2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

三十路の喪女に彼氏ができたときのお話
(2ページ目)  最初から読む >>



27 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:11:34.50 ID:LZSY7jKs.net
「今コンビニで、売れ残ってるケーキを見つけた。同じ売れ残りとして、どうしたらいいかな?」


返信はわりと早かった。


「返しに困るメールを寄こすな!

是非ご一緒にと言いたいところですが、

あいにくと風邪をひいてしまいました。

せっかくメールしてくれたのに申し訳ない。

ケーキは買ってあげるとよいでしょう。

メリークリスマス」





28 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:12:00.81 ID:LZSY7jKs.net
おあー。


なんかずいぶんと、やんわ〜り断られたなあ。

別に一緒に食べたいなんては思ってなかったのに断られると、なんだかやっぱり凹むなw

…ひょっとして、女の子と一緒だったとしたら悪かったなあ。


「お邪魔しちゃったならゴメン!ほんとに風邪ならお大事に、あったかくして寝ろよ〜。 メリークリスマス!」

送信。

さーてケーキ買わずに帰るかあ、と思ってたら、携帯が鳴った。

M君から、メールではなく電話がかかってきた。




29 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:12:23.69 ID:LZSY7jKs.net
「本当に風邪ですよ」

開口一番、彼はものすごい掠れ声でそう言った。


「うわー…。それ、しゃべらない方がよくない?」

「だったら、しゃべらすようなメールをするな」

「あー、えーと、そうか…ごめんなさい」

「いえいえ、こちらこそ突然電話してすいません。もう三日も寝込んでて、どうにもヒマなもんで、つい…」

「え、三日も?」


この繁忙期に!?は言わないでおく、私の優しさ。







30 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:12:47.09 ID:LZSY7jKs.net
「確か一人暮らしだよね。ちゃんと食べてんの?」

「」

一瞬、言葉が止まった。


「食べてるよ」

「なにを?」

「適当に、あるものを」


食べてねーな、こいつ。



「あのー、もしなにか食べたいものあったら、持っていこうか? せっかくだし、この際、頼ってくれてもいいよ?」

「あー………それじゃあ、甘くて柔らかくて喉にやさしい、ケのつく食べ物を…」


売れ残りのケーキを速攻で買う。だけど、風邪ひいてるときにケーキはないよなあ。

レトルトのスープやおかゆも買って、メールで送られてきたM君のアパートへ向かった。





31 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:13:21.55 ID:LZSY7jKs.net
出迎えたM君は、顔色と声以外はわりと普通だった。扁桃腺をやられて、高熱を解熱剤で抑えてるとのことだった。

「風邪ひいててもイケメンなんだねー」

と言うと

「いま病人なんで、上手いこと返せない」

と、鬱陶しそうにシッシッと手を振られた。やっぱり、言われ慣れてんなー。




32 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:13:48.62 ID:LZSY7jKs.net
「どうですか、シャバの様子は?」

「普通普通w絶好調に修羅場だよww」

「そっか…。じつは昨日、年内仕事だけでもって思ったんだけど…上司に追い返されちゃってさ」

「はあ!?ひょっとして、その顔色で出社したの!?」

「うん、どっちにしろいい迷惑だよな…でも焦っちゃってさ」


しゅんとしてしまうM君。ああ、休んでること、こんなに気にしてたんだ…。




33 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:14:14.02 ID:LZSY7jKs.net
「嫌味っぽい言い方してゴメン。

まあ追い返されたってことは、気にせず休めってことだよ。いい上司さんじゃないかw

ところで、はいこれ。ケーキと、その他いろいろ」


「いろいろ?」


「うん、あっためればいいだけのやつ。いらなかったら保存食にでもしてね」


「いらなくない…すごくありがたい」


「じゃ、早くよくなれよ!」

「え、ちょっと待った。あの、お代」

見れば、彼の手にはお財布が。





34 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:14:40.96 ID:LZSY7jKs.net
「いいよいいよ、お見舞いだよ。サンタさんからの生活感あふれるプレゼントじゃw」

「え、でもそれじゃあ……えーと、風邪うつるの覚悟で上がっていく?」

「ぜったいにヤダw早く寝ろw」


「だよね。えーと、その、あれだ…こんど酒……は、そっか、飲まないのか。じゃあ、年明けに、食事でも、ご一緒に」


なんだかやたらしどろもどろだった。あちゃー、病人に気をつかわせてしまった。


「うん、楽しみにしてるわw でもまずは、しっかり休んで風邪治せよ!」


このとき、食事のことは社交辞令としか思ってなくて

なんか人助けしちゃったなあ!くらいの感覚だったのでした。





35 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:15:10.83 ID:LZSY7jKs.net
そんなだったので、なんの期待もせずに年末年始をすごして普通に仕事始めを迎えて、やっとお正月気分も抜けてきたころに突然メールでM君から食事のお誘いがきたときは

「ずいぶんと律儀だな〜」と思ってしまった。

それとも、借りは返さないと気が済まないのかな?


どっちにしろ、彼とまたおしゃべりできるのは、私としては楽しみだった。

なので喜んでお受けしよう、とは思ってたんだけど……

一つだけ、気になることがあったんだ。







36 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:15:51.25 ID:LZSY7jKs.net
それは、お見舞いを届けに行ったM君のアパート。


失礼だけども、ボロだった。それも、かなりのボロ。着くなり「ほんとにここ!?家賃いくら!?」と思ったくらいボロ。


この業界、ものすごくお給料がいいわけでもない。もしかしてM君、あまりお金に余裕がないんじゃないか?

だってあのとき、すごくしどろもどろになってたし…

無理して食事に誘ってくれてるんだとしたら、どうしよう?

だけどせっかく誘ってくれてるのに、そんなんで断るのもないよねえ…。 と、まあ結局は、ご馳走になったんだけどさ。



今こうして振り返ってみると、私はこのときから、なにかボンヤリと感じとってはいたんだなあ、と思う。

そしてそのボンヤリは、やがて段々と形になっていくことになる。






37 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:16:50.10 ID:LZSY7jKs.net
M君の風邪は かなりしつこかったらしい。まずはじめに、お礼が遅くなったことを謝られた。

「参ったよ、年内で治ると思ってたのに。もう歳なのかなあ」

「栄養失調なんじゃないのー?」

冗談めかして言ったけど、M君、わりとやつれてた。

「俺、体調不良が顔に出るんだよね。でもあの差し入れは本当に助かった、実は食料が底をついてたので」

「ほかに誰か、助けてくれる人いなかったの?」

「うん、誰もいなかったねえ…」

「えー?イケメンのくせにー?」

「イケメン全員にそういう人徳が備わってると思うなよな」

「でもほら、そんな時に一番頼りになる人がいるじゃない」

「ん?誰?」

「家族だよ。電話すればよかったのに」

「あー。いまちょっと疎遠になっててね」

「あ、ごめん、そうなんだ」





38 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:17:39.17 ID:LZSY7jKs.net
そんなあいさつ代わりの会話をさっくり交わし、話題はまた音楽方面へ。

話してるうちに、昔CMで聞いてメロディーしか覚えていなかった曲をなんとM君がCD持っていることが判明して、私、大はしゃぎ。



「もうずっと気になってたんだよー!お願いです、CDを貸してください神様!!」

「…これでイヤだと言ったら鬼だよねw」

「うおおお、帰りにアパートまで取りに行ってもいい!?」

「えーと……後日じゃだめかな?」

「はああああン?なんでよ???」

「借りる分際で態度でけえなwいぶんと聞いてないから、きっとすぐには出てこないよ。一体どこに埋もれているやら…」

「そんなの、一緒に発掘するよ!」

「いや、勘弁してよ」





39 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:18:06.84 ID:LZSY7jKs.net
ピシャリとM君に言われて、はっとした。私、はしゃぎすぎて今かなり図々しいこと言った。

そうだよな…。私はM君の彼女でもなければ、友達ですらない。

ただちょっと差し入れをして、その借りをM君はこうして返してくれた。

CDを借りたら、返すときにまた私と会うことになる。

ましてや部屋に押しかけて、一緒に探すとか。

もう彼は、私に付き合う義理はないんだ。

ちょっと話が合うくらいで、図に乗っちゃいけない。


「………ごめん!なんか私、馴れ馴れしいねw CDは、発掘終了後に気が向いたらでいいやw」

「え?」

M君はきょとんとしてからの態度急変の理由をすぐに察したようだった。




40 :1@\(^o^)/:2017/01/03(火) 19:18:33.45 ID:LZSY7jKs.net
「そっか、ごめん、言い方悪かった。そういう意味じゃない。一緒に発掘してくれる、その気持ちはありがたいんだけどね…」


「……?なに?」

「………部屋が、とても汚いのですよ」


何故かゲンドウポーズで深刻な表情をするM君。


「そう?こないだお邪魔したときは、綺麗だったじゃない」

「あれは人に見せるエリアだから…その奥の生活エリアが、ちょっと」

「エリアわけされてるんだwでも私も人のこと言えないからなー」

「いや…いま喪子が想像した汚さとはレベルが違う。その程度の覚悟で入ったら、きっと後悔するよ」

「なんだそれ、どんなレベルだw」

「えーと、TSUTAYAの倉庫にホームレスが住み着いたレベル?」

「うわあ、なんかすごい具体的に映像が浮かぶwww」







>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛, からだ・心, 相手の過去,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛, からだ・心, 相手の過去,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

お世話になっているサイト様



 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 
20170208072012