2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

汚嫁が身に覚えの無いDVをねつ造。有能な弁護士の活躍で解決に向かったと思われたのだが。







499 :@お腹いっ:2014/08/23(土) 17:31:00.53
なく吐き出したから、勝手にく。

10年ど前の今頃、はオレの妻だったアイ簿いきり離婚を出した。

理由はDV 

もちろえがない 

無理理夜に誘っのもきないうれたら、我慢して退しつこくしてなた。

と、稼ぎも少な、家庭もかえりなか言わた。

良くわらなくないって言ったら嫁が出て行って、以士を通てしか話できなくなた。

アイツの携帯にはれて、アの実の電話も全の義父や母がでて、怒られられた。

請求された慰謝料と財産分与の額は多くもい貯金が全部もっれてらに借残るレベで むうの女性弁護士は悪いと思ったらしりと支払うべきでと言ってにべもかった。

の当時、どうやて暮か自分でもて覚ていないけど呑めも酒を飲んでて布団にたまったゲロに顔を付けたま死にたい死うって同とをる考えたことと

断欠勤をやっしまって、もうレはだめだなんなないんだろうて思ってたのは覚えいる



来たのはすごい雨の日ったのを覚えている。

ばらく出てこなくていいっれて、あ、もういよだって思いながら荷物をまとめて帰ろうと湿に、オレに客って総務いでっかい太ったねーちゃん

応接室で落ちた感じのよりし上て年髪のい女性と弁ってった初老ですっごいはげた男ってた。

らはいろい挨拶してかたけど、そのとき前半の話はぜんぜん覚えていない

憶にているは、「あたははめられてるん?」って弁護士の言ら。

その時、つるっ男がすごい真剣で身な目をてオレを見ていたことと、女がなんでい

こからイツが不倫かもW不倫してこと、この女性が間の妻だっことを説明れて

オレは直、怒りもなんにも湧かなかった

だ、あっられけだった。衝撃を受けて呆け






502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/23(土) 17:55:52.66
家に帰って酒飲んだら、なんかつるっぱげ弁護士に猛烈に腹が立って、事務所に電話して

「なんで嘘言うんだよ」とか自分でも訳のわからない絡み方をして、で電話中に猛烈に気分が悪くなって以降は覚えていない。



気がついたら入院していたのだけど、後から母が言うには、肺炎と急性アルコール中毒と肝臓障害、それと鬱病一歩手前と栄養失調だったらしい。全然自覚してなかったけどね。

オレは病院ではずーっとぼーっとしてたんだけど、その間、例の間男の嫁さんがきていて、オレの両親に話をしたそうだ。

そして弁護士事務所への連絡先をおいてっていったらしく、両親が事務所に乗り込んでいったらしい。

それでことの次第が明らかになって、オレを挟んで、不倫組とサレ関係者が対立していったらしい。



幸い入院の終わり頃には、酒も抜けて、神経の薬もらってちょっと考えることが出来るようになってオレは離婚を承諾した。

薬のせいでどうでもよくなって、離婚した方がいいって周囲から言われまくったし、逆らう気力もなかった。

結果として言えばオレは慰謝料なしで別れることが出来た。

あのつるっぱげ弁護士さんに親も依頼したところ向こうの弁護士が慰謝料を取り下げて、分与分は少なかったんで、少額にこだわるより早く縁を切るという父の方針ですんなりといった。

子供は居なかったんで、親権で悩まなかったのはよかったと思う。

間男の嫁さんには、うちのPCのメールとかそういう資料を全部あげて協力したんで、慰謝料もらえて離婚したらしい。

家は賃貸だったから、親に任せて引き払うことにして、しばらく精神科でカウンセリング受けて、なんとか数ヶ月で会社には復帰できた。

首になる寸前だったらしいけど。






506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/23(土) 18:11:23.66
会社に復帰した後は、精神科通院しながら、なんとか仕事できるようになってきて2年ほどで通院を終るころに、仕事は元通りにできるようになった。

もう家庭のことも考えなくていいんで、僻地から支社から営業所から途上国出張まで いろいろやって、その途上国から帰ってきたときに、祖母が危篤になった。

可愛がってもらったし、離婚騒動では心配させたし、時間見つけて見舞いに行ったけど、残念ながら死んでしまった。

で、祖母がオレに遺産を残してくれていた。

本来は父親宛だったらしいけど、ヒドイ目にあったオレにせめてものものをということで遺言書を書き換えたらしい。

これで有り難いことに家賃収入が入るようになって、生活が楽になったけど、女はこりごりだし酒はもっとこりごりだし、特に使うあてもなく貯金していた。

で、その頃は間嫁さんとは年賀状だけのつきあいだったんだけど、父がお世話になったしことだし

一度良くなった姿を見せにいけっていってたのもあって、連絡を取って挨拶に行った。








510 :無しさん@お腹いい。2014/08/23(土) 18:34:52.18
泥嫁はどうなっんだろう

間男と幸せになってれば嫌だ




511 :名無しん@腹いっぱい。:2014/08/23(土) 18:36:31.02
ま、間もちんもこりごりだったらしけどオレとは同憐れむう感じで、色っぽくはて感じのきあいなっ

間嫁さんにして両親にも友人にも言えないこあっには言えてぱり間嫁さんにしか話せがあったからだ


結婚してをだ、アイツの声と下の名前まれてたころ会社の前でアとあっ

初めは全然判らなかった。

けられてこんな女の知り合いなんていけっ思ってたらアイツがの名前呼ぶ時の独呼び方で然理解したけど

の前にいる「けばい年女が、なかなかなかったけど

でもなんとか今アイツの姿なんだ思って、を訊いた

てるのかなーって」

 日はを告げなかたんけど、3日は家また出逢った





514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/23(土) 18:50:27.46
お金ちょーだいハートか





516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/23(土) 19:01:31.99
それから、アイツと割と「偶然」に良く出逢うようになった。

初めの数回は挨拶程度だったけどちゃんと食べてる? とかなんか妙なことを言い始めた。

その頃、間嫁さんからメールが来たんで、いろいろ書いたあと、付け足しで最近「アイツ」によく逢います。って書いて送ったら、5分ほどで珍しく間嫁さんから直電がきた。


 このときの間嫁さんの声は妙に迫力があった。

 普段よりオクターブが低くなっていたし、嫁と出会った場所とか時刻とかまるで詰問されるみたいに訊かれてびっくりしたオレが理由を尋ねると

「あの2人、とっくの昔に別れて、素知らぬ顔でこの辺に戻ってきたの」

 って本当にぞっとするような暗い声でオレに教えてくれたんで、さすがに鈍いオレもひらめくモノがあって

「ひょっとして復縁をいってきている?」

「うん……、ほんと、あの人達の頭の中どうなってるのかわからない」

 その後ため息ばかりであまり会話にならなくて なんかあったらまた連絡するって話だけで電話を終って その後「アイツ」のことを考えた、

無音で天井の照明を見つめながら考えたたんだけど もう自分でもびっくりするぐらい嫁に関心が湧かなかった。 

 もっともそれ以前に嫁が復縁ねらいかどうかすらわからないというのが結論だった。

 ま、今から思えばノンキきわまりないんだけど。





517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/23(土) 19:02:31.43
あーこれは

ピンポーン「きちゃった・・・・・」

ですわ。



518 :名無しさん@おいっぱい。2014/08/23(土) 19:08:39.47
脳は以下
殲滅



520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/23(土) 19:14:46.75
のんき・・ なんか怖い予感しかないが






523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/23(土) 19:21:30.31
で、また会社の前で「アイツ」とあった。

その日は風邪が強い寒い日だった。

挨拶をして、何か言いたそうだったけど何も言わなかったんでオレから口火を切った。

「間男とうまくやってる? せっかく離婚したんだし彼を大事にしなよ」

 別にいじめようとかそんなつもりはなかったんだけど、口に出てしまっていた。

「アレのことは言わないで。私、どうかしていた」

 目を伏せて反省みたいな表情だったけど良くわからなかった。

「そう? いろいろあるんだね。だけどまたいい男と出会うかもしれないし、がんばれよ。じゃあ」

 自分でもがんばれよとか、空々しくて笑いそうだったけどそれ以上話すこともないし行こうとしたらコートの袖を引かれて

「あなたが私を見てくれなかったからこんなことになった。責任取ってやりなおしてよ!」

 目の前の女がわめいた言葉が良くわからなかった。

「はぁ?」

「なんで、妻に優しくしないの? 一緒に暮らさないの?」

 なんというか、仕事とかでやばいっていうのはあっても、この訳のわからないヤバイ感じは一段突き抜けていたと思う。

「離婚しただろ!」

 って言って袖を振り払って思わず逃げた。

それ以来会社の出入りに気をつけて出口も変えた。






527 :名無さん@おいっぱい。2014/08/23(土) 19:56:27.59
すこし話が遠回りにる。

祖母が死ん、俺名義の祖母の遺産のマン内、価値が下がりきった古い棟を父と、俺のえた貯金とで建て替えるこにして両親がいろいろやってて建て替をした。

で、最上2部屋にを、俺の部屋にしたん。賃料がもったいいし代もうく

いうわで、逢った頃築のシャレなションの最階から通勤してた。

たまだけど、離婚の時にいろいろ世話になった人達や、古い友人を招くことがあったんだけど、

それ前のボ貸とは一線を画するだけに、「ばあんの遺産だ」とわないと変な勘ぐりされるで正直に答えていだけど、噂は広がていたらし湿

「浮気されてその謝料でマション建てたって、不倫側に届けねぇ

イツか訳のわない罵倒を受けた日の夜に、間嫁電話をた。

「こっ縁?良からなど、きた

 電話の向こう寿んが可哀想なほどため息をつ良く覚えてる。



「あ人ね、転して給料下がんで、ちぶち言われんだって

それでまた若い女に手を出て、大げんかして一緒になろうって若い女に言った、×2のさんなん婚した いからやっわれって。

何を考えているのな? 

男って気やめられないの



それは題じなくて、間男の題だから。俺は浮気てないし。とかされ方だし」


「……ごめん。そっちは?


のせいで責任とてやりなおして。妻にやさしくしてよって怒鳴られた


「はあ? わけわ綿んですけど?


「俺れても


「復縁?


「さあ? 


「……ほと、わけわんない」


「先談す調


れがいいかも


 そで弁の先生とにな






532 :さんっぱ。:2014/08/23(土) 20:26:22.61
弁護士先はつるっげだど、サイドは髪の残っる。

久しぶ簿にあら、髪の毛も宿だいぶくなっていた

もっとも誠うなとか、信頼できそうなゃべり方とかは変わらない

んと平日西に半休とって弁士事務所にいって、先生に相談し



正式受任してもら

い争わずに姿護士をとおしてとうこと

れないこと

力振るわらすぐに警察呼ぶこと

などなど


まあ当たり前のアドバイスをも嫁さ接近禁止もらってみることになっ

おれはまあ宿もうちょっしいまといの例が出たらといことなっ

宿のところも間んのは晴なかヒーショッってしたら、間嫁さが両親と同居して稿いるが一軒家で侵尿い(泥2回どや婿れてるらい)

父さんは定年も働いてで家あんまりいなし、母さんもわりと使けがちで全たときも、は居なかったらしい。


聞い、俺た。の中に信はやっ恋愛ったし、それは間さんもよく言ってたんで、微妙なあることで俺は救われて

、オートロックに監視ニタがついている俺のマンションの屋上屋にれば、かなり解決

その日その案まま俺たちはれた。








535 :さんお腹いっぱい。:2014/08/23(土) 20:56:59.41
今度は、現れ

もうリスマス商戦が始まった会社の出口変え逢わなくなょっ気が緩んでい頃だった。


家に帰って、資料作りのめに、ビニで資料をスキャうとンシ出たときだっ

暗がからの名前呼ばれ思わずまっのが失敗ったと思う

婚騒動の時は便、そりーにケメってだったんど見事に生え際が後退しテッが薄くっていて、顔作りいいけになとも微妙な感じで しかもでるのフラフラながら、俺のにできた。

「お、金持ってって人房寝ていいっおもってるのかよ?

 うん、今書いも前提がっていなれば意味不明な言葉だけど、時のは全然わ

 答もなく立ち尽してると

「間嫁ら離!ふざけじゃねーぞお前はお前の女とくし

 なんて、なんで罵されているからないと、言い返すことってできないん


「だてないで、なんかいえよ!


 胸ぐらを捕れてに茫自失から立ち直って腕をふりほど


「わけわこと言う。アイツと幸せにってれいいだろ


んだと、俺をしやがっ!俺にくそ女をおけやって!笑ってたん

弱い稿、あんにマ貿なった俺をんだろ!クソ野郎が!」


 こまいこと無いこれる調が立って、なぐっやろうと思っを据え調

だれがクソ女よ!」

 アイツだった考えてみればマンシン付近で見張っていたろう

 いきなり現れたアイツは間男に飛びかり、間男はよながらアイツを払うと暴れ

俺はいきなり現れたイツにぞっして、これ幸いとコンビ逃げこんだ。

 帰り道相当ビクビクして帰が幸いらと会わなか







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:修羅場・人間関係, 浮気・不倫, DQNな人達,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:修羅場・人間関係, 浮気・不倫, DQNな人達,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20160531183840