2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

幼なじみへの気持ちに気づいてしまった
(2ページ目)  最初から読む >>



35 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:51:30
「い、いつ引っ越すの?」

「8月の最初の日曜日よ」

悟られまいと思っても涙が出てきて声も上ずっていました。

えぇ・・・・もう10日しかないじゃん・・・・

母にも亮太のお母さんにも亮が好きなことがバレバレの態度もかまわず、私は自分の部屋に逃げるように駆け込むと晩御飯も食べずに泣いたりボーっとしたりしてました。

どうしよう亮に会えなくなっちゃう・・・・・・

生まれて初めて「胸が苦しい」というのを実感しました。





36 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:52:07
次の日の朝、私は教室で亮太が登校して来るのを待ってました。

「よぉ」

「おはよ・・・・・昨日亮のおばさんがうちに来て・・・」

「あぁ聞いたよ。ったく・・・・・」

「なんで、教えてくれないの?」

「別に・・・・・・」

「みんなにも言ってないの?」

「あぁ」

「先生は?」

「学校にもまだだよ」

「なんで?」

「うーん・・・・まぁいいじゃん。で、お前だれにも言うなよ」

「ちゃんと説明してよ!」

「お、おい・・そーむきになんなよ。今日部活出ないから一緒に帰ろう。その時話すから」





37 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:52:38
放課後になると私は部活を休んで亮太と一緒に帰りながら話を聞きました。

「1年の時 和樹が転校したじゃん?」

「うん」

「あの時HRで送別会ぽいことしてたら和樹のやつ泣きまくりだったじゃん。女子ももらい泣きするやつ出たりして・・・」

「あぁ覚えてる」

「和樹って気が強いやつだと思ってたのにさ、俺すげぇびっくりしてさ、俺もあーいう風になりそうな気がしてさ」

「うん」

「で、親に頼んで夏休み入ってから学校に言うことにしてもらった」

「いいの?そんなんで・・・・サッカー部の人達とかはどーすんのよ?」

「引っ越す前に話すよ」

私は何か割り切れない気持ちでいましたがあっという間に夏休みになってしまいました。

どうしよう・・・もうこのまま会えないのかな・・・・・告白?・・・・・・いや・・・・私には無理だ・・・・・・

玉砕覚悟で想いだけ伝えようか・・・・・・でも亮にすれば迷惑だろうし・・・・・

引越しの日が近づいてくると私は亮太のことばかり想うようになってました。






39 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:53:47
引っ越しの前日亮太から家に電話がかかってきました。

「おい、なつ、俺もやっと携帯買ってもらったぞ。お前の番号とメアド教えろよ」

「えっ、うん」

私はうれしかったけど、普通好きな子にメアドとか聞くのってすごい勇気とかいるはずなのに 亮太にとって私はやっぱただの幼馴染なんだなと思いました。

「で、なつ明日ヒマ?」

「え?なんで?」

「うちにこいよ。面白いもの見つけたぞ」

「なに?」

「いいから来いよ来てからのお楽しみだ」

「わかった」

「朝は引越し屋来て忙しいから昼にな」

「うん」




40 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:55:59
もしかしてこれが告白する最後のチャンスになるかもしれない・・・・・・

それでも次の日私はまだ迷っていて結局決められないまま亮太の家に行きました。

「おぉ、なつーあがれよ」


亮太の家は家具とか電気製品のほとんどが運び出されていて、ダンボール箱が何個か残っているだけでガランとしてました。

「あれ?おじさんとおばさんは?」

「一回向こうに行ったよ。タンスとかの配置があるからって」

私は寂しくなってきて泣き出したい気持ちになったけど、必死に我慢しました。

「こっちこっち」

私は亮太について行きました。

「これこれ、このへこみわかる?」

亮太はリビングの壁を指差しながら床に座りました。私も隣に座って壁の「へこみ」を見ましたが何のことだか分かりません。





41 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:57:04
「この傷みたいなの?私がやったの?」

「違うよ!昔、お前と大ゲンカして取っ組み合いになって俺のひじがここにガッって・・・・」

「あぁ思い出した!亮大泣きしたんだよね」

「うるせぇ、めちゃくちゃ痛かったんだぞ。」

「えっ?チビって言われて泣いたんじゃなかったの?」

「バ、バカ・・・・まぁそれもあったかもなぁ・・・って・・え?・・・・おいっ、どうした?」

私はとうとう我慢できずに泣き出していました。

「亮・・いやだよ・・こんなに・・・好きなのに・・・引越しって・・・あたしのこと嫌いでも・・・いいから・・・転校・・しないでよ・・・」


結局 告白ぽいことになってあとは自分でも何を言ったのかよく覚えていません。

亮太は私が泣きながら支離滅裂なことを言っているのをただ黙って聞いていてくれました。





42 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:58:10
何分たったかよく覚えてないけど私が少し落ち着いてから亮太が口を開きました。

「あのさ、お前さ、いつも俺のしたいことを先々やるんだな・・・・・」

「え?」

「背にしてもそうだし、自転車だって先に買ってもらってたし、携帯もそう・・・・・・・・で、告白までお前からかよ・・・・・・・・」

「えぇっ?」

「今日さ、ほんとは昔の話するために呼んだんじゃないんだ・・・・・」

私は何も考えられなくなっていました。

「俺、絶対背高くなるからさ、俺の彼女になってくんないかな」

「ええぇぇっ」

「幼稚園のころからずっとお前が好きだ!」

「背なんかどうだっていいよ!」





43 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 14:59:08
「え?・・・・・お前がチビいやだって・・・」

「え?」

「覚えてないのか?」

「え?なにを?」

「この壁の傷つけたときなんでケンカになったか覚えてる?」

「あたしがチビってしつこく言ったからでしょ?」

「いや、それもあるけどさ・・・・・・」


「あの日さ、うちのおかんが冗談で「なっちゃん亮太のお嫁さんになってね」みたいなこと言ったんだよ。そしたらお前「自分よりチビはいやだ」って言ってさ、俺が「うるさいデカ女」って言い返したらお前が「チビチビチビ」って・・・・で、取っ組み合いになったんだぞ」

亮太は照れくさそうに笑いながら話を続けました。





44 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 15:00:14
「俺さ、それから嫌いだった牛乳も毎日飲んでさ、せめてお前の彼氏候補ぐらいにはってさ・・・」

私は亮太の話を聞くうちに当時のことを鮮明に思い出しました。

「ご、ごめんね・・・・・」

「あははっ、謝ることでもないけどな」

「あたしみんなの前だったからそう言ったんだよ」

「え・・・・そうなん?」

「だってうちの親も亮のおじさんもおばさんもいたし・・・・」

「うへぇ、俺、ずっとお前より背高くなりたくて必死だったのに・・・・・」





45 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 15:01:24
「あたしが悪いよね・・・・」

「いや、別にお前のせいじゃないよ」

「でも、あたしが・・・んっ・・・・・・」

亮太が突然キスしてきました。ほんの一瞬のキスだったのに私の頭の中は真っ白になりただ呆然と亮太の顔をみつめていました。

「へへっ、キスは俺の勝ちだ」

「ちょ、ちょっと・・・・・・・・勝ちとか・・・・・・・・」

「見てろよ、背も絶対抜いてやるからな」

「だーかーらーいいよ背なんかどうだって・・・・もぉ・・ファーストキスだったんだぞ・・・・」

「ごめん・・・・」





46 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 15:02:27
「ね、もう一回ちゃんとして・・・」

「んっ」

「んんっ・・・・」

亮太は私の肩に腕をまわしてきてさっきより長くキスしてくれました。

「亮、大好き・・・・・向こう行って浮気なんかしたら許さないから・・・・」

「なめんなよ?こっちは8年以上も、なつ一筋なんだぞ」

「ほ、ほんとに?」

「ほんとだって」

「亮、顔赤いよ」

「お前の方こそ真っ赤だぞ」

亮と二人で笑ってると私は頭の中から亮が引越す寂しさはどっか行ったみたいで、いつのまにかすごく幸せな気持ちになっていました。





47 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 15:03:10
次の日の朝、私は寝坊して部活に遅れて行きました。

寝坊の理由はもちろん亮太でした。

亮太と夜遅くまでメールしたりその後もベッドに入っても軽い興奮状態ていうか、とにかくあまり寝れなかったからです。

学校に着いてコーラス部で練習に使っている視聴覚教室に行くと部員の由希と加奈がやって来ました。

「さっきさ、亮太と亮太のお母さんが学校に来てたんだよ。なんかあったのかな・・・」

あれ・・・亮、今日学校に行くとか何にも言ってなかったよなぁ・・・・私は亮に会いたくてちょっぴり残念な気がしました。

「亮、転校するんだよ。たぶんそのあいさつか何かだと思うよ・・・」

「えぇ!マジで?」

「あ、あのね、実はね・・・・」

私は亮太が転校を隠してた理由や昨日のことを話しました。もちろんキスしたことは内緒で。

由希も加奈も「えぇー」とか「信じらんない・・・・」とかいろいろ冷やかされたり羨ましがられたりしたけど、最後には「良かったね」って笑って言ってくれました。

「で、明日登校日じゃん?たぶん先生が朝のHRで亮の転校の話すると思うよ」





48 :恋する名無しさん:2007/07/23(月) 15:04:01
次の日、学校に着き教室に入ろうとすると自分の教室だけ何か様子が変でした。騒がしいていうかなんていうか・・・・。

そして教室に入ると同じクラスのみんなや、なぜか違うクラスの子達もいて、大騒ぎしていたのに突然一斉に私の方を向きました。

「おぉ!きたー!おい!これこれ!!」

同じクラス男子が黒板を指差しました。

黒板には何か書かれています。






>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

お世話になっているサイト様



 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 
20171023171805