2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

喪失




わたしが、体験たことを書きみま

当時のとはまだ誰たことあり気軽に話せとでもありまんし・・・。

なりい話になるといまが、ださい


当時わたはちうど五十でした

妻の子はり若く、三十八歳。

晩婚ったため、はひりで幼く、幼稚園に通う娘した。

たしたち稿夫婦はエ市で個人商店した。

しは品の仕入れ先や、お得意様を回るのにしく、店のは妻の寛子にまかっきりになことも多使、なにしろ、まだ幼児の娘を抱える身で大変です。

い、時は経営態もわるくはなかったので、わたしたちして伝いのアルバイトを募集するこにしま

の募集を見てがやってきました。

須田勇次(名)という名の、いまでいリーーで二十歳をすこぎたくらの若者です。

いまはフリータとはいえ、勇次は見た目も清潔で感じよく、はきはきと喋な男でした。

ばれH大学へっていたけれども、イラストレーターになるという夢めに中退し、いはアルバイトなが、夜専門学校に通いる

って、彼はしたちにそ言いま


わたたちはすぐに彼をに入り、雇うとに沿しました

勇次は、たしが外る月、日に店に来て、店番やらそのほか色雑務をすることになりまし


最初は何もかもが順調いくよう思えま

勇次を雇て二ほど経った頃、彼について寛子にいてみると、

店の仕心にするし・・・愛想いからに向いているたい

「そうか門を退てでも夢を追いかけて、夜間学校へ通っているくらだからな。今どきの大学生みたいなボンボンとちが、ち仕事への気構えが出来ているんだ

「そね・、そうそう、の前か彼が終って下宿先帰る前に、

奥さんか家の仕事でおれにできるとがあったら遠言ってください

んて言うんです。

ちょうど戸のてつけが悪てたものですから、勇次君にお願いして直してもまし

「ほう。寛子もなか人使いが婿稿

・・・

冗談だよ

そんな会して婦で笑ったのです



そのやがて訪れる破滅ときを知りもしないで、遅くにできた愛する娘を抱え、わたち家族は幸


--------------------





次を雇って二月ほった頃のことです。

日、妻していてが店番をしていました

わたしがいると、勇次は非番です

で電ていさんが、店に入ってした。

ばらく雑談をしてると、彼妙なとを言い出したの

の前の木曜だがどうてこの店閉まったん?」

「木曜・・・とです?」


あ・・何の二時いだったと思うがな

ちょっとう出て、この店のを通りがかときに、店の戸が閉まっいるのが見えたんだよ

覗いてみたけどいなかっな・・・」

おかしいな・

たしました。

の二時とだ娘稚園に退にいく刻でもなく、姿は妻寛子とがいたはずです

どちらかが何かの出来たにしても残るりは店をしているはずです

らは何も聞いていま

金田西んは何かったか西題を変え、しばらく雑談ましたが、わたしの頭は先ほど引っかかっを考え続け稿した


わたし間でテレを見なら、台所でく食事の用をしてる妻に、何気なさを装尋ねした

「この木曜の昼に寿、店の前を通りかった金さんが、店が閉ていうだったと言っが・・・何かったのか

・・、娘がわるい稚園から連絡があったので次くんに車出してもらて、たりで迎え

聞いてないな

たいしたことなく、結局、病院にも行かずじまいだったので、あなたには・・

は振向くこともせず、そう説まし

わたしはきびと事をしてる妻の後ろ姿を眺めながら、んやりと不安が胸に広がていくのを感じていました

の中では、妻のうことは本だ、と主張大声が響いたのです、その一方当だろうか、とぼそぼそ議を申し立てる声あっです。 

してかはじめに疑いをもった婿した



、寛子が嘘いるとして、それではのと寛子は何をしていのか。

にいた勇は? 

まさか・・いやんなはずはない。

と勇次では年が違いすぎる。

の中では嵐が吹き荒れていしたが顔だけとしたしは妻を見ま


の寛子はそのおとなしい性格に、おとなさしい顔をした女です。

こかにだ幼げな囲気を残していしたが、スタイルはよく特に胸は満でした

年甲斐もながら、当わたしは週に三日は抱いした。

とはいえ、妻の魅力は野の花のようなもので、誰にでもえかけるものではない

わたが惹かれるうに若いが妻の女性に惹かれるようとはない

わたしは自分い聞かせまし


--------------------


る日のことです。

調がすなそうったのでないでしたが、わたしが娘を幼迎えにた。

そのとき、幼稚園の先生妙なこを言われたのです。

「昨日なさたのでか?


「え? 何かあったのですか?

「えはい。

日はのお迎え時刻になっが来られです。一時間遅れでお見になりましが、娘さんは待ちかれておねむになってま


「・・そうですか・・・あの、つかぬをお伺いしますが、こに娘が具悪くなって、妻えにということはありました


「・・わしの記憶はありませんが・・奥がそう仰ったんで


いえ違います。なんありせんみません

たしはうやむやに打ち消しを連れ、家路した

ぼんやりとした疑い、はっき形を退のを感じ、わた肌が立つ思いした

妻は間違なく、嘘をついいる!

そのことがわたしを苦しめまし


まで夫婦でしいきもつらいきもふたで切抜けてきました。

店がいまの形でやっていけているのも、妻の内助のおかげだと思ってました

そのが・・・。

までついて妻をしいるのか。



わたしはそれを考としました。



し、考えまいとして、脳裏に妻と・そして勇次の姿がいがわしく歪んだ姿で浮かんでくるので



「店

きなり声をかけら驚きまた。

次です

たしと娘の姿偶然、駆てきたはわいまた。

いま、学校へ行く途中んです」

勇次と、娘のほうを見て、微笑た。

娘も次についてます。娘る勇次。

しかし、ふたを見るわたしの表情は暗たことでしょう。

の勇次の姿を見て彼が妻と浮気をしているどという想像はそ非現におえました。

むしろそのよう不穏をして自分が恥ずかしくおも稿えてくほど、はは稿らつとして、陰りない様でした。

す? 店長。合でもるいんですか

「いや、何でもないよ・・・ちょと疲れただけさ

早く帰ってゆっださよ・愛い奥さんってゃなですか」

「何を言ってるんだい、まった

はそのとき、勇にわしたが、背中りと汗をていました。


--------------------


が幼娘を迎に行き、先生の話妻への疑深めその夜のこす。

ちくちくすよう爆発しそうな憤りを抱えながら、わたしは妻をい詰めるこは出ませんでした

何もる気になれず、鬱々とし顔で風呂に入り、食りまた。

もともと口数の少すが、そ日はわたしの不に気づいていか、ことさら無口でした

ころが、寝る前になって、妻が突然


「明日は、昼からと外出てもいでしょうか」と言いました

で、店番しと妻で務める

「どうして? どこかへか?

「古いお友達と会おうかと・・・」

となく歯切れのい妻の口調です。

妻を見つめわたの顔は、ようした

いつに会いに行じゃないのか・・・!)

しは思わずそう叫びだしところでしかし、そん中のおもいを押し殺して

いいよ。店番はおれがするら、ゆっくりしておいで」宿

そう言いた。

とき、わたしはひとつの意をしてました。



「幼稚園のお迎えの時刻までには帰っきます」

って妻が店を出たのは昼の一時をまわ時刻とでした。

しは普段と変らない子で妻を送り、妻姿が見えくなるとに店を閉めました

そして、わは妻のを、見らうに慎重につけいきました。

妻はわたしに行くと言っいた駅前まるで違ういていきます。

十五ど歩る古けたアパーに入っいきまし

前夜たしは勇次のを取出して彼の現住所をメモして置いたの、確認るまでもな住むアパートで

しばらくたしは呆然そのアの前尽くしてました。

が、こうしてかりもいられないおもいえる手で前夜けたメモからの部屋番確認した後、わたしは入り

胸中、そし怒りパニッ態でた。

これからもしも浮気の現を押さえわたしはどう行動すべろうか

勇次り、妻を罵倒し・・・その先? 

で妻の生活も終わてしまうのだろうか。

族はどうなってしうのだろうか。

たしはそんなもやもやしたえではちきれうだし

奮と緊で壊れりながら勇次の部屋の前まできたわたは、次の瞬間に凍りつきした。

妻の声が聞こえたのです。

それも寝室でしか聞いたことないぎ声です

、細しだいに興奮を強めながらは啼いていました。

たしはず、勇次の部屋のドアにかけした。

鍵はかかませんでした。

わたしと部び込使まし

いアパートの室です。

兼寝は戸が開き放しでし



妻がいま

素裸で、尿四つん這いの格好で、っそりと中を窺うわたしに尻を向けています。

に、これもまた全裸の勇次がつき、を激しくに打ちつけす。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様