2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

巨乳の同僚




入社の人い、3人のた。配属がきり同じ営業所になっAは、顔かわく一番の巨だった。Fは
間違いないう。

Aは営時間以上けての電通い。


深夜作もあるにはいのアパーが提供さ出勤る時間帯も違い会社で会うことも少な。たまに会話するらいだった。


身長は160弱。髪と利き過ぎのうなもするが、それを湿いても白い肌。入社しもなでのスーツはしかり着込ん体のインは分からな


乳と知ったのは半年後。から行った温泉旅行で、浴衣を着た場のったい。

俺はかったかた。A佐藤寛子になんなく似いたので、以下寛子。


寛子然系年配社からは「ぶ」という死語で呼ばれており、誰か媚を売っているよえる娘だっ沿

も人せなことで、社員からも、一


異性の社に対し沿下に関わらず必ず、さん付けなだが、俺のことは入社当初から「俺ン」とていた

「俺君」ではな、「俺な語感。くは「俺ク〜」みたいに聴こえる。

だし、業成は良く、その巨乳受け稿使クハに耐える姿は、俺はがているようにみえ


俺が初めて乳を確認しは、同期み会テーブルの上胸を載私服姿についつい目がいった。

寛子の家はの実家に向かう中にり、電で実家にるときたまに会ったりし

そのうち俺はな中古車い、時間が合えば実家に帰るつに送る日あっ

には彼女はいた、遠距離だった。


はいつ社の話を終わり。大量に同学年のいる生と、大半が先輩か後輩上司か部下ある社に格の者は少ない。女性で種は違っても同期いうに話せる、特な存在を感じた。


3年で会社で必要な検定試験を受るよう言われて、勉強ことった。大した試ではないが落とすと恥みたいな感
場の俺にとって要を感じてない

しか業務連がある退に勉の必ない。だの寛子は、一から
必要であた。


その頃にと、お互い慣れており、寛子ーツ崩してい

時クルビズでく、でも営業はスーの上着を着るような職場たが、寛子はワシャだけたり着を脱がなら春、ワイシャツではカットの日もあ退った。

カッで屈むと、谷間は必ず見る。ワツの下は必のキミに赤か黒のラ。半分彼の制服みった。仕事用のつもりなのうがぐと普通に透ける

、他のお局系女性社員ら不興を買たが、子は最まで気付いてな

寛子営業のレスか最初は普通ギリのたが、だんだんポャになた。

仕事頼むときは上目使る様子の寛子には沿社員も呆れており、真っ赤な紐にもっ込まなかった。

仲のいい、「おまえ同期なスイとかしろ」いう上司いた。ある送り、そき試話にって勉強してない宿ことにり上る。

日は静かな図書で勉強いうこ。営所は俺達住んでい所かかなり遠く為、その図書館に来るはずはないのでの心配はなった。




日遅い朝、寛子をいに行。寛子が近くると、すに表通りまで出てきており、思ず急ブレーキ。

映画のだよ」と笑っていた。映画といのはどうも、バック・トゥ・ザフューチーのことうだ残念は上に開かないぜ。

寛子の姿は大きめシャツと、会社で絶対に着てこいような膝上のカー谷間がギリギリまできてシャツは、シャツ少し浮くだけで、谷間が見えるなタイプ

俺のの低い時代遅れの中古スーツカーに乗込む寛子は、が大きく簿谷間見え、さカートの足を広らなった。

勉強中は小声しながら、楽しかった。ジュスを取るときにが大て、視線が宿そちらへ行ってしまうのもバった

その時は、ラを認できた。見たことのなだっ持ってるならで着ろよ、といたい気分に襲わたが、胸谷間方に集

時間て そろそろ終わりといまでめて、勉強も進だので子は気に入たよた。

か休みの合う日に勉強するようになっておりを教えボリュムや揺れを楽んでいた。

綿子はディズニー好きだ湿ィズーの話をす、メルンの世界へ入る。

俺は簿ぐるだと言っては、軽いケンカになりつもお互い話は尽かった

かに、お姫様タイプだ。自分へのたり前のように思っているよに感ことがあっして、他人の苦労は無関心の時があっ

俺は会で彼がいることを開しにデカイ女だと味に紹ていた。陰で、デブ専ということになっていた。

しかし、付き合った頃に比べでかてお、遠距離いうこともあって急速に冷めていた

に、ブ呼ばわりされることもあったがしてデブいわれどではなかった。

子に男がいるかかは謎だったが、ら薬に指輪するようてい指輪は非常に安っぽいとが見にも分かり、子は営業先でからかわれないだと必ず


も一緒に勉したりして、休みを持てている様子はがいるには見えない。

この辺りでは「スカを誰が食べる、いや、か」言ったていが、 彼氏がどうかはいた。

トは謎といっても半の女性員のプライベートはだが。


勉強とい俺の彼女のことをよかれた。カイのかという質問には、 「佐藤さ比べ失礼だ」 といったら嬉しそだった。

遠距離は順調聞かれて、一程度でだと答えたらという答えたら、「私も多分そうだよ。しなくても大夫」 という。こには、驚た。

セクハは耐える分からそいう話を振るとは思わなかった。エロい方向に進むが、「みん私の胸っか話していになるよ」本湿嫌そうな表情ったので話は打ちり。

の後、かスト退ングや粧は大変とかどの退をするようになった。友達のような感覚、風呂に入きはら洗うとか、 水着ンピスしか殿持っないとか、男に話は無防備な内容だた。

月に2回程度勉強する子としく過ご時間が、の別。もう、別れそうだとうことも寛子いた

俺に沿っては受るだろうと思えるレうでいい容だ。検営業にとって、死活問題だたようで、落ちるけにはいかない

もとと、寛子はまじだった。「一に受かろうね」 とい度もいた緒に」 この葉に勝手にフラグ立てていた


試験は終わり、発表はまで一ヶ月の週末。一緒に帰り、アパー近くで車を取りに来た時に、突を見たいと言っきた。金額取りとか気になるという。俺の部屋常にい。

「今は無理

「俺クンの部みたいよ

この時、部屋の汚こと気を取られ、誘いかもしれないとう発想は全くなた。実際、そうなのだが本当に場を知りたい好奇だと思っていた。寛子も貿た訳ではないようだ。と、今でも思う

汚い部屋は、大学の友達で何度も見てきたし退大丈夫」

い寛子。

今日はダメ。生ミをしばらくてない」 「気にい」答が続く10分いうことになった

て帰る途中に、もしか退もっと親になれかもと思い、床の散らたモノを押れにっ込がら、段取考え

今思い出も、なんというスローなと思う

いてすぐ子は間やキッチンを見てくる。「こういうアがどういう感じ知りたいだよ

俺は、冷蔵庫ら飲貿物で出して、少しは引きと湿うとし

ファ座っ、検話になった。大数年経つと勉は疲れるという話で盛り上

寛子はちついてたの、俺キッチンのところへ向かっにストッキングを脱いでいた。

めん女辞めてるよ

スーツのタイトスカートか出る生足こいつ、備だ

俺は飲み物をするでに立ち上がる。


肩凝ったんじゃないかな

ファの後ろ肩を撫でた

「そう凝るよ」

俺は意を決したつもりでドキドキだったが簿子はさに深く座ックしていた。

俺クンも彼女も大きいのだよね?たまに揉むの?

ここで、彼女の話。


彼女にすよう手でるな、とう意か?

にでむよ」

ん」

るような相槌。俺はドキドキながらてみた


「大きいとよね」

よ。重いからせるよ彼女もそうしないの?」

俺の女は簿さんもない

これは事実だった。

そのうち肩の手は首にり、持ちようにしていた

「うまい…ね」

うやく少し声が上テクに自ないが、つ攻め入った

そのまま耳たぶをめにつまむ。した全身に力が入寛子の体クッ起きて声が漏れた

…、気ちいい

『気持ちいい』の葉は漏を誤魔化ような、わざとらしさがあった。




俺は調にのって、耳のージ移行した。して、くときには上着をぐように促し成功したワイシャ
キャソールの紐同じ向きける紐は黒。

後ろから見と間近でるブラ紐が繋がる。透けきるほど見稿が、っぱ飽き。たが、 調子に乗りくりの俺。硬めにタオルをレンジに入れてタオルにし、ままと濡れのでラッに包み、寛子の肩に置いた

ああ、すごいいい。使くん、すごいこと知ってるね」 もっ、誉めてくれ

うつ伏せで寝あ、マッサージ も本だ。前の机を動させ、寛子のをカーペットの上にに寝せた。

最初は横か、軽肩やそのうちいに乗り肩、背、腕に触っレン寿で暖めるタルもかなり増て、キッ行ったり来たする俺に対し寛子はウウトしはじめた。

触る前に、蒸タオルを乗せ、別の場所をマッする。しばらて、からそをマッサージす方法腰、俺の手はの方まで達して

足の裏は汚と暴れタオルで拭いてやると諦めたのか、持ちよに負か、人しくなっ

さらに、手り指、一本ほぐし、口に入れて舐め

きめめ息漏れた後意識を取り戻す

「エッ、何々!

っくりと振り姿、驚を見せる。

よ、ロイよ

に乗れた寛子に、起きることはできな。そのま、指抵抗は


頃合だ。
、寛の両脚を跨分の腰を動かし、寛子のし開せる。開いた間に俺の片方の膝を入れ、寛の片方の脚を跨膝上辺に座った。

寛子の生裏に当る俺のなっそのま、閉じれなった内が入り触れ間だった。

、今までにないい力で体を起こ口がた。


、ちょっとゴメン…私再来月結婚するんよ」

今なんいった?時が止まことて、こういとなんだ

「付ってたんだ」

かすれた声バレバレ。

「うん。ちょと遠にいるんだ

沈黙。


らくして、再び俺はまった手た。しし、腿ではく一度触った腰だった。

「これはマージだよ

「俺ン…優しいよ

寛子は俺を好きだという気持は判かい…。

た、会話なく続サージ。

今なるが結婚前女性のストレスは相きいと聞いてい結婚は するとてから弱必要だともい

もちろん婚姻届出せば明にでも結婚きるが、子はきんとした段取りを組むタイだ。

それに年近け始めた指検定に一緒に受かろう言った時期4ヶ月前。あれはただの励まし。本当に、軽い気持からた言葉だった訳裏切られがするが、それは俺の子とは関係

はどうすればいいのか?

もっとマッサーしたいけど、シワー入る?」

とりあえず、継続の方向で聞いみた。

ぇぇ。…よ」

子はニヤニヤしらも、断りはしなもう、一押しだ。適当に言い与えれう。

「エステとかでシャワーるんでょ。もっと、してあげるよ」

と思であったが、俺がジッとつめるとちょっウルウルになった。



そのまま寛子こし、バスルムへ向わせとした。

こで、寛は俺のモノに手をしてきた

俺くんきいね

さすたりはせず、ただ触れたったりてく

脚に押し付けていた時に、立いたは気付いてだろ俺は方だとは思わい。


女の子の違って、比べることできないからわかないよ

だっりしないよ」

しだけ、サワと動く手。気持ちええ…

でも、服のからでかるよね。男同士なんてからないし、知りたくも

子の肩に手を回し、軽きしめる

俺ク、大きいよ」

確信をもって喋る。寛は素なので、寛子のっている棒中で大綿きいということは違いなだろう

「何人としたことあるの?」

この答えが、への応の分かれ目だたことに、寛子が気付くこいだ

「え知らい」

女のような喋り方。寛子っもの調子で答た。

うだこいつはやってい質問わすかムカついてきた。メチャチャにしたい衝動に駆られるがともと女には優しくしたい。

場へ内しに説明した。そこでいたの尿だが、子は2ヵ月後の結婚を控新居のアパートを探すために俺の部屋ようと思ったのでいか。

呂トレ別だと家賃が変わるどうかと言ってた気がする。どこも利れる俺

俺は部屋に戻寛子はシャワーに入った。シャワの水が耳につ

俺はどうするか考え。理由は後付けだが、当時分以下のに考え

てセッスはう思うか。女性とするの義的にまずいれそとはいえ俺にがいる。

子はどうか。が良くて、人姿な俺への同情セックでしかない。遠距離のはとは簡単に持ちよマッサー続きという言訳で彼よい棒を入れたいだけではないのかと



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:興奮したシチュエーション,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様