2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

大学入って遊ぼうと頑張った結果
(2ページ目)  最初から読む >>



20 :名無しさんの初恋:2014/10/16(木) 09:06:44.01 ID:5LAi2Ot1.net
この1はとても丁寧な方なんだろうな

楽しみにしてる



22 :名無しさんの初恋:2014/10/16(木) 15:03:44.99 ID:FnEmX/1J.net
>>20
そんなこと言われたことないので嬉しいです!

ゆっくりですが更新していきますのでお時間の許す限りお付き合いください!





21 :名無しさんの初恋:2014/10/16(木) 12:50:01.57 ID:ENqC1uCv.net
居酒屋で俺もバイトしてた
なつかしいな〜
続き待ってるぞ





23 :名無しさんの初恋:2014/10/16(木) 15:04:28.26 ID:FnEmX/1J.net
>>21
居酒屋のバイトは面白いですよね!

いろんなお客様がこられますし、人付き合いを学ぶにはとても良い場だと思います!





24 :名無しさんの初恋:2014/10/16(木) 15:13:41.34 ID:FnEmX/1J.net
当初の目的の女遊びをどうするか。

と、思ってはみたもののなにか行動に移すということもなく2月の後半に差し掛かった頃

ある日姉妹店の店長から電話がかかってきました。

俺「もしもし?」

店長「あ、お前さ今週日曜暇?」

俺「お疲れ様です!日曜日ですか?暇ですよ?」

店長「じゃ川原で花見しようぜ」

俺「えーっと、季節ご存知ですか?」

店長「冬、ほぼ春」

俺「正解。花見って花咲いてませんよ?」

店長「そんなん頭の中で咲かせとけばええがな」

俺「そうですね!しましょう!」

ということで、花見が決行されることになりました。

花見っていっても、川原の桜の下ですき焼きをやるというなんとも豪華な催しでした。

姉妹店の方のスタッフはみんな来るらしいのですが、こっちのスタッフは俺と後は呼んでもいいし呼ばなくてもいいと言われました。




25 :名無しさんの初恋:2014/10/16(木) 15:39:54.81 ID:FnEmX/1J.net
一人で行くのも、考えものだったので先輩のAさんを呼んで一緒に行くことにしました。

少しだけ、瑞希が来ることを期待していました。

そして、日曜日。

お昼前に先輩を電話で起こし、まだお風呂もメイクもしていない!というのでゆっくりお茶を家ですすりながら待つこと三十分。

俺「完全に遅刻じゃないですか!」

A「ごめんてー!!!」

二人でチャリをぶっとばして川原への道をこぐこと10分。

俺「す、すいません!」

店長「え、遅っ!遅刻ですけど」

俺「ごめんなさいー!!」

A「私が悪いんです!」

店長「え、そうなの?じゃ仕方ない!」

優しい方なのですが怒ると怖いのです。まぁ怒ってなかったんですけど。





26 :名無しさんの初恋:2014/10/16(木) 15:49:00.89 ID:FnEmX/1J.net
向こうのスタッフ全員とこちらのスタッフは俺とAさんの二人で花見が始まりました。

なんとなくタバコをふかしながら周りを見てみると、瑞希の姿がありました。

今日、参加したのは瑞希がいればいいなぁと思っていたので、素直に嬉しかったですね。

またお話することができると思っていたのですが、自分から話しかけることができず…

LINEも結局送られて来ませんでしたしやっぱり髪に触ったのがダメだったのか!

とか思いながら一人でモヤモヤしていました。

瑞希「よっ! 久しぶり!」

俺「うぉー、びっくりしたー!」

瑞希「きてくれたんだねー!」

俺「店長から直々に呼ばれたらこんわけにはいかんやろ」

瑞希「店長ね、相当俺くんのこと気に入ってるからなぁー」

俺「だと嬉しいですけどね」

そこに瑞希とKとAさんも来て四人で最近のバイトでこんなお客さんがいて面白かったとか、失敗した!とかわいわい楽しく飲みながら食べてました。






29 :名無しさんの初恋:2014/10/17(金) 02:01:08.46 ID:wgAWVyQ6.net
四人で話していましたが、KとAさんがどこかへ行ってしまったので必然的に二人になりました。

瑞希「そういえばさー」

俺「なんです?」

瑞希「なんで連絡くれなかったの?」

俺「え?」

瑞希「いつくれるんだろうと思ってちょっと待ってたんだよ?」


ちょっと照れくさそうにはにかみながらそう聞いてきた彼女。

俺「いや、俺は連絡先知らんやん?」

瑞希「え?だってほら!」

そう言ってトークの履歴の画面を見せてくれました。

俺「いや、なんか送ってきてみ?」

瑞希「えー!」

ピコピコと携帯を操作しているとピコーンと俺の携帯がなりました。





30 :名無しさんの初恋:2014/10/17(金) 02:07:14.66 ID:wgAWVyQ6.net
俺「これでやっと連絡できるようになるんですよ?」

瑞希「え、だって交換したじゃん!」

俺「いや、俺のは瑞希さん知ってるけど、俺は読み取ってないから知らないからね!?」

瑞希「あ!そういうことなのか!」

なんだーとかつぶやきながら にへにへと携帯を操作し始める瑞希。

瑞希「じゃぁ、別に連絡したくなかったとかじゃなかったんだね?」

俺「いや、むしろ待ってましたが?」

瑞希「え?」
俺「え?」


言ってしまったあとで、恥ずかしくなって顔を見ることが出来なくなり タバコをくわえながら瑞希以外の人をきょろきょろと見回してました。

瑞希「そっかそっか!なら、よかったー」

俺「なんかごめんなさい」

瑞希「なんで謝るのー?」

そう言ってまた携帯をピコピコと操作していると、また俺の携帯がなった。

瑞希:これからよろしくね(´∀`*)





31 :名無しさんの初恋:2014/10/17(金) 02:12:26.98 ID:wgAWVyQ6.net
それだけでなんとなくそわそわして少し恥ずかしくなったあとで

こちらこそ( ̄∀ ̄)

と返すのが精一杯でした。



そこからは瑞希が用事があるというのでもし用事が終わって、まだこっちがやってたらまた来る!といってどこかへ行ってしまいました。

俺はというと、店長と飲み比べをしたり、すき焼きの美味しい作り方をならって結局 肉が美味ければなんでもうまい。という結論になり、すき焼きのタレに肉だけをぶっ込み、うぇーい!とか言いながら楽しんでました。

店長の娘さんも来ていたので、持ってきた三輪車を貸してもらって思いっきり爆走してみたりアホなことを目一杯楽しみました。


夕方5時すぎぐらいになると

瑞希「おーい!ただいまー!」

といって瑞希も戻ってきました。





32 :名無しさんの初恋:2014/10/17(金) 03:52:21.78 ID:wgAWVyQ6.net
戻ってきた瑞希を迎えてまたどんちゃん騒ぎをして七時を過ぎた頃にお開きになりました。

基本的に日本酒しかなくずーっと日本酒を飲んでいたのですが特に気持ち悪くもなく 終わったあとにこっちのバイトのスタッフとの飲みがあったのですが 潰れていなかったので参加できるかなーとか考えていると

瑞希「このあと何か予定あるの?」

俺「九時から飲み会かなー」

瑞希「おーそっか!ならそれまで暇?」

俺「まぁ暇やね」

瑞希「なら、3人で少し飲まない?」

そう提案してきました。

断る理由もないし、むしろやったー!ぐらいの気持ちだったので俺の家で宅飲みすることにしました。

みんなでお疲れ様です!と言ってからそれぞれ家路につき、俺たちはコンビニで少しだけ飲むものを買って俺んちに帰りました。





33 :名無しさんの初恋:2014/10/17(金) 03:58:46.13 ID:wgAWVyQ6.net
3人で飲んでいると大学生らしいっちゃらしいのか下ネタの話になりました。

ですが、彼女がいたことはあるのですが如何せん遊んだことがないので そこまでの経験もなく、ありきたりなことをてろてろと話していました。

K「ってかさ、瑞希ちゃん胸大きいよね?」

瑞希「ちょっ!やめてよー!」

俺「……」

K「ちょっとかしてみ!」

そういうとバフっと瑞希の服の上から胸を鷲掴みにしました。

K「わっ!でっけぇー!」

俺「……」

瑞希「んー、ホントは嫌なんだけどね」

K「俺、終始無言だけど大丈夫?」

俺「耐性が無さすぎてわかりません」

うけるー!とかいってケタケタわらうK。

その時の思ったのですがKが鷲掴みした瑞希の胸は相当にシルエット的に大きいと思いました。





34 :名無しさんの初恋:2014/10/17(金) 04:03:24.80 ID:wgAWVyQ6.net
ニット生地の服を来ていて

あまりないように見えたのですが、肌にぴったりとくっつけると、ものすごいことになってました。

俺「大きいことにコンプレックスとかあるの?」

瑞希「うーん、あんまり見せたくないから露出の多い服は着ないかなぁ…」

俺「そ、そっか…」

瑞希「う、うん」

少し恥ずかしそうにしている瑞希にどうしていいかわからず、自分のデリカシーの無さも相まって…。どうしよう状態。

K「マジででけぇよ?俺もバフってみ!」

俺「…いや」

どうしよう。と思いました。

でもこの時、女遊びをするという当初の目的の思い出し、この子なら行けるのかなぁなどとゲスい考えが浮かびました。

俺「…そい」


そして、即断即決。

ぽすっと軽く手のひらを当ててみました。

で、でけぇ…




35 :名無しさんの初恋:2014/10/17(金) 04:10:36.67 ID:wgAWVyQ6.net
瑞希「わっ!」

さて、勢いで触ってみたものの ものすごい罪悪感にかられました。内心うあぉぉぉぉぁ!状態。

俺「お、大きいねー」

デリカシーの欠片もありません。ごめんなさい。

瑞希「もう!二人とも!」

Kは相変わらずケタケタと笑っていました。


その後もブラのワイヤーがどうだのカップ数が何だの話していました。

ちなみにKはDカップ。

瑞希はFカップだそうです。

俺「F!?」

もはや未知。

というか、比べる対象が元カノのAカップだったので、単純計算6倍です。

なんだよ6倍って。わからんよ。





36 :名無しさんの初恋:2014/10/17(金) 04:17:32.01 ID:wgAWVyQ6.net
その後、のみの時間が迫ってきたのでお開きになりました。

帰り際に

俺「またよかったらおいでよ」

瑞希「すごい居心地よかった!またくるね!」

K「おう!また、飲もうや!」

そう言ってばいばいしました。



飲み会に行くと日本酒が回ってきたのか終始ぼーっとしてしまいました。

家に帰ると瑞希からLINEが来ていました。

瑞希:今日はありがと(´∀`*)

俺:こちらこそ!

瑞希:すごい楽しかった!

俺:俺も!あ、でも嫌な思いさせちゃってたらごめんね!

瑞希:全然!気にしなくていいよー!

俺:あざっす!


そんなことを話しながら寝床に着きました。

1日が楽しくて、それを思って眠るとすぐに寝てしまいました。






>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, すっきりした話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, すっきりした話,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

お世話になっているサイト様



 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 
20180101055457