2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

インドネシアにラフレシアを見に行ったんだが







171 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/10/26(木) 05:11:25 ID:cQYTHW9f0
4〜年ほ取引の人からた話

の人が言う、もいぶ前の出来とのことら、少なくとも10年上前のこととれる。


インシアA氏(話してくれ)、B氏、C氏
仕事は遊びを兼ねたような旅行だったら

んなわけなので仕事が終わってから10日い暇ができ、最初の2〜のんりと観光をし

人とも現地は初めてではいので、んとく退屈さを感じていたところ、B氏が「ラフレ見てみないか?」と言いた。

ジャングに入るには、やはりガイドが要。C氏が伝をってガイをさがしたところ、幸も引き受けてる人が見つかった。

翌日、3ガイドのいる町へ向かっ

してガイドと落ち合い、装備を調達すと、そ安ホテルで1泊した翌、ガイドた4人はジャルへと分け入

のためにラフアについていておく、巨大な尿生花である植物は、が少ない上に開る時間もかで、なかなかお目にかか困難である。

ドにも「期はしないほうがいい」と予念を押された。ま蕾を探し出、その蕾花すってというのが普通だりで何日かジングルに分け入ても、まずだろうのこと

それ偶にャングル探も悪くな、何かの話のになるだろう。3人はそんな気であったととだ。





172 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/10/26(木) 05:12:28 ID:cQYTHW9f0
1日目。何の成果もなく終わった。A氏はジャングルに分け入るということがこんなにも大変だとは思わなかったという。

何と言っても蒸し暑く体力の消耗が酷い。おまけに害になる生き物にも常に注意を払わなければならない。

おそらく、他の2人も同じ気持ちであったろう。



2日目。昨日とは方向を変えたが、これまた成果無し。疲労困憊でホテルに帰る。

もう、いい加減嫌にはなっていたが、せっかく来たのだからと、明日もう一日がんばってみることにした。


そして3日目。当然、1日目、2日目とは方向を変えて分け入る。しかし、やはりというか、蕾さえ発見できぬまま時間は過ぎてゆく。

幾分早い時間だが、かなり疲れもあって、諦めて戻ろうということになった。ガイドにその旨を告げると、4人は道を引き返した。

2時間半ほど歩いたころ、列の最後尾にいたB氏が声をあげた。

B氏が指差すほうを見ると、遠くに何やら赤茶けた塊が見えた。

「あれ、ラフレシアじゃないのか?」

ガイドは目を細めるようにして見ていたが、突然、顔を引きつらせた。

「急ごう!黙って付いてきなさい!」

ガイドは小走りに進み始めた。なおもそれを気にして足の進まない3人に振り向きざま言った。

「命が欲しいのなら、急ぎなさい!」

只ならぬガイドの雰囲気に、3人は慌ててガイドの後を追った。





173 本当にあった怖い名し New! 2006/10/26(木) 05:13:09 ID:cQYTHW9f0
しばらくすと、生臭い臭気が漂ってきた

ふと返ったA氏の目にはた物がさっ確実に近いところにあるのが映った。

ていのか?

この臭いがあの物体から発られ調あれはラない

実際いをだことはな、ラレシは肉の腐ったいのはず。

今漂いるのは生臭さである

A氏はあラフアではいどこか、何か得体の知れない「嫌なの」で確信した。便自然に

ガイドはもちろB氏、C氏もそに感たよと一行の足は速寿なった

臭気は徐々強くなっている気がした。後ろを振り返っみようとうが怖でそれもできない。続くB氏、C氏2人もA氏を追い抜ったいてる。

の道ではないから、力疾走というわけにはいが、能な限りく走った。よやく、自動車の通れる道見えた。

ふと振りると、そ10メートルに満たない距にいた

その離で分かったのが、それは大は2メートル近く、70〜80センチもる寸詰まりで宿ルのよう感じであった



道に出る、ガイ止め荒くなっ吸を整えている3人立ち止まった

「もう大丈だと思いますイドが息をせながら言った。

A氏は安堵のあまり、その場に座りんだ。他の2人も真な顔をしてゃがみこ婿んだ。





175 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/10/26(木) 05:19:30 ID:cQYTHW9f0
ち着てみと、もうあのない。ジャングルの中を見木々日光を遮っているせい、様子は分ない

あれ、何なの

ガイに尋ねたが首を振っただけではくかった

結局、ホテても「あのことは忘れてくさい簿。私も詳しくは知らないほうれが何は教えてもらえかっ

C氏が仕事ドネに行き、なり方々でこの件聞きわったようで、いくらかの得ることができた。



それは「人を喰もの」で、ると拗にかけ、が疲れてくなったとき襲い掛かくるという。

太陽の光が好きではく、のと早めに切りいなかっ稿ング抜けしても追ってきて、逃げ切なかったかもしれなかっ

それを見たら、現地で言いを受なけらない。お祓いを受けなければ、れは追いかた人間をれず拗に狙ってくる

人はいはしなかすぐに日本に帰ったので難を逃れたのでない

て、その名前は分かないといよりも口にしいうった






 

 

関連記事

 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20160503173402