2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

彼女が3Pを好きになった経緯







447 :コピペ:02/03/11 23:44 ID:F/mQfy76
まだ結婚はしてないんですが、彼女がいます。

その彼女が他人とHしているところをどうしても見たかったんです。

ある週末、彼女(由香)と僕(亮)、そして高校時代からの悪友(浩二)と三人で飲みに行きました。

それが始めてというわけではなく、それまで何回か三人で飲んだり遊んだりしたことがありました。

でもその日はいつもと違いました。

といっても、違っていたのは僕と悪友だけで彼女はいつも通り、普通に話したり笑ったりしながら飲んでいました。



実はその日の前日に僕は浩二に

「なぁ、明日さぁ飲んだあと、ちょっと面白いこと考えてるんだけど・・・」と話をもちかけました。

僕は前から由香が他の男に裸を見られたり、Hなことされたりするところを見てみたかった。ということを打ち明けました。

それを聞いた浩二は「まじ?俺はぜんぜん良いけど。っていうか。本当にいいのか?」とビックリしていました。

「でも、由香ちゃんが嫌がるんじゃないか?」って言います。




448 :コピペ:02/03/11 23:46 ID:F/mQfy76
そこで僕は、前から考えていた計画を浩二に説明しました。

「大丈夫だよ、いい考えがあるんだ。

まず明日、飲んだ後に俺の部屋で飲みなおすことにして三人で俺の部屋に帰ってくるだろ。

そして部屋まできたら、俺だけビールを買いに行くことにして部屋の鍵だけ開けて出て行くから、そしたら由香と二人っきりになるだろ。

そしたらまず、浩二がテレビをつけるんだ。

そして何気なくビデオを再生してくれ、俺が前に由香とHしてるところを撮ったビデオを入れておくから・・・」


「まじで?そのビデオ見ても良いの?」


「うん良いよ、そしたら由香が絶対に「キャー見ないで!」とか言うから、浩二はそのまま、何とかして見つづければ良いんだよ・・・その辺で俺が帰ってくるよ」


「うん、でどうするんだ?」




449 :コピペ:02/03/11 23:46 ID:F/mQfy76
「そのは俺に任とけ、んとかするか

説明していも、ドキドキしの息子はビンビていまし

して当日、いつものよカラオケBOXでいつもより多めに由香に酒ました。

そして由香かなりハイにっていました。



浩二由香ちゃんホント可愛、オッパイ大き、亮がうやましい」なん言ってそんなに大きくなよ〜、ねぇ亮」んて言す。

大きいじゃん。俺の自慢パイだぞ!」と言い僕がオッパイを

由香は「イヤ〜ん、ダメぇとか言いながらも、そんなにしません。





450 :コピペ:02/03/11 23:46 ID:F/mQfy76
すると調子に乗った浩二は「俺も触りたいなぁ!」と言いました。

そして僕が「じゃあ、ちょっとだけ触らしてあげたら?」と由香に言うと「え〜、だってホントにそんなに大きくないもん」と意外な答え。

僕は「大きいよ!俺の自慢のオッパイだぞ、乳首だってピンクだし」と追い討ちをかけました。

すると浩二は「え?ピンクなの?見たいなぁ〜」と足をバタバタさせています。

由香は「ダ〜メ!見せてあげない!」って言いながらも笑っています。

僕は「良いじゃん、だったら少しだけ服の上から触らしてあげたら、俺は良いよ。だって自慢だもん!」と言うと

由香は「じゃあ、ちょっとだけだよ。」と胸を浩二の方に向けました。









451 :コピペ:02/03/11 23:46 ID:F/mQfy76
僕はこんな風に由香がOKするとは思わなかったので、驚きながらもドキドキしてその光景を見ていました。

浩二は「やった〜!」とガッツポーズをしたと思うと、手を由香の胸に伸ばし始めました。

ホントに大きいオッパイは、少しゆったりと胸の開いた薄手のブラウスに張り付いています。

近づくとブラジャーのガラも見えてきます。

そして浩二が軽く触ったかと思うと、由香は「はい、触ったでしょ。終わり!」と笑いながら言います。

浩二は「え?まだ触ってないよぉ〜」と悔しそうにしています。

そして、それから、しばらく飲んで家に帰ることにしました。





452 :コピペ:02/03/11 23:47 ID:F/mQfy76
ここからが計画本番です。

僕のワンルームに三人で帰り、鍵を開けた時に

「あっ、ビール少ししかないんだ俺、コンビニで買ってくるから、先に上がっておいて」

と浩二に目で合図をしました。

「わかった。じゃあ待ってるよ」

由香はかなり酔っ払ってるのか「いってらっしゃ〜い!おつまみも買ってきてね」なんて言ってます。

そしてドアが閉まりました。



僕は高鳴る胸を押さえながら、すぐに裏のベランダの方に走りました。

ベランダに入り込み、あらかじめ少し開けておいた窓から気づかれないように中の様子を見ることにしました。




453 :コピペ:02/03/11 23:48 ID:F/mQfy76
少し玄関のほうで話をしていたらしく、僕がベランダに来てから部屋の方に二人で入ってきました。

由香はすぐに僕のベッドに上がり座り込みました。

そのヒザを抱えて座っている格好だとちょうど僕のいる方から見るとスカートがめくれパンツが見えたのです。

僕は見慣れている彼女のパンツにすらドキドキしていました。

そんなパンツを見ていたら、浩二の声が聞こえました。

「テレビつけよっか」

由香も「うん、そうだね。今日なにやってたっけ?」なんて言ってます。

そしてテレビをつけた浩二が、チャンネルを変えまくって最後に

「なんにも面白いのやってないね。あれ?ビデオ入ってるよ。見てみよっか?!」と言うと





454 :コピペ:02/03/11 23:48 ID:F/mQfy76
由香も「うん、亮、何見てたんだろう?」

そして浩二が再生のボタンを押しました。

すると、画面に僕が昨日仕込んでおいた由香とHしているビデオが映りました。

それも、バックから由香としているシーンです。

次の瞬間、由香が「え?いや!見ちゃダメ!!!止めて!」と叫びました。

僕は浩二に見られているということと、由香がその見られて恥ずかしがっているシーンを目の前に現実に見て、心臓がバクバク破裂しそうでした。


浩二は「ウォー!すげぇ〜、これ由香ちゃんだろ!?」とビデオにくぎ付けです。

その後ろから由香は浩二が持っているリモコンを奪い取ろうと、必死です。

そんな最中もビデオからは由香の感じている声が「あん、あん!いくぅ〜」とか流れています。





455 :コピペ2:02/03/11 23:48 ID:F/mQfy76
由香は「もう知らない!」と諦めたのか僕の布団をかぶってしまいました。

それを良いことに浩二は「でも、由香ちゃんの乳首ってホントにピンクだ!綺麗だよ」なんて誉めています。

それを聞いた由香は「もう〜ホント見ないで〜恥ずかしいから・・・お願い!」と今度は布団から顔を出して浩二にお願いしています。


すると浩二は「だって、もういっぱい見ちゃったよ。今更、止めたって一緒だよ。

それに、こんなビデオ入れっぱなしにする亮がいけないんだよ。

あいつ、昨日これ見ながらオナニーでもしてたのかな〜?」なんて言います。


由香は「そんなことないよ〜、亮のばか、ばか〜!でもホントもう見ないでぇ〜」なんて




456 :コピペ2:02/03/11 23:49 ID:F/mQfy76
なかば諦め顔で言ってます。

「でもさ、俺もこんなの見てたらチンチン立ってきちゃったよ。お?!すげぇ〜、> 今度は由香ちゃんのアソコのアップだよ。ほら!ウォーすげえ〜!由香ちゃんのアソコの毛、ウサギのしっぽみたいで可愛いね。でも凄いヌレヌレだよ。」


由香「恥ずかしい〜・・・もう〜お願い!なんでもするから!見ないで。浩二くん!」

「え?なんでもしてくれるの?じゃあ、由香ちゃんの生のオッパイ見せてよ!そしたらビデオ見たことも、亮に黙っててあげるよ」と予想外のことを言い出しました。





457 :コピペ3:02/03/11 23:49 ID:F/mQfy76
由香は「え???ダメだよそんなの驚いてまし

じゃあ、まで見ようと!そし亮にもビデたこと言っちゃおう亮、んな顔するだろ?!」

「え?でも婿・・って・・・わかった。じょっとけだよ」とこれた予想外の展開で

すると浩二はじ!見せてくれるの?じゃあ脱い、脱いで!」やっビデオから目を由香に向けると、そういって嬉しそうでした。

ると由香は「ホントに黙っててくれる?」と確認す、布団をどッド座り込みました。





473 :どうぞ。:02/03/13 19:43 ID:0IW7ckZr
由香は浩二に「ホントに黙っててね。約束だよ。」と念を押します。

「うん、分かった約束する。だから早くピンクの乳首見せてよ。早くしないと亮が帰ってきちゃうよ。」とせかします。

由香はベッドから降りると、玄関の方に歩き出しました。

少しして戻ってきて「亮が帰ってきたらまずいから・・・カギかけた」と浩二に言います。



そして由香は白のブラウスの裾をミニスカートから抜き取ると下のボタンからハズしだしました。

浩二は黙って見入っています。

一番上のボタンに手がかかった時、由香は「ホントに見せたら亮には黙っててくれるんだよね。」と小声で言いました。

「絶対に言わないから、早く見せてよ。」浩二が言います。

そして由香は上半身ブラジャーだけになりました。

大きいオッパイはブラジャーからはみ出しそうになっています。




474 :どうぞ。:02/03/13 19:51 ID:0IW7ckZr
僕は悔しいやら、嬉しいやら、嫉妬も通り越して、もうドキドキして今にも射精しそうでした。

ベッドに座りながら脱いでいた由香を見上げるように床にあぐらをかいて座り込んでいる浩二もまた股間に手をやっています。

そして由香は「ちょっとだけだよ。」と言うとブラジャーのホックをはずさずにブラジャーの下の方を持って上にずりあげようとしています。

オッパイの下の部分が少しずつ見えてきます。

僕の立っているところからは、横からしか見えなかったのですが、由香のまん前に座り込んでいる浩二には良く見えたと思います。

そしてついにピンクの乳首があらわれました。

浩二は目が点になっています。

その間、たった一秒か二秒かだったと思います。




475 :どうぞ02/03/13 19:52 ID:0IW7ckZr
ラジャーをパッと下げて、それまで無言だっ香がい、見えたでしょ。早くて。言いました。

すると浩二は「えまだよくえてよ!ちと見れなきゃダメだよ。」とまたビデオのました。

には今度は由香が僕の息子をフェラチオして笑っているシーンが映ってした

に気がつた由香は二君、ホントお願いいで〜」と今リモコンではなく直テレビを消そうッドを降て四つんばいでテ近づこうとした。

突然、動き出した由香にビックリた浩二は由香の後抱きつき、テレビにないようにた。

の前が完全に開いていて、しかもミニスカート突きを捕まいる浩二と由香姿にはと奮しまた。

「チュパ、チュパ・・気良い」とオから由ラチてい音と声がしす。







476 :。:02/03/13 19:53 ID:0IW7ckZr
僕はそろ行かないとまず思い、全力ダッシュでコンビニにビールをいにりました

その間、115分だと思いま

レジでいる間も人のとが便になっ仕方ありませんでた。

そして急いで帰るともう一度ンダ方にまわました

何も起こっているな!持ち、何か起こっている!というの気ちがした

そして中をと、こには浩しかいませんでした

僕はあれ」と正直、拍が抜けていました。

が無いので部屋ました

部屋に入ると、浩二?」婿と普通のテレビを見ていました






477 :どうぞ。:02/03/13 19:54 ID:0IW7ckZr
正直拍子が抜けてしまいました

仕方が無いで部屋入ることにしした

入る姿二が「あれ?一人?と普通のテ見ていました。

が「由香は?」と聞くと「さっき前が遅いから迎え行くって出て行ったど」と言います。

僕は浩二にまで見ていたこ告げその後どうなったのかと聞くと

?その?俺がしつこくデオいか「もらない!」って出てっちゃっだけだよ。俺って、姿こまでやっていらなか

僕は「じゃあ、の後ないな?

うん何も・・・結局ッパょっと見ただけだよ

ガッカリしています。




479 :つづき。:02/03/13 23:54 ID:dU5eVDbO
そこで、僕は次の計画にうつる決意をしました。

「なぁ浩二、由香が帰ってくる前にお前、一度帰れ。」

「は?」

「由香が帰ってきたら、俺は何も知らないことにして由香とHするから、そして一時間くらいしたら「忘れ物した」とか言って戻ってこいよ、鍵かけないでおくから「寝てると思った」とか言って入って来ればいいよ。

バッチリ由香が生でHしてるところ見せてやるから、あとはなるようになるさ。」




480 :つづき:02/03/13 23:55 ID:dU5eVDbO
浩二はビデオを見たり、乳首をチラって見せられただけで欲求不満なのか「ホントに今度は良い思いさせてくれるんだろうな?!」と一時間で帰ってくることを約束し出て行きました。

それからしばらくして由香が帰ってきました。

「おかえり〜由香、浩二の奴、俺が帰ってきたら、突然「帰る」って帰っちゃった。」

「あ、そう・・・」

由香はちょっぴりホッとしたような顔をしていました。

ブラウスもちゃんとスカートに入っていて、さっきの光景がまるで嘘だったかのように普段どおりでした。

由香は部屋に入るといつもと同じように僕のベッドに座り、後ろから僕の背中に抱きついてきました。

僕は「折角、ビール買ってきたんだから二人で飲もうか?由香が好きなお菓子も買ってきたよ。」と軽く由香にキスをしました。




481 :つづき:02/03/13 23:57 ID:dU5eVDbO
すると、由香は自分から唇を絡めてきました。

僕もさっきのことがあったので、いつも以上に興奮してディープキッスをしました。

そして僕は由香の服を脱がしだしました。さっき見たブラジャーがなんともエロチックに見えました。

次にスカートに手を掛けたとき、ベランダの方で人が動く気配を感じ、そっと目をやるとなんとそこに浩二が居たのです。まるで、さっきまでの僕のようにカーテンと窓の隙間から部屋の様子を見ています。

僕はまたまた、興奮してきました。

由香は全く気がついていません。

気が付かないどころか、いつもより僕の愛撫に感じています。

僕はスカートを脱がすのをやめ、直接パンティーを触りました。

由香は「アン、ア〜ア〜ン・・」と感じています。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 寝取らせ・スワッピング,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 寝取らせ・スワッピング,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20160309124148