2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 

おすすめ記事

浮気告白で、もう二度と会わないと約束した汚嫁だったが、、、
 
絶対に読んではいけない本を小学生の頃に読んでしまった話
 
彼女の本性と因果応報
 
不倫発覚で地獄の制裁を受けた女だけど心から後悔してる
 
お嬢様で処女だった彼女を10年かけて調教した結果
 
婚約者を襲ったレイプ犯に復讐した
 
中3の時同級生の母親がデリヘルやってるのがクラス中にバレて自殺してしまった話
 
妻が不倫の果て妊娠しました
 
プロポーズ予定の彼女の浮気現場に生で遭遇。俺は一夜のうちに最低限の荷物とともに家を脱出した。
 
全裸の女を拾った
 
産みの母親と初対面したんだが、予想外の対応だった
 
担任の女教師の絶対に人に見られたくないであろう秘密を目撃した
 
ビデオの中で他人にハメ撮りをさせていた彼女
 
嫁が知らぬ間に複数の男のオモチャになってた話
 
裏切った嫁に起きた壮絶な因果応報
 
妹とSEXしてしまいました
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
婚約中の彼女の浮気。他の男とセ●ロスしている所をデジカメにおさめてから彼女が狂うまで
 
自分の浮気が原因で子供が重症に。復讐に燃えた親族から相手にとんでもない報復がなされた
 
嫁が不倫デート中、サプライズの誕生日パーティーの準備が着々と進行していた
 
 
 

愛人詐欺に遭った話






1 :名も無き被検体774号+:2012/01/23(月) 17:50:27.03 ID:QaVdEi9C0
私が愛人詐欺に遭った時のはなしを。




2 :1:2012/01/23(月) 17:52:05.31 ID:QaVdEi9C0
6年前の6月だったと思う。

彼氏に二股をかけられ、フラれたとこだった。



3 :1:2012/01/23(月) 17:52:48.15 ID:QaVdEi9C0
当時の私はソープで働いていた。

大学入学時からデリ、本サロ、おっぱぶ、マットヘルス、企画ものAVと順を追ってたどり着いたのがソープ。

23歳と言えばソープ以外ではおばさん扱いの歳。

最初は楽しかった仕事が楽しくないと思いはじめ、楽したいと常々思っていた。



4 :1:2012/01/23(月) 17:53:20.82 ID:QaVdEi9C0
彼氏にもフラれ、趣味でやっていたバンドも解散。

暇をつぶすのにスタービーチという出会い系サイトをよく見てた。

そこで面白そうな書き込みを発見する。

「月100万で愛人になりませんか?写メ付でメールください」




5 :1:2012/01/23(月) 17:53:52.61 ID:QaVdEi9C0
愛人契約というものは したことがある。


それは1回会うごとに5万で週1くらいで泊まりというもの。

契約していた人は50代で耳が遠く、臭いおじさんだった。

いつも東京ドームホテルに泊まり、変なミニスカートを履かされる。

もう顔も覚えてないが臭すぎて切った。



6 :1:2012/01/23(月) 17:54:22.26 ID:QaVdEi9C0
1回5万に比べたら月100万は魅力的。

怪しいけど まぁメールしてみるだけしてみた。もちろん写メ添付して。

私「23歳168/50E埼玉に住んでます。良かったら話が聞きたいです」



7 :1:2012/01/23(月) 17:54:57.59 ID:QaVdEi9C0
相手のことを仮にTとします。


T「可愛いね。仕事は何してるの?」

私「ソープ嬢なんですが。。」


T「大変なお仕事だよね。愛人の話なんだけど、月100でいいのかな?」


私「もちろんです!詳しく聞きたいです。」


T「こういうことなんで1度会って詳しく説明したいんだけど、来週の月曜は空いてるかな?僕は忙しくてなかなか時間が取れないんだよね。」


私「わかりました。来週の月曜大丈夫です。」



8 :1:2012/01/23(月) 17:55:28.93 ID:QaVdEi9C0
来週の月曜と言えば、引っ越しをする前の日だけど、まぁいいや。

T「じゃあ場所とか時間は追って連絡します。」

私「はい、待ってます。」


こういう感じで話はトントンと進んだ。

それからは1日2、3通趣味の話など他愛のないメールが続いた。

約束の月曜が近くなり、待ち合わせ場所のメールが来た。


T「月曜12時に汐留の駅待ち合わせでいいかな?」


私「了解です!楽しみにしてます♪」



9 :1:2012/01/23(月) 17:56:28.51 ID:QaVdEi9C0
当日になり、あまり行ったことのないエリアというのもあり早めに着いてしまい、周りを見渡しながらふらふら歩いていた。

12時近くになり、メールした。


私「駅に着きました!電話番号書いときますね。xxxooooxxxx」

すると、すぐ電話がかかってきた。


T「もしもし、今どの辺なの?」


声が想像してた感じと違い、ぶっきらぼうな感じで驚いた。


私「あ、えっと、駅出たとこです。」


T「じゃあさ、周りにホテルみたいなのない?今日どんな恰好?」


私「今日は水色のワンピ着てます。えっと、ホテルー?」


T「じゃ、ちょっとそこで待ってて、すぐ行くから。」


通話中にしながらキョロキョロ見渡す。


T「おーいたいた!結構でかいねー!」


私「え?どこ?どこ?」


と、目の前にちっこいおじさんが居た。

え?この人?



10 :1:2012/01/23(月) 17:57:15.32 ID:QaVdEi9C0
電話を切り、挨拶する。


私「あ、すいません、お台場とかって全然わからなくてー。」


T「あーそっかそっか、俺そこのホテルで打ち合わせ中だったんだよ。荷物持ってくるから一緒に来て。」


確かに薄茶色の建物があった。

高いホテルなんだろうなーと見渡す。

1階のラウンジみたいなとこにあった

小さな書類か何かをバッグに入れ、すぐ出た。

え?こんな荷物なら持ってくればよかったんじゃないの?

バッグは黒いセカンドバッグなのだ。


今思えばこの行動は仕事してる風を見せたかったのかもしれない。



11 :1:2012/01/23(月) 17:57:44.81 ID:QaVdEi9C0
ちなみにTは、42歳、身長160センチないくらいで中肉中背、短髪で金髪、前歯が1本欠けて1本ない、歯が汚い、浅黒い肌、青を基調としたアロハシャツみたいのにチノパンの短パンにサンダルといういかにも怪しい風貌。

観察力だけは風俗で鍛えられたので、一目見てこれは違うと分かった。

でも何が目的なのか、そこまではわからなかった。

ただヤリたいだけ?



12 :1:2012/01/23(月) 17:58:17.52 ID:QaVdEi9C0
天気がいいので歩きながら話したいとTが言うので従った。

フジテレビの周りの歩道橋?の辺りを歩いたり

たばこ休憩したりしながら話した。

内容はこうだ。


T「愛人の話なんだけどね、実は君以外にも5人愛人がいるんだ。」


T「10代もいるし20代後半もいる。」


T「それで、ややこしいのは嫌いだから決め事をしているんだけど。」


T「お金は月末に振り込みで、土日に重なったら次の平日。月100万で週に1回泊まりで過ごしてくれればいいんだ。でも生理の時は過ごさなくていい。だから月に3回会ってくれればいい。」


T「そのかわり、デート代は全部君持ち。デートの計画も全部君が考えるんだよ。」


ここで、え?と思った。

誰だって、え?だよね。




13 :1:2012/01/23(月) 17:58:53.34 ID:QaVdEi9C0
T「100万で3回のデート代引いてもたくさん残るからいいよね。」

私「はぁ。」

T「納得がいかないことがあったら言ってよ?お互いすっきりしたいじゃん。」

私「まぁ、、わかりました。」

T「それでさ、偶然なんだけど今日俺の誕生日なんだよ。」

私「おめでとうございます!」

T「君はなにしてくれるのかなぁ?」


はっ?!

なんの話なのよ??!



14 :1:2012/01/23(月) 17:59:24.10 ID:QaVdEi9C0
T「他の5人の愛人には誕生日一緒に過ごせなくて残念〜><とか言われてるんだよ。みんな俺と一緒に過ごしたいんだよ。俺は君のためにクソ忙しい中、時間を作ったんだ。」


うわーどうしよ。。

なんて言えばいいんだろ?

逃げたい・・・


T「他の愛人の子達からは誕生日に会えないからって先にプレゼントをもらったんだよ。ひとりはロレックスの○×△、ひとりは○○(忘れたけど高い時計)、ひとりはクロムハーツのなんちゃらでー」




15 :1:2012/01/23(月) 17:59:52.46 ID:QaVdEi9C0
話は続いた。

T「君は俺の誕生日という特別な日を一緒に過ごしてるんだよ?他の愛人が知ったらヤキモチ焼いちゃうよ。どうする?」

私「ちょっと突然すぎるので考えさせてください。」

とにかく自分の誕生日に私と一緒にいるということを何回も何回も言ってくる。

はーもうめんどくさ。帰りたい。


16 :1:2012/01/23(月) 18:00:25.50 ID:QaVdEi9C0
そんな時にヴィーナスフォートの1階のカフェに移動しようということになった。

歩いている最中にTの電話が鳴った。

ちょうどヴィーナスフォートに入ったところだった。

Tは大きな声で電話をし始めた。


T「あ!?ふざけてんじゃねーぞ!警察?警察が怖くてやってられっか!おめー殺すぞ!」

ちょっと違うけどひどい罵声を飛ばしていた。

周りにいた人達の楽しそうな声が一瞬にして消えた。

うわわー、やばいよ、この人、もうほんと帰りたいんだけど。

でも帰る勇気がない残念な私。



17 :1:2012/01/23(月) 18:01:04.35 ID:QaVdEi9C0
電話を切ると笑顔でTはごめんごめんと言った。

カフェで飲み物を頼み、席に着く。

デート代は愛人持ちというルールなので私が全部お金をだした。

席に着くと、紙とペンを出すT。

T「月末には絶対100万振り込むからここに口座を書いて。」



18 :1:2012/01/23(月) 18:01:39.89 ID:QaVdEi9C0
黙って書く私。

T「月末まで1週間あるけど、今日のデート代くらいは大丈夫だよね?」

私「まぁ、平気です。」

T「だよねぇ。ま、月末になればいいんだからね。」

Tは口座番号を書いた紙をポケットにしまうと、もう1枚紙をだしてきた。

T「今日誕生日だからさ、何ももらってないって言うと他の愛人に示しがつかないんだよ。だってそうだろ?あたしはロレックスあげたのにあなたは何もあげていないじゃあ公平じゃないだろ?」

はっ?どゆこと?

頭が混乱した。




>>次のページへ続く

 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:これはひどい, 面白,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:これはひどい, 面白,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20180704120645