2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

ヤリコンに行ったら彼女がいた







790 :駒大生:02/10/01 22:31 ID:M2noWHR/
わりと最近の話。

彼女の有美に週末デートを断られた俺は、週末ヒマになったので急遽コンパの埋め合わせ要員として悪友に招集された。

そのコンパは3対3のヤリコンということだった。

あまり期待せずに当日、コンパに行くとそこには、有美がいた。

彼氏のデート断って、ヤリコン参加かよ、と有美の浮気未遂現場を偶然押さえた俺は徹底的に有美を無視した。

悪友が有美にモーションかけてきても無視。

有美も気まずいのか、こっちにアプローチしてくることはなかった。

悪友には有美が俺の彼女だということは知らなかった(そんなには親しくない)のだが、俺もわざわざ有美が彼女だとは言わなかった。




791 :こま:02/10/01 22:32 ID:M2noWHR/
最初、有美は俺をちらちら見ながら、申し訳なさそうにしてたのだが、有美は酒に弱く、酒が進むにつれ俺に遠慮しないようになっていった。

俺も、有美のことは無視して、連れの女の上手そうな方にアプローチしていった。


一次の居酒屋が終わり、二次のカラオケへ。

悪友二人ともが、有美がお気に入りだったようで、あぶれた女は一次で帰った。

カラオケは、ほとんど歌を歌うことはなく、有美の両横に悪友二人が陣取って、盛り上がり、俺は連れの女と話していた。




792 :こま:02/10/01 22:32 ID:M2noWHR/
二次ともなると、おさわりも許容し始める頃、密着度も高くなる。

無視すると決めたとはいえ、さすがに俺の彼女なだけに、俺は向こうの状況を気にし始めていた。

有美は、悪友二人にいろいろなカクテルをちゃんぽんで飲まされていた。

ミニスカートで生足だったので、太腿に手を置かれ、その内さすられていた。

なもんだから、その内、ギリギリまでスカートが上げられ、股の奥をつんつんさせられていた。

有美も対して抵抗はなく、「えっちー」と軽く諌めるくらい。はっきり言って逆効果だ。





797 :こま:02/10/01 22:56 ID:M2noWHR/
俺は、だんだんと有美が気になり始め、連れの女におざなりに話を合わせるようになった。

女はそれが気に入らないらしく、体を張って(w)俺にモーションをかけてくる。

どうやら、気に入られてるようだ。胸を揉ませたりもしてくれるのだが、俺はそっちのけで、有美の方を気にしていた。(今考えるともったいない)


そうはいっても、女を完全無視という感じではないので、傍から見ると結構いちゃついてるように見えたんだろう。

俺も有美に気がいってるのが悪いなと思い、不機嫌にならない程度に女のフォローをしてた。

女の方も、ヤリコン前提できてるから、結構大胆で、カクテルの口移しなんかもできちゃったりした。


ところが、まずいことに、俺がそういうことになってると、あっちは一時的に落ち着いてたりして、口移しとかもバッチリ有美に見られていた。

それで、有美がヘソを曲げたかどうかで、有美も悪友二人のちょっかいに抵抗しなくなっていった。




799 :こま:02/10/01 23:11 ID:M2noWHR/
俺の真似をして、カクテルの口移しを試みようとする悪友にも、有美はなんなく応じた。

有美のかわいい唇に、男の口から注ぎ込まれるカクテル。それがまたカルアミルクだったりするからいやらしい。有美の口から白いミルクがこぼれる。

悪友は、こぼれたミルクを拭くドサクサで、有美の胸にさわったりした。でも、有美は抵抗なし。ますます調子にのる悪友。


そんなこんなで有美を気にしつつ、女の相手をしてた俺だが、ついに女がへそを曲げてしまい、帰ってしまった。まあそんなに怒ってたというわけでもないんだが俺に愛想つかせたという感じ。

ついに女は有美だけになった。







807 :こま:02/10/01 23:26 ID:M2noWHR/
女が有美一人だけになったことで、悪友達はさらに大胆になっていった。

なんだかんだ言いくるめて、有美のブラの中に手を突っ込んでナマ乳を揉む悪友A。

スカートはまくれあがってて、白いパンティーが丸見え、股の中心に指でつつく悪友B。

有美は、なされるままだ。「やーん」とかは言ってるが、抵抗はしてない。

俺は、有美に対するむかつきと、結構上質だったやり女を逃した悔しさで、有美に群がる悪友を止めようとはしなかった。

まあ、勃起はしてたが。



808 :こま:02/10/01 23:34 ID:M2noWHR/
相変わらず、カクテルを口移しで有美に飲ませる悪友A。パンティーの中に手を入れ始める悪友B。

有美は、悪友Aにカクテルを飲まされたあと、舌を絡ませてくるのにも嫌がることもなく、自分から舌を絡ませ。

Bのパンティーの中に進入してくる手に、次第に股を広げてマンコへの進入をゆるした。

いまや、有美はブラからこぼれた乳をさらけ出し、それを揉まれながら、舌を絡める深いキスをされ、パンティーの中でまさぐる手を股をひろげつつ、あえぎながらも腰を微妙に動かしていた。





811 :こま:02/10/01 23:47 ID:M2noWHR/
俺は、いくらなんでもやりすぎだと、椅子を立ち上がり、悪友Aの肩を叩いて、隣に座った。

悪友Aは勘違いしたのか「あ、わりい。お前にもホテルでやらしてやるから」と耳打ちした。

おいおい、と俺は呆れたが、Bのマンコまさぐりに喘いでる有美を見て、腹が立ってしまい。

「じゃあ、行くか」とAを促した。


有美は立てないくらいよっぱらっていた。なんとか、カラオケ店から出て、ホテルに向かう俺達。


ふと、俺はあるアイデアを思いついて、有美を抱えるAとBに伝えた。

アイデアとは、前後不覚になっている有美に俺がもういないと思わせ、どういう行動に出るか見ておくというものだった。

もう有美に貞淑さなんて毛頭期待してないが、俺が連れの女といちゃついてから、由佳が大胆になったことを考えると、俺に対する意趣返しの意味もあるのかなと思い、俺がいないことで同反応するかみたかったからだ。

ついでに、俺が有美の彼だということもAとBに伝えた。二人はびっくりしていたが、もう乗りかかった船だし、彼の了解は出てるしで、あまり気にしないことにしたようだった。





812 :こま:02/10/01 23:53 ID:M2noWHR/
あ、しまった。本名出しちまった。

上の方と同じ名前だったから、イメージがダブるといやで

仮名で書いてたんだが。まあでも有美でいくか。




814 :こま:02/10/02 00:21 ID:qJbFjrsY
有美に気づかないように、3人の後ろでついていく俺。

ホテルの中に入って有美をベッドにころがすと、俺はソファに座り、二人は有美の服を脱がし始めた。

有美は、脱がされることに抵抗などせず、時々「うーん」とうなっていた。

有美が、ブラとパンティーだけになったとき、すこし意識が戻ってきたのか、質問をするようになった。


有美が「うーん、ここ、どこー?」と誰ともなしに聞くと、「休憩できるところだよ。少し、休もうね」と悪友は応じた。

続いて有美が「うーん、Iくん(俺の名前)はー?」と聞いたため、俺はソファに体をうずめて、隠れた。

悪友は「もう帰っちゃったって」と言った。

すると有美は「ふーん、そお。。。。」と言った。俺はがっかりした。

跳ね起きて、帰り支度でもしてくれりゃかわいいもんだが、有美はそういう女ではないようだった。






818 :こま:02/10/02 00:32 ID:qJbFjrsY
有美のブラとパンティーが剥ぎ取られ、見慣れた裸体が目に入った。

しかし違うのは、二人の裸の男がチンポぎんぎんで有美の横にたたずんでいるところだった。

そして、彼氏の目の前で、有美の3Pが始まった。


有美の首から責めるのはA。足から責めるのはBだった。

有美は、諸発はびくっとしたが、その後は抵抗もなく、、、、と思ったらかすかに「だめぇ、、、」といいながら、体をくねらせ始めた。

とりあえず、貞操を守ろうとしてるみたいにみえ、俺は嬉しくなった。

だが、男の方は、そう言われてやめるわけもなく、俺のほうを伺うこともせずに有美への責めを続けた。





821 :こま:02/10/02 00:41 ID:qJbFjrsY
Aは首から徐々に胸、乳首の方に舌を這わせていった。Bは足の先から、少しずつ太腿へと舐め上げていく。

有美はAの頭を軽くつかみ、足を閉じ気味にして「だめぇ、、、」とかすかな抵抗をしていた。

しかし、そんな抵抗で男の力にかなうはずもなく。Bの手によって、徐々に有美の足が開かれていった。


二人の男の陵辱にかすかな抵抗をする有美。はっきりいって萌えるシチュエーションだった。なんなく勃起する俺。

Bによってガニ股に開かれる有美。Bが有美のマンコを舐め始めた。

「ああん」とよがる有美。Aにも執拗に乳首を攻められている。

それでも、有美はゆっくりと体をよじって抵抗していた。はっきりいって泥酔状態な有美は、まどろみの中で、快感と戦っている。そんな感じだった。






824 :こま:02/10/02 01:07 ID:qJbFjrsY
Aが有美のおっぱいをゆっくりと揉みしだきながら、乳首を舌で転がし、Bが有美のマンコを音を立てながら吸い付いている。

嫌がるようにひねっていた有美の体が、徐々に快感が進むような感じで動き始め、腰はBにマンコを擦りつけるように前後に動き、Aの頭をつかんでいた手は、いつのまにかシーツを握り締めるようになっていた。


有美は、いつのまにかよがリ声を上げていた。

意識がハッキリしていないのか、声はそれほど大きくないが、「ダメ」という言葉は発しなくなっていた。

その内、Bが有美のマンコの中に指を入れ始めた。Aはもう一度有美の唇を奪っていた。

有美は、はぁはぁと息を荒げ、Bの指の動きに腰をびくつかせながら、有美の口の中でAの舌と自らの舌を絡ませあっていた。





825 :こま:02/10/02 01:08 ID:qJbFjrsY
Bが押さえていた有美の足を離すと、有美の足がBを挟むように閉じたり、開いたりし始めた。

これはクンニで有美がイきそうになると、するしぐさだった。

Aに舌を絡ませていた有美は、どんどん息が荒くなり、そのうち、口をAの舌から強引に引き離すと、大きく「あっ」と叫んだ。


同時に有美の足がBの頭をぎゅーっと挟み込むようになり、有美の体が硬直した。

有美はイったようだった。


今日はこれでおわり。
書き溜めてから、後日うpするっすー。






850 :こま:02/10/02 23:29 ID:qJbFjrsY
Bが有美の股から顔を上げると、Bの唾液と有美の愛液がまざりあっててらてらに光った有美のマンコが見えた。マンコは心持ちひくひくしているようだった。

Bが有美にゆるい愛撫をしている間、Aが俺に向かってきた。Aはお前はどうするのか、有美を最後までしていいのか聞いた。

俺は、心中複雑ではあったが、どうせ有美を責めるなら最後までされてからの方がいいかと思い、Aに最後までしていいと言った。俺は見てる、と。

ただし、有美本人が嫌がったら止めるようにも言っておいた。まだ、心の隅で有美が拒否するのを期待していたのだろう。俺の中に悪魔と天使が同居していた。




851 :こま:02/10/02 23:30 ID:qJbFjrsY
Aはそれを聞くと、嬉々として自分のカバンからスキンをいくつか出して、ベッドに戻った。

ベッドの上では、有美がBに体中を舐められて、喘いでいた。

AはそんなBの肩をつつくと、スキンを見せ、俺のほうを指差しながらなにやら耳打ちしていた。Bはぐっと親指を立て、俺に軽く手を振った。


喘いでいる有美の上で、二人がじゃんけんをした。先行はAだった。Bはパンツを穿いて俺の隣のソファに座って、タバコを吸い始めた。


Bは俺を見て「俺らは遠慮なくやらしてもらうけど、お前らは大丈夫なのか?」と聞いてきた。

俺は「さあ」と返事をした。


実のところ、俺は別れる気ではあったが、最終的には有美次第だった。

コンパで会った時に、終わったとも思ったが、まだ有美の弁明を聞いていないということもあり、この期に及んでも俺はまだ有美を信じてる部分があったんだと思う。


ただ、もし続けるにしても、今夜は有美に罰を与えようとは思っていた。

今まで、有美に嫌がられて出来なかったアレコレをやってやろうと思っていた。

どうせ、最後になるやもしれん。後は野となれ山となれ、だった。




852 :こま:02/10/02 23:30 ID:qJbFjrsY
Aがスキンを装着し、有美のマンコにあてがった、有美の体がぴくんと動いた。だが、有美は抵抗をしなかった。

Aのチンポが徐々に有美のマンコの中に埋もれていった。有美は大きくため息をつきながら、Aのチンポを迎え入れた。

Aの全てが有美の中に入った。Aはその座った体勢のまま、腰を動かし始めた。

最初はゆっくり腰をストロークさせるA。有美の息遣いも荒くなっていく。心なしか、有美の口からアエギ声が漏れてきた。

Aは座ったまま有美の乳房を揉み、だんだんと腰のスピードを上げていった。


Aが有美に覆い被さるように体を落としていった。有美の足は抱えられ、Aの玉袋と有美のアナルがはっきり見えた。

動きの中で、Aの竿が有美の穴に出たり入ったりしている様子も垣間見え、有美の穴がはっきり濡れているのが見て取れた。




853 :こま:02/10/02 23:31 ID:qJbFjrsY
有美は、既にはっきりとアエギ声を出していた。ここまで来たら意識もはっきりしてきているだろう。

Aにマンコを貫かれてから今までまったく嫌がるそぶりを見せなかった有美に、俺はあきらめの気持ちと有美に対する許せない気持ちがふつふつと沸いてくるのを感じた。


Aの腰の動きは絶頂を極めていた。有美はAの打ちつける腰に跳ねるように反応し首を横に何度か振った。有美が上り詰めかけているのがわかった。

俺は、そろそろ有美に俺がいることを気づかせてやろうと、登場の仕方を思案した。そして、あることを思いついた。


俺はBにトイレに隠れていることから、有美がトイレに行くと言ったらそのまま行かせてやってくれと言付け、トイレに向かった。

有美はいつもイった後、トイレに行く。しかも、散々飲んだ後だ。最高に驚かせて盛大にお漏らしさせてやる。




854 :こま:02/10/02 23:32 ID:qJbFjrsY
俺がトイレに隠れたあとすぐに、有美とAが絶頂を向かえた。

有美は、Aと何事かしゃべった後、笑い出した。もうすっかり意識がはっきりしている。

自分が浮気しているという認識が有美にあるのか無いのか、俺には判らないが、そのときには、有美に対して「もう知らん!」という気持ちと、有美を驚かすワクワクした気持ちが、複雑に同居していて、悲しいという感情は薄れていた。


俺は、トイレのドアを閉じてしばらく待った。

そのうち、Aの「トイレ行くの〜?」というわざとらしく大きな声が聞こえた。

そして、有美の「なんでついてくるの〜?」という声が聞こえた。いよいよだ。

俺はしゃがんで待った。



855 :こま:02/10/02 23:32 ID:qJbFjrsY
電気がつき、ドアが開かれた!

有美の足が見えた瞬間、俺は素早く立ち上がり、腕を上げ、あらん限りの大きな声で「うりゃああっ!!」と叫んだ!


「に゛ゃあっっ!」

有美がまるで踏まれたネコのような声で叫び、後ろに飛びのいた

すぐ後ろにいる、AとBにぶつかった後、びっくりした顔を張り付かせたまますとんと腰を落とす有美。

すかさず有美の体を支えて、一緒にしゃがみこむAとB。

俺は仁王立ちで有美を見下ろした。





856 :こま:02/10/02 23:33 ID:qJbFjrsY
「、、、、、、I。」

有美は俺の名前を呼ぶのが精一杯だった。

そして、有美の股の下が濡れ始めた。

「、、、あっ、、、、やっ、、、」と、我に返ったかのように膝を閉じ、手を当てる有美。

しかし、「おおっ!」と感嘆の声を上げるAとBに両足をそれぞれ捕まれ、有美の足は思いっきり開かされた。

「いやっ、、、ああんっ」とすぐ手を股の間に入れる有美。すかさず、今度は俺が有美の両腕をつかみ、上にあげた。有美のマンコから勢いよく水流が飛び出て行くのが見えた。

イヤイヤと腰をねじらせて抵抗する有美。そのたびに、いろいろな方向に飛ぶ有美のおしっこ。

必死に止めようとしているのか、その内、じょっ じょっ と断続的になってきた。

「やだっ、、、やんっ、、、やっ、、、」という有美の叫びもプラスされ、俺達はいままでに無い種類の興奮を覚えた。はっきり言って、超萌え。





869 :こま:02/10/04 00:49 ID:ul29eSzS
有美のおしっこの勢いが弱まって来た。有美に主導権を握らせてはいけない。逆ギレでも泣かれてもダメだ。

俺は心を鬼(?)にして、すかさず有美に言った。

「有美〜。よくも俺の目の前で堂々と浮気しやがったな〜。」

有美が顔を上げた。さあどっちに転ぶか・・・。

「だって、、、それは、、違うの。えっと、、、、自分からじゃないし、、、」

バッチリだぜ、有美!! 俺は心の中でガッツポーズをした。

そして俺は、有美の手をつかんだまま有美の顔に近づき、「思いっきり、感じてたくせに。全部見てるんだぜっ」と有美を責めた。

黙ってしまう有美。少し深刻&泣きそう。しかし、有美の表情からは、次の言い訳を考えてるのがバレバレで読み取れた。有美が二の句を継ぐ前に、主導権を握らねば。

「有美、許して欲しいか?」と俺が言うと、有美がすかさずこくんと頷いた。

「じゃあ、オシオキされても文句はねえな」

俺のこの言葉を合図に、後ろの二人が有美の体を抱え上げた。






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 寝取られ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 寝取られ,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20160430183506