2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

アダルトチルドレンの♀がこれまでの壮絶な人生を振り返る
(2ページ目)  最初から読む >>



28 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:23:28.76 ID:fUB8JwDo.net
彼は、俗に言うモラハラタイプの人でした。

彼の意にそぐわない事をすると、烈火の如く怒られました。



私は人の目を気にして自分の思うとおりに行動できないことが多く、動作も不器用だったり不注意だったりします。

それにとてもイライラしていたようです。

怒られる原因は確かに私にありましたが、些細なことばかりで

なぜそんなに怒られなければならないのかは理解できませんでした。



洋服や香水は、彼のお下がりを着けさせられました。

全く自分の好みではありませんでしたが、怒られるのが怖くて何も言えませんでした。






29 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:24:04.17 ID:8bSwavyV.net
同罪だと思うが1を弄んだクズは苦しんで死ねと思うな

苦しんで下手すりゃ死んでるだろうけど





30 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:25:35.28 ID:fUB8JwDo.net
>>29 自覚はなかったけど、選んでクズと付き合ってた気がするので仕方ないです。今ではそう思いますありがとう









31 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:26:56.01 ID:fUB8JwDo.net
18歳の夏のある日、珍しく新品のTシャツを買ってくれました。

私は忘れ物が多いので、ちゃんと持って帰るようにと彼に忠告を受けていました。

絶対忘れちゃダメ、と思いながら、私は彼の家にそれを置いて帰ってしまいました。



1時間ほどかかる帰りの電車の中で、彼からの着信がありました。

そこで初めて、Tシャツを忘れたことに気づきました。

電車内なので出ることができずそのままにしていると、何度も何度も電話がきました。



やっと目的の駅について、降りたホームですぐ電話をすると

彼の第一声は、てめえふざけてんのかという怒声でした。

凄まじい怒鳴り声が数分続きました。

小さい声で度々謝りながら、この人が満足するように生きていくことは私には出来ないと思いました。



彼の話が一区切りついたときに、もう無理です、別れてくださいと言いました。

すると、怒鳴り声は更に大きくなりました。

コロしてやる、家に火をつけてやる、ただで済むと思うな、と。



電話を切りましたが、しばらく鳴り止まず、留守電にメッセージが入り続けました。

恫喝のようだったものが、時間が経つにつれ別れないで欲しいという縋るようなものに変わっていきました。

翌日に着信拒否を設定し、家族と親友にだけこの事を伝えました。






33 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:28:49.14 ID:fUB8JwDo.net
数日後、職場に彼が現れました。

テナントビルの飲食店に勤務していて、防ぎようのないことでした。



離れたところにある休憩室に向かうタイミングを狙い、声をかけられました。

仕事後に話をしよう、帰られると困るから財布を俺にあずけろと言われ

職場の手前争うこともできず、言われるまま財布を差し出しました。

幸い携帯電話は取られませんでしたので、トイレに行くふりをして母に連絡を取りました。

母は、財布はいいから逃げなさいと言ってくれましたが

家に火をつけると言っている相手から逃げることは私にはできませんでした。



仕事が終わって待ち合わせ場所に行くと、彼がいました。

まず財布を返して、謝ってくれました。

どれだけ謝られてもお付き合いしていけると思えなかったので、改めて別れてくれるようお願いしました。

彼も私も譲らず、話は平行線になりそうでしたが



うちの娘が世話になったな、と突然に父がやってきました。

父は社会的権力が強めの職業に就いており、同僚の方を連れて話をつけに来てくれたようでした。脅迫とかはないですw

娘ともう会わないよう、と父と約束を取り付け彼は帰って行きました。

それから2度と連絡は取りませんでした。






34 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:31:07.59 ID:fUB8JwDo.net
ヨシユキさんと付き合い始めた頃から、私の心の拠り所は2chのオフ板に変わっていました。

彼氏がいるから、と出会い系サイトにはあまり出入りしなくなったからです。

そこには私と同じように心に穴の空いた人たちがたくさんいて、心を許せる友達が何人もできました。

仲間と呼べる人たちができたのは、生まれて初めてのことでした。






35 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:32:54.95 ID:fUB8JwDo.net
19歳の夏は、人生で最高の夏でした。

同世代の気の合うオフ民たちとファミレスで週に何日も何時間も話して、それだけで本当に楽しかった。



その中に、サトシくん22歳がいました。

サトシくんは英語圏への語学留学からの一時帰宅中で、夏の間だけ日本にいると言っていました。

初めて会った時から、魅力的な人だと思っていました。

話し方も、食べ方も、車の運転も、何もかもが優しく穏やかで、こんな男の人もいるんだなぁと感心しました。



いつからか、ほぼ必ずサトシくんが私を家まで送ってくれるようになりました。

そして回数を重ねるにつれ、帰り際のお喋りが自然と長くなっていきました。

サトシくんと話すのが楽しく、一緒にいられるのが嬉しくなってしまいました。

サトシくんのことが一日中頭から離れなくなりました。

サトシくんのことが好きだと思いました。






38 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:34:45.64 ID:fUB8JwDo.net
ある日の帰り際、どうしても抑えきれなくなって、帰りたくないって言ってしまいました。

サトシくんは困った顔ひとつせず、でも少しだけ間をおいて、キスしていい?と私に聞きました。

私は頷きました。

やっぱり、優しいキスでした。

ふわっと口付けられると、体も宙に浮いてしまいそうな感覚になりました。

優しいキスだけでは終わらず、どちらからともなく舌を絡めました。

ぬるりと絡まるたびに、脳天が痺れるような快感でした。

いつまでもやめられず、空が明るくなるまでキスし続けました。

唇が腫れるほどキスをするって本当にあるんだなぁと他人事のように思いました。






44 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:37:36.88 ID:fUB8JwDo.net
送ってもらうたびに、朝までただキスをするようになりました。

デートもするようになりました。

唇だけでなく耳や首にも優しく口付けてくれて、何度も意識が遠のくほど気持ちよかった。



夏が終わる頃、サトシくんは私に言いました。

君が好きだと。

私も好きだと答える時に、自然と涙がこぼれました。



でも、もうすぐサトシくんはとんでもなく遠いところに帰ってしまう。

付き合って、とか、結婚して、とか

約束めいた事を言う勇気は、私にはありませんでした。

彼を縛り付けるような気がして、すごく嫌だったのです。

好きだよって伝えることしか、その時の私にはできませんでした。








46 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:38:52.20 ID:fUB8JwDo.net
でも、私よりも勇気がある女の子がいました。

彼女は、留学先に帰る直前のサトシくんに付き合ってほしいと言いました。

結果的に、彼はそれに応えました。



好きだって言ってたのに、嘘つき。とは、言えませんでした。

泣きながらそのことを伝えてきた彼に、幸せにねって言ってしまいました。

私なんかが彼と付き合えるわけなかったんだから、と自分で納得してしまったのです。

悲しくて悲しくて何日も泣いて過ごしたけど、諦める以外の選択肢は思いつきもしませんでした。

彼が帰ってしまうのと同じ頃に中心的メンバーが他県に引っ越してしまい、肌寒くなる頃にはみんなで集まることはなくなってしまいました。






49 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:40:43.19 ID:fUB8JwDo.net
次に彼氏ができたのは、21歳の時でした。

ナオトさん24歳。

彼は芸術的な才能に溢れた人でしたが、精神的にひどく不安定な人でした。

始めはその才能に憧れを感じ、2人で会うほどに仲良くなりましたが

徐々に彼の危うさに気づき、彼からの告白を断りました。



キス以上のこともしていましたし、形としては私が彼を弄んだように見えるかもしれません。

何でだよって号泣されて、ますます怖くなって、もう会えませんと言って帰宅しました。






53 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:42:55.37 ID:fUB8JwDo.net
その翌日に彼の携帯から電話がありましたが、通話口にいたのは彼ではなく彼のお母さんでした。

ナオトに鬱病の急性症状が出て錯乱している、あなたに会うことで落ち着くのではないか、来てくれないか、と言われました。



彼は私と特別仲良くなっていることを話していたのでしょう。

私は罪悪感に耐えられず、彼の家に行きました。

彼は私が慰めることで落ち着きました。



その日から3日間、何の用意もないまま彼の家に泊まり込み付き添いました。

そのまま、なだれ込むように彼の家に住み着きました。

別れたら氏ぬ、という彼から逃げ出してはいけないと思いました。

これは罰だと思いました。

罰を受けなければならない、覚悟を持って彼と向き合わなければならないと思いました。






58 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:46:07.67 ID:fUB8JwDo.net
彼だけでなく、彼のご家族とも一緒に暮らす日々が始まりました。

彼のご家族はとても優しく、私を本当の家族のように接してくださいました。

それが本当にありがたかったです。



週に2回ほど自宅に帰り、服の交換だけして彼の家に戻る日々でした。

彼の家にはほとんど荷物を持ち込んでいませんでした。



彼との日々は辛いことばかりではありませんでしたが、楽しかったことはあまり思い出せません。

辛かった日々も、実はあまり覚えていません。

どうやって暮らしていたんだろう、ただ辛かったという記憶だけが残っているような感じです。






60 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:48:24.30 ID:fUB8JwDo.net
ヨシユキさんと同じように、彼の意に沿わないことがあると怒鳴られる日々でした。

ヨシユキさんより怖かったのは、氏んでやると言って刃物を持ち出すことでした。

別れるならこのナイフで氏ねと言われたこともありました。



もう全てがどうでもよくて、分かったと言いましたが、怖くて自分を傷つけることができませんでした。

自分でできないなら俺がコロしてやる、と本気で首を絞められました。

本当に殺されると思いました。少しだけ失神しました。



手の跡が少しの間残りましたが、冬だったので服で隠して生活をしました。

跡が消えても痛みが消えない場所がありました。

何年か後に別な機会で首元のレントゲンを撮ったときに、そこに骨折の跡が見つかりました。








>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:からだ・健康,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:からだ・健康,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

お世話になっているサイト様



 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 
20160730065701