祖母が俺を見ていた

気まずくて申し訳なさもあったけど俺はちょっと笑いつつ

「こんにちは、遠路はるばる」みたいな挨拶をした





27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:25:09.692 ID:sJMGdF1s0.net
おばさんは確かに年齢より若そうだった

和室の座布団にピシっと正座していた



そして物凄く驚いた顔でこっちを見ている

確かに俺が驚かせてしまったけれども、ちょっとオーバーな気もした

目を思い切り見開いて、口もなんだか半開きで

信じられない物を見ている様だった

俺もなんだか動けなくて、挨拶してから10秒位はたったままだった



そしたらおばさんが倒れた




28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:25:43.618 ID:8/yRPEWT0.net
え?




29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:32:09.083 ID:llIKw+sO0.net
おばさんどうした




30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:33:08.334 ID:sJMGdF1s0.net
正座していたから倒れたっていうのはおかしいかもしれないけど


こう、体の力が抜けてへちゃっと崩れるような感じ

驚いておばさんに近寄る祖母と俺の後ろから駆け寄る母親

俺は「え?俺のせい?」と思いながらもおばさんに近寄った


おばさんは心配する祖母も母親にも見向きもしなかった

崩れた後も俺をひたすらに凝視して、更に泣き出した


俺がおばさんの手の届く距離でしゃがんだ時に、すっと俺の手を両手で握った

嗚咽を漏らしながら俺の手を摩る様に、まるで存在を確かめる様に

大泣きしながらだから全く聞き取れなかったけど

誰かの名前を呼んでいる様に聞こえた






31 :漆黒烏茶 ◆XLARGE//0c :2016/01/31(日) 03:33:39.962 ID:yjNM5X41p.net
か?




32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:33:59.822 ID:8/yRPEWT0.net
おお




33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りしす:2016/01/31(日) 03:38:05.775 ID:sJMGdF1s0.net
おばさんが倒れて崩れ)からちょっとだけ経ってか

んの調くなではとの両親祖母の判病院事になっ

詳し知らなかたけどおばさんは心臓が良くなかったらし

が掛かったから、というもあったか



は蚊帳の外に置かさんはで病院に

救急車がレンを鳴らしていなかったのを覚えてる






35 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:42:21.727 ID:sJMGdF1s0.net
おばさんが運ばれてからまた少し時間が経った

俺はいきなりおばさんが倒れて運ばれて、

しかも もしかしたら倒れたのは俺の所為なのか、と呆然としてた

両親祖母はあんたのせいじゃないよと

祖母は襖の事を言っておくべきだった、と俺に謝った

3人は直ぐに病院に向かって、俺は留守番していた






37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:45:16.028 ID:sJMGdF1s0.net
夕方頃になって、父親だけが帰って来た

父親が、おばさんは大丈夫だという事、お前に会いたがっていると言った



なんで俺なのか分からなかったけど、お見舞いが出来るなら行くべきだと思って

俺も病院に向かった

その頃には夕方になっていたと思う






39 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:50:15.352 ID:sJMGdF1s0.net
病院に着いたのは太陽が沈み始めてる位の時だった

その日の昼に運ばれてその日の内にお見舞いが出来るのか?と思ったけど


俺は病室に通された

個室だったのかは曖昧だけど おばさんは一人でベッドに寝ていた

おばさんは俺をみると「○○ちゃん?」と俺の名前を呼んだ

おばさんのまともな声を聞いたのはそれが初めてだった






42 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:58:20.905 ID:sJMGdF1s0.net
俺がそうだよ、と答えると

「そうよね、○○ちゃんだよね、ごめんね」と言った

おばさんが半身を起こそうとしたので、ベッドの半分を起こして手助けした



今考えるとその部屋には俺とおばさんしかいなかった

おばさんが話始めた

・俺が亡くなった旦那さんの生き写しの様に似ている事

・初めて旦那さんと会った時、旦那さんもうっかり襖を思い切り開けた事

・俺が照れ隠ししながら言った挨拶も、当時の旦那さんとまるで同じ内容だった事

・過去の愛していた人が目の前にまた現れた様に見えてパニックになってしまった事


そして気付いたら涙が止まらなくなってしまった、

と、うっすらと涙を流しながら語ってくれた




43 :下、\(^o^)/でVIPがお2016/01/31(日) 04:00:03.590 ID:8/yRPEWT0.net
ちょっとまて、に不ました





44 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りす:2016/01/31(日) 04:04:17.080 ID:sJMGdF1s0.net
おばさんは語りながら

な話でごめね、おいでしう、不気味でし、ごめんね、と

俺は変ゃないかった

は俺の目をじなが、微んでくれ

いつ間に親達が入ってて、おばんは一応大事をとて病院まるなっと言った






46 :以下、\(^o^)/でVIPがりします:2016/01/31(日) 04:09:21.706 ID:sJMGdF1s0.net
両親は明日もお見舞に行して来て俺した

那さに似ているなら、会えばさん元気に西も?った


最期に病室を出る前に おばさんいされ

おばさが手を広げて来たので近ると、おばさんは両手で俺の顔に手をえて

い笑顔で微笑んだ

姿俺と那さねている様だっ






47 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 04:12:47.389 ID:sJMGdF1s0.net
家に帰った後も、色々な事がありすぎて途方に暮れた様な感覚だった

晩御飯も食べてテレビも見たはずだけど、どこか曖昧になってしまう


兎に角明日もお見舞いに行こう、明日の予定はキャンセルして・・・

風呂に入って、かなり早い時間に布団に入った



ここから更に不可思議な話になります






48 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りしま:2016/01/31(日) 04:14:46.019 ID:8/yRPEWT0.net





50 :以下\(^o^)/でVIPがりします:2016/01/31(日) 04:20:35.090 ID:sJMGdF1s0.net
は森を歩いてい

何処だか分らない、のために歩いるかもよく分らない

けど俺にも人が沢山て、皆歩い

いているといきり轟音が鳴響いて俺は伏せた

故伏ないのか、からなど伏せなくれば!!と体が動い



と後ろをと俺の後ろいた人れている

反射的にその人駆け寄って、半ば引き摺る様に前進した

何度の人に話し掛け怒鳴、その人が誰かも分からないのに

で誰知っているに、こじ死ねなだろ!死ねないだ

「△△△がるんだろ!!」と怒っていた、内はよく覚えていな

自分の声も掻き消されな爆音と轟音が響いて






51 :以下、\(^o^)/VIPがお送りしす:2016/01/31(日) 04:22:26.591 ID:8/yRPEWT0.net
な?




52 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 04:29:23.841 ID:sJMGdF1s0.net
どれだけ歩いたかも分からなくなった頃、爆音が終わった

俺はまたひたすらその人を引き摺って歩いていた

するとやや平地の様な場所に出て落ち着けた、いや落ち着きたくなった

その人の体を見ると、特に怪我だとかは無くて死んでいる様でもなかった


後ろから同じ格好をした男が這って近付いて来て俺に話し掛けた

「××、生きてるか」と

「俺は良い、こいつはどうだ」と俺は返した

「こいつも生きてる、ああ全く」とそいつが返した


だけどその直後、男は俺の顔をまじまじと見た後、その人の顔を確かめた

その人の胸?か服を確認した後、驚愕したような顔で男が叫んだ


「お前は誰だ!?」と







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:オカルト・ホラー,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:オカルト・ホラー,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20160227210140