2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

最愛の彼女が目の前で凌辱された。でも彼女にある秘密があった。







473 :さい:02/09/27 17:25 ID:XWYlCuNj
は同人誌を書いてて、すごです上手いMつとWってヤツのサークルに入ことなって、一緒にツルんでいた。

、僕はMのに使ていて、それMの参考にすできるので喜んでアシを引きけていま

も親に教えてくれて僕の下原稿、嫌な顔つせにまとれました。

絵が上てサークとWメインメンに僕めをするよ形でやいまし


MとWは、今風容姿ていて、たからみるとても人屋には見えない感じでし

の変哲も姿で、ガ書てるといえ納得さるよな、そんな感じでした。


ところうがに彼女ができました。その彼女、Y佳はわゆスプ娘で、イベントでり合いました。




474 :やさい:02/09/27 17:26 ID:XWYlCuNj
Y佳はカワイイ感じのコで、胸は巨乳というほどではないけど、そこそこあって、それでいてスマートな体つきをしていました。

性格はちょっとボケ入ってますが明るくて、はっきり言って、なんで僕みたいなのが好きなのか、他にもっといい男と付き合えると思う、そんなコでした。


MとWは経験が無いわけでは無いんですが、今は彼女がいませんでした。

それでも、MとWは僕に彼女が出来たのを祝福してくれて、紹介したときもカワイイ、カワイイと誉めてくれて、Y佳のほうも、二人にすぐ打ち解けてイベントで売り子をしてくれるようになりました。





475 :やさい:02/09/27 17:26 ID:XWYlCuNj
僕達のサー、男性向け、いわゆるンガなのすが、Mの絵がれい(ハイエン系)で、鬼な話でもなかったで、嫌な顔一つその本をくれました

それどころかを読んで感を言うときもりました。

Mは人から感想れることがめに無ため、喜んで、自分の作品を語ました。

盛り上がっがYに、女の子はどういうとこが感じるかとか話ぎりぎをしてきま

佳は恥ずかしがりながらも胸まれるなでられる方感じるとか、乳首はいきなりつままれても痛いだけとか、具体的に話し、まるで自分の性感帯を打ち明けるかのような感でそば聞きながらしてしまっりしまし





476 :やさ:02/09/27 17:28 ID:4za0VfT4
佳とは、Hはだでしキスらしてまたが。

自身童ったで、ラブホに誘う勇気まだありせんでした

だから、Yの話が生々しく、勃起を隠のが大変でた。




477 :さい:02/09/27 17:28 ID:4za0VfT4
にな、某巨イベンいてきた頃がスランりました

らはMの絵変わっいようにえるのでが、Mはたい風に書けなったてました

原稿の締め切りも近づきてて、Mかわそうに見えまが、僕にはどることも出来ませんでた。

Wは自分の稿をさっさと仕上げてて小さな退ト用コピ誌をせっせと作りながら、「定期的にこるんだよな」とか言いな、我関せず度でした。







478 :やさい:02/09/27 17:29 ID:4za0VfT4
ある日、Mが僕に頼みごとをしてきました。

どうしても書けないアングルがあるから、Y佳にデッサンモデルになって欲しいということでした。

僕は二つ返事で了承しました。何かできることがあればと思っていたからです。

その時、書いてるマンガの元ネタとY佳がしているコスプレのネタが一致していたので、(ピア・キャロットというファミレスのゲーム、Hゲー)その格好でモデルになって欲しいとの事でした。

僕はHな格好をさせないか、すこし不安になりましたが、そんなことをいうとスランプ中のMがキレそうな感じがしたので、Mを信用してそのことは言いませんでした。




479 :さい:02/09/27 17:29 ID:4za0VfT4
Y佳にと、Y佳も二つ返事で 了解しました

ッサンモルというのをやってみたかっというのと、Mスラのを知っていたので、Y佳も協したのでし

末、小さなイントに出のでWのに行くことになりまた。の方が広くて、まり散らってなかっらでした

Wはシンな部好みだっブルベッド以外、ほんど何も無いような屋でした。

(Mの屋は稿を書く部屋なのでの踏もありません)


イベントが終わと、佳と流しした。Yは大きっていました中身、今まで作ったスチュムで

そんなにいらなにと僕達は言したが、Y佳は重たそうにしながら手に婿だけだ」といってうきうていまし




480 :やさい:02/09/27 17:32 ID:XWYlCuNj
Wの部屋に戻って、一息ついた後、とりあえず清算して、乾杯ということになりました。

ビールを一気に流し込むと、いつもどおり、変な客の話や、他のサークルの話しをしました。

MとWと僕は、コピー誌を徹夜で作っていたのでバテバテでしたが、Y佳がMを心配して気を使っていたので、Mはいくらか癒されてたみたいでした。

僕はそれをみて、少しやきもきしました。Wはマイペースで酒を飲んでいました。



しばらくして、Mがデッサンを始めようかと言い出しました。Y佳は待ってましたといわんばかりに、バッグからいろいろコスを出してきました。

かわいいのから、変なのから、きわどいのまでいろいろあって、これを全部作ったと聞いてびっくりしました。これでも、縫いが甘くてほつれたのや、一部に紙を使ってたものは持って来てないとのことでした。




481 :やさい:02/09/27 17:33 ID:XWYlCuNj
それから、Y佳のミニコスプレショーが始まりました。

バスルームに入っては、色々なコスチュームに着替え、僕達に見せてくれました。

フリフリしたものから、ピチピチのタイツまであり、ハイレグTバックのコスや超ミニのスカートに腿までのストライプのタイツ姿のかわいいものなど、Hな姿が連続して登場し、股間はずっときつきつで苦しいままでした。

Mは、楽しみながらも、スケッチブックを用意して、軽くデッサンをしていました。

そして、結局ピアキャロのコスで、いろいろなポーズのデッサンを取ることになりました。




482 : :02/09/27 17:36 ID:ro7IJNIp
きどき・



485 :やさい:02/09/27 19:08 ID:XWYlCuNj
最初は、立ちポーズから始まりました。

腕を上げて振り返りのポーズや、髪を掻き上げたところのうなじのアップや、指の位置、胸を自分のウデで押しつぶすように組んで、それを上から見るなど、色々なアングル、色々なポーズをデッサンしていきます。

Y佳は普通に立ったり座ったりしながら要求に答えMはY佳の周りを忙しく動き回って、デッサンを取っていきました。

特に指の形を気にしているようでした。

その内、上半身を倒して、胸を強調するようなポーズ。しゃがんでパンチラが見えるポーズなど、Hゲーによくあるポーズをさせたりしましたが、元々パンツが見えるようなコスだし、そんなことでいちいち文句言うと、嫉妬深いヤツと思われるのも嫌だったので、チューハイを飲みながら、様子を見ていました。

Y佳はきゃっきゃっ言いながら、楽しんでいるようでした。

Mのデッサンはかなり早く、まるで写真を取っているように感じました。




486 :やさい:02/09/27 19:09 ID:XWYlCuNj
僕は、Mの後ろに回って、どんな風に描いてるか見ました。

ところが、Mはごく簡単にしかスケッチしてませんでした。体のディティールは細かくなく、まるでデッサン人形を描いているようです。所々、布や指が詳しく描かれていますが、全体としては殴り書きに近い描き方です。

僕は、「こんなので、いいの?」とつい言ってしまいました。

すると、Mはムッとした表情で振り向き、「当たりとってるだけだからいいんだよ」「見んなよ!」と怒りました。

Y佳も「だめだよー、×○×(僕の名前です)ちゃん」と僕に言いました。僕は「ごめん」と言いながらもと座ってた場所に戻りました。

僕は、あんなに冷たい表情をするMを初めてみました。しかも舌打ちまでされてしまいました。

少なからずショックを受けた僕は、チューハイをちびちび飲みながら、楽しそうな二人を見ていました。





487 :やさ:02/09/27 19:09 ID:XWYlCuNj
それでもデッサは結構静行して、僕はその内うとうとしてました。

日連続で徹てて酒もって然です。は既に寝ていま

僕はきていなくゃと思いがんばっいましたがんだん瞼が下りてました


「わっこれちょっとだねーというYに少し目がめました

Y佳を座らせ姿に開てもりこうに頭をんでデサンた。

僕は、ちドキッとしましたそして少心が出てきました。

、MはY佳をリラうな話しをしがらものすごく真剣にデッサンっていたため、また怒らるとい、黙ていました

悲しいかな、チン勃起していまた。(夜勃起かもしれませんが簿




488 :ya:02/09/27 19:38 ID:XWYlCuNj
でも、眠い目をこらしてよくY佳の方を見ると、なんとY佳がパンティーを穿いていないのです。

そして、Y佳は自分の指でアソコを開いていました。

Mは、Y佳の陰毛を指で整えながら、デッサンをしていました。

Y佳はとろんとした目でMを見ながら、Mの「もっとクリを見えるように開いて」という言葉に従っていました。

僕は、まだY佳のアソコなんて見たことがありませんでした。

それをかぶりつくように見て、あまつさえすこし弄っているMを見て、止めさせなきゃと思った僕は、立ち上がりました。




489 :やさい:02/09/27 19:56 ID:XWYlCuNj
Mはとっさに僕に気がつくと、さっと立ち上がり、「お、×○×! ちょうどいいとこに起きたな、ちょっと手伝え」と言いながら僕の首にウデを強引に回してきました。

僕が「どういうこと?」と言おうとしましたが、言うひまも無く、Mは、僕を引きずりながら一緒に表に出ました。






490 :やさい:02/09/27 19:56 ID:XWYlCuNj
表に出ると、いきなり腹を殴られました。瞬間息が出来なくなり、その場にうずくまりました。

Mは僕を再度立たせ、もう一度腹を殴りました。

僕は、息が出来なくなった上に、吐きそうになり、涙が込み上げてきました。

Mは「追い出されるのと、黙って見てるのとどっちがいい?」と聞いてきました。



ワケがわかりませんでした。豹変したMにものすごい恐怖を感じました。

僕が息を整えられずに黙ってると、「どっちなんだよ!」と三度腹を殴ってきました。

僕はたまらずうずくまりました。Mはしばらく待って、僕の髪を強引に引っ張って立たせ、「このまま追い出されるか?」と聞いてきました。

僕は首を横に振りました。

「じゃあ、黙ってみてるんだな?」

僕は黙っていました。

「黙 っ て み て る ん だ な ?」

と言いながら、Mは壁に僕の頭を打ち付けました。

僕は頷きました。





492 :やさい:02/09/27 20:16 ID:XWYlCuNj
「よし、涙ふけよ」とMが言って、僕は目をごしごしと擦り、強引に涙をふき取りました。

再び、ウデを強引に回して、Mと僕は部屋に入りました。

MはY佳のいる部屋に入る前に、「普通に振るまわねえと、追い出すからな」と脅しました。僕は黙っていました。

「それから、お前が思ってるほど、Y佳はお前のこと好きじゃねえから、安心しろ」

とMは追い討ちをかけました。僕はびっくりしました。




493 :やさい:02/09/27 20:17 ID:XWYlCuNj
部屋に入って、「どうしたの?」と聞いてきたY佳に対して、Mは

「ああ、ちょっと、デッサンするのに手伝ってもらおうと思って、相談してたんだよ、なあ、×○×」と言いながら、僕の肩をたたきました。

僕は特に反応せずに、もと座ってた位置に座りなおしました。Mのさっきの言葉の真意を考えていたのです。

Mはそんな僕に構わず、「さ、続き、続き。×○×も見てるってさ」と言いながらY佳に近づきました。

Y佳は僕をチラッと見た後、Mに向き直り「なに? 外に出なきゃいけない手伝いってなんなの〜? Hなことじゃないの〜?」と言いながら笑いました。




494 :やさい:02/09/27 20:31 ID:XWYlCuNj
Mは仕切りなおしで、普通のポーズからデッサンを始めました。Y佳は、すぐにノリを戻して、楽しそうにMの要求に応じていました。

そのうちまた、MはY佳にやらしいポーズをとらせ始めました。Y佳自らスカートをめくって、お尻を出させました。

Y佳はパンティーは穿き直していませんでした。Y佳のお尻が見えました。初めて見るY佳のかわいい生尻でした。

Y佳は「なんか、彼に見られながらこんなことしてると、恥ずかしいよ・・」とカワイイ声で言いました。

僕は、混乱しました。僕はまだ彼なのか? Y佳は僕のことを彼だと思っているのか? だとしたら止めさせるべきなのか? と。




495 :やさい:02/09/27 20:32 ID:XWYlCuNj
その時、Wが僕の首にウデを回してきました。僕はビクっとしました。

「どうした? 俺、寝てたけど、なんかあった?」

僕は黙っていました。WはMとY佳を見ました。

「お前、あんなことされてるのに、黙ってみてるんだ? お前、M?」

僕は、まだ黙っていました。

「ふん。ま、いいけどよ。Mは調子に乗りやすいから、Y佳が嫌がったら止めてやれよ。今ンとこまだお前は彼だからな」

といって、Wはビールを取りにテーブルに行きました。

何か、僕の知らないことが起きてると思いました。でも考えたくありませんでした。




496 :やい:02/09/27 20:51 ID:XWYlCuNj
はY子座りさせ、肩ら服をずました。

が見えるとこまでずらしてから、後ろからデッサします。

その後、M自Y佳のブラをしました。

肩紐が無いブラなので、容易にブラは外佳のおっいが出てきした。

のおっぱいはやではせんでが、がよく乳首ピンク色でカワイイ乳首でした。

は指に唾をつけて、Y乳首をつし指ゆっら、なぞいきます。

こうやっ、ゆっくりすると、感じるんだよな〜いながら

Y佳は目ながら、ん・・ん・・く声ていした。

々、ほうをちら、と見ていした。

は、ま綿さわっことのないY佳のおっぱいをMに弄らていのを見て勃起ていまた。







498 :やさい:02/09/27 21:03 ID:XWYlCuNj
Mはその状態でデッサンをして、今度はY佳を四つんばいにさせ、お尻を上げさせました。わざとなのか僕に見えるような角度でした。

高く上がったY佳のお尻は十分に割れて、Y佳のカワイイお尻の穴が丸見えになりました。

Y佳は「ん・・これ・・さすがに・・恥ずかしいよ・・はやくしてね」と息を荒げて言いました。

Mは「ちょっと、我慢してね」と言って、唾で濡らした人差し指をY佳のお尻の穴に入れました。

「ああっ!」とY佳が叫びました。

初めて聞くY佳のアエギ声です。僕はMの行為にびっくりしつつ、また一段と勃起してしまいました。




500 :やい:02/09/27 21:09 ID:XWYlCuNj
はYのおの中で指を動かし、ボーペン婿り出してY佳お尻の込みた。

「ん なに入たの?とY佳きましMはすぐ終寿わるか落とないよにすぼてお寿てねとッサンを始めました。

Y佳いわたとおり、ん言いながらお尻をすぼしたて下がっボーペンの頭が、力を入れたびにゅっと動殿


、やらし」とWがMにづいていきまし

見て、「Wも手伝え」いました

Wがなにすんの?と聞く、MはY佳のお尻の穴からボをちゅぽっと、Y佳を仰向けにさせまし。そWに裸にように指示しました






502 :やさい:02/09/27 21:23 ID:XWYlCuNj
「なんだよ、裸族一号は俺かよ」といいながらWはトランクス一枚になりました。

そして、乱れた服のままY佳にWが正上位で来るかのように体を組ませました。

トランクスをはいてるので、入れてはいないでしょうが、もっと密着させろとのMの指示にお互いが腰を密着させました。

Y佳が「なんか、あたってるよー?」と笑いながら言うと、Wも「しょうがねえだろ。これででかくならん方がおかしいだろ」と返しました。

「Y佳だって、濡れてたぞ」とデッサンを開始したMが言いました。

Y佳が「うっそだー」と言いましたが、確かにさっき四つんばいの時にY佳のおまんこが開き気味になって、すっかり濡れ光ってるのを見ています。

こんな形でY佳のおまんこをみることになるとは思ってもいませんでした。




504 :やさい:02/09/27 21:37 ID:XWYlCuNj
、なんか当たる・・」と婿言い出しまた。使Wが腰を若いてを下げてトランスの中のちんぽでY佳のおまんこをつついているようでした

前、先走るんじゃよ」とMいま

そのまま入るかもな」と言いながら、腰を引いてクスをと「のがてるし」と言いした。

「やー、ほんとに濡てるのとY佳は笑いながらいまた。

はすり残した。Yちらちら僕のを止めていました

僕は、ズボンの中くなりこっそちんを出していました。








>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 乱交・複数, SM_調教,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 乱交・複数, SM_調教,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20160407072011