2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 

おすすめ記事

1度は浮気を許していた汚嫁のクズさが露呈。娘が入院中に看病にもいかず、浮気相手と3P。
 
彼女がコピペになるほどのビッチだったことがわかった
 
不倫の制裁のための裁判中に相手の間男が半身不随になるという天罰が下った。
 
好きな子から預かったHDDの中から、とんでもないモノを発見してしまった
 
自分の彼女が他人からSEXまで持ち込まれてしまう過程
 
間男一族を徹底的に壊滅させた俺の両親
 
知りたくなかった嫁の過去知ってしまったんだが、、、
 
とうとう彼女との3Pが実現した
 
嫁が不倫デート中、サプライズの誕生日パーティーの準備が着々と進行していた
 
得意先の可愛い子にアドレス渡されてしまった
 
風俗嬢だった過去を持つ彼女が語った衝撃的な体験談
 
嫁の性癖が露見。ハプニングバー、ハメ撮り、複数プレイ... 人生を丸ごと破壊する究極のSMプレイ。
 
妹とSEXしてしまいました
 
長男の子を身ごもってしまった
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
婚約者が他人の子を妊娠した事が発覚。その婚約者の計画が信じられないものだった。
 
婚約中の彼女の浮気。他の男とセ●ロスしている所をデジカメにおさめてから彼女が狂うまで
 
知らない女が妻になっていた件
 
両親が「兄妹」だったことを知った
 
とあるタレコミ(ハメ撮り等)で嫁の過去の不倫が発覚。次いで発見した告白日記から薬漬にされてた事実まで判明した。
 
 
 

怪物のような女性と関わった話
(2ページ目)  最初から読む >>



70 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 17:40:02.27 ID:lenIFLal0
その後、特に俺には何も連絡がなくいつの間にかこの話は終わった。

あんなにプリプリ怒ってたケイもその後見ることはなく、ちょっと拍子抜けした。

千夏もケイと別れる事ができたらしく、この時千夏は実家に帰っていたようだった。



71 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 17:41:26.23 ID:lenIFLal0
俺「何してんの?」

千夏「来ちゃった//」



来ちゃったじゃねーよ。

終電もない時間だし部屋に上げた。

千夏も飲みの帰りだったようで寂しくなって来てしまったらしい。

この時には以前あった千夏への好意?もケイの件で萎えていた。


俺はとりあえず風呂に入り一足先に寝た。

千夏は風呂に入りに行った。



73 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 17:45:09.27 ID:lenIFLal0
千夏は風呂に入りに行った。

俺はすぐに寝てしまった。

飲んだこともあり寝てから1、2時間で喉が乾いて起きた。

俺の隣には下着姿の千夏。


思い返してみれば布団を用意してやらなかったし、着替えも用意していなかった。

まあしょうがねえかと思って水を飲んで毛布を出してソファーに寝た。

すると千夏のすすり泣く声が聞こえた。



74 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 17:46:39.29 ID:lenIFLal0
俺「どうした?」

千夏「1はそんなに千夏の事嫌い?」

俺「いや、嫌いとかじゃなくてこういうのはまずいでしょ?」

千夏「・・・一緒に寝たい」

俺「・・・・・・はい」

俺は意志が弱い





75 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 17:50:26.91 ID:lenIFLal0
俺は千夏のいるベッドに入った。

そこで千夏に唇やらなんやらを求められ、そのままセクロスしてしまった。

俺は激しく後悔した。会社の子に手を出したことを。



しかし、俺も男。このままこの子の思いを蔑ろにできない。と変な義務感を持ってしまいこの日に付き合うことに。

それからは会社のみんなに隠れて付き合い、千夏はもっぱら俺の部屋で過ごしていた。



76 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 17:52:30.17 ID:lenIFLal0
そんなこんなでもだんだんと千夏の事を好きになっていた。

料理は作ってくれるし、掃除もしてくれる。セクロスもうまいし。


しかし、気になる点があった。

たまになんの前触れもなく突然大声で泣き出すのだ。

だんだんと声が大きくなるのではなくほんとに突然でかい声で。

会社にいる時には泣いた事がないが、会社以外ならどこでも泣く。

コンビニでも、歩きながらでも。



79 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 17:54:20.97 ID:lenIFLal0
理由を聞くと俺がどこかに行ってしまいそうで怖くなるとの事。

この時、俺はメンヘラって言葉を知らなかったが、この子頭おかしいんだなーぐらいに思っていた。

まあ、こんな子もいるだろぐらいな軽い気持ちで。



80 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 17:56:33.94 ID:lenIFLal0
書き溜めを消してしまったorz

ちょっと遅いけど頑張って書きます。



それから千夏とはその泣くのぐらいで普通に過ごしていた。

つもりだった。



82 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 17:59:13.67 ID:lenIFLal0
ある日、千夏がスーパーに買物に行って俺が一人で部屋にいた所、聞き覚えのない着信音が鳴った。

俺の携帯と千夏の携帯はテーブルの上にある。


音は千夏のバックの中から聞こえていた。

バックを漁ると、ソフトバンクかなんかのプリカ。

画面には見知らぬ男の名前が表示されていた。



84 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 18:03:02.30 ID:lenIFLal0
出るべきか出ぬべきか考えていると着信音は止んだ。

ちょっと罪悪感はあったが、電話帳等をチェックした。


電話帳にあったのは全て男の名前。

手が震えた。寒くもないのにブルブルした。



わーこれダメなパターンだ

やばいやつだーって思った。

とりあえず俺は千夏が帰ってくる前にこの携帯をどうにかしないと

と思ってなぜか電源を切って、俺の車のダッシュボードに入れた。



85 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 18:10:00.32 ID:lenIFLal0
その後、すぐに千夏は帰ってきて

よそよそしい俺の態度に気づいて「どうしたの?」と聞いてきたが、なんでもないよと答えた。

すごくぎくしゃくしてたと思うがその日は飯食って風呂入って寝た。

なんと追求していいのか考えていた。

相手は頭がちょっとおかしいかもしれない。別れると言えば死ぬと言いかねない人間だ。

なぜか俺は悪くないのに考えすぎてしまい胃が痛くなった。



87 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 18:19:52.69 ID:lenIFLal0
その二日後に俺は決心した。

千夏に聞いてみようと。

その日は日曜日で俺と千夏は部屋で過ごしていた。

昼飯を食った後に俺は車に先日入れた千夏の携帯を取りに行った。

部屋に戻り、千夏へ問う。

俺「この携帯、拾ったんだけど見覚えある?」

千夏はすごーく普通の表情で

「あ、千夏が”昔”使ってたやつだ」



ほう、そう来たか。

俺「なんで昔使ってたのが今ここにあるの?」

またも普通の顔で

「バックにでもはいってたのかな?久しぶりにこのバック使ったし」



89 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 18:23:48.04 ID:lenIFLal0
愕然とした。

昔使った携帯が満充電でバックに入ってる事があるのだろうか?

俺「嘘つくなよ。男の名前しかはいってないけど浮気用でしょ?」


千「千夏には1がいるのにそんな事するわけ無いよ」


俺「じゃあこの携帯はどう説明する?男の名前しか入ってないんだけど」


千「1は私の事信じてくれないの!?」で大泣き



それから2時間はその繰り返しだった。


千「信じてくれないなら、自殺する!!」


やっぱりそうなるよねー。

この時はとんでもない事になったと必死で謝った。


俺「そんな事言わないで!もう信じるから!」


俺「ごめんね!ほんとにごめん!ね?ね?」と。



90 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 18:27:19.11 ID:lenIFLal0
俺もバカだった。でもその当時はこれが本当に怖かった。

友達にも相談したが、死ねって言えばいいじゃんと言われた。そんな簡単な話じゃねーよと思ったが。


この千夏のすごい所はこの言い争いの後だ。

急に体を求めてくる。その時のセクロスがすごい。とんでもなくエロい。

性欲とはすごいもので これだけで許してしまう事が何度もあった。



93 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 18:32:08.76 ID:lenIFLal0
千夏曰く、仲直りの儀式らしい。

ある時は包丁を左手に持ったまま息子さんを咥えられた事もあった。

今になって考えると本当にどうかしてる。

なぜあの時、突っぱねなかったのか本当に不思議。

その後も釈然としないまま、日々が過ぎていった。

俺は完璧に飼い馴らされていたんだと思う。


97 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 18:41:38.96 ID:lenIFLal0
これをきっかけに千夏は変わった。

別れ話をすると「死んでやる!」と手首を切る。

それが何度もあり、俺は諦めた。

それどころか俺がおかしくなったのか千夏がいないと不安になっていた。

また、俺の部屋に週5で来ていたのに、週2ぐらいになった。他の男と遊んでいるのだろう。

嬉しいことに感じるかもしれないが、俺は不安でしょうがなかった。

千夏がいないとダメだった。なぜなのか。今でもわからない。



99 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 18:45:03.57 ID:YSqHwLpe0
共依存ってやつですか



100 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 18:45:17.64 ID:lenIFLal0
千夏は俺が出かけるのにも怒った。

出かけた先で写メを撮れ。

テレビ電話で一緒にいるやつ全員を移せ。

部屋に帰ると体臭チェック&化粧チェック。


携帯チェックにいたっては、予測変換で過去に入力した言葉まで全てチェック。

それでも俺は従っていた。



101 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 18:46:31.73 ID:lenIFLal0
>>100
訂正

化粧チェックは服にファンデーションとかがついてるかのチェックね



102 :名も無き被検体774号+:2012/01/26(木) 18:50:37.23 ID:lenIFLal0
ある日、俺が目覚める出来事があった。

会社帰りに片側2車線の道路で信号待ちしていると隣の車の助手席に見たことがある顔が。


千夏だった。

運転席にはおっさん。

だれだ?



信号が変わり車は動き出した。

俺はその車の後ろについて尾行。

そのままラブホがたくさんある地域へ入っていきました。




>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:マジキチ,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:マジキチ,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

お世話になっているサイト様



 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 
20180702122339