2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

15年片想いしてた人に別れを告げてきた







1 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/23(水) 23:29:18.45 ID:yolECvaH.net
ひたすらに長かった
誰か俺の愚痴を聞いてくれ






4 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/23(水) 23:30:53.40 ID:yolECvaH.net
語っていいか?

誰かに聞いてほしいんだ






8 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/23(水) 23:33:57.72 ID:yolECvaH.net
じぶんが気持ち悪いのはわかってるよ…


俺21歳
相手21歳

片想いの相手っていうのは、小学1年生の時から一目惚れした幼馴染み

入学式で初めて隣の席になったのが彼女で、それから15年に渡るまでずっと想いを告げられないまま勝手に別れ告げてきた






9 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/23(水) 23:35:07.39 ID:UvVpwJUY.net
もうトイレ行って良い?




18 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/23(水) 23:43:26.92 ID:yolECvaH.net
>>9
いっといで

彼女は昔からショートカットで、本田翼に似てるから翼にするわ

小学校に入学して、初めて隣になったのが翼で、俺は彼女に一目惚れした

今でもよく覚えてる

俺と翼は窓際の後ろから3列目で、教室は児童とその親たちでわいわいがやがやと騒がしかった


俺も翼も、それぞれ両親に教室まで連れてこられ、黒板に書かれた席順を確認した後、ふたりほぼ同じタイミングで席についた


母はちらっと隣の翼をみて、俺に

「隣の席の女の子と仲良くするんだよ」

と言っていた

それを聞いて、翼が恥ずかしそうな顔をしながら俺をみた

その瞬間に好きになった

まだ彼女の声も聞いていないのに







23 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/23(水) 23:49:14.06 ID:yolECvaH.net
俺がきもいのは本当にわかってる

人付き合いも苦手だし、何より普段からぼっちだ

笑い飛ばしてくれよ

話を戻すけど、出会いは入学式の日

俺が惚れたのも同じ日

まだ7歳のくせに妙にませてた俺は、この想いが友達の好きとは違うことに気が付いていた


翼が恥ずかしそうに俺を見て、俺もうまく話しかけることなんてできないし、お互い何も話さずにその日は終わった

担任に名前を呼ばれて返事をする出欠確認で聞いた翼の声は、びっくりするほど綺麗だった




25 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/23(水) 23:49:28.10 ID:pWAC3bl0.net
小学校1年生で、黒板に書かれた席順と並んだ机を対応させられるの凄い

うちの方は机にでっかい名札が貼ってある



26 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/23(水) 23:50:39.31 ID:yolECvaH.net
>>25
当然机にもあったよ

でかい名前が書かれたシール

たぶん親も教室行くから担任が書いたんだろうね

入学おめでとうとも書いてあったな




28 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/23(水) 23:57:27.37 ID:yolECvaH.net
翼と初めて言葉を交わしたのは、次の日だった

俺が通ってた頃の小学校では、各地域で1年生から6年生がひとつのグループで登校してた


朝、グループの集合場所に出向いて俺はびびった

教室で会うつもりだった彼女が、目の前にいたからだ

俺と翼は同じ登校の班だった

彼女は、俺の家からそんなに遠くないところに住んでいた

まあ同じ小学校だし、そもそもがそんなに離れてないんだけどな

「おはよう」

初めて会話をしたきっかけは、彼女からの挨拶だった

昨日の出欠確認で声を聞いてたとはいえ、俺に向けて言葉を発してくれたのが嬉しかった

「おはよう」

俺もたどたどしく返事をした

でもそれから教室に着くまで、それ以上お互い会話をすることはなかった





31 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/24(木) 00:04:53.05 ID:vbuqeZbH.net
今ごろ彼女もきもいって笑ってると思うよ


翼とは同じクラスだから、当然登校班が解散した後もふたりで教室に向かう

お互い何を話していいかもわからずに、昨日教わった下駄箱にくつを入れて、上履きに履き替えた


なんとなく、俺が上履きを履き終えるのを翼は待ってくれていた

そうしてふたりで教室に入った

「名前なんだっけ?」

またもや彼女から話しかけてくれた

沈黙に耐えきれなかったのか、ただの好奇心かは今になってはわからないけど

オリラジの藤森似の俺は内心ドキドキしながら言った

「藤森だよ、よろしく」

それを聞いた翼は可愛らしい顔で

「藤森くん!」

とだけ答えた

他愛もないただのやりとりだけど、彼女が初めて俺の名前を読んでくれたから、これもよく覚えてる




33 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/24(木) 00:08:15.59 ID:BllFQiLM.net
片想いなのに別れを。。。告げる。。。だと。。。?





34 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/24(木) 00:09:46.14 ID:vbuqeZbH.net
お互い自己紹介が済んでしまえば、所詮は7歳

緊張感なく話すようになるまでそう時間はかからなかった

翼はいつも俺のことを藤森くんと呼んで、俺は一丁前に下の名前で翼ちゃんと呼んでいた


席が隣なら当然、何かと俺と翼は一緒に行動する機会が増える

掃除当番だったり、給食当番だったり。

その度に俺は心の中で喜んでた

翼もよく俺と一緒になった時に、「藤森くんとまたおんなじだね!」

って嬉しそうに話しかけてくれていた






35 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/24(木) 00:15:43.38 ID:vbuqeZbH.net
小学校の低学年は、毎朝歌の時間っていうものがあって、月毎にちょっとした歌をみんなで歌うことになっていた

その中で、隣の人と手を繋いで歌うパートがあって、翼はいつも俺の手を握ってぶんぶん振りながら元気に歌ってた


彼女は思ってる以上に活発で、どちらかといえば俺の方が内気な性格だった

それでも翼とは授業中に、こそこそ話をしたり、お互いの教科書に落書きをしあったりと、およそリア充全開の日々を送っていた。

また入学して1カ月経つか経たないかくらいの出来事

こんなことをはっきり覚えてる俺きもいな




38 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/24(木) 00:23:31.60 ID:vbuqeZbH.net
給食当番が一緒のときは、クラスメート全員分のお盆が入ったかごをふたりで持ったりしてた。

ご飯が入ったでかい発泡スチロールの箱なんかも、ふたりで一緒に運んだ。

翼はいつも歩くのが早くて、俺はついていくのに必死でいつも早足だった。

教室に一通り食器やおかずの入ったケースを運び終えた時、翼は俺の隣まで歩いてきて、「今度は一緒に牛乳運ぼう?」と小声で耳打ちしてきた。

そんでまた俺はさらに彼女に惚れた。

翼は別に俺のことをなんとも思ってなかったと思う。

ただ、話しやすくて喧嘩をすることもなくいつもよく話してた相手が俺だったから、ちょうど隣にいたのが俺だったから、翼は俺にそんなことを言ったのだと思う。

それでも、おかずやお盆を取りに行く道中で手を握ってきたり、ちょいちょい俺にちょっかいを出してきたりして、彼女はかなりのお転婆だった。




39 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/24(木) 00:30:27.97 ID:vbuqeZbH.net
小学校の中学年

つまり3、4年生になる頃には、お互い少しずつだけどしっかりしてきて、会話の内容だったり、ちょっとしたじゃれあいなんかも低学年の頃とは変わってきていた。


ちなみに俺と翼は、1年生と3年、4年、6年は同じクラスだった。


話を戻すが、3年生になった俺と翼は席こそ隣同士ではなかったものの、お互い一番仲の良い異性だったと思う。

相変わらず翼はよくはしゃぐ子で、この頃からふざけて俺を軽く蹴ってきたり、背中を押してきたりするようになっていた。

その度に俺はなんとなく嬉しかった。

別にMではない。


ただ、学校以外で翼に会うことはなく、おおよその住んでいる地区がわかるくらいで、それ以上の進展は何もなかった。

それでも教室にくれば翼はいつも俺の席までやってきて、おはよう!と元気に挨拶をしてくれていた。




40 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/24(木) 00:38:13.84 ID:vbuqeZbH.net
この頃から俺は翼に好きだという気持ちを伝えたいと思うようになっていた。

1年生の頃はただ恋愛感情があるだけで、それ以上のことは望んでなかった。

せいぜい同じ気持ちだったら嬉しいなと思うくらいで、ただ一緒にはしゃぐだけで幸せだった。


でも、3年生になり、男子と女子の境が明確になっていく頃

俺は翼とただはしゃぐだけの関係が辛くなってきた。

想いを伝えて、もし、仮に同じ気持ちであってくれたらどれほど幸せか。

そればかり考えるようになっていた。


「藤森くん、おはよう!昨日の○○観た?」

彼女は、大体いつもあいさつから昨日みたテレビの話か、捕まえた虫の話を始める。

俺はテレビもそんなに見ないし、虫もあまり興味がなかった。

いつも家で絵ばかり描いてた。3年生になっても内気で冴えない奴だった。


彼女は、そんな俺にもっといろんなことを教えたかったのかもしれない。

今となってはわからないけど、彼女はそうしていつも腐らず俺に話しかけてくれていた。

でも、それが俺と翼の仲を引き裂く原因となってしまった。




41 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/24(木) 00:46:42.66 ID:vbuqeZbH.net
ある朝、いつものように翼と登校すると黒板に変ならくがきがあった。

相合い傘が書いてあって、下に俺と翼の名前が書いてある落書きだった。

たぶんみんなも一度は見たことあるやつだと思う。


一瞬で血の気が引いた。

中学年となれば、特に男女の恋愛だったり好きな人についてだったりに異常に反応するもの。

いつも一緒に登校して、教室にいても一緒にいた俺と翼は、まさしく他のクラスメートから注目の対象だった。

「お前翼が好きなの?」

そんな感じのことを大声で聞かれ、俺はなにも言えずにうつむいた。

翼も困ったような戸惑いの表情を浮かべていた。


でも、次の瞬間、翼は顔をあげて言った。

「私は藤森くん、いいなって思うよ」

俺、この時の言葉一生忘れないと思う。





45 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/24(木) 00:55:20.23 ID:vbuqeZbH.net
彼女は単に、藤森くんのことは好きでも嫌いでもないけど。そんなニュアンスを込めてのものかもしれない。それでも、俺はこの言葉がどれほど嬉しかったか。


周りは当然、その言葉を聞いて一斉にはしゃぎ出す。クラスメートはやべーとかまじかよーとか、今まで以上ににやにやとしながら俺たちを交互に見つめてくる。


翼は、そんなのお構い無しに「ほら、いこ?」と黒板の落書きを消して席に向かった。

びくびくしながら、俺もその後を追って席についた。


でもこの瞬間から、俺は自分の気持ちを彼女に伝えることを諦めた。

彼女が俺に好意を抱いていようといなかろうと、ここで俺が気持ちを伝えてしまったら、それこそクラスメートの冷やかしの対象になる。そう思ったからだ。

結局は保身優先で、ちゃんと自分に向き合わなかった不甲斐ない結果が今に繋がってる。



47 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/24(木) 01:05:11.67 ID:vbuqeZbH.net
なんとも馬鹿げた話だけど、俺はその日を境に少しずつ翼と距離を置くようになった。

本当は楽しく会話したいのに、周りが俺たちのやりとりに注目してるかもしれない。

そんなことを思うと、彼女への返事もぎこちなくどこか冷たいものになってしまった。


最初こそはいつものように話しかけてくれた彼女が、次第に話しかけてこなくなった。

今までは別々に登校することがあれば真っ先に挨拶をしてくれていたのに、それすらなくなった。

別に関係が悪化していたわけではないと思う。

そう信じたい。


朝、一緒に登校する時。その時だけは、誰にも見られていない安心感から、俺たちは普通に会話をしていた。

登校班が同じとは言え、時間帯によって2班に別れることも少なくない。

教室での彼女の挨拶やテレビの話を聞かなくなった代わりに、登校が一緒になった時は足枷が解けたように彼女はよく喋っていた。


クラスメートの目を気にしながらこそこそと会話する。

今思えばどれだけ情けないんだろう。もっと堂々とすればよかった。どうして彼女を避けるようになってしまったんだろう。




48 :名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2016/11/24(木) 01:14:17.65 ID:vbuqeZbH.net
そうして、進展どころか退行してしまった3年生は、微妙な空気を漂わせたまま終わりを迎えた。

4年も引き続き同じクラスだったが、翼と面と向かって会話をするのは朝の登校の時くらいになった。

死ぬほど苦しかった。本当は毎日でも、片時でも離れたくないのに、教室では遠くから彼女を見つめるくらいで、自分から話しかけることはほとんどなかった。


もともと翼は活発で、誰とでも仲良くできる人。俺と会話することがなくなっても、翼は毎日楽しそうだった。

たまにふと目が合うときに微笑んでくれる以外では、彼女から俺に話しかけることもほとんどなくて、そうしてつまらない日々を送っていた。


そんな俺の日々に、ある日小さな異変が起きた。

俺に直接的なダメージはないけれど、クラスの数名の男子が翼に惚れている噂が流れ始めた。


その噂の対象に俺の名前はなく、いつの間にか俺と翼の関係を冷やかす人間は誰もいなくなっていた。

それと同時に、俺は翼と今までのような一番近い異性としての関係に戻れないこともなんとなく悟っていた。






>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛, 青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛, 青春,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20170320235258