2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 

おすすめ記事

不倫発覚で地獄の制裁を受けた女だけど心から後悔してる
 
産みの母親と初対面したんだが、予想外の対応だった
 
婚約者を襲ったレイプ犯に復讐した
 
お嬢様で処女だった彼女を10年かけて調教した結果
 
妻が不倫の果て妊娠しました
 
中3の時同級生の母親がデリヘルやってるのがクラス中にバレて自殺してしまった話
 
全裸の女を拾った
 
プロポーズ予定の彼女の浮気現場に生で遭遇。俺は一夜のうちに最低限の荷物とともに家を脱出した。
 
ビデオの中で他人にハメ撮りをさせていた彼女
 
担任の女教師の絶対に人に見られたくないであろう秘密を目撃した
 
自分の浮気が原因で子供が重症に。復讐に燃えた親族から相手にとんでもない報復がなされた
 
3歳の息子がありえない血液型だったのでDNA鑑定したら
 
裏切った嫁に起きた壮絶な因果応報
 
嫁が知らぬ間に複数の男のオモチャになってた話
 
妹とSEXしてしまいました
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
婚約中の彼女の浮気。他の男とセ●ロスしている所をデジカメにおさめてから彼女が狂うまで
 
長男の子を身ごもってしまった
 
知りたくなかった嫁の過去知ってしまったんだが、、、
 
嫁が不倫デート中、サプライズの誕生日パーティーの準備が着々と進行していた
 
 
 

大卒だがまた大学に入る事を決心させた出来事






642 名前:ミノル ◆SH9TJIMw 投稿日:02/06/03 18:41
タカコと出会ったのは23の冬。バイト先のクリスマスパーティだった。


当時僕はパン屋でバイトしていて、仕事もようやく覚え始めた頃だった。

多分お察しだろうと思うけど、パン屋のバイトは文字どおり「お花畑」。僕ら厨房の人間より、明らかにカウンターの女の子のほうが多い。僕もバイト仲間の連中と「品定め」しながら、バイトを楽しくこなしていた。


そんなある日、タカコの同期採用組3人が新しく入ってきた。

「ミノル、今度の3人見た? マジヘンなのがいるよ」と友人。

「マジで。どんなふうにヘンなの? スゲエブス?」と僕。

「いや、ちょっとヘンなの。明日お前とシフト一緒だよ。見てみろよ」


と友人は含み笑いをしながら、どうにも教えてくれない。仕方なく、明日のバイトを待つこととした。




643 名前:ミノル ◆SH9TJIMw 投稿日:02/06/03 18:47
その当日。友人と話したそんなことはすっかり忘れていて、厳寒の日の出前、僕はバイト先まで自転車を飛ばしていた。

まだ真っ暗の街中をくぐり、バイト先に到着。5:30からのシフトだけど、今日はちょっと早く着いてしまったようだ。

まだ5:10。シャッターはまだ閉まっている。社員は来ていないみたい。しまった。


そんな時間のかみ合わないことを呪いつつ、バイト先の自転車置き場に駐輪していると、店の横に女の子がひとりポツンと立っているのに気がついた。

見たことがない顔。若い頃の反射行動ともいうべきか、すぐさま顔をのぞくと、涼しげな目もとのきれいな子。大きな黒いコートを着ている。

もしかすると、この子が昨日友人の話していた彼女かな。


そうこうするうちに、社員が来て店のシャッターが開いた。




644 名前:ミノル ◆SH9TJIMw 投稿日:02/06/03 18:55
今日のシフトは厨房僕を含む3人、カウンターがふたり。週の中盤なので、それほど切羽詰まっていない。前日の仕込みも少ないので、鼻歌交じりの僕ら。

気になっていた僕は、厨房の2人に聞いてみた。

「さっきさ、店の前に見慣れない子がいたんだけど、新人?」

「あれ、お前初めてなの? そうそう、この間入った3人のうちのひとりだよ」

「ちょっとヘンだって聞いたんだけど、どんなふうなの?」

「そっか、見たことないのか。あ、更衣室から出てきたよ。見てみろよ」


ガラスを隔てた更衣室から出てきたその子は包帯で腕を吊っていた。


「え、あの子骨を折ったのかな。でもなんでそんなときにバイトなんだろ」

「なんだかよくワカランよな。でも面接のときからそうだったらしいぜ」

「なんで骨を折っているのにバイト入れるんだろうな、店長」


その子は腕を吊りながら、いまだ慣れない新しい仕事に悪戦苦闘していた。僕は皆の感想と同じく、「ヘンな女」と思いながら仕事に精を出していた。





645 名前:ミノル ◆SH9TJIMw 投稿日:02/06/03 19:04
そんなことで初めてその子を見て、それからも数回シフトを共にしたある日、シフトの予定が入っていた女の子がバイトに来られなくなった。

もともと販売のバイトからここに移ってきた僕は、店長の命令で、急遽厨房からカウンターへ。

「ったくよ、面倒だよな」といいながらも、頬は緩んでいる僕。カウンターで女の子と思う存分話せるからだ。

今日の「相方」はだれなのかな、と待っていると、腕を吊った彼女が現れた。


(……うーん、ヤヴェえなあ。しゃべったことないよ……)

と思いながら、僕は困惑する彼女にあいさつした。

「チュウィッス。今日●ちゃんがダメらしいので、僕が入ります。夜露死苦」

「え、えと、あの、よろしくお願いします」

か細い、消え入りそうな声。なんだか怖がっているみたい。

そういえば間近で見るのは初めてだ。よく見ると、ムチャクチャきれい。ほかのヤツの評価は聞いたことがなかったけど、少なくとも、僕のタイプに100%といっていいほど合致するのは確か。

なんだか柄にもなく緊張しながら開店を迎えた。




646 名前:ミノル ◆SH9TJIMw 投稿日:02/06/03 19:12
その日は給料日あとだったせいか、大混乱とも言える混雑ぶり。

お客さんは引きも切らずの状態。とにかく朝の仕込みが30分で底をつきそうになるほどの売れ行き。

明らかに前日の見込み違い。商品が足りない。そう判断した店長は、食パンをサンドウィッチにして次のサイクルまでの中継ぎにすることとしたらしい。

次から次へとやってくるお客さんをこなしながら、その合間にサンドをラッピングしなきゃいけない。



その日、カウンターのレジ打ちは彼女、袋詰と価格読み上げは僕がやっていた。

当然、片手を吊っている彼女に袋詰はできないから。

でも、サンドのラッピングは僕ひとりじゃ足りない。恐る恐る、彼女に「あのさ、ちょっとひとりだとキツイんだ。ゴメン、手伝える?」と尋ねると、彼女はふっと悲しそうな顔をして(したように僕には見えて)、

「あの、お手間になるかもしれませんが……できるだけがんばります」




647 名前:ミノル ◆SH9TJIMw 投稿日:02/06/03 19:19
しかしそうはいったものの、彼女の左手は指先まで包まれている。

ラッピングといっても、売り物だから直に手じゃ触れない。

トング(パン屋で商品をつかむやつあるでしょ)でサンドをつかんで、フィルムラップに収めなきゃいけない。

でもフィルムはぴったりしているから、どうしたって片手じゃ難しい。

慣れない仕事ともあって、彼女は僕の3倍以上の時間をかけて、僕の半分の仕事量を一所懸命こなしていた。



しかしやっぱり問題は起こった。できあがったサンドを載せたトレイを、はやるがあまり、彼女はひっくり返してしまった。凍る僕ら。トレイは金属製のため、タイル張りの店内に大きく響き渡る。

店長がすっ飛んでくる。「何やってんだ!?」。ブチ切れ。ソリャそうだ。忙しい中の窮策、ここに果てりって感じだから。



彼女はもう蒼白。いや、白を通り越して青になっていた。そんな彼女を見て僕はなぜかすぐさま店長に

「スミマセン、焦ってひっくり返しちゃいました、僕」




654 名前:ミノル ◆SH9TJIMw 投稿日:02/06/03 23:16
店内には数人のお客さんがいて、始終を見ていた人もいた。

そんな中で、明らかにウソとわかることをとっさに言ってしまい、僕はしまったと思った。

床に散らばるサンドをあわてて拾い集める彼女を見て、店長は「オラ! ミノルがヘマしたから早く作ってやれ!」とだけ厨房に檄を飛ばして、そのまま奥に引っ込んでしまった。

幸い、店内の品が完全に切れることはなく、結局そのあわただしい朝は、無事に次のサイクルを迎えることができた。


バイトを終えたその日の昼、更衣室で彼女とはちあわせた。

「あの、私、あんなことに……私、私……」と言いながら、彼女は泣き崩れてしまった。




655 名前:ミノル ◆SH9TJIMw 投稿日:02/06/03 23:24
いろいろ話をしたいのは山々だったけど、あいにくその日は、バイトがあけたら午後は学校に行かなきゃいけなかった。

「いいよいいよ、気にすんな。今度飯でもおごってよ」とだけ彼女に伝えて、後ろ髪をひかれる思いで僕はバイト先をあとにした。


バイト先に暗雲が立ち込め始めたのはその数日後からだった。

恥ずかしながら、僕はバイト連中の中では結構モテるほうで、カウンターの女の子の中にも、何人かファンがいたらしい。

例の「サンド事件」は、その彼女たちの癪に障ったらしい。悪いことに、その連中はバイト内の女の子の中でも古株だった。当然、カウンター周辺で彼女に対する嫌がらせが始まる。

彼女がバイトに来ても、だれも話かけないなんていうのは序の口。ユニフォームを隠す、汚す、シフトを勝手に変更する……。僕ら厨房がまったく気が付かないところで、いろんないじめがあったらしい。




656 名前:ミノル ◆SH9TJIMw 投稿日:02/06/03 23:28
彼女がそんな迫害を受けているとは露知らず、僕は厨房の仲間と楽しいバイト時間を過ごしていた。

もちろん男連中の間でも「サンド事件」は話題になっていて、連日、違う向きから冷やかしの集中砲火を受ける僕。

そんなある日、友人が彼女がいじめにあっていることを教えてくれた。


「なんだか大変らしいよ。お前のこと気に入ってた■が急先鋒らしい」

「マジですか。なんでそんなことになっているんだよ」

「うーん、ほらあの子やっぱりかわいいだろ? それもあるだろうな」

「そうか、■はお世辞にもかわいいとは言えんもんな」


そんなことを聞いて胸を痛めていたある日、彼女からお誘いが来た。




658 名前:ミノル ◆SH9TJIMw 投稿日:02/06/03 23:32
それはまったく突然だった。

シフトを終えて着替えようとしたとき、彼女があわてて更衣室に入ってきた。


「あ、あの、この間のお礼をしたくて、今晩あいていますか?」


実はその晩、僕の予定は埋まっていた。でも浮き上がった僕は、


「当然です。あいています。何時間でもOKッス」


と即答。

店を出てから約束の相手に平謝り。なんとか次回に回してもらう。

昼にバイトを終えて、彼女との約束が6時。学校はない。かといって、別段用意することもないし、気張るのも格好悪い。もう嬉しさで頭の中がグチャグチャになりながら、僕は6時を待った。




659 名前:ミノル ◆SH9TJIMw 投稿日:02/06/03 23:40
待ちに待った6時。待ち合わせ場所に彼女はすでに来ていた。

「ウオ、スマン。つい張り切りすぎて遅れてしまった」

「いえ、無理に呼んじゃってごめんなさい」

「で、何を食うのでしょうか。あ、俺は昼に吉牛だったので、それ以外ね」


ここで彼女が初めて笑うのを見た。なんともいえない笑顔だった。

彼女からの提案は、駅前のモスだった。

なんだか張り切ったデートにしては貧弱だなと思いつつも、ふたりで楽しくモスに向かう。安くても手軽でもうれしかった。


楽しい食事を終えて、僕は彼女を家まで送ることにした。

「え、でももう遅いから」

「遅いから送るんじゃねえか。何をおっしゃっているのでしょうか?」

などとおどけながら、すっかり夜がふけた住宅街を歩く。


もうすぐ家に着くと彼女が言ったとき、ポツンと公園があった。何やら不穏な空気。よくない手合いがたむろしている。


「オイ、タカコ! 何やってんだよ!」


そのうちのひとりが、しんと静まり返った住宅街で彼女を呼んだ。




660 名前:ミノル ◆SH9TJIMw 投稿日:02/06/03 23:50
ヤバイ。かなりヤバイ状況です。向こうは5人、こっちは2人。

もう心臓をバクバクさせながら、僕はヤツらが近付いてくるのを待つ。


「タカコ! お前だれと歩いているんだよ」

「え、あの、バイトで一緒の人……」


ヤバイ、矛先が僕に向いている。


「オイ、お前よう。何タカコに手ェ出してんだよ」

「はぁ? 俺は何も——」と言った瞬間に殴られた。

そのあとは5人がかり。深夜の公園でボコボコに殴る蹴る。


しばらくヤツらに空き放題やられたあと、僕はノビてしまった。そんな朦朧とした意識の中、ヤツがとどめの一言。

「お前、タカコが普通だと思ってんの?」と最後の蹴り——。




662 名前:ミノル ◆SH9TJIMw 投稿日:02/06/04 00:02
気が付くと、縛られている。動けない。なんだか古くて狭い家にいるようだ。あたりは真っ暗。

ときどき、うめくような声が聞こえる。目を凝らすと、いきなり電気がついた。


……さっきの5人が、タカコを犯していた。


「よう、お前よ、タカコが普通じゃないってことを知らないようだな」

そういうと、ヤツはタカコの左手を乱暴につかむ。

「やめてー——!!」と絶叫する彼女。聞いたこともないような大声。

どさりという音とともに、僕の前に何かが落ちた。包帯を巻いた腕。根元から取れている。

タカコは義手だった。




664 名前:ミノル ◆SH9TJIMw 投稿日:02/06/04 00:10
もうそのあとはよく覚えていない。


どうやら僕はそれを見せられて激昂したらしく、縄を無理やり解いて、ヤツらのところに飛び込んでいったらしい。深夜の大格闘。

覚えているのは、半裸のタカコをかばいながらヤツらに蹴りを加えていたこと。こっちは靴まで履いた状態、向こうは全裸というのもあった。


結局、最終的には引き分けとも言える状態だったけど、ヤツらは倒れてもあきらめない僕にほとほと呆れて、捨て台詞を残して出て行ってしまった。

あとに残された僕とタカコ。



交通事故で左腕を失ったこと。この体のせいでいじめが絶えなかったこと。

そのいじめがエスカレートして、ついにはああいった手合いの慰み者にされていたこと等々。

涙でグシャグシャになったタカコは話してくれた。



どうやらここはタカコの部屋で、やっと借りることができたところらしい。

夕食がモスだったのも、ムチャクチャ貧乏だった彼女の精一杯の贅沢だった。






>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:泣ける話, 青春, 純愛,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:泣ける話, 青春, 純愛,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20170815123801