2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 

おすすめ記事

やたらと尽くしてくれる天使すぎる隣人。なぜそんなに良くしてくれるか聞いてみた。
 
死なせてしまった女に贖罪をさせてくれ
 
ロリコンな幼馴染との奇妙な関係
 
1000万円以上を間男に貢ぎ、ハメ撮りまでされたあげく、二股をかけられていた事が発覚した哀れな汚嫁
 
ヤリコンで大学生喰いをしていた汚嫁だったが、他に絶対に言えない本命がいた事が発覚
 
軽い気持ちで他人に貸した彼女が凄まじい勢いで調教されていき、遠い存在になりつつある
 
嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだが
 
帰宅したら妻がヤられてた。間男は逃走。妻は自殺をはかった。
 
婚約中の彼女の浮気。他の男とセ●ロスしている所をデジカメにおさめてから彼女が狂うまで
 
子供を使って盗みをしたキチママが事情聴取で嘘の証言をしていた事が発覚し、自宅凸へ
 
婚約者のお見舞いに行ったら知らない男にフ●ラしている最中だった
 
3年越しに女友達と強引に変態セクロスに及んだ話
 
不倫が発覚した汚嫁が逆ギレ、訴訟でDVをねつ造。長期裁判を経て制裁を執行した話
 
恋人のセ●クス直後の写メが浮気相手から送られてきた
 
二歳の子供をないがしろにして朝帰りを繰り返す嫁の車にGPSを仕掛けて追跡中→結果
 
 

 
 
 
 

アダルトチルドレンの♀がこれまでの壮絶な人生を振り返る
(2ページ目)  最初から読む >>



33 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:28:49.14 ID:fUB8JwDo.net
数日後、職場に彼が現れました。

テナントビルの飲食店に勤務していて、防ぎようのないことでした。



離れたところにある休憩室に向かうタイミングを狙い、声をかけられました。

仕事後に話をしよう、帰られると困るから財布を俺にあずけろと言われ

職場の手前争うこともできず、言われるまま財布を差し出しました。

幸い携帯電話は取られませんでしたので、トイレに行くふりをして母に連絡を取りました。

母は、財布はいいから逃げなさいと言ってくれましたが

家に火をつけると言っている相手から逃げることは私にはできませんでした。



仕事が終わって待ち合わせ場所に行くと、彼がいました。

まず財布を返して、謝ってくれました。

どれだけ謝られてもお付き合いしていけると思えなかったので、改めて別れてくれるようお願いしました。

彼も私も譲らず、話は平行線になりそうでしたが



うちの娘が世話になったな、と突然に父がやってきました。

父は社会的権力が強めの職業に就いており、同僚の方を連れて話をつけに来てくれたようでした。脅迫とかはないですw

娘ともう会わないよう、と父と約束を取り付け彼は帰って行きました。

それから2度と連絡は取りませんでした。






34 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:31:07.59 ID:fUB8JwDo.net
ヨシユキさんと付き合い始めた頃から、私の心の拠り所は2chのオフ板に変わっていました。

彼氏がいるから、と出会い系サイトにはあまり出入りしなくなったからです。

そこには私と同じように心に穴の空いた人たちがたくさんいて、心を許せる友達が何人もできました。

仲間と呼べる人たちができたのは、生まれて初めてのことでした。






35 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:32:54.95 ID:fUB8JwDo.net
19歳の夏は、人生で最高の夏でした。

同世代の気の合うオフ民たちとファミレスで週に何日も何時間も話して、それだけで本当に楽しかった。



その中に、サトシくん22歳がいました。

サトシくんは英語圏への語学留学からの一時帰宅中で、夏の間だけ日本にいると言っていました。

初めて会った時から、魅力的な人だと思っていました。

話し方も、食べ方も、車の運転も、何もかもが優しく穏やかで、こんな男の人もいるんだなぁと感心しました。



いつからか、ほぼ必ずサトシくんが私を家まで送ってくれるようになりました。

そして回数を重ねるにつれ、帰り際のお喋りが自然と長くなっていきました。

サトシくんと話すのが楽しく、一緒にいられるのが嬉しくなってしまいました。

サトシくんのことが一日中頭から離れなくなりました。

サトシくんのことが好きだと思いました。









38 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:34:45.64 ID:fUB8JwDo.net
ある日の帰り際、どうしても抑えきれなくなって、帰りたくないって言ってしまいました。

サトシくんは困った顔ひとつせず、でも少しだけ間をおいて、キスしていい?と私に聞きました。

私は頷きました。

やっぱり、優しいキスでした。

ふわっと口付けられると、体も宙に浮いてしまいそうな感覚になりました。

優しいキスだけでは終わらず、どちらからともなく舌を絡めました。

ぬるりと絡まるたびに、脳天が痺れるような快感でした。

いつまでもやめられず、空が明るくなるまでキスし続けました。

唇が腫れるほどキスをするって本当にあるんだなぁと他人事のように思いました。






44 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:37:36.88 ID:fUB8JwDo.net
送ってもらうたびに、朝までただキスをするようになりました。

デートもするようになりました。

唇だけでなく耳や首にも優しく口付けてくれて、何度も意識が遠のくほど気持ちよかった。



夏が終わる頃、サトシくんは私に言いました。

君が好きだと。

私も好きだと答える時に、自然と涙がこぼれました。



でも、もうすぐサトシくんはとんでもなく遠いところに帰ってしまう。

付き合って、とか、結婚して、とか

約束めいた事を言う勇気は、私にはありませんでした。

彼を縛り付けるような気がして、すごく嫌だったのです。

好きだよって伝えることしか、その時の私にはできませんでした。






46 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:38:52.20 ID:fUB8JwDo.net
でも、私よりも勇気がある女の子がいました。

彼女は、留学先に帰る直前のサトシくんに付き合ってほしいと言いました。

結果的に、彼はそれに応えました。



好きだって言ってたのに、嘘つき。とは、言えませんでした。

泣きながらそのことを伝えてきた彼に、幸せにねって言ってしまいました。

私なんかが彼と付き合えるわけなかったんだから、と自分で納得してしまったのです。

悲しくて悲しくて何日も泣いて過ごしたけど、諦める以外の選択肢は思いつきもしませんでした。

彼が帰ってしまうのと同じ頃に中心的メンバーが他県に引っ越してしまい、肌寒くなる頃にはみんなで集まることはなくなってしまいました。






49 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:40:43.19 ID:fUB8JwDo.net
次に彼氏ができたのは、21歳の時でした。

ナオトさん24歳。

彼は芸術的な才能に溢れた人でしたが、精神的にひどく不安定な人でした。

始めはその才能に憧れを感じ、2人で会うほどに仲良くなりましたが

徐々に彼の危うさに気づき、彼からの告白を断りました。



キス以上のこともしていましたし、形としては私が彼を弄んだように見えるかもしれません。

何でだよって号泣されて、ますます怖くなって、もう会えませんと言って帰宅しました。






53 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:42:55.37 ID:fUB8JwDo.net
その翌日に彼の携帯から電話がありましたが、通話口にいたのは彼ではなく彼のお母さんでした。

ナオトに鬱病の急性症状が出て錯乱している、あなたに会うことで落ち着くのではないか、来てくれないか、と言われました。



彼は私と特別仲良くなっていることを話していたのでしょう。

私は罪悪感に耐えられず、彼の家に行きました。

彼は私が慰めることで落ち着きました。



その日から3日間、何の用意もないまま彼の家に泊まり込み付き添いました。

そのまま、なだれ込むように彼の家に住み着きました。

別れたら氏ぬ、という彼から逃げ出してはいけないと思いました。

これは罰だと思いました。

罰を受けなければならない、覚悟を持って彼と向き合わなければならないと思いました。






58 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:46:07.67 ID:fUB8JwDo.net
彼だけでなく、彼のご家族とも一緒に暮らす日々が始まりました。

彼のご家族はとても優しく、私を本当の家族のように接してくださいました。

それが本当にありがたかったです。



週に2回ほど自宅に帰り、服の交換だけして彼の家に戻る日々でした。

彼の家にはほとんど荷物を持ち込んでいませんでした。



彼との日々は辛いことばかりではありませんでしたが、楽しかったことはあまり思い出せません。

辛かった日々も、実はあまり覚えていません。

どうやって暮らしていたんだろう、ただ辛かったという記憶だけが残っているような感じです。








60 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:48:24.30 ID:fUB8JwDo.net
ヨシユキさんと同じように、彼の意に沿わないことがあると怒鳴られる日々でした。

ヨシユキさんより怖かったのは、氏んでやると言って刃物を持ち出すことでした。

別れるならこのナイフで氏ねと言われたこともありました。



もう全てがどうでもよくて、分かったと言いましたが、怖くて自分を傷つけることができませんでした。

自分でできないなら俺がコロしてやる、と本気で首を絞められました。

本当に殺されると思いました。少しだけ失神しました。



手の跡が少しの間残りましたが、冬だったので服で隠して生活をしました。

跡が消えても痛みが消えない場所がありました。

何年か後に別な機会で首元のレントゲンを撮ったときに、そこに骨折の跡が見つかりました。






61 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:50:29.87 ID:fUB8JwDo.net
もう一生こうして生きていくんだと思った頃、彼が入院しました。

絶食絶飲になるような消化器の酷い炎症でした。



長引きそうな入院生活のためゲームを買ってきてほしいと頼まれ、彼にメールで確認しながら言われた通りの商品を買って病室へ戻ったつもりでした。

戻って買ったものを手渡すと、これじゃないと激怒されました。

わけがわかりませんでした。

もう一度買ってこいと言われ、病室を出た時に逃げるなら今しかないと思いました。



彼の家に行き自分の荷物をまとめてから、彼にメールしました。

もうそこには行かない、もうあなたと付き合っていけない、という内容にしました。

彼が弱っているところに卑怯なことをしたと思いますが、もう耐えられそうにありませんでした。限界でした。

彼からのメールにはきちんと返信をすることにして、体は自宅に戻りました。



入院生活で覇気を失った彼は、数日後に別れを承諾してくれました。

私は24歳になっていました。






63 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:52:24.38 ID:fUB8JwDo.net
ナオトさんとの生活の中で、すぐに連絡が取れる友達は一人だけという状態になっていました。

携帯の連絡先の消去を強要されていたからです。

SNSを使い、数人の友達とまた連絡が取れるようになりました。

生き返ったと思いました。



新しい友達が欲しくなって、2chのオフ板に顔を出してみることにしました。

募集をかけると、一人参加してくれることになりました。

初めて会う人が来ました。カズキくん、23歳の男の子でした。

何というかウマが合うというか、びっくりするほど話が弾みました。

彼も私に好意を持っているようでした。



この頃の私は最低の女でした。まぁ今もだけど…

もっと話そうよ、とその日の宿泊先に誘いました。

彼はついてきました。

ひとしきり話した後、同じベッドで寝ることにしました。

大した可愛くもないのに小悪魔めいたマネをして、キスしてと言いました。

彼はおそるおそるキスしてくれました。

唇がものすごく柔らかくて、触れた瞬間ビビっと電流が流れるように気持ちよかった。

だ液の相性みたいなものを感じたのは初めての経験でした。

その日はそれ以上何もせずに寝ました。






66 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:55:51.14 ID:fUB8JwDo.net
すぐにカズキくんと毎日のように会うようになりました。

ちゃねらー同士、肩肘を張らずに楽な気持ちでいられました。

ダメ人間な自分でも受け入れてくれる相手だ、と互いに自然に考えるようになったのだと思います。

彼は人付き合いが極端に苦手なようで、友達がほとんどいませんでした。

みんな嫌い、みたいなことを言ってました。

なぜか私は特別だったみたいです。

彼が話すことが自然と体に入ってきたし、彼もそうみたいでした。

社会不適合者同士のことなので色々ありましたが、結局お付き合いすることになりました。






69 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/07/28(木) 09:57:03.15 ID:fUB8JwDo.net
ナオトさんと暮らしていた時の分を取り返すように交友関係を広げていく私に、カズキくんは嫉妬するようになりました。

自虐的なことを言い、泣いたりするようになりました。

主導権を取ったような気持ちになってしまった私は、彼に高圧的な態度をとることもありました。



彼がすごく情けなく見えて、付き合っていくのが不安になって私から別れを切り出しました。

ごめんね、ってお互いに謝って終わりました。

謝るのは私の方なのに。








>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:からだ・健康,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:からだ・健康,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

お世話になっているサイト様



 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 
20160730065701