2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

汚嫁が身に覚えの無いDVをねつ造。有能な弁護士の活躍で解決に向かったと思われたのだが。







499 :名無さん@お腹い。:2014/08/23(土) 17:31:00.53
理由なくき出したくなたから、勝く。

10年前の今頃、当はオレの妻だった、いなり離婚言い出した。

理由DV 

もちろん覚えがい 

理矢理夜にのもできなかったというが断慢し退いてしこくしてなかった

と、ぎも少ないし、えりかっって言われた。

良くわかなくて離くな言った、嫁て行っ、以弁護てしか話できななっ

ツの携帯に着信拒否されて、アイツの実家の話も全時の義理の父や母がでて尿、怒鳴られ切られた。

請求さ慰謝と財産分の額くもな金が全部れてさらに金が残るレベル むこの女性弁護士はいと思たらりと支払うべきで簿ってにべもなかった

その当時うやて暮らしてたの自分で大してえていなど、めもい酒で吐て布団たまったゲロに顔付けまま死にたいのうって同じこをぐるぐる考えこと

欠勤をってしって、もうオレだ、なんで死なないんろうって思ってたのはいる



転機が来たのはすい雨の日を覚えている。

上司から出てこなくていいっわれて、ああ簿もういよいよだって思いがら荷物をまとめて帰ろうと間際に、オがきたって総務おっぱいでっかい太ったーちゃ知らせに来た

室で落ち着いた感じのし上かって年の髪の長性と弁士って名乗った初老ですっいはげたが俺を待っていた。

彼らはいいろ拶をしてか何か話いたけどときの半の話はぜんぜん覚えていない

に残っているのは、「あなたははめられているんですよ?」っ弁護士の葉か

その時、るっぱげの男がす真剣親身な目をしオレを見ていたと、女性がみだぐんでた。

そこからアイ倫、かもW不倫いたこと、女性が間だってことを説明さ

レは怒りもなんにも湧かなかった。

だ、あっけにとった。受けてけた。






502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/23(土) 17:55:52.66
家に帰って酒飲んだら、なんかつるっぱげ弁護士に猛烈に腹が立って、事務所に電話して

「なんで嘘言うんだよ」とか自分でも訳のわからない絡み方をして、で電話中に猛烈に気分が悪くなって以降は覚えていない。



気がついたら入院していたのだけど、後から母が言うには、肺炎と急性アルコール中毒と肝臓障害、それと鬱病一歩手前と栄養失調だったらしい。全然自覚してなかったけどね。

オレは病院ではずーっとぼーっとしてたんだけど、その間、例の間男の嫁さんがきていて、オレの両親に話をしたそうだ。

そして弁護士事務所への連絡先をおいてっていったらしく、両親が事務所に乗り込んでいったらしい。

それでことの次第が明らかになって、オレを挟んで、不倫組とサレ関係者が対立していったらしい。



幸い入院の終わり頃には、酒も抜けて、神経の薬もらってちょっと考えることが出来るようになってオレは離婚を承諾した。

薬のせいでどうでもよくなって、離婚した方がいいって周囲から言われまくったし、逆らう気力もなかった。

結果として言えばオレは慰謝料なしで別れることが出来た。

あのつるっぱげ弁護士さんに親も依頼したところ向こうの弁護士が慰謝料を取り下げて、分与分は少なかったんで、少額にこだわるより早く縁を切るという父の方針ですんなりといった。

子供は居なかったんで、親権で悩まなかったのはよかったと思う。

間男の嫁さんには、うちのPCのメールとかそういう資料を全部あげて協力したんで、慰謝料もらえて離婚したらしい。

家は賃貸だったから、親に任せて引き払うことにして、しばらく精神科でカウンセリング受けて、なんとか数ヶ月で会社には復帰できた。

首になる寸前だったらしいけど。






506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/23(土) 18:11:23.66
会社に復帰した後は、精神科通院しながら、なんとか仕事できるようになってきて2年ほどで通院を終るころに、仕事は元通りにできるようになった。

もう家庭のことも考えなくていいんで、僻地から支社から営業所から途上国出張まで いろいろやって、その途上国から帰ってきたときに、祖母が危篤になった。

可愛がってもらったし、離婚騒動では心配させたし、時間見つけて見舞いに行ったけど、残念ながら死んでしまった。

で、祖母がオレに遺産を残してくれていた。

本来は父親宛だったらしいけど、ヒドイ目にあったオレにせめてものものをということで遺言書を書き換えたらしい。

これで有り難いことに家賃収入が入るようになって、生活が楽になったけど、女はこりごりだし酒はもっとこりごりだし、特に使うあてもなく貯金していた。

で、その頃は間嫁さんとは年賀状だけのつきあいだったんだけど、父がお世話になったしことだし

一度良くなった姿を見せにいけっていってたのもあって、連絡を取って挨拶に行った。








510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/23(土) 18:34:52.18
泥嫁はどうなったんだろう

これで間男と幸せになってれば嫌だよな




511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/23(土) 18:36:31.02
ま、間嫁さんはもちろんもう結婚も恋愛もこりごりだったらしいけどオレとは同病相憐れむという感じで、色っぽくはない友人同士って感じのつきあいになった。

やっぱり間嫁さんにしても両親にも友人にも言えないことがあって、オレにはそれが言えてオレにもやっぱり間嫁さんにしか話せないことがあったからだ。


結婚していたことをだんだん忘れて、アイツの声とか下の名前まで忘れてたころ、会社の前でアイツとあった。

初めは、全然判らなかった。

呼びかけられてこんな女の知り合いなんていたっけって思ってたらアイツが俺の名前を呼ぶ時の独特の呼び方で、突然理解したけど

目の前にいる「けばい中年女性」が、なかなかアイツとは重ならなかったけど。

それでもなんとか今のアイツの姿なんだと思って、用件を訊いた。

「どうしてるのかなーって」

 その日は特に目的を告げなかったんだけど、3日後には家の近くでまた出逢った。





514 :名無しさん@お腹いっぱい2014/08/23(土) 18:50:27.46
ーだいトか





516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/23(土) 19:01:31.99
それから、アイツと割と「偶然」に良く出逢うようになった。

初めの数回は挨拶程度だったけどちゃんと食べてる? とかなんか妙なことを言い始めた。

その頃、間嫁さんからメールが来たんで、いろいろ書いたあと、付け足しで最近「アイツ」によく逢います。って書いて送ったら、5分ほどで珍しく間嫁さんから直電がきた。


 このときの間嫁さんの声は妙に迫力があった。

 普段よりオクターブが低くなっていたし、嫁と出会った場所とか時刻とかまるで詰問されるみたいに訊かれてびっくりしたオレが理由を尋ねると

「あの2人、とっくの昔に別れて、素知らぬ顔でこの辺に戻ってきたの」

 って本当にぞっとするような暗い声でオレに教えてくれたんで、さすがに鈍いオレもひらめくモノがあって

「ひょっとして復縁をいってきている?」

「うん……、ほんと、あの人達の頭の中どうなってるのかわからない」

 その後ため息ばかりであまり会話にならなくて なんかあったらまた連絡するって話だけで電話を終って その後「アイツ」のことを考えた、

無音で天井の照明を見つめながら考えたたんだけど もう自分でもびっくりするぐらい嫁に関心が湧かなかった。 

 もっともそれ以前に嫁が復縁ねらいかどうかすらわからないというのが結論だった。

 ま、今から思えばノンキきわまりないんだけど。





517 :名無しさん@腹いっぱい。:2014/08/23(土) 19:02:31.43
あーこれは

ピンポー「きちゃった・・・」

ですわ



518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/23(土) 19:08:39.47
不倫脳はクズ以下
マジで殲滅したい



520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/23(土) 19:14:46.75
のんき・・ なんか怖い予感しかないが






523 :名ん@おいっぱい2014/08/23(土) 19:21:30.31
、また会社の前で「アイツあった。

が強い寒った。

挨拶をして、何か言いたそうだったけどわなったんレから口火を切った。

間男とうくやって? せっかく離婚したんだし彼をにしなよ」

 いじとかつもはなかたん出てまっいた。

アレのことは言いで。、どうかていた」

 目を伏せて反省みたいな表情だったけからなかった

 いろあるんだ。だけまた男と出うかも、がんばよ。じゃあ」

 自貿がんばれよとか、空々しくて笑いうだったれ以上話すこともし行こうとしたらコトの袖を引か

「あなたがを見てかったからんなことにな。責任取りなおしよ!

 目の前の女わめいた言葉が良くわからなかっ

「は?」調

「なんで、妻に優しくしないの? 一緒らさないの?」

 んとか、仕事とかでやばいあっても、この訳のからないバイじは一段突抜けていたと思う。

「離婚だろ!

 言って袖を振払って思わず逃げた

それ以来会社の出入りにけて出口もえた






527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/23(土) 19:56:27.59
すこし話が遠回りになる。

祖母が死んだ後、俺名義の祖母の遺産のマンションの内、資産価値が下がりきった古い一棟を父の金と、俺の増えた貯金とで建て替えることにして、両親がいろいろやってくれて建て替えをした。

で、最上階の2部屋に相当する部分を、俺の部屋にしたんだ。賃料がもったいないし、管理人代もうくし。

というわけで、アイツと出逢った頃、俺は新築のオシャレなマンションの最上階から通勤していた。

で時たまだけど、離婚の時にいろいろ世話になった人達や、古い友人を招くことがあったんだけど、

それ以前のボロ賃貸とは一線を画するだけに、「ばあさんの遺産だ」と言わないと変な勘ぐりをされるので正直に答えていたのだけど、噂は広がっていたらしい。

「浮気されてその慰謝料でマンション建てた」って噂だけど、不倫側に届けばねぇ。

アイツから訳のわからない罵倒を受けた日の夜に、間嫁さんに電話を掛けた。

「こっちも、復縁?良くわからないけど、きた」

 電話の向こうで間嫁さんが可哀想なほどため息をついたのを良く覚えている。



「あの人ね、転職して給料下がったんで、ぶちぶち言われてたんだって。

それでまた若い女に手を出して、大げんかして、離婚して一緒になろうって若い女に言ったら、×2のおじさんなんかと結婚したら かっこわるいからいやって言われたって。

何を考えているのかな? 

男って浮気やめられないの?」



「それは男の問題じゃなくて、間男の問題だから。俺は浮気してないし。というかされた方だし」


「……ごめんね。そっちは?」


「俺のせいでこうなったから責任とってやりなおして。妻にやさしくしてよって怒鳴られた」


「はあ? わけわかんないんですけど?」


「俺に言われても」


「復縁?」


「さあ?」


「……ほんと、わけわかんない」


「先生と相談する?」


「それがいいかも」


 そういう流れで弁護士の先生ところに行くことになった。






532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/23(土) 20:26:22.61
弁護士先生はつるっぱげだけど、サイドには髪の毛残っている。

久しぶりにあったら、その髪の毛もだいぶん白くなっていた。

もっとも誠実そうな目とか、信頼できそうなしゃべり方とかは変わらない。

なんとか平日に半休とって弁護士事務所にいって、先生に相談した。



それで正式に受任してもらって、

とにかく言い争わずに弁護士をとおしてと言うこと

家に入れないこと

暴力振るわれたらすぐに警察呼ぶこと

などなど


まあ当たり前のアドバイスをもらって間嫁さんは接近禁止命令をもらってみることになった。

おれはまあ、もうちょっと激しいつきまといの例が出たらということになった

ただ先生のところを出ても間嫁さんの顔は晴れなかったんでコーヒーショップによって話をしたら、間嫁さんが両親と同居している実家が一軒家で侵入しやすい(泥棒に2回ほどやられてるらしい)

上にお父さんは定年後も働いているので家にあんまりいないし、お母さんもわりと家をあけがちで全開間男が来たときも、二人は居なかったらしい。


その話を聞いて、俺はすごく迷った。俺の中に女性不信はやっぱり残っていてもう恋愛も結婚もする気がなかったし、それは間嫁さんもよく言ってたんで、微妙な関係であることで俺は救われていた。

けれど、オートロックに監視モニタがついている俺のマンションの屋上の部屋にくれば、問題はかなり解決する。

その日は、その案を言わないまま俺たちは別れた。








535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/08/23(土) 20:56:59.41
今度は、間男が現れた。

もうクリスマス商戦が始まった頃で、会社の出口を変えてアイツに逢わなくなってちょっと気が緩んでいた頃だった。


一旦家に帰って、資料作りのために、コンビニで資料をスキャンしようとまたマンションを出たときだった。

暗がりから、俺の名前を呼ばれて思わず立ち止まったのが失敗だったと思う。

昔離婚騒動の時は、それなりーにイケメンっていえる奴だったんだけど見事に生え際が後退してテッペンが薄くなっていて、顔の作りがいいだけになんとも微妙な感じで しかも酒飲んでるのかフラフラしながら、俺の前にでてきた。

「おい、おまえ、金持ってるからって人の女房寝取っていいっておもってるのかよ?」

 うん、今書いてても前提がわかっていなければ意味不明な言葉だけど、当時の俺は全然わからなかった。

 答えようもなく立ち尽くしていると

「間嫁から離れろよ!ふざけんじゃねーぞ。お前はお前の女と仲よくしてろよ」

 なんていうか、なんで罵倒されているかわからないと、言い返すことってできないんだよね


「だまってないで、なんかいえよ!」


 胸ぐらを捕まれて流石に茫然自失から立ち直って腕をふりほどき


「わけわかんないこと言うなよ。アイツと幸せにやってればいいだろ」


「なんだと、俺をだましやがって!俺にくそ女をおしつけやがって!笑ってたんだろ!

入院して弱いふりして、あんな女にマジになってた俺を笑ってたんだろ!クソ野郎が!」


 ここまで無いこと無いことを言われるとさすがに腹が立って、なぐってやろうと思って目を据えたときに

「だれがクソ女よ!」

 アイツだった。考えてみればマンション付近で見張っていたのだろう。

 いきなり現れたアイツは間男に飛びかかり、間男はよろよろしながらアイツを払いのけようと暴れていて

俺はいきなり現れたアイツにぞっとして、これ幸いとコンビニに逃げこんだ。

 帰り道は相当ビクビクして帰ったが幸い奴らと出会わなかった。







>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:修羅場・人間関係, 浮気・不倫, DQNな人達,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:修羅場・人間関係, 浮気・不倫, DQNな人達,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20160531183840