2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 

おすすめ記事

不倫発覚で地獄の制裁を受けた女だけど心から後悔してる
 
産みの母親と初対面したんだが、予想外の対応だった
 
婚約者を襲ったレイプ犯に復讐した
 
お嬢様で処女だった彼女を10年かけて調教した結果
 
妻が不倫の果て妊娠しました
 
中3の時同級生の母親がデリヘルやってるのがクラス中にバレて自殺してしまった話
 
全裸の女を拾った
 
プロポーズ予定の彼女の浮気現場に生で遭遇。俺は一夜のうちに最低限の荷物とともに家を脱出した。
 
ビデオの中で他人にハメ撮りをさせていた彼女
 
担任の女教師の絶対に人に見られたくないであろう秘密を目撃した
 
自分の浮気が原因で子供が重症に。復讐に燃えた親族から相手にとんでもない報復がなされた
 
3歳の息子がありえない血液型だったのでDNA鑑定したら
 
裏切った嫁に起きた壮絶な因果応報
 
嫁が知らぬ間に複数の男のオモチャになってた話
 
妹とSEXしてしまいました
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
婚約中の彼女の浮気。他の男とセ●ロスしている所をデジカメにおさめてから彼女が狂うまで
 
長男の子を身ごもってしまった
 
知りたくなかった嫁の過去知ってしまったんだが、、、
 
嫁が不倫デート中、サプライズの誕生日パーティーの準備が着々と進行していた
 
 
 

私が初恋をつらぬいた話
(2ページ目)  最初から読む >>



18 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:43:57.54 ID:L9GcuA1Wi
やばい先生に惚れそう




19 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:46:04.62 ID:+beSXCVE0
何回か深呼吸をして少し落ち着くと、私はまた非常階段に戻り、腰をかけた。

断られた時に少しでも大丈夫なように、今のうちに心の準備をしておこう…

そんなネガティブな考えで悶々としていると、先生は思ったより早く戻ってきた。

「校長先生に許可貰えましたよ、二つ返事でOKでした。さて、これからどういう予定を立てましょう?」

先生はニコっと笑う。


私はと言うと思いがけない返事にビックリして、ほんの少しの間だけ固まってしまっていた。

「渚さん?」

「あ、え、はい、あ、ありがとうございます!」

そんな私の様子を見てプッと噴きだした先生は、まだ半分笑った顔のまま話を続けた。

「下校時間以降、職員会議の日や行事の時以外なら、音楽室を使っても構わないそうです。」

「は、はい。」

「さすがに毎日と言う訳にはいかないので、週に1.2回でどうでしょう?」

「は、はい。」

「じゃあ毎週火曜日って事にして、その週に都合が付けば金曜日もって事でいいですか?」

「は、はい。」

先生は堪え切れなくなったように、今度はアハハと声を出して笑った。

「さっきから はい しか言ってないけれど、コレで本当に大丈夫ですか?」

「は、はい!大丈夫です!…あの…先生は大丈夫ですか?いいんですか?」

「大丈夫じゃなかったら断ってます。担当してるクラスも無いし、暇だから平気です。」

先生がニコっとして頷く。

そこでやっとホっとした私は、さっきとは一変、とたんに夢心地になった。

「じゃあ来週…はもう夏休みか。火曜日はちょっと忙しいから、来週だけは金曜日、時間は15時からでいいかな?」

「はい、わかりました。」

「一応、学生服で来てくださいね。正装でくると言うことで。」

「わかりました。」

「じゃあもう戻らないと。また来週、渚さん。」








21 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:49:38.40 ID:+beSXCVE0
それからの毎日は、本当に楽しいものだった。

毎週先生と会える日が待ち遠しくて、一週間があっという間に過ぎていく。

複式呼吸の練習、高い声・低い声の出し方、細い声・太い声の出し方…

まぁ本当にただのボイストレーニングなんだけど、それでも徐々に自分の歌声が良くなって行くのが実感できて、更に楽しかった。

最初の動機こそ不純なものだったが、私は歌を歌うという事がどんどん好きになって行き、また、先生への思いもどんどん大きくなっていった。



恋をして少しは身なりを気にするようになり、クネクネだった髪にはストレートパーマをかけた。

眉毛も整えるようになり、身長が少しだけ伸びたおかげか、体重も徐々に減っていった。



中一の冬休みが終わる頃には、自然と良く笑うようになり、友達もできた。

小学生時代には想像も出来ないくらい、私は明るい普通の女の子になっていた。

このままずーっとこの日常が続いて欲しいな…

私は生まれて初めて、心穏やかな充実した学生生活を送っていた。





23 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:52:59.51 ID:+beSXCVE0
当たり前だけど、先生とは何も進展がなく過ぎていき、中学2年が終わる春休みの少し前。

いつものように発声練習をして一息休憩を入れていた時、先生が少し残念そうに、でもニコニコしながら呟いた。

「多分、今年は移動になると思います。」

穏やかに流れていた日常が、ピタっと止まる音がした。

「移動って…違う学校に行くって事ですよね?」

「そうですね、そういう事です。本当は公表があるまで言っちゃいけない決まりなんですが…」

「…どこに移動になるんですか?近くの学校?」

「いや、京都です。」

京都…学生の私には、あまりにも遠い距離だった。

「渚さんとはこう…少し特殊な形で関わってましたし、今後の予定もあるでしょうから、先にお話しておいた方がいいと思いまして…」

「そう…ですか…」

「急な事でごめんなさい。でも折角練習を続けてきたし、これからは中学校の音楽の先生n…」




その後、先生は何か色々話していたけれど、私の耳にはまったく入ってこなかった。

先生が生活の一部になっていた私にとっては、まさに沈んで行く船に乗っている気分。

先生が遠くに行ってしまう…

その事で頭が一杯になり、その日の残りのレッスンはずっと上の空だった。





25 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:54:18.14 ID:L9GcuA1Wi
まさかの異動か(。-_-。)




27 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:55:51.55 ID:+beSXCVE0
最後になるレッスンの日。

今まで待ち遠しかった火曜日が、今までで一番来て欲しくない日になっていた。

いつものように音楽室に入る。先生は珍しく、まだ音楽室には来ていなかった。



ふと、ピアノの後ろにあるカラーボックスに違和感を感じて目をやる。

今まで先生の私物がぎっしりと詰まっていたカラーボックスは、綺麗に片付けられていた。

あぁ、本当に居なくなっちゃうんだ…

そう実感した瞬間、涙が勝手に溢れて来た。

嗚咽するでもなく、ただただ涙だけがポロポロと溢れ出てくる。

泣いてる顔なんて見られたくない…早く泣き止まないと…

そう思えば思うほど、意志とは裏腹に涙が止まらなくなっていく。

なんとか泣き止む為に深呼吸を繰り返していると、音楽室のドアが開く音がした。

「待たせてすみません、ちょっと忙しくて…」

泣いて真っ赤になった目が、先生の目と合う。

先生のビックリした顔を見て、私は何故か恥ずかしくなり下を向いた。

先生はそっと扉を閉めると、いつものようにピアノの椅子に座る。




例え様の無い不思議な沈黙が、ただただ重苦しかった。








28 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 14:58:19.70 ID:+beSXCVE0
「…泣かないで。どうしたの?何があったの?」

先に喋ったのは先生だった。

どうしたの?とは酷い事を聞くものだ…先生は何も気がついていないのだろうか?それとも気がついてないフリをしているのか…?

「……寂しいです…」

私は勇気を振り絞ってそう言った。

先生はまたまたビックリした顔をしたが、すぐにまたニコっと笑って

「そうですね、僕も寂しいです。」

と、優しく言った。

「私は…」
「…?」

「私は、先生のお陰で変われました。先生のあの時の一言が、私が大きく変われるきっかけになりました。先生に会えて良かった。…だから…とても寂しいです…。」


昔の自分では考えられないくらい、自然にスラスラと言葉が出た。

そう言うと何だか心がふっと軽くなって、不思議と涙は止まった。


沈黙がしばらく続いた後、急に不安になって先生の顔をそっと見てみる。

また少し驚いた顔をしていた先生は、私と目が合うと、今まで見たことの無い穏やかな表情でにっこりと微笑んだ。

「ありがとう。そんな事を言ってもらえるなんて…教師になって良かった。僕もそう思わせてもらいました。」


ドキッとした。

先生はいつもニコニコしていたけれど、こんな柔らかい笑顔を見たのは初めてだった。

なんだか本当の先生に突然会ったような気分になって、耳がカーっと熱くなった。

「それだけ泣いちゃったら、もう練習は出来ないですね。今日はお話をして過ごしましょうか。」

少しの間を置いてそう言った先生の顔は、またいつものニコニコ顔に戻っていた。





29 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 15:00:34.04 ID:+beSXCVE0
最後のレッスンから数日後、先生が京都に出発する日。

私は先生の見送りをする為に、数人の友人達と一緒に空港へと来ていた。

相変わらず先生はニコニコしてて、友人達も久々に会う堺先生と話を弾ませている。

私もなんとなく会話に混ざりつつも、若干上の空。先生の顔から目が放せず、とにかくボーっと先生だけを眺めていた。

「さて、そろそろ待合室に入らないと。今日はわざわざありがとう。」

先生が皆にお別れの挨拶をし始める。

私は勇気を振り絞って、先生に一枚の紙を渡した。

「…?」

「私の住所です…。あの…よかったら…お手紙下さい。」

先生はニコっと笑って渡した紙をポケットにしまい、私の頭をポンポンっと撫でると、そのまま待合室に消えていった。





あっという間に新年度が始まる。

私は相変わらずのうわの空で、何に対してもやる気が起きないでいた。

でももう中学3年。

高校受験も控え、いつまでもボーっと過ごすわけにはいかない。

それでもやっぱり先生が居なくなった喪失感は大きく、気がつくと先生の事ばかりを考えていた。

初めての恋をした私には、その感情の押し込め方なんてまったく解らなかった





31 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 15:02:29.30 ID:+beSXCVE0
先生が居なくなっても、時間だけは淡々と過ぎてゆく。

夏休みになり、私はやっと失恋という言葉を噛み締めていた。

一生懸命考えた結果、あまりにも幼い恋に気がついたのだ。



先生はもう大人。ましてや教師。

14.5の小娘が自分に恋愛感情を持っている事なんて、薄々感じてはいただろう。

そして、解った上で私が傷つかないように、ずっと変わりなく接していてくれたのだろう。

小さな脳みそで考えた結果出てきた、それが私の答え。

忘れなきゃいけないな…先生がずっと元気で幸せなら、私はそれでいい。

今思い出すと完全に自己満足でまだまだ幼い考えだが、私にはそれが精一杯だった。




夏休みも半分を過ぎた頃。

いつもの様に遅く起きた朝、猛暑にノックアウトされながら郵便受けを見に行くと、新聞の間に一枚の葉書が入っていた。

宛名を見ると私の名前。

差出人は…堺先生だった。






32 :名も無き被検体774号+:2012/06/07(木) 15:04:12.82 ID:+beSXCVE0
ー 残暑見舞い申し上げます。

  元気にしていますか?

  歌う事はまだちゃんと続けているでしょうか?

  こちらの暑さは厳しく、そちらで過ごした爽やかな夏の日々が思い出されます。

  8月の花火大会の辺りに、そちらに観光で伺う予定です。
  
  それでは、夏に負けずに過ごしますように。 ー


心がまた先生で一杯になるには、あっという間だった。



手紙を読み終え地域の予定表を確認すると、花火大会はもう目前だった。

だからといって、電話番号も知らない先生とは、会う約束も出来ない。

それに今年は、同級生男女数名で見に行くことに決まっていた。

これじゃ、何だか生殺しだなぁ…

久々に感じた胸の痛みを懐かしく思いつつ、私はもう、少しは大人になったのだと、そう自分に言い聞かせた。




花火大会当日。初めて友達と見に行く花火大会。

一緒に行く予定の友人から浴衣を借りて着付けしてもらった私は、どうせなら…と勧められるまま、お化粧道具も拝借した。

中高生向けの雑誌と睨めっこしながら初めて施した化粧姿は、今思うと少しでも大人に近づきたかった気持ちの表れだったのかもしれない。

もしかしたら…というほんの少しの下心を含みつつ、私は会場に向かった。

が、結局ばったり先生に会える…なんてドラマチックな展開は無く、友人達と楽しく過ごして花火大会は幕を下ろした。







>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:すっきりした話, これはすごい,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:すっきりした話, これはすごい,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

お世話になっているサイト様



 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 
20170814064614