2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。 このエントリーをはてなブックマークに追加はてなブックマークに追加
easterEgg
 
 

 
 
 
 

浮気をした彼女に罠を張った結果、大勢の友達が証人となった







45 :名無しさん@おーぷん :2015/07/18(土)02:22:22 ID:IdI
高校の時、同級生の彼女がいた

俺も彼女もお互い初めての彼氏、彼女で、なんというか、ピュアな感じで付き合ってた


もちろん俺はセックスもしたかった

高校生と言えば、下半身で息をする生物だし、やりたくて仕方がなかった

でも下手に誘えば引かれると思って、様子を見ていた


そんなある日、彼女はアルバイトを始めた





46 :無しーぷん :2015/07/18(土)02:24:16 ID:IdI
ルバイトは飲食店で、俺もちくちょく行っところだった

しばくは制姿の彼が可しくていた

しばらくすると、急彼女からのメールの数減った

一緒にてもじにてた

どうしたかと聞いてももなり返すばかり





47 :おーぷん2015/07/18(土)02:29:19 ID:IdI
俺は先に浮を疑った

女が変わったのはアルバイてから……つまり、浮気相手がいるならアルイト先



そう思、彼のバイトが終わる時で待ち伏せをすことにした

て、彼女バイトが終わるら待っ

時彼女は夜7時までのバイトだった

でもの時間を周っても、彼女は店から出てこった



らく結果、彼女はく店の入り口から出て来

時刻は

こんな時間まで何をしていたのか思ったが、それ分かった

、男と一に出て来

るからでそうなだっ

まるで彼女のよう楽しそうにしていた

彼女は男の車にんで帰って行っ



尽くしていた

して帰り、深警察に補導され






49 :名無しさんーぷん :2015/07/18(土)02:36:43 ID:IdI
それからは、男のを探り始

当然学生だたから、興んて知くて、自分で探すほか

学校をサボりく街中自転で走り回った

そし偶然にも、あのが乗車をけるが出来た

なドな車だったら、ぐにいつの車だと分かった

れはアパートの駐車場

まりはそのアパーのどこかに住んでいいうこ



は号室を調るべく、張を開始

込みを続ること2間く

、意外にも徒歩で帰てき

車を置いてかけていたらしい

その姿時、俺は目を疑った

男は、彼女と一緒

愕然とする俺の視界、彼女は男の部であろう一屋に当たり前のように男と



は再立ち西くし呆然とした

そして、どうや不審思われたのか、誰かに通報され警察に職され





50 :名無しさん@おーぷん :2015/07/18(土)02:43:27 ID:IdI
後日、俺は覚悟を決めていた

アパートの近くで待機し、赤い車の帰りを待っていた



夜10時過ぎ、男の車が駐車場に止まった

そして当然のように助手席から降りる彼女

二人は、男の部屋へと消えていった

俺はアパートのリビング近くに身をひそめ、中の音に耳を立てた

中からは楽しそうに会話する彼女と男の声

その段階で俺は絶望と憤怒に苛まれていた



そしてやがて、彼女の楽しげな話し声は、籠った短い声に変わり始めた

時折恥ずかしそうに「やん」とか「もう」とか聞こえていた

どう考えても、これからおっぱじめる気満々だった

俺は、頭が真っ白になった




51 :名無しさん@おーぷん :2015/07/18(土)02:48:35 ID:IdI
確定も確定

どこまでも深い真っ黒黒助

彼女の浮気は、確定した

いや、もはや浮気ではないのかもしれない

その段階で既に、彼女の本命は男だったのだろう



気が付けば、俺は泣いていた

漏れそうになる声を必死に殺し、俺は泣き続けた

声を出すまいと止める息の合間に、彼女の喘ぎ声が聞こえていた

未だ見たこともない彼女の裸体

男はそれを貪り、本来彼氏であるはずの俺が外で惨めに泣いてしまっている

それが悔しかった
切なかった
辛かった

でも、何より一番悲しかったのは、絶賛浮気中の彼女の声に、俺の股間がいきり立ってしまっていたことだった





52 :名無しさん@おーぷん :2015/07/18(土)02:55:10 ID:IdI
それから俺は家に帰り、泣き顔を親に見られないようにダッシュで自室にこもり、布団の中で泣き続けた

もしかしたらまだ彼女は男といるのかもしれない

そう思うと、涙が止まらなかった

とても寝付ける状態でもなくて、朝まで泣きとおした



東の空から太陽が顔を出し始めたころ、俺の涙はようやく止まっていた

そして俺の胸に湧き上がっていたのは、復讐心だった

男に対してはもちろん、彼女に対しても耐え難い憎しみが募っていた

おそらく、彼女を想う気持ちが全て憎悪になったのだろう

愛情と憎悪は紙一重とはよく言うが、まさにその通りだと思う

それほど、俺は怒り狂っていた

とはいえ、いくら怒り心頭でも、ビビりだった俺は思い切った行動をとれなかった



そして俺は、ひたすら考えた

彼女と、男を地獄に落とす方法を





53 :無しさん@2015/07/18(土)03:01:23 ID:IdI
からは行動に移った

、場を問わず、時間を問わず、彼女とべったりくっ付いた

彼女は突ことに惑っいた

んなことをお構い、俺は彼女に尽く

ートを取、ジュースし、労いの葉をけ、(?)彼女に尽く



と彼の友達から冷やかされることも増えた

その度に“俺達付き合ラブラブんですよ”アけた

の間も、彼の家に行いた

なことは計算ちだっ

むしろ、行ってくれと困じだった

彼女と男の事情の声を聞くめに、密かアパートへ通い続けた





54 :名無しさん@おーぷん :2015/07/18(土)03:06:32 ID:IdI
それと同時進行に、俺は友達の輪を広げることにも力を入れた

いつしか友達は増え、更には彼女の友達とも仲良くなれた

そしてついに、時は訪れた




55 :名無しさん@おーぷん :2015/07/18(土)03:10:53 ID:oa5
はよ





56 :名無しさん@おーぷん :2015/07/18(土)03:11:39 ID:IdI
その日は、彼女のバイトの日

俺は敢えてその日を狙い、友達みんなでボーリング、カラオケに行った



時刻は夜10時前

自転車で帰っていたみんなに、俺は提案した

この時間に彼女のバイトが終わるから、みんなで迎えに行こう

当然、それに反論する奴はいなかった



バイト先に着いたのは、夜10時ころ

みんなでバイト先の近くで隠れ、彼女へのドッキリ作戦を決行すべく待つ

そして、彼女は店から出て来た

やはり男と一緒に

しかもだいぶん二人の仲は進行していたようで、おあつらえ向きにも従業員出入り口を出た瞬間に熱いキスをかましていた

その時の、彼女の友達の「え……」という呟きは未だに脳裏に刻まれている

そして例のごとく、彼女は男と車で消える



しかしその日呆然としていたのは、俺ではなかった

俺の友達と、彼女の友達だった

俺は一人、ほくそ笑んでいた




57 :名無しさん@おーぷん :2015/07/18(土)03:16:20 ID:IdI
次の平日、教室は異様な雰囲気に包まれていた

彼女を取り囲む、俺と俺の友達、そして彼女の友達

その中心にいる彼女は、終始俯いていた

「あんた、マジで最低だね」

彼女の友達は、言い捨てるように彼女に言う

「お前さ、〇〇(俺)の気持ち考えたことあんの?こいつがどれだけ本気だったのか、分かってんの?」

俺の友達は、ブチギレていた

バッシングを受ける度に、彼女は小さく身震いする

それが凄まじく愉快で、俺は頬を噛み、にやける顔を必死に抑えていた





58 :名無しさん@おーぷん :2015/07/18(土)03:22:29 ID:IdI
本来の計画としては、彼女が男の車に乗る→心配でみんなで後を追う→偶然を装い、男のアパートへと行く→彼女の喘ぎ声を聞かせる

というものだったが、いきなりのキスという嬉しい誤算のおかげで手っ取り早く済んでいた



俺は彼女に、トドメを刺すことにした

「お前さ、あいつの家に行った?」

「行ってない!送ってもらっただけ!」

彼女は光の速さでそう答える

「いやいや、嘘つくなよ。お前、アイツんちに行ったじゃん。俺さ、あれから一人であの車探したんだよ。そしたら偶然見つけてさ、〇〇ってアパート」

アパート名を出した瞬間、彼女は凍り付いた

「外まで聞こえてたよ。喘ぎ声」

そして友人たちはドン引く

「うっわ……マジかよ……」

「キモイんだけど。ねえ、あんたキモイんだけど」

友人たちは更に追い打ちをかける

彼女はというと、耐え切れず泣き出してしまっていた





59 :名無しさん@おーぷん :2015/07/18(土)03:32:35 ID:IdI
その段階で、予定よりも上手く行き過ぎていた

このままでは彼女を追い詰めすぎてしまう

そう思った俺は、すかさずフォローを入れた

「……でもさ、ようするに、お前はあいつの方が好きになったんだろ?それが言い出せなくて、あんな形になってたんだろ?」

彼女は小さく頷く

自分でそう言わせておいてなんだが、ショックだった

「それならきちんと言って欲しかった。好きな人が出来たからって、ちゃんと言って欲しかったよ。それなら、こんな後味悪い終わり方もしなくて良かったのに」

「ごめんなさい……ごめんなさい……」

彼女は泣きながら、俺に謝っていた

「あいつと、うまくいくといいな。頑張れよ」

俺はあえて優しく声をかける

彼女は何度も頷いていた



そして友達と彼女の友達も、暖かく俺を見ていた

彼女の友達が泣いたのにはびっくりしたけど

こうして俺は、浮気されながらも優しく身を引き、元彼女の新たな恋を応援するという健気な男という立場を確立させることに成功した



だがその時、彼女は知らなかった

その時点で、男は既に店を辞め、遠くへ逃げ出しているであろうことを






>>次のページへ続く


.
 

 

関連記事

 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, すっきりした話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, すっきりした話,
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20170430062521