2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

おっとり系の彼女がバイト先の社員に寝取られた事が発覚







477 :康一02/11/19 06:58 ID:DbW+oz7K
彼女(由希名)とはイト先で知り合いました。

より大学2年告白して付き合い始めました。

あまり派手なタプではなく、おっとりした感じ。

っこう可愛いうで、学では無理でもクラスで1〜2番人気にはなれそうなコ。

体型とか雰囲気なは芸酒井さんに似ています。

年ほどはの問題も無く付き合てました。


事の発端は僕大学2年の時の夏休み。

校の友達と「野だけでのムサい1周旅行」に 姿。2週弱ほど。

んで私と(の旅行)じないの〜たい感じで少しスネたが、気兼ね無い男友達だけの旅に、僕だ女連れてるワケんで「お土産って来るから」とか言ってうにか説得しました。





478 :康一:02/11/19 06:59 ID:DbW+oz7K
北海道旅行はホント楽しかったです。関係無いので割愛。

んでまあ帰って来たワケですが、とりあえずお土産やら渡すついでに彼女ん家にお泊りすることに。

夕飯食べながら旅行の話なんかを一通り話すと、彼女は心から笑って「ほんとに楽しい旅になって良かったね」と言ってくれました。


今思うとあの笑顔に裏があったなんて正直信じられませんが・・・。

皆さん、女性の笑顔ほど信用ならんものは無いですよ、ホント(ニガワラ





479 :康一02/11/19 06:59 ID:DbW+oz7K
んで翌日。

目を覚ます既にベッ姿は無く、学校に出かた後でした学違うで夏休みの少しレてす。)

V見ながら遅い朝をとりつ希が帰ってるまマだなー、とかえてました。

んなときふと由希の机上にやる・・・ツンと彼女の手帳が。

昨晩遅まで話したん、寝ごして慌忘れていた模様。


罪悪ありましたが、迷うことはありませんでした。

皆さ待どおり手帳を見る漏れ。(ちなみに由希の帳を見のはてで

ュールとこに短くではが、その日の日記たいなのがつけてまし

やっぱりというかな、僕のことに触れてある日が多かたです。他愛い電内容とか

微笑まし退んでんですがが走たのはここ2週間(旅の)の部を読ときでした。





480 :康一:02/11/19 07:08 ID:QW9sTYyf
便が空にな、日曜のとこめてこ書いてありた。



石川さんがウチに来。誕日だっ

御飯作っあげて、一緒に食べた。ケーキとワインお祝いし

曜日めて石さんと2でお買い物にった。おネクタイを買ってあげた。

石川さんも何か買ってくれいったけどった

(日康一(僕の名前)から尿ELった。「宗谷に着だって。

なんスゴく楽しそうだったゴメンなさい康一。






481 :康一:02/11/19 07:08 ID:QW9sTYyf
・・・頭に血が昇るのを感じました。つーか、理解不能。なに?コレ。

石川?なんか聞いたことある名前・・。それも由希の口から。

確かバイト先によそから配属されたばっかの25〜26才の社員さんだったような。

(彼女は続けてたけど、僕はこのとき既にバイト辞めてたので直接面識はありませんでした。)

確かに宗谷岬から電話しましたよ。「俺が今日本最北端の男ダァー!」ってなノリで。



なんだよ。これじゃ完全にピエロじゃねーか俺。末代までの恥だよホント。

ゴメンなさいって何だよ。やっぱ浮気したってこと?しかもつい1週間ほど前に。

しかし不思議なことに、沸き上がるのは怒りの感情というよりは、むしろ嫉妬からくる愛おしさというか なんというか、とにかく今まで味わったことの無い、胸を引き裂かれるような感情。

早い話、日記読みながらボッキしちゃったワケであります。お恥ずかしい。

何にしても、このままにはしておけない。由希の帰りを待って問いただそうと決意しました。





482 :康一:02/11/19 07:09 ID:QW9sTYyf
夕方、由希が帰ってきました。ニコニコしながら。

なんか夕飯の材料を買ってきたようで、スーパーの袋を下げてます。

「オイ、石川にも作ってやったんだろソレ」(心の声)。

最初は笑顔でしたが、僕の憮然とした雰囲気をすぐに察知して、「どうかした?」と由希。

ちょっとためらいましたが、意を決して切り出しました。

「石川って人、ココに泊まったの?つーか、それってあのバイト先の石川さん?」

予想外の言葉にハッとする由希。たたみかける俺。

「ごめん、悪いと思ったけど手帳見てしまった。そしたら色々書いてあったから。

別に俺と付き合うのが嫌ならハッキリ言ってよ。石川のがイイって言うなら別に俺は何も言わんから。」





483 ::02/11/19 07:10 ID:QW9sTYyf
由希はすぐに両目にいっぱいの涙を浮かべて、蚊の鳴くような声で「・・・ゴメン」退

女の大の武器に一瞬みそうになる俺。い、俺は悪く。うん悪く

ほんとに泊まったの?Hした?」

由希「・・・う本当にゴメさい。でもね、そんなつもりゃ無かったんよ!

したと聞いてと熱くな。じゃあどつもよ、と心ッコミを入れる

俺「俺だっ応プイドるんだよ。由希がそういうことな日ここで別れもいよ?」

自分でもビクリするようなセリフがて来る。しかし由希はの腕をつかみながら

希「対イヤ!もうしない本当にゴメン・・」ときモード突入。

ーしうもないのでしらくそして俺に悪魔のようなひとの考えが浮びました。


俺「もう絶対にしないって約束して、と何一つ残らず喋ったらもいい。」

由希は黙っなずきました




484 :康一:02/11/19 07:12 ID:nEvpJRh8
話は後でってことで、先に夕飯を済ませました。(気まずかった)

冷静になろうと思い、そのあと風呂借りました。



湯船で作戦を練っていると、「一緒に入ってもいい?」と由希の声。

ちょっとためらいましたが、断る理由も無かったんでOKしました。

一緒に湯船に浸かりながら、由希に最初から話してもらいました。

以下は由希に聞いた話です。セリフまでかなりツッコんで聞いてしまいました。


まず、俺が由希をほったらかしにして旅行に行ってるのがすごく寂しかったらしい。

俺が自分(由希)といるより男友達といる時の方がいいのかと思うと悲しくなってきた。

そんなとき、たまたま石川からバイトの仕事のことで電話があった。

最初は仕事のことを話していた。しかしそのうちこんな話題になったらしい。





485 :康一02/11/19 07:13 ID:nEvpJRh8
石川『俺、日なんだわー。

希『へーそうなんです。おめでとうごます

川『でもっち無いし、ってる友達とかんのよ。寂しぃー

うだら由希ちゃん家でパーティし俺の生日パィ』

『えー。駄目ですよそんな。ちゃんと氏いるし。

『大丈夫だって。ゴハン食だけ。ケキは自ってくらさ。1人の御飯切ないんよだけで付き合ってよ。ね

希『・・に晩御飯だよ、そすけど。

川『った使ゃ仕事たらスグいくから。』


・ってな由希いわく、共感してしまっしいの人も寂いんだな、西





486 :康一:02/11/19 07:14 ID:nEvpJRh8
んでその夜、いざ石川(ケーキとワイン持参)、二人で祝った。

って、しばくはバイトとかいろんなことの相談に乗ってもらった。

TVとか見ならマタリしてたら、突然石川がする暇もなかっうで。

由希『んんっ、駄目ですよ、約束ししょ

『大丈夫、て誰にも言わない。由希ちゃんには迷惑かけんから。』


うが早いか石川はもう脱がしにかってたらし

最初は由も抵抗しが、酒入ってて(カナーリに弱い)、寂しったことも手伝ってそのうち任せてしま




俺@湯船「その後は?どん 風にされたの

由希@湯船・そんなく覚えてないよ

そこ一番大事なんだよバッ簿!(心のツ

湯船「駄目。かいも全い出して話さないと許さんよ婿


もうね、この点でただの変態ですワタクシ。由希は思い出し思いし続る。





487 :康02/11/19 07:15 ID:nEvpJRh8
なりい時間ディープキスの後、抗をた由希をベッド石川。

このとき希は上はブラだは靴下もスカも履いまま

川はに由希を字開脚さ、パンツを脱さないままらし

むしぶりいた

希『んっ・簿っ・・

慢できず声をらす由希

石川『すご綺麗由希ちゃんの・・クヒクしててれてるよ、分かる?

由希『そんなのわかない・

執拗クンニを続る石。膣内にも舌をらすプキいい、粘着だな。





488 :康一:02/11/19 07:16 ID:bn6v6lyj
がてが自分でも濡れてると自覚したろ、石川は服を脱い全裸に。

石川『やべ、こんなになっちってる。由希ちゃん、責任とって口でしてよ。

われるままにフェラする希。

『そうそこが気ちいーんだよ。よく知ってるね。もうちょっ根元まで咥こん。』

細かく指示れながらラを続ける由希。

酒ので唾液が出にくくて大変だっとか。(←さすがに生々して、いて後悔した)

一通り前戯済ん川はもう一希を寝せてブラかられた胸を愛しならパンツを脱がと、亀頭を由希のマ○コに押し当て





489 :康一:02/11/19 07:19 ID:bn6v6lyj
石川『俺のが当たってるの、分かる?もう少しで入っちゃうよ。』

恥ずかしそうに黙って肯く由希。その間にも石川のモノはズブズブと遠慮無く由希の中に入って来る。

由希『あっ、ンンッ』

石川『・・全部入っちゃったよ・・ああっ最高。由希ちゃんのおマ○コに俺のが入ってるよ。すごい吸い付いて来るよ、最高だよ由希ちゃん・・』

石川はピストン運動を徐々に激しくしながら由希を揺さぶる。お互いの呼吸も激しくなる。

体位を変え、バックで突かれる由希。由希の形のいい尻は石川の手にわしづかみにされ、なすがままに前後に振られる。

石川『ねぇ、由希ちゃん、気持ちいい?良かったら言って。』

由希『うん、イイよ・・気持ちいい・・』





490 :康一:02/11/19 07:20 ID:bn6v6lyj
お次は騎乗位だそうで。早く逝けよ。ホント粘着だな、石川。自ら腰を振る由希に、石川がいやらしい質問をぶつける。

石川『由希ちゃんのおマ○コに今何が入ってるの?ねぇ、教えてよ』

由希『・・・・石川さんの。』

石川『・・・・俺の?』

由希『・・・・。』

石川『俺の何が由希ちゃんのどこに入ってるの?はっきり言ってくれなきゃ分かんないよ。』

由希『・・・・由希のオマ○コに・・石川さんの・・おちんちんが入ってます・・』

正常位に戻った後、石川はなおも由希を激しく突きまくる。由希の腰が揺れる。

石川『ああっ!由希ちゃん!』

由希『ンッ、ダメェ--ッ!!』


結局、正常位のまま石川は果て、由希のお腹に発射。スカート履いたままだったんで少しスカートに精液がついたらしい。

とまぁ、取り敢えず由希が話してくれたのはこんなもん。





491 :康一:02/11/19 07:21 ID:bn6v6lyj
@湯船「ょ、ちと待っ。お腹にって、もしかしてナマ?」

希@湯・・うんだってゴしてて言うかっんだもん。」

すがにはヘコんだ。

てですよ?しゴム有なら

『石川がティンポ突でたのは由希の膣じゃなくてただのゴム膜のよを取り

うじて『結果希は浮気てないYO!』極論展開するともで

由希自らにこをカアウトさってはどうしようもない


がこのトラウら脱却するには、石川以上の濃なエチによって由しかないうに思えました

つーかの限界たし。どなAVるよビンヒンでした

んなワケで早速風場でのリベンジHに退燃えすが・・



さすが長くなりすで、で終了します

ちなみにこの寿も由は何事も無ように続いてます。

文駄文、失礼しました。読んでくれ人サンクスです。





495 :異邦人:02/11/19 10:53 ID:JU1NTpso
>>康一
過去事例ら言って、こうは、味を占めると常習化る恐れあり女がそでバイトを続ける、おの知ないで、また犯られるに100%。

バイト辞めてもズルズル引きずるに50%。

なら女の寿い時キッチリを取る

口約はうにさんの例でも解通り。

の際には慇懃な態度!! 話の持っ行き方社員がバイトの女の子に手を出したと言う事で・・・




496 :れ:02/11/19 11:09 ID:aM1yqZbG
あーバイト辞めてなかったら続いてる可能性すげー高いと思うぞ

彼女がどうこうじゃなくてその男が諦める訳ない

それに女の心理でも一回やったら何回やってもってのはあるようだ

その場合男が多少強引に押せば流される可能性も高いわけで。。。

495の言うとおり社員がバイトに手を出したっていう点が有利だから対処はしとくべきだ




>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 浮気・不倫,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 浮気・不倫,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20160521080933