2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 

おすすめ記事

不倫発覚で地獄の制裁を受けた女だけど心から後悔してる
 
産みの母親と初対面したんだが、予想外の対応だった
 
婚約者を襲ったレイプ犯に復讐した
 
お嬢様で処女だった彼女を10年かけて調教した結果
 
妻が不倫の果て妊娠しました
 
中3の時同級生の母親がデリヘルやってるのがクラス中にバレて自殺してしまった話
 
全裸の女を拾った
 
プロポーズ予定の彼女の浮気現場に生で遭遇。俺は一夜のうちに最低限の荷物とともに家を脱出した。
 
ビデオの中で他人にハメ撮りをさせていた彼女
 
担任の女教師の絶対に人に見られたくないであろう秘密を目撃した
 
自分の浮気が原因で子供が重症に。復讐に燃えた親族から相手にとんでもない報復がなされた
 
3歳の息子がありえない血液型だったのでDNA鑑定したら
 
裏切った嫁に起きた壮絶な因果応報
 
嫁が知らぬ間に複数の男のオモチャになってた話
 
妹とSEXしてしまいました
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
婚約中の彼女の浮気。他の男とセ●ロスしている所をデジカメにおさめてから彼女が狂うまで
 
長男の子を身ごもってしまった
 
知りたくなかった嫁の過去知ってしまったんだが、、、
 
嫁が不倫デート中、サプライズの誕生日パーティーの準備が着々と進行していた
 
 
 

三十路の喪女に彼氏ができたときのお話






1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/01/03(火) 18:50:20.32 ID:LZSY7jKs.net
年内からちょこちょこ書き溜めてたら超大作になったwww


こういうスレ立ては初めてですが、書き溜めたの投下してくので

喪女のさみしい妄想話とでも思ってお付き合いいただけたら嬉しいです


ほんと、とにかく長いけどな!





2 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 18:51:43.93 ID:LZSY7jKs.net
遡ること数年前。

私たちにとっては、二十代最後の冬。

久しぶりに、高校時代の美術部仲良しメンバーで飲み会をやることになった。

卒業後もちょくちょく集まってたんだけど やっぱり、就職や結婚で、男性陣とは段々と疎遠になっててさ。

でも女子会wはしょっちゅうやってたので、ある日のノリで久しぶりに男どもも呼んで、ちょっと早めの忘年会やろう!と。

そしてその日の連絡で、Aちゃんは私に、ほぼ消えかけてた人の記憶を蘇らせた。





3 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 18:52:34.33 ID:LZSY7jKs.net
「なんかねー、意外な人が来ることになったんだけどさ」

「えっ!まさかの顧問しまピー登場!?」

「違うよw ほらー、いたじゃん?美術部の隠れキャラと呼ばれてた男子が」

「んん?…………………あー、M君?」

「うん。O君から誘ってもいいか聞かれてさ。断る理由も特になかったし…いいよね?」

「別にいいよ。私、あの人ちょっと苦手だったけどねw」

「そうねー、私もそんなに得意じゃなかったかなー。たぶんM君としても、O君が誘ったから来るんだろうし」

「あ〜。飲み会とか、絶対参加しなそうなイメージだよねえ」

「まあお互いもう大人なんだし、そこらへんは上手くやろう」

「もちろん!楽しみにしてるよー」








4 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 18:53:48.76 ID:LZSY7jKs.net
M君は美術部員じゃなかった。


彼は、顧問しまピーと同じバンドのファンってことで仲良くしてて放課後の美術準備室で、いっつもしまピーのCD聞きながら本を読んでいた。

その彼にデッサンモデルを頼んで、準備室から引っ張り出したのがO君。

どうもM君の本を読む姿がO君の感覚にツボったっぽい。

M君、なかなかのイケメンだったんだ。


美術室に出てきたM君は、そのうちO君以外の男子とも打ち解けて

モデル契約が終わってからも、なんとなーく美術室に顔を出していた。


でも私は、どこか陰気でトゲトゲしさのある彼が、どーにも苦手だった。

その後もあまり接触なく卒業したので、私にとっては

M君=準備室で仏頂面してる怖くて邪魔な男子

それで全てだったんだ。





9 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 18:58:35.55 ID:LZSY7jKs.net
飲み会の当日。お店に着くのが遅れてしまった私に、Aちゃんからイマドコ電話が入った。

「ごめん、もうちょっとで着く!」

「うん、気を付けておいで。玉山鉄二もいるよ」

「……はい?」

店に着いて案内された個室のドアを開けると、なるほど、確かにいた。

メガネをかけた玉山鉄二が、そこに。

まーご想像どおり、それがM君の成れの果てだった。





11 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:00:25.82 ID:LZSY7jKs.net
「はい、あんたたち独身席ねー」

Aちゃんに押されてM君の隣に追いやられる。

この日集まったメンバー中、結婚のケの字すらないのは、私とM君だけだった。

「え、う、あ…どーもお久しぶり……玉山クン」

「お久しぶりです。まだ嫁入り前だから、名前変わってないはずなんですけどねw」

苦笑いしながら、私のためにちょっと体をずらすM君。

「Aちゃんなに言ってんだろ?と思ったけど、ほんと似てるね。どーして高校生のとき気づかなかったかなあ?」

「あー。あのころはまだデビューしてなかったもんで」

「ご本人様かww」

「はいはい、人の顔見下ろしてないでさっさと座る」

「あ、ごめんごめん」


M君の隣ということで ちょっと身構えたけど、冗談ぽくウザそうにされただけで、高校時代の陰気なトゲトゲしさはなかった。大人になって、ずいぶんと丸くなったんだなあ。

つーかこれ、あれだ。きっとよそでも玉山玉山言われまくってんだろうな…。





12 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:01:34.55 ID:LZSY7jKs.net
「でもほんと久しぶり。M君とは卒業以来だもんね。前はよくこういう飲み会やってたんだよ?来ればよかったのに」

「俺は部員じゃなかったから、やっぱり気が引けてさ」

M君はこの二年間、資格取得のために勉強漬けの毎日だったとのこと。

そして試験終了して、それまでの断酒生活にサヨナラしようと

O君と飲む約束をしていたら、この飲み会の話がきた、と。

どうやらそんな流れで、偶然の参加だったようだ。


「なんかごめんね、部外者がいて」

「んん?だって男子とはまだ付き合いあるんでしょ?だったら部外者ってわけじゃないじゃないw」




13 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:02:20.22 ID:LZSY7jKs.net
ちょっと縮こまり気味なM君の態度に

そんな遠慮しなくても、その顔ならわりとどこもフリーパスなのでは…?

と思ったけども、話してるうちに段々と気づいた。

彼は、そういう馴れ馴れしさや、調子づいたところがない人だった。


久しぶりのM君はトゲトゲしさが抜けたどころか控えめな雰囲気の、感じのいいイケメンに進化していた。

きっと高校時代のぶっきらぼうな陰気さは大人としての落ち着きへ変化したんだろうな、と思った。





14 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:03:21.78 ID:LZSY7jKs.net
「なんか印象変わったねえ、M君。ホント言うと、高校のころはちょっと怖かったんだー」

「あー…。ごめん、それはお年頃ってやつですよ。あのころは俺も女子が怖かったんだ」

「へええ、そんな奥手だったんだ?まー喪女の私が言えたこっちゃないけどw」

「うん、いまも似たようなもんだよ。どうぞお手柔らかにw」


はい、それは絶対ウソだね。

私は、彼氏いない歴=年齢の、正真正銘の喪女。「君は友達」「妹みたいな存在」なんて、フられ続けて十数年。

だけど、男性ばかりな職場なので、ある意味で男の人には慣れている。お付き合い経験ゼロなのに、見る目ばっかり肥えちゃっていた。


なのでこの日も、M君と話しながら冷静に観察もしてて好青年に大変身してる彼に驚きつつも

「こいつ女慣れしてるなー。この顔なら当たり前かー」

なんて、生意気なことを思ってもいたんだ。


しかも私の男性の好みは、ゴツゴツした顔のいかついタイプ。

イケメンには全然興味なくて、M君みたいな人といても全然ときめかない。







16 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:05:09.11 ID:LZSY7jKs.net
「まあどーせ、玉山クンはモテるんだろーしねー」

「あのー、そろそろ玉山呼ばわりはやめてもらえませんかねえ」

「いーじゃん、褒めてるんだし。それともあれかい?、イケメンであることにコンプレックスがあるとか?」

「なんで飲んでない方が絡んでくるんだよwいやもう単純に、俺の名前は玉山じゃないからね?

それにもしも喪子だって………って、あれ? …………えーっと。 ……俺、高校のとき、喪子って呼んでましたっけ…?」

「いんや、苗字にさん付けでした」

やっとそこに気づいたか。たぶん呼び方忘れちゃうくらい、印象薄かったんだろうなー。そんで他が喪子喪子呼んでるから、つられちゃったんだろう。




17 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:06:14.12 ID:LZSY7jKs.net
「そっか、俺も偉そうなこと言えなかったか。ごめん、喪田さん」

「いまさらどーでもいいわいw好きなように呼んでよ」

「えーと、喪田さん…喪子さん…喪子ちゃん…………喪子」

「はいよ」

「ごめんね、やっぱり俺もみんなと同じように呼んでいいですか?」

「だから気にしないでいいってばww」

この時、私は確信した。こいつ、やっぱりいい奴だ。




24 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:09:34.71 ID:LZSY7jKs.net
それにしたって、大人になったM君とはかなり話が弾んだ。

彼は おしゃべりではないけど、口を開くと三枚目になるタイプだった。

話を聞いてて面白いし、こっちの話もしっかり聞いてくれる。


それに私たちには、いくつか共通点があったんだ。


まず、聞いてるジャンルは違ったけど、音楽が好きということ。

それと、職業がビミョーにかぶっていたこと。


これには彼のほうが食いついてきた。

彼には私の職種方面のツテがなかったらしく

お願いされたので名刺を交換すると、周りから野次が飛んだ。


「ちょっとそこ〜…商談かよ…」

「ちゃんとプライベートのも交換しなよー?」

「せっかくだから、クリスマスは二人で過ごせば!?」

「「クリスマスは夜まで仕事だよ!」」

誰かの言葉に、私とM君は同時に返した。





25 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:10:02.12 ID:LZSY7jKs.net
私たちの職種は年末が特に忙しく、クリスマスなんてできないのが恒例。もう慣れっことは言え、なんとなく仲間意識が芽生えてしまう。


「なにクリスマスに仕事してんだよw」

「そっちこそwお互い様でしょーがw」

「クリスマスがヒマだと、正月がこないもんなあ」

「そーそー。クリスマスだけ忙しいわけじゃないけどね」

「それじゃあ、クリスマスに仕事終わって虚しくなったら、メールでもくださいな」

M君はさりげなく、自分の名刺の裏にメアドを書き込んだ。

うーん、この流れ…っぱこいつ、慣れてんなー。


「でもこのアドレスにメールすると、ちょっとこれ誰よ!なんて修羅場になるんでしょ?」

「それはありません」

即答でした。






26 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:10:56.37 ID:LZSY7jKs.net
その後、私は喪女たる矜持を保って、M君にメールすることはなかった。

と言うよりも、仕事のバタバタでそれどころじゃなかったんだ。

だけどクリスマスの夜、仕事帰りに立ち寄ったコンビニでクリスマス用のショートケーキが一つ売れ残ってるのを見たら、ふと


あ、M君にメールしてみようかな?


という気分になった。

ヒマだったらメールくれって言ってたもんね。


………だけど、相手はイケメンですぜ?


聖なる夜に喪女がイケメンにメールするとか勘違いも甚だしいんじゃありませんかい?


もう一人のモジョモジョしい私が語りかけてきたけど

「それはありません」という即答を思い出して、思いきってメールしてみることに。







>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛, からだ・心, 相手の過去,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛, からだ・心, 相手の過去,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20170208072012