2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

彼女の浮気疑惑である復讐を決意した





456 :えっちな18禁さん:2009/02/08(日) 12:56:30 ID:xqI6QP120
NRTとは少し違うかもしれないけど、俺も書いてみてもいいかな?


彼女とは、俺が大学三年の時にサークルのコンパで知り合った。

名前を仮に咲とさせて下さい。

咲は新入の一回生でとにかく抜群に可愛くて、男性陣の猛アタックを受けていた。

俺は当時(つっても今もだけど)背が低いもやし君で自分に自信がなく、まさか後に彼女と付き合う事になるなんて夢にも思ってなかった。

話が逸れるので馴れ初めは端折るけど、コンパから三ヶ月後正式に俺と咲は付き合うことになったんだ。

それから三年間完全に咲一筋だった。

就活とか大変な時期も咲は俺の支えになってくれたし、俺も彼女に尽した。

今思い出しても夢のような三年間だったと思う。


さて、ここからが本文。


あの日、俺は上司の運転手役として酒の席に参加していた。会も無事終わり、上司を送るとたまたまだが咲のマンションまで車で15分ほどの場所だった。

(咲は、三年になった時に親の説得に成功して念願の一人暮らしをはじめていた。親と同居の俺は、週末はほとんど咲の部屋に行っていた事もあり家賃の半分以上だしてやっていた)


時間は十時半を少し回っていたと思う。

俺は、ほんのいたずら心で咲の部屋に突然の訪問をする事にしたんだ。

ドキドキワクワクしながら部屋のインターホンを押す、・・・反応なし。

もう一回、・・・・・・反応なし。



あれ?今日なんか予定あったかな?

なんて思いながら路駐してある車に戻り電話しようと携帯とると、咲からメールがはいった。

正確には覚えてないけど、

「まだお仕事中かな?いつもおつかれさまです☆今日はなんたらかんたらで実家にいるよ、少し早いけどもう寝るね。週末が待ちどうしいよ、おやすみ☆」

みたいな内容だった。

実家に帰ってるのか、残念。なんて思いながら即電話、しかし出ない。

全く疑うことを知らない俺は消沈して車をだした。

でもすぐの信号待ちで信じられないものを見てしまう。



咲だ。男と歩いている。どう見ても部屋に帰る方向だ。

知らない男だ。誰だ?

つーか実家で寝るんじゃないのか?嘘をついたのか?何故?

少し混乱したが、信号が変わり車を出す。そして次の信号でUターン。

「見間違いだ!」自分に言い聞かせて戻る。

マンションの前は一通になっていて車だと回り込む必要がある。途中、信号につかまってイライラする。

マンションに付いた時はもう人通りはなかった。

中に入ったのか?まだなのか?なんて考えながら車の中にいると電話が鳴った。咲だ。

「電話くれたよね?ごめん充電してて聞こえなかった」

俺は、かなり動揺したが、それをなんとか隠した。

聞かなければならない事があった。

俺「今日、実家なの?」

咲「そうなんだよ、用事たのまれてねー」


そして、いつもの他愛もない会話。

俺は今から帰るところだと伝えた。

咲「遅くまでごくろうさまです。土曜日楽しみにしてるよ」

なんて言って電話を切った。

電話の周りの音は静かだった。外を歩いている感じではなかった。

部屋にいる。どこの部屋だ?実家か?それとも此処か?

車から降りてマンションに入る。

エレベーターに乗り五階の咲に部屋に向かう。

さっきのドキドキとは全く違う鼓動がする。

部屋の前に立つがインターホンが押せない。

迷う必要などないはずなのに怖い。

部屋にいるかいないか確認するだけでいいんだ。そう思いドアの郵便受けをそっと押し上げる。

内側も受け口になっているから中の様子は見えない。が灯りがついている事はわかった。

いるじゃん・・・。いや、でも一人のはずだ・・・。

耳を押しあてて中の様子を伺う。




463 :えっちな18禁さん:2009/02/08(日) 14:06:11 ID:xqI6QP120
かすかに、音楽の音と男女の声が聞こえる。会話までは聞き取れない。

ただ、間違いなく男に声がする。

もう完全にアウトだよ。恋人に嘘ついて男を部屋に入れているんだもん。

ど平日だよ。学生なんだろうな。どんな奴だよ・・・。

なんて考えていると、バタバタと足音が聞こえた。めっちゃ焦った、思わずエレベーターの方まで逃げてた。

そしたら、ボッゴーーッて給湯機が動き出したんだ。

秋だったけど台所でお湯使うほどじゃない。直感で風呂だって気付いた。

部屋は入ってすぐ左手に小さなキッチン、右手に扉があって洗面、トイレ、風呂のユニットバスになっている。正面にも扉があって、奥が8畳ほどのワンルームだ。

ゆっくりとドアの前に戻りまた郵便受けから中の様子を伺う。

シャワーの音と今度は結構はっきりと声が聞こえる。

つーか、いっしょに入ってやがる! あのくそ狭い風呂に!俺だってあんまりいっしょに入ったことなんてないのに!


シャワーの音と共に聞こえる楽しそうな笑い声。そして

「あはは、ちょ、まだだめだってぇ、」

「もぅ、あっ!んっ!まぢで、あがってから、ねっ」

咲の声だ、あたりまえだけど・・・。風呂ではじめやがった・・。


同じフロアの人に見つかったら間違いなく通報されそうな格好で恋人の浮気SEX盗み聞きする俺・・・。

多分すげー汗かいていたと思う。吐き気や眩暈がする。訳が分からなかった。

でも、そんなオレの事なんて当然関係なく、風呂からは咲の喘ぎ声が聞こえてきた・・。

「あっあっあっあぁ!あぅん!あっあっ!」って

咲は、結構声を出す方だ。腰の動きに合わせるような喘ぎ方をする。

俺はこの声が好きだった。まさかこんな風に聞くことになるなんて思ってなかったけど・・・。



何分位そうして聞いていただろう? 

風呂からは相変わらず咲の喘ぎ声が聞こえている。

狭い風呂だ、できる体位なんてたかが知れてる。

なんて想像していたら、信じられないことに勃起したんだ。それもビンビンに。

なんかもう、自分が嫌になった、気持悪かった。どうでもよくなった。

廊下じゃなかったらここでオナニーをしていたかもしれない。


フラフラとドアを離れてエレベーターを呼ぶ、到着を待つ間にどうしようもない感情に襲われて突発的に咲の部屋の前に戻りおもいっきりドアを蹴った。

足の痛みで我に返り、慌ててエレベーターに乗り込みマンションを出た。



どのルートで帰ったかなんて覚えていない。

深夜だった。風呂に入って思いきり泣いた。大きな声を出すために浴槽に頭まで潜って泣いた。

ほとんど一睡もせずに仕事に行った。



466 :えっちな18禁さん:2009/02/08(日) 14:42:57 ID:xqI6QP120
すまん。一旦止まります。

実はこの話まだ序盤なんで、暇なときにまた続きを書かせて下さい。

ちなみに実話です。



-------------------------


475 :456:2009/02/09(月) 23:53:57 ID:XqRIhkdM0
すまん。>>456で

実は、通の時にでももうと帯にためのに、うやら俺帯かへは書めないら

普段ロム専だから宿そんなことも知らなかは、結書きょっと心がました。申し訳ないです。

があいたけどちょ書きます




から俺は咲のメールにほとんどかったしなかっ

電話の対応も我ならおかしかったと思

土曜日には咲の買い物に付き合うがあたけど体調不良を理由ールで断った


そした、日寿なんて言出したから日曜には姿会わざるなくなてしまった。

俺の家ざわざ来られるはヤだったんつも通りが迎って外で飯だて帰、って感じのデートをする事になっただ。


俺は、咲寿あっても至って普通に対応した、もりった

いかにも病み上がりでちょ疲れてますみたいな演技をして

こ数日飯なんてまとに喉通らなかったし少し痩て疲れていたから俺なりには迫真の演技だたと思う


かしはそんな俺の違和感をじとっていあら俺に対し不感を募らせていたようだった。

そし、そ感情を二後、俺告白る。

仕事が終わりいつものしているだっ

咲 「、もしかしてあの事ょっ避けたりす

 そ、そんなわけだろ

俺は、揺してしい喋方が固くなったんだ思う


 ら、わかやすい


て言われて俺は慌てて取た。

、あの夜の事はどうし言いだせなかった

して咲はじられセリフを言んだ。


そっか浮気でもしたんじゃかって思っちゃたよ」て胸の奧をなにかでぎゅっ潰されうな気持なっ

お前それ言っちゃうって携帯持つ手えたよ。


浮気て絶対に。忘んなよ、俺は咲がっているよりもと君のが大だ」

言っ後、思わず”えたぁなん分を褒てやくなっ

みに最後のいセ、「してるがどうまく言えないの常套句だた、っとした嘩をした時でも、咲はそのこにゃ〜と照れ俺に絡み付いたりした

「そ、そうだね、めんね、疑ったり。」

俺「い、俺もかで構っやれなく、そだ、明日なとか早めに終せるし会わいか?」


識しけじく普通に流れで咲を誘ってた。

も、誘いはあっさり断られただ。



「ごめんな、○子と約があるの

○子ってのは咲の友ので俺もよくいるコだった。

恋人うまいっいなの愚痴いてやるそうだ。


咲「ウチに泊るからの電んとてね」

「そか、んわか

んな感じでの電話は終わ

でも、何と無く違を感んだ



の流れで俺の誘いを断

○子ら俺だっ よく知ってるし晩飯べるまで位俺い

と違和感は一気変わった。そ、明日水。あの夜から丁一週間


この一週俺への対応は本当もとまっ同じだった。も浮気をているなんて信じられなかっ

そう、あの男との関係は、こそこ長いんじゃて思えた


帳を平日は仕事か書いてない。水曜なのか?毎週会ううにしているのか?

俺をませ、そ明日会ってようとた。

-------------------------

日、結構頑張ったんだけど終わったのは8時を回てしまった。前いに用車は使え電車行く必要があ

乗り換えり、軽く一時はかかる。

ポなしくつもりだっからし留貿った? 嘘なんていてくて○子と一緒だたら

なんてえる足がなっ


しかも電車乗てる咲からメーがはた。

容は、○子と家で飯を作ってた事。

彼氏に呼ばれて結局帰る事使になった事。

飯が構残ってから、もし早目に終わなら食べにこないって事だった

んだそりゃ、なっ

夜中で悩のはなんだったんだって。

けどいまさら鹿らしい、会社人に車送ってもらえる事んで行くよ」と返

たら、あの夜の事ちゃん話さ、と考えた。


けど、いざ面向かうと、とて切り出せかった。

飯はうまあんな事言っいか咲は、いもよりなんかやさ、普せを感じてしまった

だから、俺は少し計画を更するこしたんだ

が、どんなにを愛しているか、俺なり必死えた


仕事忙して寂しい想いをさせている事を詫び

咲の卒業後婚を真剣に考えてい事を伝た。

後の方は咲で聞た。

当然、咲の心に届いたとおも

浮気を止めるなら全てかった事にしよう。

った

 



抱き合ってスを

少し便囲気にな電車で帰るに時3分まは部屋を出なくちゃならなくての日はせず帰るとにしたんだ。

ンの下で咲は見送りに来てくれた。

「今週末はぶりにどこでお泊りをよう」

そん束をしてた。

の気持ちわった信じていた。


-------------------------


ンシンを出た、道反対側の自販機の前に男が立って

いじっている風だったけどいなくっちていた。

一瞬、目が合っ

見間違えたりなんてしなあの男だ。口笑っる気がした

のとき、よく俺は、らなふりがきたなと思う。

がマンションの見送っいた一度も振返られなかった

った所で立止ま影かく。

咲の姿はもうない。男がマンシンに入っていくところだった。

どうゆうことだ? 

咲が会っていた○子じゃくてやりあの男たの? 

俺を呼んだのはあの男指示か? 

俺は、っとは、俺だと信じていた。

の男こ浮気相手だと、ょっした遊び相手だと思った。

だってあの男は尿に俺という男がいることをっているはずだ、あ、咲は俺屋か話をけている、そいつは隣にいたは

んだ?どうゆう


-------------------------

多分のとき俺はちょっとれた思う

書くんだんだど、トの事だからちゃ書くよ。


咲の部には行かなかった。

家にって生まれて初めて、最で最自傷」ってたん

にあたカッターで腕の外側をシュパッ

この感情忘れめに。

の日決た事を忘ないために。

思った寿い血がでた。

始め全痛くて「なんて思ったけど後かちゃちゃ痛くて後悔した。

モいね。まんね。




、分からない事だらけた。

らないとより納がいかない、って方がしいか

でも色々勝手妄想するのる事したん

兎に角、状態なんだと思事にた。



一わかっているの、俺“知ている”事を二人は気綿ないって事だけだった

うゆう理由があるのかっぱり分からないけど、この時の段階は、 俺咲はまだ人同士だ、普通にSEXだってできるだろう。

れが仮にあのが咲に許可を出ているからだけだとして構わない。

なり訳もわからずられるよマシだ

関係がいつまで続くのか分からい。

ったらギリギリまで騙さてやう。こっちが遊んでやろう。


の為に俺は、咲を吹切る必要があた。

決して情流されるような事ないよう

を揺らす事のないよう

完璧芝居を使する為に


-------------------------

俺は、あの男の事知りた

っちも知らないじゃ同じ土俵には、立てないと思った。

一介のサラリーマンの俺じゃもならないと思い、なく興所にだ。

依頼内容は

の浮相手の身元調

実はこれ、普通気調査よ高かったけどそううものなの?俺、ぁいいや。

り敢えず水の夜にけ狙いをて四回張りついてもらう事なった。

も、バッチリ1日目でヒットした。

やっぱり水曜日っているみ

取り敢えず中間報告っ事で二週間ほどで報告書出来た。

告って事だっど、最分は全部埋まっていたマジ興信ぇって思ったよ



ショッだったのが、あの男と同い年で、 まだ応学生て身分った事だ

初めは学生だとは思ったど、な非常識事が実際にる奴んだし少なくとも俺より年上経験豊富だと思い込んでいた。

かもこいつ、女と同棲してた。とか女家に転がり込んでいる状だった。

くこんな態の奴の名前やら実家の週間調ぁ、て感心た。

興信所は、同女の事か奴の実家入とかも調べますか?て聞いてきたけど、全部断りがそのまま終報書って事になった

と、興信の人は色 助言をしてくれた。

つう、警告近かったけど。

ぁ平た、この調査報告を使だっ

守秘義務があるけど、裁判所か警察なんかから開示依頼があればウチ全面的するからね

とか、例え本当に突ラブルったてもこうゆコトした以、なんかの計画性があったんて言われも文えないよ? 

とか法的な段階踏まずに金銭の要求を

とか、相手の不益になるような情報を流すのも駄だよ

とかんな感じ。


よっど俺こういう事をしそうに見えるんだぁと感じた。

しから咲見たろ俺こそストーカんかじゃないかと思われもしれい。

まぁ実際“婚約者”ってのは半分嘘みたいなものだがなとは思たけね。



くこれで、 俺はあの男を知ることがた。あ味、咲よも詳しいかもしれない

直俺あの男に少なからず恐怖を感じいたん

チビもやしね、喧嘩になったらまずコにされるのは俺の方で間いない。

ど、が年下の学生だなんわかっでも、随分気分が楽になった。

“勝てかも”なんて、を寝取られている時で、完全に負けているんだけど思えるようになてた。


-------------------------


、話咲の戻りま 

の「自傷」の夜から三日後俺たは、久しりにデートらいデ使ートに出か

俺が提案し姿スだった。遊園地で遊んで学生の頃によく行った公園を歩いた。

夜は、使としたホとって、ちょっいデーを食べた。

人で山話沢山笑った。

、 自分でびっくりする 普通に振るえた。

吹っ事で完璧に楽きた。悲しいど、俺は本こうゆうが出来る人間なんだとった


、当SEXをした実は安だけど俺はいつもと決に違 たん

全然したではないんだけどにとっては重要第一歩た。


ゴムを付した事がかっず使用。どうして無いときは、我た。

咲が「大丈夫だよ言ってに拒た。

が男の最低マナーだと信じたし、そんな分に少しっていた所

あの夜はじけなかったんだ。



事はホトよいる

正常た。いれ時、咲は少し驚い顔で「つけてな?」って

俺は「いんだ。駄目か?」と聞たんだ。

たらにっこり微笑んで「いって答た、して俺の首に腕を回体を引きせて大好き」ってんだ。

“萌えぬ”ってのはうゆう事を言んじゃないかクラき

訳みたいになるけど俺自、 五上ぶり位の感覚だった

れに分一自己処理をしていなかった事、なより、 はじめての咲の本の体温にめちゃ簿興奮したん思う。

一回目はホントすぐいっちゃっ。十秒ももなか思う。

バイってなってていたた、みたいな

二人で丸くて、え、もう」ってなっ笑しよく覚えてる。


の夜は、方まで何度も何度も

これは、純粋になんだけゴムをするとしないでは、 女性側も感方は違ものなのか?男方は全然違うし、その理屈も分かるだけ…。 

ぁ、とにかくあ夜のはいつも凄く乱

何度俺にがみついて、「大き」ってった

付けて、全身を震わせイった

求めれば何度でも応えてくれた。

くさい言い方けど、三年間一番熱い夜だと思う



も、そんな最でも左腕すぐに取りができた。

の奧っと深い所、なにくてドロドロし部分にあの日俺がいて、ふざるな」って睨み付けている感じ

この感覚が湧き出るたび、「そうだよ。ふざけんなよ、く」って心中でさ


奇妙関係は、こから五か月弱続

次のの三月の頭、俺は咲と別れることになる。

-------------------------


この頃12月の中まで俺は、週末は全て咲とっている

の逆には殆会っていい。これは、意してそうしてた。

ば必ずSEXをし。そは、要しずつエスレーせてい

エス、なんて書くと少し大袈裟だ

詮、俺のするなんて普通の恋人同士多分、 やってうな事だと思、俺からす冒険った


例えば、“大人のもちゃ”っをネトで購入した。勢い余つも買っ

目隠しく縛ってSMっぽいをしてそれ使用した

外のトイレで口でさせたり、ドイブ中手でりしした

、生理も強引に抱い



の時、生じめてだし験した。

は、こた行為を一応、はめは嫌がるんだけどには必ず同意た。

、俺に対するか罪悪感うなのがそうせるのかわからなかったけどにとって好都合った。


あと、咲は全にMのだった。は凄く勝ち気な性格でこういっ一面があるなんてまもしていなたか、はじは戸惑った。

ど、そこはあがちて、「あの男にこんなうにされちゃったじゃねの?」と勝手に妄逆にのSの部分刺激した。

-------------------------

こうやってそこ楽しんでいるように見える簿かもしれ

けど、咲と会わない、一人でりする時には閉じ込めた感情がい出なんかに次々湧きてきて頭がしくなんじゃないかって位苦しりした


水曜日はつかった

ホントにあの男と会っているかどうかなてわからないんだけど確認するような真似は全くしかっ

夜、どうしても想像うんだ。咲とあの男のSEXを。あにしがみよが狂うの姿


あの男ず俺の事を咲に聞くはだ、そして、の話をタにして咲をめ立てるはだ。

しかしたら、俺の名前呼ばていたかもない

そうして悦に入って咲具のよう弄んでいるはずだ。

はその時どうゆう感情で俺の事う?

そんなしてオナニーをた。

信じられなかもしれないけどあの男に責められなが俺を想う咲を想するのまで見たどんなAVなんりも興奮した。

酷い時はそんな行為を朝まで続けた

そして、 必ずごい自悪に落ちにたくなった

そんな時は、とにかくしゃらに仕事に集中事でせていた


-------------------------


12月に入、正月休暇に向けて忙しく仕たずけてい、とんでもな報告湿

側のあいよなミストラブルが起こり、の処理が支回ってきたん

正月どころじゃなくなった。中頃から末まで連続出勤を余儀なくされた。

間に合わなくて会社に寝泊まする日もあっ姿た。

元旦と二これまた側ので休みはなったけど、三日からは下っぱ、ほとどは出社られ

なんとか見通使が付いのが、本出にるはずの七で、の次の日、俺が会社から受たそ年最初の命令は、「休暇をてくれ


ま、するに時間が長すぎるって事で、強制的2月のりか十日間暇を取らされになったんだ

うしよんて考えも思い付くのは咲とのもろくに緒に過ごせなかったお詫びにと、俺は旅行を提案した。

島で水着姿の咲といちゃつく休暇も悪くないって思ったん

が出条件は南の島てだけで、あとは行き先もに任せるにした。

ろん費用は全俺持ち

この提案咲は大喜びでとびついた。

間位あーだこーだと悩んいたわりには結局、 ハワイ四六日ってタなものになた。

ントにれしいでいて、この頃は行の話題の話しかして殿かった気がする

-------------------------

最初の水曜夜中、咲メールが入ってた。

気がいただったから そのはちゃんむったんだと思


名な、本、添付フル一つ。

見た間にったのはあ男だとわかった。

ファイルは画像で、上半身全裸で小っぱい丸の咲が、頬っつねりよく言う“変顔”写っいた

「なんでこんな微妙な写真なんだ思ったよ。


写真をたのは違いなくあの男だろうけど、メをに問いただルフタイー使っ」なんて言ばいくらでも言


正直にえばこの時期、まと付き合いが続て完全に想定外だった。

くあの男かアクションものだっていた。

だからって興信所まで使ったのに

で、やっとなんかしてきたたらこれだ。


、俺が咲に写メ話せば、咲はあにその事をう、で、そ ネタにむ。と

だらねぇ!って思っね。いつまこんなんだと。

りあずメールで返使信はしておいた。

「夜中にw朝かっくり」みたいな


送った後、まだあの男と寝てるかれな計にイライラし

してふ思った簿は、旅行に行く前にもあの男会うかなって。

休みは金曜翌週の日曜までの十で出発は日の金曜った

間は俺咲と会わ理由んてないし、の男は十日間は咲とは会い訳だ。

絶対会うだろうな」

ような」って思った。


-------------------------


実はは、がに俺も、多分、 俺とい訳はないんだろうな、気付い


咲の態度

何もしてこないあの

そして今回の中途端なメ。

れもその事を物語っていた。


でも、もしにそうだとしてももう遅れだた。



器がかもいけど、絶対に無かった事にな来なかっ

それと、そうまでしてあの男とれられないりたかった。あなにがある俺に何が足りいの

得いく答が欲しった。

ういう意味では俺は、と終わりをんでいたのかない。


-------------------------


当日車をせるようにし

いつのように十仕事尿を終 咲に電する

駅までの道のウダウダと会して、話し足ければ、後、また電話するのがものパターンだ。

日は話で終わる”確があ

の定俺が付いたと伝えると咲は、

「荷物の準備がまだあるから」と帰後の電話断り、俺もそれを了承

になんて付いちゃいない咲のしてた。


俺は、咲の部屋の合鍵を持っていなかっ

純に必要たし、唯一のスペアキいてあり、そがあば十分だからだ

いつかみいに便受けから中のう。電気

がイイチ聞こえなくてあのいる証拠は掴めかったけど、部屋にいるなら、う引きせないと思った。


宿えば、あの男がか仕掛けてきてそを裏切るような形し、さらにSEXの込む

んてのがいいなぁとえたていんだけ鍵はなし、自分から会いにきちし、何時、 始まるのかわかいSEX待つにはりにも寒いしで、

、どうにでもれ〜(AA略」な感、あの押せホンを押したんだ。


返事はない。

アのう側に気配は感じる、覗い、なん気付ていたど隠れりはなかた。

位待ても一度押す、ドアの向こうかの声がした

どうし、なんたの?

すぐに鍵を開けない点でゴって思った。


しがあってね、開けてよ

咲 「違うの、今ちょっとね、」

んてたところでがあ、と思


「もういいんだ全部知ってる。中の男に話があから、 とりあえず開け、ね?」


ばらく無言、中で男となにか取りしているのか なんえてたら鍵が開いた

奥にもって男が立った。

うわこいつ気だ、っっと


咲がってなに」みたいなを言、無視玄関に入り男の名前を言ってやった。

出来だけ笑顔で、士的に、があるよう見せたかった。

○君だね」

った瞬間、男クッと反応した

、咲が「は?」っになった事

が付いてはいたけど、こはそのまま


全部調べたら、今更逃げたりも無駄だって事。

咲とは婚約係で、弁相談して慰謝料の請求をす準備をている事

でい所が、本人名義ではないの、今後の連絡直接実家するからよ

今後、俺や咲ににかしたら慰謝料のに影するからな事。

なんて知らい」か「親は関係ない」とてきたけどいかも最もらしい事を言て聞

に、大嘘のハッタリだった。



弁護士なんてないし、詳わかると思けど、この時は俺が男から的に取るはかな難しい。

束でも婚約は、成立するとか、際期間証拠か言ったど、単に奴をビビらせる為だの嘘た。

けど男女関係のトラブルなんてこんなもんだ。

から俺は、大嘘でもハッタリでも、ほんの束調もいら、せめてをビビらせてやりたかった。

奴のがりそうチネついてたかった。

結果的にえば、これはも効果だったようで、、 男の方か連絡がり、事がた。


-------------------------


結局、ずっと玄関をしてた。

、咲がはさもうたけど、婚約のでなんか言われると倒とい俺が制した。

終的に男は無言になり、は伝は全て伝らねと念を押後はと話があるから」とドアを開けて出ていくよう簿した。

すれ違う時、「いえば、あのコ(同棲女)はこの事しってるの?」いたら、凄い顔で睨まれた。正直、ちょっとビビったのは便秘密だ。


部屋に入って、いつも俺座る所に腰下ろした。

まだ関に立ったままだっ

は開けていて咲の姿が見えていたけど、何を言いだすしみ、あえて黙っていた


この辺りまは、だたい通りの展開だった、咲の最初の一言想外なものだっ

あいつ、○っていうが震えていた

は?」

前だよ。ね、調べたってなに?」


綿ぁ、悪いけど興信所使った(奴の貿ーム)だろ。あと住所かも全部調


った、咲はその場にへたりみ「そん知らない」ってったんだ。

ぁ?ってね。を言だすんだ


咲を部屋の方に連れて来て座ら、何俺がテーブルの缶ビルやらなにやらけ、コーヒーをいれてやり前に座た。

の間、咲はずうついたまった


「で、どうゆうの?

咲「たしの聞いて前と違



俺「歳は

咲「26って言てた」



「うん。違咲とい年、学年も緒」

じゃ、事は



?学、行ってないたいだけど、学校分かってる。なて聞いてたの?

咲「クリエイターだって、グラフィックデザイの」



俺「金もってた

立して、まは大変だってでも夢だったからって。



「もしかし、金貸し

無言少しだけ。、そ信所ってントに信用できるの?



終わったぁ、っったね。

見ても嘘を付いてるようにはえなかった

悪いけどこいつ馬鹿だて思ちゃった。



の辺りから俺は、かなついて来ていんだと思う

咲にについてやりながら、ずっ“こん話をしに来たんじゃない!”てた。


そして、咲の質問さらに続た。

それ、調べたの?」って。

あ、やっぱき思っ

この質問は予測してたし答えも用いた。

「あの写メだよ


際、あの写メの日から週たいて調査期間として十分だと思った事俺はまだまり二人の事までは知ないよー、なんて振りをしておきたかった事か、こう答えた。

間には二あり、もあの男会っなければ嘘がるとは思ったけど、咲は事の早さを驚た。


ぁ、ホントに毎週たんな。なんあき

キレた。


「も、服脱げよ」尿たらういてた。

咲は、え、なに?てなってたけどを掴ベッドに放げた

暴れど、えつけて

は俺の怒ーにかする事を考えろよって怒鳴っら、泣出しち

、「そうね」なんうからなんかさにムカつい破りるみたいに洋服を脱がせ

咲を全裸にして、四這いの好をせた

き顔見がらは、でて思った


ンとパンツろしいきなりチンポをあてがった。

咲が「まて」って言ったけ、無て唾でしだ稿け濡らしていきり突っんだ

でも、やぱり然濡なくぇ!ってなったけはまぁなとか我慢した

しばらくする馴染んできて、咲も感じていようた。

シーに顔埋め死に声をてい



“そん事しなくても、もう誰もドなん蹴ったりしーよ

んてうとまたちょっムカて、平手で咲のお尻おもいっきりひっぱたいていた

したら咲、ひっ!て悲をあ、すぐに小で「んなさい」って言んだ。

条件るでそう言前に決ってに。

にま男のが頭に浮んだよ。

そうこうう風にしてたのかっ


だから俺は咲に普段男をなんて呼んでいたのか聞いたんだ。偽名でもいか、その名を呼って、俺がうしる間ずっと言い続けろって

嫌がたけど、もお尻叩いた単に従った

みたいだけどはこの時異常奮した殿

何度も名前を呼た、も咲のお尻をいた

にもずに叩かれて赤くなたお尻にぶちまけた。


-------------------------


俺は、そのままとズボン履いてコ持って部調屋から出た。


が「んで?ちょっとまってってたけど、全し、お尻汚れるし、どうせって来れないってわかってた。 

今考えると退て行っちゃった自分でもよくからい。

分、この時もう一緒にいるの嫌にったんだと思う。

この日は家にらずにビデオボクスってに泊った

眠れなて、AV観て二回も抜いた

分かんないよね自分でそう思う。


朝、出勤前に携帯の電源入れたら、咲やたメーが届いてた。

今回の事にいてあっ稿

あの事についてはほとんど書かてなかった。

-------------------------

み前って事で少し早め事を上がらせもらえて、いつものよう咲に電話しんだ

咲は、ワ電話に出ていきなり泣き出

「も電話してくれなかもしれないって思たよ


俺は、どうしていておたい事があて、の為の電話だっ

しばく咲をなだめて、前日の行為を詫、軽感じで聞い

とはいつから会って



言うには、知った去年の秋

度かメールで誘われいたけずっと断っていたそうだ。

12月に俺が仕に付なり、寂て誘いに乗ってた。

酒の勢いとクリスの雰囲気で過ちをしてまった。

その後、何ようになってしったがはすごく悔しいる。だそうだ。


ていずっと「うそうか」って答えていたん五たんじゃいかう。

最後に咲は、ゃんと会って話がしたから今かでもたいって言ど、俺はこれを断った。

「だって、まだ荷物の用意がちゃんと出来ていなね」って。

驚い様だったかけて、日、約束通に行くからおま意しとけよ」って言っ


は、またしちゃって「いいの?…あたし…なんとかなんとか言っけど、んまり言ってるのか分かて思わず吹出した。

て俺はっと言ってなかった、あの常套を使たんだ。


「忘れてたたいだから、も一度言っておくよ。咲、俺は咲がってよりずっ君が大好きなんだよ」

って


は「ごめんなさいもう二度と忘れな。」みたな事何度も鼻水りなら、

俺は、やっぱり「うん、って


-------------------------


日、予定り少し早く付いた咲はゃんと用意してた。

空港ではで二時間程る。

はじめはしばらくだったんけど



尿敢えず今日からのスケジールれる?」なん西いたら、咲は、涙目でっこり微笑んで「はいっ」なんて 元気に返スケジュを一つ一つ丁に説明てく

国後休日の過ごし方も話して決めその流れで将来についの事も少しだ話した

に付ど、手続までは、余裕が達は予通りのショッピングモールに寄った。

二人で軽く食事た後、俺は「トイレに行ってくるからお店でもみてなんて言って、離れた

そのまま荷物の一時預かりウンターでっき預た荷物を受け取り、駐車場に向かった。

、咲から着があたけ

「おっきいから」なんて独り言言っらずに簿

してすぐた咲から着り今ちゃんと出


、今どこにいるの?

は少しるようだった。もゃたかなて思った。


ホントは、にはこうとってたん咲と最後の思い出にでもばいいっ

でも、前夜のが俺に嘘を言った時、“なん、咲も結局あのと何にらねぇんじゃん”って思ちゃったんだ。

胸のっと奥のるあいつが、「やっな」って笑った

しだけほんの少しだけ胸がど、ゆっくり吸い込んで、

て行くわろ!ばーーーかっ!!」

た。


ばら我なガキ嫌がらせだな。んてうとなんか妙におかしくて、車の中一人でゲラゲラ笑っ

すぎ涙がボロボでた笑い続けた

の後の事なんてなんにも考えてな取り敢えドコいこっかなぁなんて思いなら、車走せてた。




終わりです尿

んだけど、お話としてはコで終わっ方がいいかなと思いうしました。

途半端な部分があるは承知しいます。申ません

ただここら先ホンつまんなと思



で頂い方の想像と思ってもらっ間違ないす。

もし需要があるようなあとは変に俺の感かは入れずに日談として書きす。

の時また>>456に戻る事を許しください。






>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様