2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

 
 
 
 

「娘さん下さい!」って言いに行くww
(2ページ目)  最初から読む >>



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 14:39:09.06 ID:4QDc0c6v0

最後の授業は中学校の準備講座だった。

文字と式辺りまでをサクサクと終わらせていつもの雑談。

「せんせ、わたし、きょうてじゅくやめるの」

珍しく雑談で言葉を発してきた。

「知っているよ。中学校でも元気で頑張ってな」

俺はいつものようにノートに書き込む。

「せんせはまたいるの?」

「いるよー。たまには顔出してな」

またノートに。

「せんせ!」

なんか声が尖ってる。







72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 14:41:16.54 ID:4QDc0c6v0

ついつい「どうした?」って言葉を発する。

「いま、しゃべってるの」

ああ、なるほど。

彼女が読唇術を少し身につけていることを知っていた。

俺は口を大きく開けてゆっくりと会話をした。

「ごめんね」

「せんせ、わたしのじゅぎょたいへんたったてしょ?」

「ぜんぜん」

「めいわくをかけてごめんなさい」

「馬鹿wなんで○○ちゃんが謝るんだよ」

突拍子もないこと言うから早口になってしまった。

(関係ない話だけど早口は当然理解しにくい。それに区切りすぎるのも良くない。

大きく口を開けて。なるべく短い文で話すのがよろし)






73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 14:42:24.39 ID:4QDc0c6v0

彼女の表情は???ってなった。

「あやまらないで」

「うん」

彼女が席を立つ。

出口で彼女が口を開ける。

「せんせ、つくえのなかみてね」

周囲の視線が気になった。

いつもそうだったんだが、彼女の独特な喋り方は他の生徒、講師からの好奇な目を浴びてしまう。こっちみてねーで授業に集中しろ!と毎度毎度思っていた。

「わすれもの?」

彼女は首を振る。

俺はおkサインを出して彼女を見送った。

その日は彼女の授業で最後だったので机の掃除をしながら引き出しの中を覗く。

そこには二つ折りになった紙が入っていた。







76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 14:43:59.60 ID:4QDc0c6v0

「俺先生〜、○○ちゃんが呼んでる」

教室長に呼ばれた。

俺は紙をポケットに入れて出口に行くと彼女が立っていた。

その後ろには彼女の母親も立っていた。

母親に会釈をして彼女の顔を見る。

「どうした?」

「しゃしん」

今ではあまり手にすることのない使い捨てカメラを手にしていた。

「ん?」

「いっしょにとって」

顔を赤らめて言う彼女。ませてるなーなんて思いながらも快諾。

教室長にツーショットを撮ってもらった。




78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 14:45:32.34 ID:4QDc0c6v0

「娘がお世話になりました」

深々と挨拶をする母親。

「いえいえ、僕も楽しかったです」

「ありがとうございました」

もう一度頭を下げると母親は彼女を連れて帰っていった。

彼女が車に乗り込み、見えなくなるまで俺は手を振った。


んで戻って帰宅。

家に帰ってスーツをハンガーに掛けていた時に例の紙の事を思い出した。

ポケットを探り取り出す。

開くとそこには彼女の綺麗な字で

『一年間ありがとうございました。先生の授業とても楽しかったです』

と書かれていた。

可愛らしい絵も添えられていた。

彼女は絵が得意だった。よくノートに書いていたよ。

俺はその紙を閉じて財布に入れた。

そして冷蔵庫からビールを取り出す。

その日のビールは少ししょっぱかった気がするんだぜw




79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 14:46:50.65 ID:4QDc0c6v0

大学二年生になるとやたらサークルが忙しくなった。

バイト代も貯まってたし、その頃から始めたスロットも調子が良くバイトに入らなくなっていた。

んで久しぶりに塾に行くと教室長が

「この前○○ちゃん(彼女)が君に会いにきてたよ」

5月の中旬だったね。

「そうなんすか?なんか用でした?」

「これ置いていった」

封筒みたいなものを手渡された。

中身を見ると最後の日に撮った写真の焼き増しだった。

俺の顔キモw今でもスキャンして撮ってあるがマジできもいw


そして一枚の紙。

『携帯買ったのでメールしましょう』

ってアドレスを添えて書かれていた。






83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 14:49:10.71 ID:4QDc0c6v0
なんだそれwと思いながらも封筒をしまいその日は授業をこなした。

帰宅後思い出したかのように彼女からもらった紙を見た。

そして携帯を手に取る。

アドレスを打ち込む。

本文入力。

でも送信ボタンは押さなかった。

なにかいけないことをやっているんじゃないかという衝動に駆られたんだな。

中学生にメールなんてって思った。

万が一トチ狂って犯罪チックな展開になったらどうすると思い結局メールは送らなかった。


そしてそれ以降彼女が塾に来ることはなかった。

もちろんアドレスの紙もどこかに消えていた。







87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 14:52:17.07 ID:4QDc0c6v0

月日は流れて大学四年生。

単位も残り4単位、そして就職も無事に決まりフラフラしてた。

そこ頃、大学のサークルの一年後輩の子とも付き合っていた。

どちらが告白したとか、きっかけなんかも今となっては思い出せないほどのなんとなくま付き合い。

でも俺にとっては初めての彼女であり。

初めてのデートであり。初めてのキスであり。初めてのセクロスだった。

正直期待以下だったなと思う。

なんだかなー。

たぶんよっぽどの事がなければこの子と結婚するんだろうか、もし振られたら一生独身かもな。

当時はそんな感じで焦燥感に駆られていた。

その頃になるとバイトも再開。

結局塾講師しかバイトしてなかったなぁ、なんて。

なんだか無味乾燥な大学生活だったなと思っていたよ。

そんな感じで大学生活は終了した。






88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 14:54:04.04 ID:4QDc0c6v0

社会人生活一年目。だいぶ慣れた(仕事的には、でも既に辞めたかった)頃、夏の日。

会社の同僚と上司と飲んだ帰り。

いつもの最寄駅のホームで酔い覚ましにとペットボトルの水を飲んでいた。

なんか上司の愚痴、説教が多い飲みの席だったので俺の気分は悪く家に帰っても一人なのでなんとなくそこにいた。

今ではその上司に感謝している。

その時、そこにいなければ彼女と再会はしていなかったかもしれないからね。

突然後ろから声が掛かった。

「せんせ」

振り返ると学生が一人。

すぐに彼女だということは分からなかった。

「おぼえてる?」

たどたどしい喋り。ようやく気づく。

変わらず地味な子ではあったが三年の月日が彼女を大人にした。

制服にも新鮮さを覚えた。考えてみれば高校生の歳になったのか。

小学生のあの子がな・・。完全にオサーンだったw




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 14:58:47.28 ID:4QDc0c6v0

「○○ちゃんか?」

彼女は笑って頷いた。

そしてノートを取り出すと「暗いから筆談で」と書いた。

おいおい、今はほって置いてくれよなんて思った。でもお構いなし・・。

「仕事の帰りですか?」

変わらず綺麗な字を書くもんだなと感心しているのもつかの間、「お酒臭いよ」と書かれた。

そんな匂うかなと思いながら俺も自分のペンを取り出してノートに書き込む。

「社会に出れば分かる」

「体は大事にしないと」

「言うようになったね」

久しぶりの筆談だった。

パソコンばかり打っていたので文字を書くのも久しぶりだった。







94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:00:43.31 ID:4QDc0c6v0

「それにしても久しぶりだね」

「そうだね」

「でも高校生がこんな遅くに出歩いてていいのかよ」

「遅いってまだ九時だよ」

「十分遅い」

「友達と遊んでたの」

「夜遊びも程ほどにな」

「厳しいよ、先生」

「でも元気そうで何より」

「元気じゃないよ」

「どうして?」

「先生がずっとメールくれなかったから」

彼女の顔を見る。悪戯に笑っていた。





97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:01:28.03 ID:4QDc0c6v0

ああ、あの時のことか・・。

「あの紙なくしちゃったんだよ」

バレバレの嘘。文字も焦っていた。

「じゃあ、今日は教えて」

そう書くと彼女は携帯を取り出した。俺は参ったと言わんばかりに携帯を取り出す。そしてお互いに交換する。

当時はいい年こいてアドレスに付き合っていた彼女の名前を入れていたんだが、案の定彼女に突っ込まれた。

「彼女さんの名前?」

「そうだよ」

「先生モテるね」

「どこがだよw」

「私は彼氏の一人も出来ないよ」

「意外と可愛いのに」

ちょっと調子に乗って意地悪を言う。






98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/04(木) 15:02:33.97 ID:4QDc0c6v0

「じゃあ先生が振られたら彼女にして」

え?俺は思わず彼女を見た。

彼女はペンで何かを書く。

「冗談だよ」

「からかうのはやめろw」

そして彼女はノートを閉まって携帯を指差す。

ボタンを押す仕草。

「わかってるよ」

俺はベンチから腰を上げて彼女と一緒に歩き出し改札を出た。

そして急に立ち止まってバッグを漁ると懐かしいリンツのチョコを出してきた。

どんだけ好きなんだよw

と思いながらもありがたく受け取る。

口の中で溶かしながら食べるそれは口に残るアルコールの味と混ざった。







>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:感動・泣ける話, 結婚, すっきりした話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:感動・泣ける話, 結婚, すっきりした話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

お世話になっているサイト様



 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 
20160913193049