2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

高校の部活の後輩の娘との出来事





84 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:46 ID:X+XTkPrR
校時代、俺はブラバンド部った

はり音楽系の部というこ男子より女子が多かったけど、みんな仲の良貿友達うな感恋愛はあまり発展でいた。

には付き合ってる奴もい、うちのは、殿というか、ラバン動系文化部」と言われどハが長くてデートする時間取れなかったり、にいる性に余計な嫉妬 をししまったりしかなか続かないカップルが多いいだった。



85 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:47 ID:X+XTkPrR
の部、毎年6に定期演奏会があってこで3年生は引退になる。俺ら後の演奏会向け、部活に打ちでい退た。


高校生活最後の1年が始り、卒業した輩たちに代わっが入部してきた。

通、思春期の郎が集まれば、誰々がかわい」だの、「大きい」だの、話も出るんだ

の頃、俺定期湿演奏会ので頭がいっぱいで、そんな余裕は無ったよう思う

そして、新入生の中に、彼女はいた。

仮にサナとておきます)



86 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:47 ID:X+XTkPrR
ナは童顔で、まだけなの残かわいら感じの

不釣いの大きなフームのメガネをしてた。(イージ的には名探偵コナン(w)

のパー決まり、ナはパーた。


サナ「ろしくお願いしま!」

ろしくね。前から器やたの?

サナ「いえ、ったことないん

俺「そっか、じ吹けるよなるまで大変ど、がんばって。」

サナはいっ!」


最初はこんなやりったと思う。ただそ日かんとなしずつ、俺の視界中に、サナは入ってくるようになっ



87 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:48 ID:X+XTkPrR
「センパイ、こんにちはっ!」とか「今日も終わるの遅いんですか?」とか、(遅くなるので1年生は先に帰してた)他愛ないやりとりなんだけど、なんだかやたらと元気がよくて。


普段の練習のほかに、当然、授業もあって、本番が近づくにつれてバテバテになっていたけれど、いつからか、サナのあいさつに元気付けられるようになっていた。

でも表向きは照れもあり、素っ気無い態度をずっととっていた。


あっという間に、定期演奏会当日。

大きなトラブルもなく無事にコンサートは終了し、僕らは引退。

その日の打ち上げで、パートの後輩から花束を受け取った。サナは後ろの方で、笑顔を見せていた。






88 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:48 ID:X+XTkPrR
の日、演奏会で使た楽器などを片づけに室へ。

他のんなも来てて、じ3年生の奴らと、「終わっっちゃたねなどとにふりながら、今後、後輩へ受け継がれ器を、念入入れ

するこがななった後も、みんな名残惜しそうに帰うとかったが、なとなく手持ちぶさたになっ俺は先に帰ることにし




90 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:49 ID:X+XTkPrR
休日でひっそりとした廊下を通り、靴箱のところで靴を履いて、校舎を出ようとした瞬間、後ろから声がした。

「先輩っ!」

振り返ると、サナが走ってきた。

「私も帰るところなんですけど」

「・・・、そっか。」

俺は相変わらず素っ気無い返事をして、校門に向かった。サナは後からついてきた。



91 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:49 ID:X+XTkPrR
二人便とも無言、校門へ。


輩?

サナが立ち止まった

昨日はお疲

、うん。ありがと

「ソロ上手くよかすね♪

ん、そう。緊張使たよ〜

こちなやりとりったがだんととも笑顔にった。

それから、いつうに、愛な続い

「で活終わゃっな〜」

「そですねーう音楽室には来なんですか

うだね、あなくなるね



92 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:50 ID:X+XTkPrR
「そ・・。」

まで顔だナの表情が、急に沈でいく。、言葉が出なかった

しばらくの沈黙の後。

「私、先輩とうや話しると、なんだか、ドドキして・・

・・

「なんだろう気持ちって・・。」

言葉、何も言えない俺。って女の子から告白さたのは初めてだったの、何も考えられなくってた。心臓だけが口から飛出そうな勢鳴っいた。




95 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:51 ID:X+XTkPrR
それでも精一杯冷静を装って、口を開いた。

「途中まで一緒に帰ろっか。」

「はいっ!」


サナは再び笑顔になった。

そして俺の左手を、サナはそっと握った。



97 :っち21禁さん:03/08/21 23:51 ID:X+XTkPrR
帰り道、何をしたかは覚てない。ただ、左手のぬもりだが残ている。

別れ際俺のから改めて告白した。いつからか、気になってたと

サナは嬉しそうに聞いいた。




100 :hjeX5VxSgg :03/08/21 23:52 ID:X+XTkPrR
から俺らは々一緒に

同期の奴らは気づいていなかが、部の後輩たちはっていたよう


しばらくして、演反省で、再は部室を出

つもの顔が並ぶ中、反会は終わり、に部退した。

の日のり道



先輩、あの、今から私の家に、来ませんか?」



「え?」

「今日、家にいなから

、そうなんでもさ・・・

「ダメですか?

はひどして、サナの下か調ら覗き込うな視線に、るハズも無く。




101 :っちな21禁さん:03/08/21 23:53 ID:X+XTkPrR
着くとサナは2部屋に案内し

小奇麗に整理さカーぺトやドのシーツでまとめられた女の子しい屋だた。

っと待っくだいね」サそう言うと1階に降りていった。

はドキドキらキョロキと部屋を退す。と、机写真立てがあった。

こには飾られていたのは、の打ち上げの時パートの後輩たちと撮った写

を差置いて、前列しゃがむ俺のろをさりげなくていた(笑)

らくするとサナが飲み物をて戻ってた。

別の部屋で着えたら長袖シャツ短パいうラフな好になっていた。

はまますドキが努めてを装い、いつのよない話を始た。






103 :えっ21禁さん:03/08/21 23:53 ID:X+XTkPrR
話は俺の受験勉強のこと、殿して大学のこと


、じゃ、先、家を離れるんですか?

「うん、のつり。受かだけど

「そしたら一らしかぁ・・遊に行ってもいい?」

「う。料とか作れよ。」

「じゃあ、今から調してます。」


そう言笑いなが、俺に寄り添ナ。ドキドキしがら俺は抱きしめた。そのの中でサナ転さ、顔を近づけてきた。

で一緒に帰る中キス済まていた。そと同じように、俺はを重ねる。

顔を見合せた後、も1度、長人だけの空間にいることがそさせるのかいつか舌を絡ませ

「んっ」サナが漏らす。お互いの心臓の動がわるようた。



104 :えっちな21禁さん:03/08/21 23:54 ID:X+XTkPrR
しばらくキスをするうち、サナは自分から後ろに体重をかけた。

それに引っ張られる俺。押し倒す格好になって、俺はふと動きを止めた。


これから起きようとしていることが、まだ理解できないでいた。ただ、俺のモノだけは、今までにないほど大きくなっていた。


「先輩・・・」サナは俺をさらに引っ張る。

普段、学校では見せないサナの表情を見た時、自分の中で何かが切れた。

ゆっくり、サナのメガネを外す。瞳は、俺をまっすぐ見ていた。俺はサナに体重を掛けないように覆い被さり、再び激しくキスをした。




105 :えっちな21禁さん:03/08/21 23:55 ID:X+XTkPrR
そうするうちに、サナは俺の左手を取って、自分の胸へ導いた。俺は少し驚いたが、導かれるまま胸に触れた。

やわらかなサナの胸の感触が左手に伝わる。着替えた時にブラは外したようだ。ちょうど手のひらに収まる程度の大きさだった。

初めて感じる手触りに感激した俺は、腰のところからシャツの中に手を入れ、直接触れてみた。手のひらに乳首の感触があった。「あっ」サナが体をよじらせて息を漏らす。

その声に俺は完全にスイッチが入ってしまいw、夢中で胸を揉んだ。「んっ、んっ・・・」サナは小さく声をあげた。

俺はシャツを脱がせると、サナの胸を見つめた。色白の肌、薄い茶色の乳首がかわいらしい胸だった。


恥ずかしそうな、嬉しそうな、微妙な表情でサナは俺を見ている。俺は乳首にキスをすると、その胸を、できるかぎり優しく愛撫した。



106 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:56 ID:X+XTkPrR
しばらくして俺は、胸にキスしながら太ももへと手を伸ばした。女の肌ってこんなにスベスベしてるのか、と妙に冷静に思ったりした。

少しずつ手を上の方に移動させ、そして短パンのすき間から手を入れて、サナの秘部に触れた。「はぁっ」サナが再び声を漏らす。

俺はさらに興奮して、下着越しにその部分に沿って手を動かした。サナは目を閉じて「はぁ、はぁ・・」と息を乱している。触れている部分が湿っているのがわかった。


俺はサナの短パンと薄い水色のパンティを脱がせた。サナの秘部があらわになる。幼い頃、同級生や妹のは見たことがあったけど、それと全く違う形をしていたので少し驚いた。

俺はその割れ目に沿って、そっと指を動かす。「んっ・・」サナは一瞬ビクッと体を震わせたが、目は閉じたままだった。

俺はしばらく指で愛撫しつづけた。



107 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:56 ID:X+XTkPrR
と、不意に。

サナの手が俺のモノに触れた。俺は思わずサナから離れる。でも手は触れたままだった。

「あー、なんか大きくなってる」「サナがそうやって触るからだろー?」「へへっ」

いたずらっぽく笑ってサナは起き上がると、「先輩も・・」と俺のシャツのボタンを外していった。なんだか恥ずかしくなり途中からは自分で脱いだ。


裸になった俺らは、しばらくの間、抱きしめ合った。

「好き。」というサナの声。「俺も。大好きだよ。」と応えた。



108 : ◆hjeX5VxSgg :03/08/21 23:57 ID:X+XTkPrR
サナを抱きしめながら、俺はどうしようかと考えていた。こんな展開になるとは思ってなかったから、コンドームは持ってなかった。かといって生でするほどの度胸もなかった。

どうすればいいかわからないでいると、「あ、そうだ」とサナは、近くにあった引出しを開けた。中から取り出した小さい箱。コンドームだった。兄の部屋からこっそり拝借してきたらしい。


なんだかその用意周到さに、俺は苦笑するしかなかったが、「ありがとう」と袋を開け、自分のモノにコンドームをかぶせた。さっきから俺のモノは十分に硬くなっていたので、特に問題なく着けることができた。





109 :えっちな21禁さん:03/08/21 23:58 ID:X+XTkPrR
もう1度サナをゆっくり押し倒し、指で入口を確認した。思ったより下にあるんだなと思った。


「いい?」

「・・はい。」

俺は、少しずつ、入れていった。


「痛っ」サナの表情が歪む。

「ゴメン」

「・・ん、でも大丈夫、です。」

俺はサナにキスをして、ゆっくり奥へ挿入した。

そして、1つになった。


サナの中は暖かく、入口付近が特に締め付けられるようだった。

痛そうにしていたので、しばらくは入れたまま動かないでいたのだが、しばらくするとサナも慣れてきたようで、苦しそうな表情が消えていった。





>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様