2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

彼女が俺を助ける為にチーマー達に目の前で輪姦された







277 :sam:02/06/07 10:10 ID:2SSXljiw
これからお話する事はすべて実話です。

ここにいる皆さんが同じような経験をされているみたいなので、私もお話します。

私と妻は結婚してもう4年目を迎えました。

私26歳、妻25歳。娘も生まれ今とても幸せな毎日を送っています。

そんな幸せな家庭でも、我々夫婦間には決して触れてはならない過去があるのです。

それは私達が出会った頃の話。

今でも鮮明に覚えている、あの忌々しい事件の事をお話したいと思います。



始めに手前味噌で申し訳ありませんが、妻は私にはつりあわない程の美形です。

スタイルもよく、皆から羨ましがられる自慢の妻です。「一つ屋根の下2」に出演していた、あの意地悪役の女優、伊藤裕子?でしたっけ?によく似ています。

もっとも妻と出会った頃は私も伊藤裕子?など知りませんでしたので、後に彼女がテレビに出た時には、ものすごく驚いたのを覚えています。

余談ですが、今思えば、娘が私に似なくて本当によかったと思っています。




278 :sam:02/06/07 10:12 ID:2SSXljiw
私と美恵子(妻)が出会ったのは高校3年の時、初めて同じクラスになったのですが、私をはじめ、クラスの男子の殆どが、高2の時に校内の準ミスだった美恵子の事を知っていました。

最初の頃の印象は、確かに美人でしたが、それ特有の気の強さがあり、近寄り難い存在でした。

(今でも気は強い、だから最初に「一つ屋根の下」に出演していた伊藤裕子を見たときは本当に美恵子と重ねてしまった。)だが次第に仲がよくなり、夏休みには、2人で映画を見に行けるぐらいまで、親しくなっていったのです。

そして2学期が始まり、駄目もとで彼女に告白した。結果は何とOKだという。

私はうれしさのあまり、翌日熱を出してしまい、学校を休んだのを覚えています。

その日彼女が見舞いに来てくれた事も。


一方、私の方は、不良グループには属さなかったものの、そのリーダ格と親しく、結構悪かったかもしれません。

でもそのリーダー格(以下A)は決して根は悪い奴ではなかっし、むしろ私にとっては、かけがいのない友人でした。

そう・・あの事件がおきるまでは・・






279 :sam:02/06/07 10:15 ID:2SSXljiw
私と美恵子が付き合って1ヶ月を経過した頃、その時私と美恵子はキスはしたものの、まだセックスをした事はありませんでした。

やりたい気持ちはあったのですが、美恵子の顔を見るといつもその欲望を抑えてしまい、その時点では、まだ私は美恵子の裸を見た事も無く、恥ずかしながら、それを想像して自慰をする程度でした。

ちょうどその頃から、彼女が友人の A の悪口を言うようになっていきました。


「私あの人嫌い!付合うのやめたら?」

美恵子は会う度に悪口を言うようになっていきました。

「えばっている」「センスが悪い」等・・

私は「まあまあ」となだめていたが、だんだん面倒くさくなり、次第に話をあわせるようになっていきました。


それでも私とAの付き合いは続いていたのですが、ある時、私達が悪口を言っている事がAに耳に入ってしまいました。

そして、放課後、私だけがAに呼び出されたのです。




280 :sam:02/06/07 10:20 ID:2SSXljiw
「てめえ・・準ミス手に入れた途端、その態度かよ。調子こいてると殺すぞ、コラ」

Aは地元の暴走族に入っていました。

その事は前から知っていましたが、今まで私に対してその事に触れたことは無かった。

多分Aもそういった事抜きで、私と付合いたかったのでしょう。

よほど悔しかったに違いありません。

その時ばかりは私に対し、自分にはパックがある事、私の住む世界とは違う事、それらを剥き出しにしてきました。

私にもプライドがあったので、「俺が言ったって証拠があるのか?勝手な事言ってんじゃねーぞコラ!」とその時は強がりましたが、内心は困った事になったな・・と感じていました。

その日は何事も無く、そのまま帰宅したが、美恵子にはこの事を黙っておきました。

しかし、翌日何を思ったのか、Aが私に謝って来たのです。

「疑って悪かった。すまん」と・・私も「イヤ、いいよ気にするなよ」と返しましたが、内心は複雑でした。

その時ばかりはAに申し訳ない気持ちで一杯でした。

すると、Aが続けてこう言って来たのです。




281 :sam:02/06/07 10:22 ID:2SSXljiw
「実は黙ってたんだけど、俺も女が出来たんだ。紹介するから、明日(休日)、どっか行かねーか?二組で。」と、いわゆるダブルデートに誘ってきたのです。

その時ばかりは断る理由もありません。

彼女の事が気にかかってはいましたが、説得するつもりでした。

二言返事でOKしました。

これがあの忌々しい事件の始まりだったとは、その時は知るよしもありませんでした。







283 :sam:02/06/07 10:25 ID:2SSXljiw
その日の放課後、私と美恵子はAの家に放課後、呼ばれていました。

美恵子はやはり嫌がっていましたが、何とか説得し、承諾してくれました。

Aの家に、Aの彼女が待っているというので、明日の予定について話し合おうとの事でした。

私とAと美恵子と3人で、Aの家に向かいましたが、その道中も美恵子はAと話そうともしません。

このままでいいのかな?と思いつつも、まあ明日になれば仲良くやれる、なんて思いながら、私とAはコンビニで遊園地の雑誌を購入したりして、内心私は楽しみでした。




284 :sam:02/06/07 10:28 ID:2SSXljiw
しばらくするとAの到着た。

Aの父親と弟三人暮で、母Aが学校の頃に蒸してしまたようです。

その父親も長間入院生活をしており実質、弟と二人でし

そのまた使ま弟も外出していて、彼女一人待ってるとの事でした

帰っている途中で、何度もAがポケベル呼び出れていた、その度に公衆に駆け込んでいました

・・う、の時点で気づくだです。

家がもいのだから、わざわざ電話す必要もなかった

あれはAの家で待つ、仲間に図だった




285 : :02/06/07 10:38 ID:SlCoF3S9
うわっ、話の続きたいような見くないような・・・。

も、続きおながい


286 : :02/06/07 10:46 ID:rftRASi6
なんか怖いね・・・


287 :sam:02/06/07 10:50 ID:2SSXljiw
なんの疑いも持たず、私と美恵子はAの家に入っていきました。

私は自分の目を疑いました。

Aの彼女らしい女は見当たらない、というか女などいない。

いるのはガラの悪そうな男が4人集まってタバコを吹かしていたのです。

金髪の奴と異常にでかい男がいたのが印象深かった。

ふとやばいと思った瞬間、後ろからものすごい衝撃が走りました。

Aが私を蹴ったのだった。

私はその4人の中央にたおれこんでしまった。

むせている所に次々と蹴りやパンチや木刀みたいなもので殴られ、意識がなくなりそうになった。

その後、柱におもちゃ(といってもかなり頑丈だが)の手錠とガムテープで繋がれそこから動けなくなってしまった。

そこにいた4人はAの所属するチームの先輩らしい。

私はAを睨みつけたが、その私をみてニヤリと笑うだけでした。





291 :sam:02/06/07 11:06 ID:2SSXljiw
美恵子は懸命に私をかばってくれましたが、その4人の内の一人のデカイ男に抑えつけられ口を手で抑えられ、何もできないようでした。

そのデカイ男が美恵子に何かするんじゃないかと心配でしたが、手錠で繋がれたあとも次から次へと殴られ、もうそれどころじゃなくなっていました。

散々殴られたあと金髪の男が「ふう・・こんなもんでいいかA!もっとやるか?」と、Aに向かって言いいました。

声も出なくなった私を見て、さすがにAが「もういいです。」とその先輩に言いました。

私は、Aを恨みました。

それと同時に美恵子をつかんでいる男が美恵子に何かしないか心配でしょうがなかった。

しかし、手錠で繋がれている私にはどうにも出来きませんでした。




293 :sam:02/06/07 11:10 ID:2SSXljiw
すると私を殴っていた金髪の男が、「おい、こいついい女だな。なんでこんな糞野郎と付合ってるんだ?俺と付合えよ。」

と言ったのです。

私はその男を睨み上げたが、それが気に入らなかったらしく、腹を思いきり蹴られ、私は苦しくて、その場に吐いてしまった。

その直後、美恵子がでかい男を振り払い、大声で「助けてー」と叫んだのです。

するとその瞬間、そのデカイ男が切れて、美恵子を重いきり平手で殴ったのです。

倒れた美智子に向かって、金髪の男が「てめえ殺すぞ、今度さけんだらマジであいつ殺す、俺はほんとにやるぞ」と私を指差したのです。

私はむせて声も出ず、ただ見上げるのが精一杯でした。




294 :sam:02/06/07 11:13 ID:2SSXljiw
Aが美恵に向って、それでいてその場にる先輩達に言い聞かせるようにこう言

「準ミスなんだよなあ?有人なんだよな。おに相当むかついてるんだって俺、何かあんたにた?」

そう言われて、い美恵がこう言した。

「あん頭おかしいんゃなの?死んでよ。持ち悪いからこっ

私は恵子にやと言いたかっですが、声が出な

「ハイハ気持ち悪くてすみんね。」といってAがしま

Aは美恵憧れいる所があったのか、その時りは少しショクそうした






296 :sam:02/06/07 11:25 ID:2SSXljiw
すると金髪が「おお!俺こういう気の強い女大好き!おい、この女やっていい?」と、Aに聞いたのです。

私はどうしようもない怒りが込み上げてきて、残る力振り絞り「てめえ殺すぞ!」と一声叫ぶも、又金髪とその仲間に腹を何度も殴られ、気を失いかけました。

私を見て美恵子が泣いていました。


地獄の苦しみの中、Aがこう言ったのを覚えています。

「それは、ちょっとまずいっすよ。やっちゃうのは。先輩それはやばいです。」

Aの中では、今回、私を美恵子の前でリンチするのが目的だったらしく、輪姦することなどと微塵も思っていなかったようです。




297 :sam:02/06/07 11:26 ID:2SSXljiw
ごめんなさい。仕事が入ってしまいました。

また必ず続きをかきますので、すこし待っててください。




299 :296の続き:02/06/07 12:30 ID:2SSXljiw
しかし金髪Aに向かって

「ああ??てめ人に頼んで、礼無しこら!なにやべーんだ!調いてとてめるよ

それじゃイプになってしまいます。罪重すよ。」

Aが金髪の仲間(茶頭)られた。

後での茶頭が金髪向かっう言っ

この女に自分から姿やらせっつうのどう?」

るとまた別の奴「それならレイプになんねーんゃん?」と、苦いるっちけで放題

ると金髪がにやけて事言うねー」と、

さらに美向か

と、言う事ですの脱いでくだ俺とや殿りたいょ。さか処」と美恵子に向かってこう言った

う悔しいが私は出ない。

美恵髪をだ。

「は?何言ってんの死んでもヤ。ち悪いからないでく?」

き声、それでい強い調でこう言た。




300 : :02/06/07 12:34 ID:rftRASi6
うほ実にリアル。。



303 :299の続き:02/06/07 13:14 ID:2SSXljiw
すると金髪が「んじゃ、いいよ脱ぐっていうまで、こいつで遊ぶから。」

金髪はそう言って、Aにペンチをもってこさせた。

この当時、そのチームの儀式で、途中でチームを抜ける奴などに行う儀式があり、その儀式とは、爪をペンチではがすというものでした。 

そう、奴は私にそれを行うつもりだったのです。

一枚目は足の小指の爪を一気に剥がされた!ものすごい激痛が走り、叫び声を上げたのを覚えています。

すると、丸坊主の男が私の口にガムテープを張った。足には最初からガムテープがぐるぐる巻きに柱に巻かれていて、私は座り込むことも出来ず、ただ立ったままガムテープ越しに叫ぶだけだった。

金髪が美恵子に向かって「ほらほら、彼氏痛そうだぞ〜、いいのか、まあ脱ぐのは強制しないから、楽にしててよ。」と言った。

そして2枚目の爪を剥がそうとした時、小さな声で美恵子が言った。

「脱ぐから、もうやめて・・」と、私は懸命に首を横に振り、やめろと伝えたのですが、金髪に2枚目を剥がされそうになり、また激通が走った。

すると、少し強めの口調で美恵子が、「脱ぐから!もうやめて!」と言った。

それを聞いて金髪はペンチを床に置いた。




304 : :02/06/07 13:16 ID:rftRASi6
\(>o<)/ギャーッ!


305 :続き:02/06/07 13:57 ID:2SSXljiw
金髪は、美恵子をソファーの上に立たせ、そこで脱ぐよう指示をした。

悔しいが私には声がもう出なかった。金髪は仲間になにやら指示をした。

それは、ビデオカメラだった。こいつらは最初からこのつもりだったのです。

Aも驚きを隠せないようで、下を向いたままでした。

美恵子が「それだけはやめて、お願い・・」と懇願したのですが、聞き入られず金髪は再び、私の爪を剥がそうとペンチを手にしました。

諦めた美恵子が、ソファーの上に立ち、ゆっくりと着ていた制服を脱ぎ始めました。

金髪は美恵子に足を開かせ、なんとその足の間に寝転び、上を見上げています。

スカートの中のパンツが丸見えになっているはずです。

そういう私も、いままで想像の中でしか見たことの無い、美恵子の裸が現実になるのを予想し、既に勃起していました。

金髪も寝転びながら勃起しているのが見えます。

Aも勃起しています。悔しいですが、こんな時でも反応してしまう、男とは悲しいものです。






306 :続き:02/06/07 14:25 ID:2SSXljiw
美恵子が上着を脱ぎ、そしてスカートを下ろしました。美恵子は白いパンティとブラウスといった格好になった。

パンティからうっすらと透けて陰毛が見えている。

手で必死に隠そうとするが、その手も退かされた。


美恵子の股の間で寝転んでいる金髪が、美恵子に向かって、「いいぞ、ちょっとそのままでいろ。」

金髪は、履いていた短パンの上から、勃起したペニスを自分で刺激し始めた。

チラッと私の方をみて、「おい、彼氏も起ってるぜ、よかったな」と美恵子に言ったのです。

私は泣き顔の美恵子と目が合い、さすがにうつむいてしまいました。

でも手も足も使えない状況で、もはやいきり立ったペニスをどうする事もできませんでした。

他の男も「おお〜」「たまらねえ」とか言いながらズボンの上からペニスを刺激していました。

やがて金髪が美恵子にブラウスをぬがさせて、美恵子はブラジャーにパンティーといった格好になった。

初めて見る美恵子のこの姿は、本当にきれいだった。

こんなに細身でスタイルの良い、きれいな子だったんだと、こんな状況で私は優越感に浸ってしまっていた。








>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 乱交・複数, これはひどい,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 乱交・複数, これはひどい,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20160325004331